curs_variables 3x

curs_variables(3x)                                   curs_variables(3x)




NAME

名前

       COLORS, COLOR_PAIRS, COLS, ESCDELAY, LINES, TABSIZE,
       curscr, newscr, stdscr - curses global variables
        - curses 広域変数

SYNOPSIS

書式

       #include <curses.h>

       int COLOR_PAIRS;
       int COLORS;
       int COLS;
       int ESCDELAY;
       int LINES;
       int TABSIZE;
       WINDOW * curscr;
       WINDOW * newscr;
       WINDOW * stdscr;


DESCRIPTION

説明

       This page summarizes variables provided by the curses  li-
       brary.   A more complete description is given in the curs-
       es(3x) manual page.
        このページは curses ライブラリの広域変数をまとめたものです。
       より完全な説明は curses(3x) マニュアル・ページにあります。

       Depending on the configuration, these may be actual  vari-
       ables,     or    macros    (see    curs_threads(3x)    and
       curs_opaque(3x)) which provide read-only access  to  curs-
       es's  state.   In  either  case, applications should treat
       them as read-only to avoid confusing the library.
        ライブラリの構成により、これらは実際に変数である場合と、
       curses の状態を読み出すのみのマクロである場合とがあります。
        ( curs_threads(3x), curs_opaque(3x) を参照してください。)
        どちらの場合でも、アプリケーションはライブラリの動作を
       混乱させないように読み出し専用として扱うべきです。

COLOR_PAIRS

       After initializing curses, this variable contains the num-
       ber of color pairs which the terminal can support.  Usual-
       ly the number of color pairs  will  be  the  product  COL-
       ORS*COLORS, however this is not always true:
        curses の初期化後、この変数は端末がサポートする色のペアの
       数を持ちます。
        通常、色のペアの数は COLORS * COLORS の積なのですが、
       常にそうとは限りません。

       o   a  few  terminals  use HLS colors, which do not follow
           this rule
       o    HLS 色を使用する少数の端末は、この規則に従いません。

       o   terminals supporting a large number of colors are lim-
           ited  by  the number of color pairs that can be repre-
           sented in a signed short value.
       o    多数の色をサポートする端末は、 signed short 値で表現
           できる色のペアの数で制限されます。

COLORS

       After initializing curses, this variable contains the num-
       ber of colors which the terminal can support.
        curses の初期化後、この変数は端末がサポートする色の数を
       持ちます。


COLS

       After  initializing  curses,  this  variable  contains the
       width of the screen, i.e., the number of columns.
        curses の初期化後、この変数は画面の幅、つまり桁数を持ちます。


ESCDELAY

       This variable holds the number of milliseconds to wait af-
       ter reading an escape character, to distinguish between an
       individual escape character entered on the  keyboard  from
       escape  sequences  sent  by cursor- and function-keys (see
       curses(3x).
        この変数は、キーボードから入力された単独のエスケープ文字を
       カーソルキーとファンクションキーから送られるエスケープ・
       シーケンスから識別するために、エスケープ文字を読んでから待つ
       時間のミリ秒数を持ちます。
        curses(3x) を参照してください。


LINES

       After initializing  curses,  this  variable  contains  the
       height of the screen, i.e., the number of lines.
        curses の初期化後、この変数は画面の高さ、つまり行数を
       持ちます。

TABSIZE

       This  variable  holds  the  number  of columns used by the
       curses library when converting a tab character  to  spaces
       as it adds the tab to a window (see curs_addch(3x).
        この変数は、 curses ライブラリがウインドウにタブを書き出す際、
       タブ文字を空白に変換するときに使う桁数を持ちます。
        curs_addch(3x) を参照してください。


The Current Screen

現在画面

       This implementation of curses uses a special window curscr
       to record its updates to the terminal screen.
        curses のこの実装は、端末画面の更新を記録するために 
       curscr という特別なウインドウを使います。

The New Screen

新画面

       This implementation of curses uses a special window newscr
       to  hold  updates  to  the terminal screen before applying
       them to curscr.
        curses のこの実装は、 curscr に適用する前の端末画面の更新を
       記録するために newscr という特別なウインドウを使います。


The Standard Screen

標準画面

       Upon initializing curses, a default window called  stdscr,
       which  is  the  size  of  the terminal screen, is created.
       Many curses functions use this window.
        curses を初期化すると、端末画面の大きさを持つ 
       stdscr というデフォルトのウインドウが作られます。
        curses の多くの関数は、このウインドウを使用します。


NOTES

注意

       The   curses   library   is   initialized   using   either
       curs_initscr(3x), or curs_initscr(3x).
        curses ライブラリは、curs_initscr(3x) または curs_initscr(3x) 
       を使って初期化します。
       (訳注: initscr() または newterm() で変数の値がセットされます)

       If  curses  is  configured to use separate curses/terminfo
       libraries, most of these variables reside  in  the  curses
       library.
        curses が curses ライブラリと terminfo ライブラリを分けて
       使うように構成されている場合、これらの変数の大多数は 
       curses ライブラリに属します。


PORTABILITY

移植性

       ESCDELAY  and TABSIZE are extensions, not provided in most
       other implementations of curses.
        ESCDELAY と TABSIZE の拡張機能は、他の curses の大半の実装
       では提供されていません。

       ESCDELAY is an extension in AIX curses:
        ESCDELAY は AIX curses の拡張機能です。

       o   In AIX, the units for ESCDELAY are fifths  of  a  mil-
           lisecond.
       o    AIX では、 ESCDELAY の単位は 1/5 ミリ秒です。

       o   The default value for AIX's ESCDELAY is 0.1 seconds.
       o    AIX では、 ESCDELAY のデフォルト値は 0.1 秒です。

       o   AIX also enforces a limit of 10,000 seconds for ESCDE-
           LAY; this implementation currently has no upper limit.
       o    AIX では、 ESCDELAY の上限値を 10,000 秒に制限して
           いますが、現在のこの実装では上限はありません。

       This implementation has long used ESCDELAY with  units  of
       milliseconds,  making  it impossible to be completely com-
       patible with AIX.  Likewise, most users have either decid-
       ed to override the value, or rely upon its default value.
        この実装は長い間 ESCDELAY をミリ秒単位で使っており、完全に 
       AIX と互換を保つことはできません。
        同様に、多くのユーザーは値を書き換えるか、デフォルト値に
       頼るかを決めているでしょう。


SEE ALSO

関連項目

       curses(3x),       curs_opaque(3x),      curs_terminfo(3x),
       curs_threads(3x), term_variables(3x), terminfo(5).



                                                     curs_variables(3x)