国原庵桑茶
くにはらあんくわちゃ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~happy_1/
国原庵桑茶スマホ盤 
国内の自生の桑24種類の内のA種とB種とC種と自生の半枝蓮の有効性のため、
74歳になる易者が造った自分の持病のための国原庵桑茶は、徹底した手造りですので、
月間300袋ほどしか製造できずご注文の時にお待ちいただく事もございます。
次の鈴木代志子さまと国原寛親こと大西巧将とのメール公開は
鈴木代志子さまが、私のメールの公表で、糖尿病持病で苦しんでおられる方の
ためになるのなら公表してくださいと「国原庵桑茶の紹介サイト」のサイトオーナーの
鈴木代志子さまにご承諾を得て、易者の国原寛親こと国原庵桑茶製造者の大西巧将が  
鈴木さまのご主人の胃癌と肝臓癌の癌細胞と国原庵桑茶で最終ラウンドまで闘う記録です。 
そして、今年も国原庵のカサブランカとハイビスカスの2017年7月がやって来ました。
カサブランカの最初の1ケ(高額ですから)1ツだけ買った (^^;;) 貧弱な球根でした。 
2019年には100輪を咲かす予定です。 
それにしても、撮影中もすごい香りです。 
水路は3500年前のもので国原庵の土地は、物部氏という土器や武器などを創っていた 
完全な跡地で、少し庭を掘れば、大昔の焼き物が出土し、奈良でもいちばん古い 
石上町(いそのかみちょう)で、大昔は海岸線で、未だに汽水タニシが居ます。 
いちばん左のハイビスカスを親木に、右3鉢は挿し木で増やしたものです。 
バックの稲の緑と深紅のコントラストが絶妙ですね。 
やっぱり自然の緑色は癒されますし、人間が出逢える自然色のコントラストでしょうね。
実は、私達の食べる玄米はハイビスカスの向こうの今年6月8日に田植えをされた 
バックスクリーンの稲は農家Nさまが作られたものを100%の玄米でいただいております。 
農業と漁業を比べたら、どちらがたいへんかを感謝しながら考えてしまいます。 
ナント!?6月15日に上の大きな鉢の50センチほどの廻りをヘイケボタルが
飛んでいて、ハイビスカスの葉に泊まったり、前の田んぼの土手をウロウロと… 
ホタルが居るということは、3500年前の溝に食料のカワニナが必ず居るということです。 
うーん、そういえば汽水タニシに良く似たものがカワニナだったのだ。 
ヘイケホタル 
私は海産物問屋として、また漁師として…
永年に渡り、国原庵桑茶を深くご愛顧くださっています大切な顧客さま方 
マサヨシホーム
弥来成真の世界
タヒポ茶と同等の
埼玉県K病院看護師さまたちの代表さま
toitaikiのアンテナ
KLMオランダ航空客室乗務員さまたち
まほろば販売所
国原庵桑茶の紹介サイト
Lufthansa航空客室乗務員さまたち
熊本県A病院看護師さま代表
亀ちゃん販売所
ふれあいの窓
マントラよ
ごくらくや仏壇店(私の生家です。)
2017年3月17日の東京都墨田区八広1の19の2鈴木代志子さまのメールです。
鈴木代志子さまには最初にメールより、先にフックスをいただき 
ご主人のご容態を詳しくお聴きするために、電話もかけさせていただきました。
On 2017/03/17 22:02, Gmail Yoshiko Suzuki wrote: 
> 先程はご連絡いただきありがとうございます。 
> 数日前から半枝蓮桑茶は気になっておりました。 
> ご縁を頂き感謝しております。
> 夫は 鈴木正明   昭和22年10月12日生まれ 
>     鈴木代志子 昭和23年4月29日生まれ 
> 年末に悪い感じのことを言われて、1月の検査で 
> 胃がんから肝臓にも転移しているのでステージ4と告げられました。 
>
> 薬の治療がワンサイクル終了した16日に同じような治療に入るのかな? 
> と思っていましたら、腎臓の数値が下がっているので 
> 来週から週一回の点滴治療に変わりました。 
> これ以上、腎臓が悪くなると透析になり、抗がん剤も使えないような
> お話が医師からありビックリ致しました。 
>
> 来週24日は1泊の入院ですが、次回からは数時間で終わるので
> 入院はしないで大丈夫みたいです。 
>
> これが医師からお聞きした体の状態です。
> でも、内心はわかりませんが夫も私も落ち込んではいません。
>
> 治ると信じています。
> ネットで検索していて半枝蓮桑茶を知りました。 
>
> 夫に今、逝かれては困りますし、私のやりたいことも志だけで 
> 終わるのは悲しい気持ちですね。 
> 私たちには子供はいません。 
> 色々お教えいただけたら嬉しいです。 
> 3月初旬に、湯島天神に梅見に行ってきました。 
> 根付を売っていた占いの方には「4.5月注意しなさい」等と言われました。 
> 私も体の変わり目で何か可笑しいと思ったら病院に行くようにと 
> アドバイス頂きました。 
> 私は30代後半にストレスで胃を悪くして入院をした位です。 
> 去年・今年は風邪も引きませんでした。 
> でも、不安な事があります。 
> 低体温で低血圧です。手足がとても冷えます。 
>
> 低体温だと免疫力が弱いので病気になりやすいと言われていますね。 
> ずっとこれが悩みでした。 
> 占いなどでは泌尿器系が弱いと言われたこともあります。 
> 半枝蓮桑茶が私達を救ってくれると考えております。 
>
> 私たちのことを鑑定して下さい。お支払もさせてください。 
> あれもこれもと良くしていただくのは心苦しいですが 
> 末永いご指導お願い致します。 
> 鈴木代志子 
>
>PS:考えていることを書いてみました。 
On 2017/03/18 7:25, 国原寛親 wrote: 
鈴木正明様ならびに鈴木代志子さま 
このたびは、Googleの桑茶検索で13,900,000 件もございますのに 
鈴木代志子さまにご縁をいただきました
〒632-0011 奈良県天理市石上(いそのかみ)町696-2の大西巧将です。 
> 先程はご連絡いただきありがとうございます。
> 
> 数日前から半枝蓮桑茶は気になっておりました。
> ご縁を頂き感謝しております。 
>
> 夫は 鈴木正明   昭和22年10月12日生まれ 
>     鈴木代志子 昭和23年4月29日生まれ 
 
私のつたない鑑定ですが 
後ほど、お送りさせていただきます。 
尚、鈴木代志子さまの言われておられます
 
> でも、不安な事があります。 
> 低体温で低血圧です。手足がとても冷えます。  
> 低体温だと免疫力が弱いので病気になりやすいと言われていますね。  
> ずっとこれが悩みでした。 
> 占いなどでは泌尿器系が弱いと言われたこともあります。 
 
以上のお悩みは大勢の方が「国原庵桑茶は桑茶の新時代」に
ご投稿くださっていますのでご覧ください。
そして、「国原庵桑茶は桑茶の新時代」は現在、国原庵桑茶の製造が忙しく 
ご投稿に対して、返答が出来かねる状態です。 
 
姓名判断を志す方へ
自分への冷静な姓名判断です。 
誕生から32歳までの 
右の私の姓名を姓名判断しました。
大西巧将と国原寛親の以前の戸籍名でした。
易者は老いていれば良いという訳ではありません。 
物事は全てが胃が痛くなるような神経質を
もって、すなわち強い緊迫感を持ってこそ
良しとするものです。 
すなわち神経質とは、いつも胃と神経が
切磋琢磨しているグギギのギッギッの易者や医者や弁護士の神経からの
毎日磔の先生でないと、お金を支払うレベルではないと言うことなのです。
理由は鑑定ご依頼者の命と運命を、表現なさらないといけないからです。 
この皆さまと違う↑↑↑の神経が大西鐸礎なのです。
こんばんは、国原寛親こと大西巧将74歳です。 
ですから、大西巧将に瞬間に戸籍から改名された時には 
大西鐸礎の強力さと大西巧将のご養子さぁ~んの落差で死ぬ覚悟でした。 
郷里の高校時代 
もっと極めつけは、1999年8月23日から神戸市ポートアイランドの
ソフマップさんで買ったホームページビルダー3(当時は日本IBMさんの製品)を買い 
現在はジャストシステムさんのホームページ・ビルダークラシック21
ISDNで裏六甲の有馬温泉からの中継でネットに参入しました。 
18歳・都内のYジム 
しかし、性格が統領運の環境運21格で主運が強情極まる27格という
さらに悪いことに天才的で虚無と虚空の社会運30格と好き勝手個運39格と
21歳・都内のYジム 
家庭運45格と極めつけは、総運48格が入り乱れて  
トップページは今までに1万回は更新が越えています。 
その理由は、理性では多くの方に読んでいただきたいのが本音でしょうが 
この18年間ものトップページの更新は確実に1%未満の方を狙っているのが 
大西鐸礎という人間の傲慢さと特異さと
太陽系の惑星直列に生れた三碧木星・未年・AB型で 
大家族で育った淋しがり屋の私が「世とは別に生きたい」の本音です。
これでは、6歳頃のある朝、お袋が店の掃除をしている時
通勤をする三宅の オッチャンを観て運命とは理不尽だと思った意識こそが
商人や事業主にしか絶対に絶対にならないと念じたけれど
祖格9格、主格27格、地格39格、環境運21格、社会運30格、
前期運24格、後期運24格、総格48格では  
商人やになるには傲慢過ぎて、誰にも可愛がって(=損得勘定)もらえず、 
商人や事業主になるには嘘でもプリテンドでもいいから
皆と歩調を合わせること…そのことだけが 
お金儲けをするたいへんな現実よりも
いつも「なんで皆と歩調を合わさんといかんのや。」で悩んだのです。 
それに三碧木星のやかましさと、未年の角の突き合い、極めつけは
AB型の(直ぐに弱れば良いのに)スタミナのある超イヤーな性格で
相手が根負けをしていても、スッポンのように食らいつく 
 
およそ会社員にはなれない強烈さが国原庵桑茶をはじめて 
徐々に徐々に薄皮がめくれるようになってきていますが 
富士山や南海トラフのようにいつ噴火するか、安心できない性格です。(T.T)
25歳の時に社名判断や改名や新生児ちゃんの命名に必需品の瀧行を
教えてくださった師匠、瀧行は体も神経も、完全に生まれ変わります。
奈良県天理市日本最古の霊場・桃尾の瀧 
また、23歳でブルトーザーに乗って造成をしている時に、
ブルの右横に立たれて
 
「あなたが大西さんですか。お人のお名前を鑑定できるんですね。」から 
事業というものをものすごく教えてくださった
金ピカの事業主のお釈迦さまだと言いたいようなSさま。
34歳の時にの海産物問屋になった時に、
 
島根県浜田市のうどん屋さんで出逢った日本山岳会員の漢方医と、
同じく34歳の時に出逢った富山県の漢方薬品の社長。 
この方たちに今更お礼をもうしあげる言葉はありません。   
そして、多くの鑑定ご依頼者には本当にお世話になりました。    
国原庵桑茶製造者
大西巧将
おおにし たくしょう 
すべてが手造りの国原庵桑茶をお知らせするには、私たち日本人をご説明させて頂かねばなりません。 
最強の日本軍を駆逐したGIの顔は
あれだけ殺しても、お前運強いのう。
ようここまで痩せるまで戦ったのう。
天晴れや。
ワシらはここまででけんどー。
この甲板から日本がそこに見えるど
ここは日本の領土や、良かったのう。
お湯でも水でも更衣室も使えよ。
しかし、お前、精悍な顔やのう。
ワシらこんなんと戦っとたんかいな。
ドイツとイタリアがギブした時
なんで?手あげなんだんじゃい。
 1945年8月終戦時・海兵隊員は全員が既に糖尿病予備軍か?
日本の兵隊の皆様、本当にご苦労様でした。 
私は1943年の生れですが、日本のご両親元にご帰還される痩せて疲労だけの兵隊様を 
3歳でも4歳でもよくよく存じていますよ。
加古川商店街の有志で婦人会がおにぎりを造り、父親連中が280km離れた京都府舞鶴港に寄港し
命からがら逃げてこられた人々の行列に向かって、おやじさんたちはあの姿を見て、涙ぐみながら
 
「よう帰ってきはった。えらかった。ワシらは兵庫県の加古川市の商店街のもんです。さぁ~食べなはれ」と
父は「血だらけの戦場とちごうて、めでたい非常時やかいに鐸礎(たくしょ:私)には見せた方がええと。
超強情の性格の大西鐸礎の名付けの父親がどえらいもの見せたから、
4、5歳で既にまったく飾らない大人の本音だけの感覚でないと駄目!の子が育つ 
その証拠に「嘘でっしゃろがいな」とか「女性の弱点」とか「プロフィール」の本音だけの
世界だけが丸で国原庵桑茶のように、きっちりと煎じられているようです。  
   
誕生~32歳   戸籍から改名:32歳~ 易者のネットネーム56歳~
故に幼名:大西鐸礎、戸籍から改名:大西巧将、ネット易者の国原寛親がすべて私です。  
引揚者の皆さんが泣きながら、横の大きなアルマイトのお茶を飲みながら食べておられました。 
あの時の思い出は、息が詰まる超満員列車が今でも嫌。
今も列車は絶対に嫌 
大西鐸礎(おおにし たくしょ)などという僧侶みたいな無学な父の命名も
この戦争は絶対に負けるから、戦後にこそ役に立つ人間が要るんやで名付けたと聞いています。 
実際に昭和18年7月とは、連戦連勝だった日本海軍の
アッツ島沖海戦や、それによる玉砕など、初めての日本軍の敗戦だったのです。  
昭和18年アメリカ軍は物量にもの言わせて、一方的に攻め込んできました 
そして、昭和20年8月16日に無条件降伏になりました。 
マックカーサー元帥すらもハル・ノートは知らなかった。 
無条件降伏とは、もうどうにでもしてください。「刀折れ、矢尽きた」の意味です。
        
         
大きなにぎり飯を渡すおっちゃんらも「誰も恨んだらあかんど。生きて帰れたんやから」と。
ある時、私が立っているとなりに金物屋のおっちゃんが居て、そのおっちゃんにがっちりした体格の人が
「私は日本人ではないのですが」 
金物屋のおっちゃんが「帰ってきはったんやから日本人、何人やっても喰わんと死ぬ死ぬ」と優しい顔で 
差し出すおにぎりと茶碗を持つ手こそが、あれが命の合掌だと、仏壇屋の倅は74歳の今も覚えています。 
ですから、国原庵桑茶はこの時代の終戦の年の1945(昭和20年)の1年目で原型ができています。 
そんなことで続々と帰還兵様たちは、兵庫県加古川市商店街にも続々帰ってこられました。 
しかし、ご本人以上にうれしかったのはお家のご両親たちで、「さー腹いっぱい食べ」で 
飢餓の戦場からの帰還兵様たちはかわいそうに、馬のように喰った。 
日本人の場合は特にインスリンが出にくい民族で、ほとんどの帰還兵には直ぐに強い糖尿病がはじまって 
父は医者に聞き「弾にも当たらなんだ、ええ運の若い者が、親元で糖尿病で死んだら地獄じゃ。」と
真夏の重い桑を大きな紅葉とイチジクの木の下に(下にの意味は太陽光線の当たらない乾燥方法の意味)
仏師の父は手押しのポンプの水でよく洗って、乾燥させて、手もみしてはザルに受けて、スリコギですって...
私は海産物問屋の時代の儲けをほとんど使ってしまうくらいに機械化をしましたが 
桑畑の桑ではない自生の桑が機械化独特の静電気にはものすごく弱く桑茶としての効能がゼロになり 
今のところスリコギと私が発案した栂(とが)の木と桜(さくら)の
大きなねぶしからの手動のひき臼以外は、効能上で金属の機械化には全部失敗でした。   
静電気防止のため、硬いねぶしを手動のひき臼に利用
ですから、天才小野妹子が朝廷の命を受け大時化の東シナ海へ遣隋使として行き、
命からがら伝えた仏教(僧侶が勉強をしない)と共に易学(易経)や兵法や漢方や武器と
75頭の駿馬など、奈良の正倉院に納め(現在は宮内庁の管轄)
欽明天皇御世・奈良県桜井市大和川湖畔の仏教と易学(易経)が伝来
いちばん大切な日々の健康も錠剤でめんどくさがりの日本人には、
▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀▀
臨済宗の栄西禅師のご努力でも、桑茶と製法が後世に伝わっていない理由でしょう。    
ですから、便利こそが哲学で、車社会で日本人はただ喰い過ぎ
(反対に病人が皆少食になれば日本の経済崩壊の大きな社会問題)
結局は人の口には戸を立てらねぬの「嘘でっしゃろがいな」がネットに出る始末です。 
 
当時の私の駄菓子の飴の紙袋に入れて「糖尿病なんかこれで治る」と土瓶で煎じて飲ましていました。 
私の高野山の先祖の墓は、糖尿病から癌になった仏さまばっかりで、あれは生れて初めてのショックでした。 
私に見せるためにイチジクの木に干した父ではないですが、
江戸時代以前は糖尿病と癌でボコボコ死んでても、なすすべも無く、ほとんど智恵がなかったのでしょう。 
現に、写真の石器を使う親を(今流に言えば)子ザルは見ながら客観的(すごい学習)という、
父親ザルが、経験から大脳を使って、「痛っ!」で指を打ちながら、必死で石器を作っているのに 
石器制作を見る子チンパンジーは冷静で、
見ているだけでも、楽に親父を越えられます。
これが零細企業でも、
個人商店が潰れない起因です。  
ここが、商人の家での「親を越えねば、頼りは誰彼なしのお客さまの世界」こそが真実なのです。 
ということは、、子チンパンジーが親の働くところを見ないチンパンジーファミリーには 
よほど頑張らないと、幼い時からの見よう見真似の世界をまったく知らず
また、ぞろ父親が創始者として苦労した痛い手打ち指打ちをくり返さなければならないのは  
すなわち、商人は自動振り込みが無いのですから、眼で見て、聞いて、どこまで石器を真剣に作ったら 
隣の森のチンパンジーが買ってくれるか、親を超えてでも行かねば、私のように持病すらも治せません。 
故に、親がたとえばアパート経営などの職業ならば、子はいつまでも家賃を払う苦しみも解らず 
毎月毎月、アパートを建てた資本金の返済と親の職業が「一種の世離れ」したような親の子ならば... 
それを頭が痛くなるまで、通勤の1mmも違わない車窓でただただ考える、次は石でナイフ作ろうかぁ~? 
国原庵桑茶は国内24種類の自生種の内、
自生の桑A種を20%と自生の桑B種を30%と自生の桑C種を45%と 
自生の半枝蓮5%も、これらはすべてでは無いですが、  
3000年前の周王朝の小野妹子の易学(易経)書からの登用や真似で50%ほどが成り立っております。 
天才遣隋使小野妹子は奈良県桜井市に仏教を持ち帰った時に、易学(易経)と桑茶も駿馬75頭と共に
小野妹子による仏教と易学(易経)伝来の地・奈良県桜井市
その桑茶や薬草は欽明天皇は正倉院に納められ、現在は宮内庁が管理されておられますが 
あの時の薬草の効能が、今も有効とネットで聞き及んでおります。 
ですからあなたの持病も絶対に諦めないでください。
私と家内の大西来季をここまで導いてくれた原動力、それは私のメマイです。 
最初は桑の木も解らず、丸で杉田玄白の解体新書と一緒みたいな無知でした。 
私が易学(易経)に出逢ったのは、およそ6歳ぐらいの時で、父がものすごく古い易学書(易経)を
持っていて、庭の前栽に暖かい日差しが入る朝に本を積み上げて虫干ししていたのを開きました。
文字は筆字で書いてあり、幼稚園の私には墨の暗号のようにだけ見えたのです。
しかし、父から姓名や運命というものがあって、それから逃げられないと聞いた時に
その時正直に「なんやねんソレ!?」と大西鐸礎という 
超強情運命の先天運が6歳で鎌首を持ち上げたのを今も覚えております。 
鎌首とは蛇が好戦的になったり、6歳の私は(たぶん?)生れて初めて 
運命など、誰かに決められてたまるかいのこの世での支配的なものにまで  
大西鐸礎(おおにし たくしょ)の主格27格の超強情が確実に出てきた確かな69年前の記憶です。   
私の干支は蛇ではなく未のAB型の三碧木星の蟹座ですが、とにかく、我ながらひつこいですね。 
その強情さは大学の卒業式の翌日に大阪府松原市に当時は誰もが見たこともない 
進駐軍のブルトーザーを買いに行き、学友が一気に就職をする中、 
とにかく銭儲けしかこの世はあるかいなで、土建屋10年、32歳から海産物商い兼中海漁師を28年 
たかが商人の息子が、親に1円も借らずに起こした自分の会社にほとほと疲れて 
兵庫県神戸市の六甲山に皆さまの鑑定をさせていただこうと
好意で貸してくださった大きなバンガローに永年の沖のl疲れを取るように、逃げ込むように入りました。 
その時、野生の鹿、猿、イノシシ、タヌキ、キツネ、野犬、捨てられたネコなど 
野生の動物が朝早くから、子サルなど大きなサッシに張り付いてキーキーでオッサン起きんかいなで 
 
40歳からはじまった強烈なメマイを治すには、島根県浜田市の食堂で出逢った日本山岳会の方で 
漢方薬のオーソリティに、また泊まった網元の置き薬から、得意の強情さがムックリと起き上がり 
まずは六甲山で桑の勉強が始まり、次に愛知県の豊田市の山の奥の標高500m、次に和歌山県伊都郡
逗留費用もものすごくなりますので、1LDKのバンガローに家内と住んで、丸で山賊夫婦でした。 
結局は6県21市町村をウロウロしながら国内の24種類の野生の桑を勉強しました。 
私は医者の資格も、薬剤師の資格もまったく持ちませんが、ひどいメマイとお客さまの 
「大西さん、治ったぞ。」の携帯にかかるお声だけがうれしくてうれしくて貰い泣きもします。 
お礼のお電話のたびに、誰誰さんありがとう。お互いに生きてて良かった。本当にの気持しか無いのです。 
お客さんをかばう訳ではないが 誰もが持病を持った苦しみは、
持病の苦しみは、この沖の時化も一緒で遭遇されないとわかりません。
想えば、その六甲山でBiglobe様に1999年8月23日午後5時25分からお世話になって
当時は裏六甲の有馬温泉付近からのISDNで、当時は途中でファイル転送が止まる (^^;; ほんまです。 
今ならビグロブ光ですから、わずか20年足らずで、インターネットはタブレットも出てすごいですよね。 
56歳からのネット人生、でも楽しいですよ 
そして極めつけは、私達が住む国原庵から東に300m行った所に 
大昔は皇居があった平尾山があり、そこには平尾姫丸稲荷大明神がお祭りしてあり 
平尾姫丸稲荷大明神こそインドのダキニテン(荼枳尼天=日本最古の稲荷大明神)で
荼枳尼天 
全国からお参りに来られた結果、すごいご利益があるのを、私は知っております。
近くのレストランが、若い事業主たちの珍しい外車だらけになるのです。
ですから、稲という五穀豊穣こそが、儲けというお稲荷さまは商売の神さまなのです。 
すなわち、易学(易経)の最高級の教えは三徳と言い 
それは、一 健康で長寿 二 富貴栄達 三 子孫繁栄 
すなわち努力しなくとも健康で長寿の人はいます。 
男から申せば、家のことなどほったらかしでも、孫は出来るものです。 
しかし、富貴栄達だけは、男にとてつもない運がないと、
いくら頑張っても雇われ人止まりで、せいぜい雇われ専務です。  
ですから、その最高級の統領運の闘えばメチャクチャ強い者同士が血みどろになってこそ 
3500年前の周王朝時代に”兵法”が生れ、投石機が生れて 
投石機
日本では石こそが、碑文などで神格化していますのでほり投げてはいません。 
文句なく相手の堅固な城壁を破って、兵は乱入し、何十万の人をなぶり殺しにしたのです。 
私達は食事に命を食べているのですから、モンゴルの兵が、十字軍の兵が、 
どこどのこ戦争で、生きた人間の皮を剥いでも、富貴栄達で、罰は当たらないのが 
現在のモンゴルであり、ヨーロッパであり、日本であり、アメリカで中国で
ロシアの戦争でもあるのです。  
ですから、儲ける人こそが、人の頭であって、男に生れて、怠惰で温和が好きで
富貴栄達を望まず、”本音の儲け”に走らぬ人ほど厄介な、食うだけの男なのです。 
私の職場は尖閣諸島や日本海の時化の職場ですから、 
大概の怖さは知ったつもりですが、 
桑の勉強で6県21市町村を何十年もかけて巡回してきて、やっと奈良に落ち着いた時に 
妻の大西来季が「近くに霊験あらたかなお稲荷さまがあるから参ろう。」と 
お稲荷さまは大西家とは縁が深いから参ろう。」とも。 
参らせていただきましたが、辺りは落ち葉だらけで
来季が「霊験あらたかとネットで聞くけど、こんなに荒れていたらお気の毒やね。」と 
「よっしゃ。明日からワシが掃除する。」でガンジキ(熊手)と竹箒を買って
翌日、朝の5時ごろから昼ごろまで、孫悟空の猪八戒みたいな魔女の宅急便の恰好でも 
熊手を持った猪八戒  竹箒 ステルス
平尾姫丸稲荷大明神さま以外は、誰も見ていないから恥ずかしくないのです。 
まずは、一人で走り回って、1週間ほど落ち葉の掃除をさせてもらいましたが 
うっそうとした森の中では落ちてくる落ち葉の料が多くて一人では間に合いません。クッソ 
しかし、1ヶ月も朝5時間ほど頑張れば少し片付いてきました。
やればやるほど、永年の放置についつい細かい所まで、ズボラモンが気が付き 
結局は3ヶ月間近くまで、最後は藪蚊の一斉攻撃が、朝9時頃から始まるものですから
医者は「毒消しの肝臓がもたんぞ」と、体中マッカッカーのホロセをつくって辞めました。 
あの時の信じられない妖気現象は、お逢いした方に全部をお話しをしています。 
それは30年近くも海上生活で、海難事故の船首に神が居ると信じていますが 
陸上では、海と違って、神社が祭ってある所の位置こそが 
人が住んではいけない、いわく因縁の土地、その土地を汚すも、人が清めるも、 
無機質のONとOFFのデジタル形式である結果が、現れてしまうことが解りました。
ONとOFFのデジタル形式こそが、ビッグバーンからの宇宙の創生(初めて生れる)だと。 
無機質のこの宇宙に生れた運命は物理学だと断言できます。
すなわち、私達が恩恵を受ける命たち、国原庵桑茶の桑にあると今は確信しております。 
私達は宇宙で生れた酸素を吸って、宇宙で進化した命をもらって、生きて行く
私達は良くも悪くも、確実にいえるのは、
すべてのON作用(生きて智恵が湧く)の命には、他に(運命というものの)類似品がなく、
たった一種のその人ダケの運命という軌道が決められています。  
運命とは(限りない宇宙の恒星(=太陽)の数)こそが、
後々の不思議な運命を生みだすソース(=元)でしょうね。  
私の永い海上生活では、舞台の役者達は太陽と月と星と風と波と大時化と雨だけ
 
漁船にエサがあったり、気を許せば必ず襲って来るだろう腹を空かせたカモメ、 
しかし、カモメも必ず遠くの遠くの魚影の上をやかましく旋回しますので、
人工衛星やいつでも無線通信の漁連ぐらいありがたい味方です。  
 
ありがたいと言えば毎日象印の文火楽々(とろびらんらん)で煎じる国原庵桑茶は 
お客さまも多いので、1日に7リッターぐらいは煎じていますが 
毎朝、平尾姫丸稲荷大明神さまに朝4時30分には前の日に煎じて冷 
やした5リッターぐらいを大きな水筒と共に持参していました。
それが朝の10時頃にはすっかり無くなり、慌てて家に帰って来ることもしばしばなのは 
国原庵桑茶こそがスタミナを授けてくれていることが、毎朝解ったものです。 
いつまでも冷たく、すごく猫舌の私にはありがたい国原庵桑茶 
パソコン入力中は1日中水筒に入れた国原庵桑茶を一口ずつ軽く飲んでいますのが
国原庵桑茶こそが、およそ9年前から、持病をけっして起こさせない起因であるようです。 
〒632-0011 奈良県天理市石上町(いそのかみちょう)696-2 国原庵  
国原庵桑茶製造 国原庵 店主 大西巧将(おおにしたくしょう)メールchika@kpd.biglobe.ne.jp
大西巧将の携帯電話:090ー925ー22758 fax.:0743-65-4980 
Since Augast 23, 1999 Copyright(c) 国原庵桑茶 1999-2017 All Rights Reserved
たいへん長いホームページ
国原庵桑茶をお読みくださいまして
ほんとうにありがとうございました。
スコットランド民謡・蛍の光