cello_making2
Back to Making index
Back to No1
チェロ・メイキング 2.内型と裏板 HOME
Next


◇ 内型や裏板の切り抜き
この内型に使う木材は、ヘンリーさんの説明では18〜20mmの厚さの合板(cabinet grade birch plywood = 戸棚用カバノキ合板 ≒ シナベニヤ合板が近いのでは?)を使い、上中下の三層で構成。

その中間は、スペーサーで補うわけです。


全部、ホームセンターの特売・安い12mmのコンパネを使ったので、それだけ、しっかりと正確にくり抜きました。
丁寧に抜くと、外側から、半割の外形型ができます。

ただし、これは使わなくても済むかも知れないし、
あれば、何かの折りに有効となります。

上下は二枚重ねしてクランプで固定し、
丁寧にぴったり合わせます。
接ぎ合わせた裏板も、外形に合わせ、
小型のベルトソーでくり抜きました。
コーナー部先端部分は、ベルトソーの、ノコ刃の回転を考慮して8mm程度のドリルで穴を空けておきます。

テンプレートから鉛筆でトレースした線だから、その線の外側を余裕をもってカットすれば問題はありませんね。
細かなところは、ゆっくりと、丁寧にカットします。
内型のコンパネと裏板のカエデ材、
ベルトソーのくり抜きだけをまとめてやった感じ。
◇ 裏板のアーチング
削り台もベニヤでつくり、
アーチング・ゲージに合わせて荒削り。

さすが大物のチェロ、
ここまで削るのにゴミ袋に3杯の削り屑がでた。
ヴァイオリンでもそうですが、
形がだんだんできてくるのがとても嬉しいものです。
小さな反りカンナは、ヴァイオリンではよく使うもの。

中間のものと大きな方を、今回は最も多く使いました。
ヘンリーさんの内型は三層構造、それぞれのレイヤーの中間にはスペーサーを入れ、ネック側で115mm、エンド側を118mmと、全体で3mmのテーパーがつくように仕上げます。ま、ほんの気持ち程度、下ぶくれにしてあるデザインなんですよ。
知人のT氏は、このタイプの型だと、彼の先生が『底面の水平がたもてないからあまり良くない』、といっていたことを想い出す。

だが、こうやってできあがると意外に丈夫そうだし、コンパネに狂いがなければ、表裏とも完全に水平。
クランプのボルト穴を空け、ついでに型を安定させるために、各ブロックも貼り付けました。
裏板のアーチングも、ほぼ完成。
パフリングのチャンネル彫りを残すが、ご覧のように、
水平方向にしてもほぼ図面通りに削り上げた。
表面がきれいに仕上がらないと、
裏側に進むことができないのだ。

Back Next