止めよう
六ヶ所
再処理工場
核燃サイクル阻止 
 1万人訴訟原告団

〒039-1166 青森県八戸市根城9-19-9 
 浅石法律事務所内
          TEL&FAX  0178-47-2321    
メール: 
1man-genkoku@mwe.biglobe.ne.jp メール
最新更新日
2021.11.21

止めよう
六ヶ所
再処理工場

What’s New

核燃サイクルとは?
 
主な経過
1万人訴訟原告団とは?

原告団入会案内

裁判の争点

 ■裁判の争点

 ウラン濃縮

 ■低レベル

 ■高レベル

 ■再処理

 
MOX

裁判日程

意見書・準備書面

原告団ニュース


核燃を巡る動き(月間)

現地行動・集会・講演会

要請・抗議・質問状

核燃かんたん講座

資料集

反核燃 私の主張・想い

書籍紹介・販売

リンク集

更新記録・HP編集記

ようこそ、原告団のHPへ

私たちは核燃料サイクル施設建設を阻止し、

私たちの権利と未来を核のゴミで汚染させないために、

そして次世代の命の尊厳を守るために活動しています。

 

講演会
なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか
-「核のゴミの処分」の責任を果たすのは誰か、
再処理・むつ中間貯蔵等をめぐって-


講師:山崎隆敏さん
(元 越前市議会議員)
とき:2021年12月11日(土)13時~
ところ:青森市ハートピアローフク
(労働福祉会館)
主催:「高レベル放射性廃棄物の最終処分地としない条例」
制定を求める県民の会


入場無料
 資料代として任意ですが500円お願いします

チラシはこちら

 

CNICウェブセミナー
原子力資料情報室 連続ウェブ講座2021
「六ヶ所再処理問題」


(講師:澤井正子さん)


CNICウェブセミナーはこちら
   講演会延期のお知らせ

長谷川 公一 氏 公演会
「持続可能な地域をつくる
六ヶ所村と青森県の未来」

8月28日(土)青森市文化会館
8月29日(日)八戸市総合福祉会館
は、両会場ともコロナ禍のため
延期となりました


新しい期日が決まりましたらご案内します
   
 
連続講座(第一回)
核燃サイクルの闇と欠陥を衝く

六ヶ所再処理裁判の新局面



1.六ヶ所再処理施設の基準地震動の大幅な過小評価
基準地震動700Galにも耐えられない耐震設計
補強はおろか、アクセス・視認もできない箇所が多数

海渡雄一弁護士
PDF資料はこちら

2.火山ガイドの不合理性
~原規委による新たな安全神話の始まり~

中野宏典弁護士
PDF資料はこちら

3.聞いてビックリ!六ヶ所再処理工場の
航空機墜落対策

伊東良徳弁護士
PDF資料はこちら
(PDFに変換したので動画データ無しです)
伊東弁護士のサイトに解説付きがアップされています
伊東弁護士のサイトはこちら


主催:核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団
日時:6/18(金)
会場:青森市ねぶたの家(ワラッセ)交流学習室1

第二回と併せて、録画を後日ネットで配信予定です

   再処理第115回口頭弁論

2021年6月18日(金)の準備書面

準備書面182 司法審査の在り方-福島第一原発事故の
教訓は踏まえられていないこと PDF182

準備書面183 司法審査の在り方-科学の不定性を
踏まえるべきこと  PDF183

準備書面184 火山事象に対する安全の欠如 その4
PDF184

準備書面185 -設計及び工事方法の認可手続・使用前検査
手続に伴う実機検査についての規制委員会における
審査によって浮かび上がった問題点と求釈明-
PDF185
PDF求釈明書


  青森を核のゴミの最終処分地にしない署名

1963年、計画性もなく始まってしまった日本の原子力発電。
最終的に膨大な高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)が生み出されます。
今、その最終処分地を引き受ける自治体を躍起になって探しています。
青森県六ケ所村にはすでに、高レベル放射性廃棄物一時貯蔵施設に
英仏で再処理され返還された1830本、再処理工場にアクティブ試験で
作られた346本、合計2176本のガラス固化体が保管されています。
国との約束では30~50年保管した後最終処分場へ搬出されることに
なっていますが、1995年海外から最初のガラス固化体が返還されて
すでに25年経過しています。
このままなし崩し的に青森を核の最終処分地にさせないために
全国の民意を集結させましょう。

「青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地としない条例」
制定を求める県民の会
 HPはこちら

オンライン署名はこちら
 



ご要望や不具合などは担当へメールをお願いします




google