国原庵桑茶の威力 国原庵桑茶スマホ盤 http://www5a.biglobe.ne.jp/~happy_1/
1999年(平成11年)8月23日より 
商売は70歳から
悲惨な持病の血液検査
兵庫県加古川市民病院での救急入院時の62歳の血液データ 奈良県天理市よろず病院での検査入院時の64歳の血液データ
担当医:鎮西先生 担当医:山本先生
肥満
88.8 kg
 
69.5kg
糖尿病
ヘモグロビンA1c) 
10.9 %
 
6.7 %
高血圧  
165/98mmHg
 
102/84mmHg
コレステロール
750 mg/dl
 
123 mg/d
便秘と下痢
毎日の便秘と下痢が漁
船上で辛くて最悪でした。 
 
国原庵桑茶に
自信を持つ  
胆嚢結石
胆石が32mmと16mmの
2個の結石でも 
自覚症状無しでした。
また、平成21年7月の   
エコー検査では完全に
消えてました。  
 
完治しても
国原庵茶を飲み
続けて、  
先祖からの結石が
たまり易い遺伝を 
生じさせていませ 
ん。
  
最悪の舌の癌   
闘病期間2014年11月~2015年7月末まで、とにかく易学(易経)からの半枝蓮がすごく効きました。
メマイ
時化の海でメマイは
耐えがたかったが 
このメマイの兆候は 
32歳の誕生日の7月8日 
改名前の大西鐸礎の時から 
何かの原因があったかも 
知れないのです。 
 
メマイは和歌山県
かつらぎ町
県道13号線で
消えた。
それは下の写真の
時に30年間の
メマイが幽霊の  
ように消えました。   

国原庵桑茶の野生桑Cに対し5%の半枝蓮投入6月の5ヶ月後には痛みがゼロに回復私を救命させました。 
月間医療費の変移当時の月間医療費 国原庵桑茶約1袋分だけの3000円 
月間医療費12、443円が
250%もダウン、一生飲み続けます。
完全な手製で造った時は
3000円が高いかと想いましたが。 
 世界の新種  糖尿病を遮断・国原三桑
国原三桑の誕生は巨大な利益を産むと直感しました。国原庵桑茶の威力より
DNJ(デオキシノリジマイシン)とは、体内に入った糖分を包み込み、
排便で廃棄させる自生の桑に含まれる自然物質です。 
〒632-0011 奈良県天理市石上町(いそのかみちょう)696-2 国原庵 
国原庵桑茶製造 国原庵 店主 大西巧将(おおにしたくしょう)  chika@kpd.biglobe.ne.jp  
大西巧将の携帯電話:090ー925ー22758 fax.:0743-65-4980