バイカル湖とシベリア鉄道      2017.7.15〜19

“シベリアの真珠”と称される世界遺産バイカル湖とシベリア鉄道の旅。関空よりチャーター便が飛ぶことになり参加した。
西日本在住の参加者55名で2班に分かれて行動する。

15日(土) 関空17:30<>ハバロフスク(給油50分)<>イルクーツク23:30<>ホテル0:40
      何とも小さい飛行機で大丈夫かと思うくらい。音もうるさいほどで、少し揺れもある。
      入国は思ったよりスムーズだったが、ホテル着は深夜、寝るのは2時過ぎになった。
      2班と同じホテルと聞いていたが、何らかの都合で別々となった。
      ただ、室内は2部屋もあり、バスタブ、バスローブまであるデラックスタイプだった。
アンガラ航空  チャーター機
   70人乗りのアンガラ航空・チャーター便                      タラップも7段ほど

16日(月) ホテル9:00<バス>バイカル湖博物館・水族館<>昼食<>クルーズ<>日本人墓地<>展望台<>
      スパスカヤ教会<>ヨーロッパハウス<>イルクーツクホテル・夕食(フォルクローレディナー)<>ホテル20:00
      相変わらず1日目の朝は調子が悪く、朝食はパス。
      バスでバイカル湖にしかいないバイカルアザラシやオームリ(魚)などの水族館・博物館見学。規模が小さくすぐに
      終る。続くバイカル湖クルーズは船着き場でしばらく待ったが来ないとのことで、昼食のレストランへ。
      すべて名物の白身魚オームリを使った料理が出てくる。味もよく美味しく頂く。
      また戻って1時間のクルーズ。デッキは暑くて、前方のバーススペースから広々としたバイカル湖を眺める。
      湖面は標高500mで琵琶湖の46倍、水深は1600mほどで透明度も高いが、冬には凍ってしまうとのこと。
      バスで移動し、抑留日本人61名の墓地まで坂道を歩く。名前が彫られたコンクリートの墓標が並んでいる。
      次に2人乗りのリフトで展望台へ。降りて5分ほど歩くと大きい湖が広がり輝いている。
      市内に帰り、ロシア正教の教会と外観の美しいヨーロッパハウスを見学。
      20時からはフォルクローレディナーで、ロシア民謡や踊りに大勢が参加して盛り上がる.
イルツーツク駅  イルツーツク市街
           イルクーツク駅                          広い公園と美術館など
バイカル湖  湖岸
       青いバイカル湖が広がる                    バイカル湖の岸辺・あまり冷たくない
水辺 バイカルー2
          夏を楽しむ人たち                       モーターボートが湖面を切る
クルーズ船 クルーズ船ー2
        貨物船のような遊覧船                       かなりの傾斜を上下する
海岸線  展望台
      岸辺にはホテルなども多い                        展望台からの湖
スパスカヤ教会  ヨーロッパハウス
           スパスカヤ教会                       飾り窓のヨーロッパハウス
オオカミ  サラダ
       博物館のオオカミの剥製                  バイカル湖名物・ オームリのサラダ
スープ  オームリ料理
          オームリのスープ                        オームリのムニエル
肉料理  ケバフ
          夜・ 牛肉ソテー                               ケバフ
ショー  ヤナギラン
      踊りと歌のフォルクローレショー                 リフトの足元に咲くヤナギラン

17(月) ホテル11:00<>イルクーツク駅12:06<列車>ウラン・ウデ20:15<>ホテル21:00・夕食
     列車の都合で遅い出発。近くのスーパーなどで時間を潰す。肉やパンなど種類は豊富だが野菜はやはり高い。
     駅は大勢の人でごった返している。ヨーロッパ系、中国系、多いのはモンゴルに近い人たち。
     列車が到着して乗り込むが、コンパートメントタイプの部屋の汚いこと。まずは部屋の掃除から。
     ベッドが上下4ケにテーブルがあり4人部屋なのだが、幸いなことに2人なのでゆっくりと荷物も入る。
     1時間経った頃、掃除機を持った女性が来てきれいにしてくれた。私たちは8時間の乗車だが、モスクワまでは
     7日掛かるので、それぞれにお掃除タイムがあるのだろう。
     2時間程経つと左手にバイカル湖が見えてくる。蒼い湖面が広がるが民家も岸沿いにあり、対岸も近くに見える。
     食堂車は中ほどにあり、コーヒーは300円ほどで安い。バイカル湖を眺めながら暫し旅の楽しみに浸る。
     沿線はシベリア松が多く、今はヤナギランが至る所で見られ彩りを添える。
     夕日が輝きながら落ちていって、ビリヤート共和国のウラン・ウデに到着。ポーターの人たちもモンゴル系である。
     ホテルでの夕食時に花火が上がり感激する。
シベリア鉄道  鉄道ー2
     シベリア鉄道・20両ほどを連結する              時刻はモスクワ時間。昇降口はかなり高い
湖面  ウラン・ウデ駅
       雲を映す藍色のバイカル湖                    ブリヤート共和国・ウラン・ウデ駅
ウラン・ウデ風景  
     ホテル14階のレストランからの景色              遠くの山や麓の家はモンゴルに似ている

18(火) ホテル8:30<バス>イヴォルギンスキーダッツアン<>タルパガタイ村・昼食・教会<>ウラン・ウデ市内観光<>
     レストラン・夕食<>ホテル20:00
     バスで1時間ほど、1945年に建立されたチベット仏教の寺院でブリヤートの人の聖地と言われる所を見て回る。
     回り方も決まりがあり、寺の中では僧侶が祈ったり、食事をしている様が見られた。マニ車を回しながら進む。
     また1時間ほどでセメイスキー村に着く。伝統の衣装で着飾った人たちが歓迎の言葉で出迎えてくれる。
     ここのレストランですべて手づくりの食事を頂く。テーブルにある他にスープや肉料理など次々と運ばれてくる。
     勿論、ウオッカも振舞われるが、油で上げていないピロシキが一番口に合った。
     その後場所を変え、ユネスコの無形文化遺産に登録されている、先祖から伝わる歌と踊りを見せてもらう。
     ゆったりとした歌い方でハーモニーも美しく、踊りは逆にテンポが速い。
     また誘われて仲間が入ったり、1組の夫婦が模擬結婚式を行うなど笑いを交えて交流が続いた。
     近くの古い教会や博物館を見学し、ウラン・ウデに戻ってからは市内観光。
     レーニンの頭像のあるソビエト広場や繁華街のアルバート通りを散策する。
     夕食はレストランで済ませ、ホテルには明日に備えて早く戻った。
寺院ー1  寺院ー2
                 ロシアチベット仏教の総本山。 イヴォルギンスキーダツアン
寺院ー3  寺院ー4
                        煌びやかな寺院が沢山祭られている
セメイスキー  村
     セメイスキーの人たちの歓迎を受ける                タルパガタイ村の通り
昼食  ピロシキ
        手作りの品々が並ぶ                    ピロシキ・餡が入っていて美味しい
  歌
        民謡に合わせての踊り                    伝統を受け継ぐ子供も上手に歌う
結婚式  教会
      参加者夫婦の2度目の結婚式                      村の古い教会
市庁舎  劇場
       ソビエト広場と市庁舎                      日本人の演出家がいる劇場
アルバート通り  肉まん
      繁華街のアルバート通り                     夕食に出た肉マン。お汁が美味しい

19(水)  ホテル5:40<>空港8:10<チャーター便>ハバロフスク(給油)<>関空16:00
      モーニングコール4:30で朝食の弁当を昨夜渡されていたが、硬い炒飯やハンバーグ、リンゴなどで何にも食べられない。
      他の人も同じだったようで、シベリア鉄道の昼食弁当と同じく改善の余地ありのようだ。
      手配のホテルや遊覧船の変更、朝の空港に職員が来ず30分ほど待たされたことなど、まだロシア式が残っていた。
      帰りは順調に飛んで、予定よりも早く関空着となった。