スポーツメンタル&フィジカルトレーニング
アイシング

@アイシングとは
 
アイシングは、決して特別なものではなく、スポーツする人にとって、種目やレベルを問わず、手軽にできる便利なものです。利用方法は一般的に知られているように、ケガの応急処置から始まり、慢性的な痛みの緩和、更に使い方によってはウォーミングアップやクーリングダウンの補助にも利用されています。
 しかし、アイシングと聞いて氷を使って患部を冷やす事は知っていても、ある程度内容を知っていないと、逆に凍傷やパフォーマンスの低下といったマイナスの効果が出てしまうことにもなりかねません。そこで今回、アイシングについて少しまとめてみました。

Aアイシングを知る
 
 ケガと聞いてよく思い浮かべるのは、ねんざや肉離れ、打撲といったものではないでしょうか。靭帯や筋肉の強さ、弱さはありますが、捻挫などによって、様々な損傷を受けてその部分が傷み、腫れるといったことが起きます。その状態を細胞レベルまで見てみると、ケガにより損傷部分の毛細血管や細胞が破壊されます。そうすると、その周辺の細胞に必要な酸素・栄養素の補給路が大きなダメージを受けてしまいます。これにより、周辺の細胞が死滅の危機にさらされてしまうわけです。
 ここでアイシングの登場となります。患部を冷やす事により、人間の細胞は患部の代謝レベルが落ちます。代謝レベルが落ちるということは、その分、酸素や栄養素の必要量が少なくなるということです。これは、患部は静かに生きているような状態になります。
 患部の炎症は、体のケガや病気を治すといった自然治癒力によって起こるものです。しかし、ケガを早く治していく為には、そうした炎症はできるだけ小さく抑えておくに限ります。要するに、アイシングとは、冷やして意図的に幹部のレベルを下げ、ケガの治りを早めようというものなのです。
 ただしアイシングは、あくまでも損傷を最小限に押さえ、被害の拡大を食い止め、患部の治癒への時間をできるだけ早めるための手段であり、決して治るわけではないので、あまり過信せずに利用して下さい。

Bアイシングの時間

 アイシングを行う時間は約20分間といわれていますが、これは目安です。人によって感じ方が違うといった個人差があり、20分間位が適度に効果が得られ、冷やしすぎないラインなのです。
 感覚は   冷たい、痛い→暖かい→ピリピリする→感覚がなくなる   と変化し、感覚がなくなれば、一度アイシングをやめます。これ以上続けると、凍傷の危険性があるので、感覚がなくなる、又、20分経ったとなったら、アイシングをやめて様子をみるようにして下さい。
 1回アイシングをしたからといって、安心してはいけません。次の日になって、腫れてきたり痛みがぶり返すといった事があるので、その後も24〜72時間は冷やしておく必要があります。
 その後のアイシングは時間などの都合により、家に帰ってからになることが多いと思います。しかし、家庭用冷蔵庫の氷では氷が冷えすぎてしまって、短時間でも凍傷の恐れがありますから、水を足して氷水にするなどして利用して下さい。

C筋肉の疲労にアイシング
 
 スポーツをしていると、練習や試合が続き、どんどん疲れがたまってきます。疲労をとるために、ストレッチングなどを行う場合が多いと思います。これも良い方法ですが、アイシングをするというのも効果的です。
 アイシングが筋肉の疲労を和らげるのは何故か。現在のところその理由として、疲労して筋肉が緊張しこわばっている状態を軽くさせ、筋肉の張りを取る、そして冷やした部位の筋細胞の代謝レベルが落とすということが考えられています。代謝レベルを落とす事により、酸素、栄養素の必要量を減らす事ができるので、エネルギーの消費量が抑えられ、それだけ余分なエネルギーを残す事ができるのです。そして、運動で生じた筋肉の損傷の広がりを抑え、筋肉痛を軽くする効果もあるといえるでしょう。
 筋肉には活動しやすい適温があるといわれています。ウォーミングアップは、最適な温度にする為に運動を用いて体を温める行為ですが、試合などで激しく運動すると筋肉の温度は上がり、適温を越えてしまいます。そこで、アイシングにより、適温に戻してやるというのが、クーリングダウンの発想です。
 ここでも注意していただきたいのが、冷やしすぎです。特に試合中に冷やしすぎて適温より下がってしまうのは問題です。せいぜい5分位、ほてった筋肉をある程度冷やすと考えておいて下さい。

★ちょっとした話

1.コールドスプレー
 実は、コールドスプレーによって、凍傷になることも多いようです。スプレーから噴出される霧状のガスは、かなり低温に」なっています。ですから、3秒以上同じ部位に当て続けないようにし、少し間をあけて行うようにしましょう。コールドスプレーは、一時的な痛みを和らげる目的で使用するようにしましょう。

2.湿布によるアイシング
 アイシングと湿布では、応急処置の適正店を比べると、間違いなくアイシングの方が有効です。アイシングの冷却能力に対して、、湿布は痛みや腫れ、炎症を和らげたりする成分が含まれています。最初のアイシングが終わって、夜寝るときや、数日後痛みが残っているような場合に使用すると有効に働くでしょう。
 しかし、湿布を長く張り続けると、かえって患部の血行がよくなり、炎症を促進させてしまうので、使用目的によって使い分けていきましょう。



by ESTA
esta@mtd.biglobe.ne.jp