運命は物理学  国原庵桑茶スマホ盤 http://www5a.biglobe.ne.jp/~happy_1/
1999年(平成11年)8月23日より 
 
やる気と度胸
夜空の星は、すべてが太陽(それを恒星と申します。)です。
ピアノの弾き語りでけっこう難しかった♪スターダスト
夜空の星は私たちの太陽とまったく同じです。 
しかし、余りにも遠いですので、太陽のような色には見えないのです。  
夜空の星は、自らの重力で核融合反応(水素爆発)を起こし、その熱は2700万度に達し 
星の運命や寿命は、人間の肥満も同じで、重力に正確に反比例します。 
私たちの太陽も、およそ50億年後には赤色巨星という膨張する太陽になり、 
地球と火星の軌道の間まで飲み込み、次にちじまるような動きをみせたかと思うと、 
次第に、少しもがくような老人のちじみ、ついに暗黒の星になります。  
これが、宇宙での極普通の質量の太陽のような恒星の避けられない宿命です。 
星の運命や寿命は、その星の重力に比例し、およそ3種類に別れますが
余りにも大きな星の運命の最期は超新星爆発(7200光年・かに星雲)であり、 
その放射線(光)は地球上の新種の誕生や、異形や、進化に多大な影響を及ぼします。 
ですから、すべての宇宙で起る奇怪と数奇は物体の+域と-域と±の中性域の狭間
±の中性域とは人類が洞察できる、熱、重力、容積、座標、中心、光、振動、色彩、立体 
遠近、平面、曲面、音、命、恐怖、喜び、希望などが一切が無い涅槃の宇宙を 
80年のご生涯をかけられてお説きになられた 釈迦如来のご格言  
 
それは目の前の観自在、涅槃、ブラックホールホワイトホールであって、無意識、刹那、 
般若、そのような不可解なことこそが日常茶飯事ですから、当然と不可解が起るのです。   
その現実は私の人生の19歳11ヶ月27日からが無料の運命の人生 
すなわち、男性で運命を無理矢理にも信じないのが 
物事の経験が、特に浅くとも、あたかも男らしいであるというような軽率さがあり    
そのような方には、進学校の高校3年生の学生が数学Ⅲという理系の大学に
進学されるカリキュラムの(頭がムラッとする ^^;; )数列から、 
微分とか積分とかを勉強され、次に物理学の領域の量子力学を勉強してください。   
それは、目の前に目に見える宇宙から来るすべてが現実であるを 
ご推測され、神の領域には人の武器は熟練した感性でしか対応できないと 
信じないの狭い世界よりも、私のように、無害な感性でお察しされるはずです。
1906年のアインシュタイン博士の相対性理論E=mcから 
光より速いものはないとされましたが、ニュートリノがあり
質量はひじょうに小さいですが、光の速度とほぼ同じです。 
現在は世界各地でニュートリノ発見実験所があります。   
地下の巨大な水槽に瞬間に入るニュートリノ発見
このように量子力学的な作用で、私たちが怪奇とか不思議とかに出逢うことは 
非常に多いものです。 
次は平成27年9月14日奈良県の有名な明日香村の石舞台のそばに咲いていた   
完全な金色の曼珠沙華ですが
 
これも超新星爆発による放射線の影響か、あるいはまだまだ研究が到達していない
ニュートリノの仕業でないと、遺伝子操作の、次の結果もあり得ないのです。 
ですから、桑も自然界で進化をさされたのです。
ですから、嫌な因縁という言葉も、すべてが科学での軌道上であって
まだまだ、人格だけを求める宗教界も、次々と伏兵が出て来る科学界も 
究明までは行かない、いいえ行かない方が運命ですから良いのかも知れません。
その奇跡が起きたのは、国原庵のU字溝とブロック塀との間、わずか5センチに生えた 
絶対にあり得ない桑が生い茂るのは 
水をたっぷり与えられた鳥取県にしかないフィカス(桑)が1本だけ自生していました。 
これは奈良県の全域をさがしましたが、フィカスという桑の種類はまったく無いのです。 
 
さらに、国原庵に沿って流れる溝は3500年も前の上水道です.。 
これが現実で、それは怪奇現象の始りで、最終的に国原庵桑茶が確立もされました。   
実は、当時68歳の私が、真っ暗な夜明け前の毎日朝4時から掃除をさせていただいた時に 
私が大西姓ゆえに、大西氏は中国の秦氏に言われて日本にお稲荷さまを持ってきたので  
お稲荷さまの元祖の平尾姫丸稲荷大明神への、私の役目があると念じております。 
すなわち、霊場を科学的にもうしますと、生きている有機物の地球上にある 
 
私も平尾姫丸稲荷大明神のお世話をされる方々も言われるように 
ここにお参りをされないと、一生悔いを残されるのではないかと思います。 
吹き出物(引力により高温のマグマが発生し)噴火の反対の全てを巻き込む大渦、 
 
それはマグマを冷やすのを海水を使うと急激に冷却され、地球は一気に割れる 
それを起こさせないようにしてきたのが、(反理系的には)世界の聖人といわれる方々です。 
今、国原庵桑茶のサイトをお読みくださる方の近いご先祖が在日の方なら 
元海産物問屋であり、漁船と大型保冷車で日本の隅々まで行った大西巧将が申します。  
どこの神さまもすべてが在日の神さまであって、すべての日本に住む方のご先祖が 
日本の潮流に乗って渡来したのを元中海漁業の漁師の私が太鼓判の保証をします。 
すなわち、日本とは潮流エンジンがすべて勇気さえあれば、 
誰もが到達できる自然の民族衆人(集塵)機なのです。 
ですから、日本人の全員がヤリマホカーとイテモタルデーの勇気のDNAを持っていて当然なのです。 
故に日本に行って一旗あげようの朝鮮人、支那人、台湾人、インドネシア人、ブラジル人が来る。 
銅鐸が2ツも出たということは、私が誕生した時に大西鐸礎と名付けられて 
このような鐸(意味は大鈴)という文字は、全国でもまったく知りません。 
ですから、あなただけの富とご商売のために、お祈りをしていただくように 
私の人生の役目があったのと、自負しています。 
 
平尾姫丸稲荷大明神には現在までのところ、181人をご案内させていただいていますが 
お二人を除いて、179人の方に、そのご電話やメールでお便りをいただき 
この場をお借りして、謹んで心からお礼を申し上げます。 
皆さまのご努力があればこそ、平尾姫丸稲荷大明神からのエネルギーも届いたと思います。  
人はご開運されようとしたら、(ご開運期には)まずは落ち着かれることです。 
神さまこそを差別せよ。 
では、関西の神さまがすっくり儲けさせて、関東の神さまは資格の学業成績で 
解雇や、儲けられへんや、リストラを、請け負ってしまうのか!  
それは関西の財界人だけの本拠地をお調べになられたらすべてお解りになります。 
それは、小学校の時代に、学業がとても良くて、東京に憧れた児童が現在の東京人です。  
しかし、学業の代わりに、集団社会の会社員を選ばれたのが 
儲けには、まったくご利益のない関東の神さまを選ばれたのが致命傷なのです。 
19歳11ヶ月27日で、当時触媒化学の権威の理工学部長に非力でもご相談をお受けしたのが 
身に余り過ぎる光栄ではなく、考えられない依頼心でも、その原因が人のお悩みです。 
それが、父40歳の時に最期の息子として名付けた私大西鐸礎(おおにし たくしょ)  
読み下しは「大いなる西にて、鐸(=大鈴)を鳴らしてでも、何かの相談役の礎」に
なるようにの願いを込めて名付けたと何度か聴きました。 
ですから、お人の大事な相談は弱冠20歳で、いえ誕生で背負ったと自負しております。  
私の治らなかった私のメマイは無害な大自然に助けてもらいました 
あなたのご健康と痩身と経済は、本当に大切なことですので、
私がせっかく無料でお返事をさせていただく話と声を、 
宜しければ、全部を録音していただきたく存じます。 
それは、何年ケ後、何十年ケ後の私と親交をあたため 
あなたさまが今のご不幸に、二度とお戻りにならないためにです。 
昭和18年7月8日生れ、32歳の日に戸籍上改名大西巧将(おおにし たくしょう)  
兵庫県加古川市出身、血液型AB型、プロフィール 
WHOと厚生省が発表した血液型ABは43.6%の確率で認知症になると。 
そのことも諦めずに挑戦しております。 
私は医師ではありませんが、偏差値だけで、世間並のご苦労が少ない方に 
お尋ねになるよりも 、あなたに、確実に実があり、 
ご開運される人と人との核心のお話ができるはずです。  
理由は、過去 現在 未来において私たちが生きていて、勇気を出して出逢ったということです。 
勇気がなければ、日々が不満ばかりで、いつもお腹がすき、それはいつまでも飢餓道です。  
勇気さえあれば、全国指名手配犯人も、現実に人を導く人にも、現実になるのです。 
 ものごとは、絶対に諦めてはなりません。
46億年前の先カンブリア代では現在の月よりも3倍も大きく見えたのも宇宙での出逢いです。 
 
国原寛親こと大西巧将
くにはらひろちか こと おおにしたくしょう