友部正人
Profile

1950年

5月25日東京で生まれる。小学校入学と同時に札幌へ転居。あとは、各地を転々として育つ。

1966年

高校一年の時、ボブ・ディランのライク・ア・ローリング・ストーンを聴いて自作の歌を歌いはじめ、卒業と同時に名古屋の街角で歌い出す。

1970年

大阪へ行く。多くのミュージシャンと知り合いになる。黒テントの公演に付いて廻り、幕間で歌う。

1971年

春一番、中津川フォークジャンボリーに出演。黒テントの公演に同行し、そのまま東京に引っ越ししてしまう。

1972年

「大阪へやってきた」でレコードデビュー。シングル「一本道」

1973年

「にんじん」日仏会館でコンサート。「また見つけたよ」。千代田公会堂でコンサート。ゲストに三輪明広

1974年

ジャック・エリオットの来日ツアーで共演し、終了後、単身で渡米。7ヶ月放浪ののち「帰って来た友部正人コンサート」。「誰も僕の絵を描けないだろう」を録音。ピアノに坂本龍一

1975年

「詩人すぎる歌手とエンタ-ティナ-すぎる詩人の出会う時」3回開催。ゲストに、谷川俊太郎、吉増剛造、朝比奈尚行。ラジオドラマ「スーパーパパ」(NHKFM)に出演

1976年

5thアルバムをスカイ・ドッグ・ブルースバンドと録音。日本青年館でアルバム発売記念コンサート

このアルバムは、差別用語使用で発売中止となり、後に自主制作で「1976」として発売

1977年

初めての詩集「おっとせいは中央線に乗って」

1978年

渋谷アピアで日替わりゲストを迎え1ヶ月連続コンサート

 

エッセイ集「ちんちくりん」を発表するが、後に絶版。

1979年

映画「19歳の地図」にちょっと出演。

1980年

初めての自主制作盤「なんでもない日には」を発売。

 

詩集「名前のない商店街」

1981年

「スペースシャトルツアー1981」コンサート。5日間で100曲余りを歌う。ゲストにあがた森魚、井上陽水、宇崎竜童、小室等、谷川俊太郎など。

1983年

インド、ネパールを旅行。帰国後、伊藤銀次プロデュ-スで「ポカラ」録音。

初の絵本「絵の中のどろぼう」発表。絵はスズキコ-ジ

1984年

「カンテグランデ」発売

1985年

カラワン、豊田勇造と共に、1ヶ月間タイでコンサートツアー

1986年

エッセイ集「生活が好きになった」

 詩集「空から神話の降る夜は」発表

1987年

「6月の夜チルチルミチルは」をTフレンズから自主発売。矢野誠プロデュ-ス発売記念ライブ、ゲストにシオン。「REWIND」コンサート、矢野顕子と共演。

15周年記念コンサート「はじめぼくはひとりだった」をよみうりホールで開催。5時間半で42曲を歌う。翌年、ライブ盤「はじめぼくはひとりだった」を自主販売。

1988年

ゲストを迎えてのコンサートシリーズ「待ちあわせ」スタート

第1回「待ちあわせ」コンサート(青山円形劇場)ゲスト たま

第2回「待ちあわせ」(ラフォーレミュージアムエスパス)ゲスト 井上陽水

1989年

第3回「待ちあわせ」(ラフォーレミュージアム原宿)ゲスト 真島昌利

第4回「待ちあわせ」(草月ホール)ゲスト 矢野誠「夕日は昇る」。全国11ヶ所バンドツアー

第5回「待ちあわせ」(ラフォーレミュージアム原宿)ゲスト スターリン

1990年

第6回「待ちあわせ」(青山円形劇場)ゲスト PSY・s

ビデオ「船乗りたち」発売

第7回「待ちあわせ」(シアターモリエール)ゲスト 三宅伸治(MOJO CLUB)

立川市民会館であがた森魚、シバ、たまと共演。相模大野グリーンホールで憂歌団と共演。

第8回「待ちあわせ」(ジァンジァン)ゲスト 仲井戸麗市

1991年

第9回「待ちあわせ」(日仏会館)ゲスト 矢野顕子

「ライオンのいる場所」 発売記念バンドツアー

シングル「グッドモーニングブルース」を自主発売。

第10回「待ちあわせ」(北沢タウンホール)ゲスト 宮沢和史(THE BOOM)

「ベストセレクション」CBSソニー時代の2枚(1973/1975)のアルバムのコンピレイション

第11回「待ちあわせ」(常磐座)ゲスト PANTA

エッセイ集「パリの友だち」。初めての書き下ろし。

1992年

JRグループのCMで「ラブミ-テンダ-」を歌う。

シングル「ラブミ-テンダ-」C/W「Don't think twice it's alright」「Jersey girl」

詩集「ぼくの星の声」

「けらいのひとりもいない王様」。たまとの共作アルバム。

友部正人&たまで「けらいのひとりもいない王様」ツアー(全国8ヶ所)。

「遠い国の日時計」レコ-ディングメンバーでホールツアー(全国5ヶ所)。

絵本「森の中の椅子」(限定本)

シングル「すばらしいさよなら」(作詞・友部正人 作曲・宮沢和史

20周年記念コンサート「ぼくの展覧会」を日仏会館で開催。2日間で60曲歌う。

翌年ライブ盤「ぼくの展覧会」を自主発売。

書き下ろしエッセイ集「THE・MAN・IN・ME」。(11/20)

 

1993年

第12回「待ちあわせ」(吉祥寺バウスシアター)ゲスト どんと(ボ・ガンボス)(3/25)

寺山修司追悼オムニバスCD「失われたボールを求めて」に1曲参加

エッセイ集「ジュークボックスに住む詩人」

「じゃらん」でエッセイの連載が始まる。

 

1994年

第13回「待ちあわせ」(青山円形劇場)ゲスト おおたか静流(5/8)。JRAのCMで書き下ろしの「朝は詩人」を歌う。

8月にシングル「朝は詩人」で発売

矢野誠との共作アルバム「雲のタクシー」を発売(6/21)

第14回「待ちあわせ」(川崎クラブチッタ)ゲスト 山口洋(ヒートウエイブ)(10/15)

「奇跡の果実」を発表(11/21)

パナソニック・グローブ座で記念コンサート

1995年

シングル「夜よ、明けるな」C/W「ゆうれいなんていかしてる」(1/21)

「夜よ、明けるな」七夕コンサート(セシオン杉並)

8月、9月ニューヨーク滞在。梅津和時&東京ブラスバンドと共演(渋谷クアトロ)

妻、小野由美子の写真集「左目散歩」発売。

 

1996年

1月「左目散歩」発売記念ライブを下北沢クラブキューで3日間行う。ゲストにどんと、甲本ヒロト、山口洋、谷川俊太郎ら

3月~4月ニューヨークでレコ-ディング。9月26日にニューアルバム「夢がかなう10月」(ミディ)発売

ニューヨークに部屋を持つ。東京と行ったり来たりの暮らしが始まる。

遠藤賢司トリビュートアルバムに参加。「夜汽車のブルース」を歌う。

 

1997年

デビュー25周年企画第一弾として17年ぶりに「なんでもない日には」」をCDで再発(5/1発売)

「ブルースを発車させよう」-ライブハウスサーキット-と題して、4月から9月までライブレコーディングを敢行。

8月友部正人&たまの「けらいのひとりもいない王様」がクラウンより再発売。

9月に初のベスト「少年とライオン」と「イタリアの月」が2枚発売。

11月にはライブ盤「ブルースを発車させよう」(2枚組)発売。

 

1998年

8月ニューアルバムのレコーディング。8月、ソニーのノートパソコン「バイオ」のCMに出演。

「ブルースを発車させよう」ライブビデオ(2本組)11月、ジュゴン企画より自主制作発売。

 

1999年

2月1日『読みかけの本』を発売。

11月、ライブの模様を収録した90分番組をNHK-BSで放映。

11月、6冊目のエッセイ集「耳をすます旅人」を発売。

 

2000年

ミュージシャンによる自作詩のオムニバス朗読CD『no media1』をプロデュースし、1月19日ミディより発売。参加者は友部の他真島昌利、知久寿焼、高田渡、仲井戸麗市、宮沢和史、山口洋、遠藤ミチロウ、水谷紹、宍戸幸司、オグラ。

2月8日 4月4日、6月4日に「ザムザ阿佐ヶ谷」で歌と朗読の夜を開催。

2月28日、初めてニューヨーク・Knitting Factory/Old Office にてライブ。

9月6日から10日まで 5日間連続ライブ「20世紀という芝居」を京都「磔磔」で行う。デビューしてからの25年間にレコーディングした歌を全曲歌う。

9月27日『no media2』をミディより発売。参加者は田辺マモル、山川ノリオ、松本隆、真島昌利、原マスミ、片桐麻美、スラチャイ・ジャンティマトーン、知久寿焼、フランク・クリスチャン、三宅伸治、サヨコ、友部

11月8日 歌と朗読の夜を開催。出演者は知久寿焼、三宅伸治、宮沢和史、友部。

2001年

絶版になっていた第一エッセイ集「ちんちくりん」(増補改訂版)をビレッジプレス社より出版。

8月にペンシルベニア州でレコーディング

11月28日、全曲弾き語りのアルバム『休みの日』をミディより発売。

 

2002年

2月に4回「Live! no media」を開催。

参加メンバーは、遠藤ミチロウ、青柳拓次、伊藤ヨタロウ、水谷紹、谷川俊太郎、田口犬男、尾上文、東雄一朗、サヨコ、オグラ、宍戸幸司、知久寿焼、三宅伸治、山川ノリオ、寺岡呼人、田辺マモル。

寺岡呼人&Golden Circle of Friends 名義のシングル盤「アイラブユー」に、作詞とヴォーカルとイラストで参加。

三宅伸治プロデュースアルバム「ギターズ・トーク」に作詞とヴォーカルで1曲参加。

 

2003年

1月、30周年記念コンサート「あれからどのくらい」を鎌倉芸術館で開催。

新詩集『すばらしいさよなら』『夜中の鳩』を思潮社より二冊同時発売。詩の朗読オムニバスCD『Live! no media』をミディより発売。

3月から、毎回ゲストを迎えて「言葉の森で」というシリーズコンサートが始まる

第一回「言葉の森で」 ゲスト:リクオ

 第二回「言葉の森で」 ゲスト:鈴木祥子

「現代詩手帖」4月号で友部正人特集が組まれる。この号より「新・ジュークボックスに住む詩人」のエッセイ連載が始まる。

北海道新聞夕刊でも月いちで「休みの日には」のエッセイ開始。

第7エッセイ集『ニューヨークの半熟卵』を発表。『あれからどのくらい』(2枚組-ライブ盤)を9月に発売。発売記念でバンドツアーをする。

5月 第三回「言葉の森で」 ゲスト:田島貴男

7月 第四回「言葉の森で」 ゲスト:田辺マモル

11月 第五回「言葉の森で」 ゲスト:三宅伸治

2004年

1月4月から「KOKOCHINO 」という新雑誌(季刊)でエッセイの連載が始まるが2号で廃刊。

4月 第六回「言葉の森で」 ゲスト:マーガレットズロース

5月、19枚目のオリジナルアルバム『何かを思いつくのを待っている』を発売。

12月には「友部正人文化祭」と称する歌と詩の朗読のイベントを、BankART1929馬車道ホールで開催。

 

2005年

20枚目のオリジナルアルバム「Speak Japanese,American」を発表。

レコーディング参加のマーガレットズロースとともに11月、12月バンドツアー。

2006年

一月、思潮社現代詩文庫から「友部正人詩集」。過去6冊の詩集が編集されている。過去のエッセイなども採録。さまざまな寄稿文もあり。

「6月の雨の夜、チルチルミチルは」のリマスター盤が友部正人オフィスより発売。「ポカラ」と「カンテグランデ」は紙ジャケットの復刻盤がSHOW BOATより発売になる。

詩の朗読CD付き詩集「LIVE! no media 2004」を思潮社より発売。参加者は、田辺マモル、町田直隆、オグラ、谷川俊太郎、宮沢和史、知久寿焼、水谷紹、工藤直子、三宅伸治、平井正也、尾上文、田口犬男、石川浩司、友部正人。

2月19日、横浜のBankART Studio NYKで「LIVE! no media 2006」を開催。5時間を越える長い朗読イベント。参加者は、平井正也、ぱくきょんみ、オグラ、田口犬男、知久寿焼、石川浩司、宮沢章夫、峯田和伸、尾上文、遠藤ミチロウ、谷川俊太郎、友部正人。

8月 矢野顕子が発起人となって行われた「吉野金次の復帰を願う緊急コンサート」に出演。このコンサートの模様はのちに[音楽のちから」というタイトルのDVDで発売された。(矢野顕子、細野晴臣、佐野元春、大貫妙子、ゆず、友部正人)

11月 NHK-BS2にて「フォークの達人・友部正人」(90分)が放送される。パスカルズと板橋文夫をバックミュージシャンに、たっぷり歌いました。トークゲストには谷川俊太郎さん。

11月 第七回「言葉の森で」 ゲスト:ハシケン

2007年

1月 第八回「言葉の森で」 ゲスト:鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)

5月 第九回「言葉の森で」 ゲスト:ふちがみとふなと

8月 8冊めのエッセイ集[ジューク・ボックスに住む詩人2」を刊行。

9月 三宅伸治のアルバム『つづく』に作詞とヴォーカルで一曲参加。

 

2008年

1月、2月 「no media 2008」を横浜サムズアップにて2週連続で開催。出演は、鈴木圭介、三宅伸治、石川浩司、竹原ピストル、佐藤良成、知久寿焼、友部。

3月 オリジナルアルバムでは21枚目となる[歯車とスモークド・サーモン」(MIDI)を発売。初回特典として、ドキュメンタリーDVD[歌の時間」(30min.)を付録。

6月、原田郁子ソロアルバム『ケモノと魔法』の中の「ユニコーン」の作詞で参加。

7月、フジロックフェスティバルに出演(オレンジコートにて)

 

2009年

6月、ミニアルバム「二つの午後」をふちがみとふなと&友部正人のユニット名「LDK」で発売。

7月、THE BOOMのトリビュートアルバムに参加。東京ローカル・ホンクとともに「気球に乗って」を歌う。

8月、三宅伸治とふたりでライブレコーディングを行う。

11月、LDKで「二つの午後」発売記念ツアー。

2010年

2月、友部正人と三宅伸治のライブ盤「ロックンロール、やってます」を発売。

3月、「ロックンロール、やってます」発売記念ツアー。

4月、絵本「しいちゃん」(絵・沢野ひとし、文・友部正人)をフェリシモより刊行。

5月、友部正人60才バースディ記念・トリビュートライブを下北沢「ガーデン」にて。出演者はそれぞれ友部の歌を歌ってくれました。出演者:ハンバートハンバート、峯田和伸、森山直太朗、バンバンバザール、YO-KING、知久寿焼、リクオ、三宅伸治、原マスミ、遠藤ミチロウ、友部正人。(出演順=年齢順)

8月、7冊目の詩集「退屈は素敵」を刊行。

9月、ニューアルバム「クレーン」を発売。

10月、「クレーン」発売記念で東京ローカル・ホンクと共にライブツアー

2011年

3月11日の大地震をニューヨークで知る。「勝手にイースト・バイ・ノースイースト」プロジェクトに参加し、「日本に地震があったのに」という歌をチャリティ楽曲ダウンロード販売する。

2012年

9月、京都「メリーゴーランド」でイラストの個展。記念にイラスト集「記憶の裏庭」をメリーゴーランドより限定発売。

2013年

1月、ミュージカル『100万回生きたねこ』の劇中歌の作詞を担当。音楽は安部海太郎、ロケットマツ。

 4月、アルバム『ぼくの田舎』を発売。「ぼくの田舎は日本です」と歌い始めるこのアルバムはNYで作った楽曲ばかりです。kyOnと向島ゆり子、東京ローカル・ホンクが参加。

2014年

11月、横浜のギャラリーアークにて、画家広田稔さんとの展覧会「色鉛筆のどんでん返し」。友部の書下ろしの詩に広田さんが色鉛筆で絵を描きました。記念に詩画集『色鉛筆のどんでん返し』を発売。

2015年

第9詩集『バス停に立ち宇宙船を待つ』をナナロク社より発売。

2016年

20年過ごしたニューヨークのアパートメントを引き払い、日本に定住するようになる。

9月、アルバム『ブルックリンからの帰り道』を発売。山川のりを、新井田耕造、吉森信、川口義之、水谷紹が参加。

 11月、横浜ギャラリーアークで広田稔との展覧会。記念に書き下ろしの詩画集『風のあしもと』を発売。