ベトナム・カンボジア        2016.3.17〜21

久し振りのアジアの旅。3泊5日でコンパクトに巡るが、アンコールワットなどの遺跡群は素晴らしく
その緻密で丁寧な造りに感動する。大汗をかきながら密林からの宝物に会えた喜びに浸る。
人々の暮らしは貧しいが一生懸命さも感じられ、ベトナムでは急激な発展があちこちに見られた。

17(木) 関空10:30 <>ハノイ 13:30(時差-2時間)<>市内観光<>ハロン湾・ホテル22:00
     添乗員の付かない旅行で同行者は9名。こじんまりして纏まりがいい。
     ハノイの空港はどんよりしていて湿気が高い。
     入国検査などもスムーズに済み、現地ガイドに迎えられて大型バスで市内観光が始まる。
     ホーチミン廟、文廟も中国の名残りが強く感じられる。
     新・旧市街とも道路はオートバイに占領された感じで、信号もあまりなく横断は怖いくらいである。
     フランス領時代のオペラハウスもあり、食事もパンなどが美味しい。
    夕食後は4時間かけてハロン湾へ移動する。
ベトナム航空  ホーチミン廟
       ベトナム航空直行便                    ホーチミンが安置されている廟
文廟  文廟ー2
      1070年に建てられた文廟                 ベトナム最初の大学が開校された
文廟ー3  オートバイの群
      竜の飾りと美しい瓦の屋根                道路は通勤のバイクに埋め尽くされる
ホアンキエム湖  日本からの桜
    市民の憩いの場所・ホアンキエム湖              桜まつりのため日本から届いた桜
サラダ  スープ
        ベトナムフレンチ・サラダ                  かぼちゃのスープ
魚  デザート
      メーンのフィッシュ(肉との選択)                 デザートも美味しかった

18(金) ホテル8:40<>ハロン湾クルーズ<>ハノイ空港18:00<>カンボジア・シェムリアップ19:40<>ホテル20:30
     ハロン湾を見下ろす部屋からは霧に覆われた海ばかりで、天気はあまり良くない。
     クルーズ船は貸し切りなのでゆったり出来、中もなかなか綺麗にしてある。
     宿泊しながらクルーズする船、貨物船、漁船などかなり賑やかな湾である。
     鍾乳洞のある島に立ち寄り、再乗船後は小舟が横付けしてきてカニ、貝、シャコなど売りに来る。
     貝やシャコが3〜5ドル、ワタリガニは10ドル。(調理代こみ)
     昼食は海鮮料理で、さっき買ったシャコなども調理されてくるが、どれも美味しく日本の味である。
     少し雨模様になり景色も見えなくなったので、土産物を物色して楽しむ。
     ハロン湾からは開発されていく工場や橋、田植えが済んだ景色を見ながら、昨日の空港へ。。
     1時間40分でカンボジアのシェムリアップに着き、入国手続きの後、現地ガイドの迎えでホテル着。
クルーズ船  クルーズ船−2
        クルーズ船に乗り込む                 少し大きいクルーズ船も行き交う
ハロン湾  鍾乳洞
     島々の間を多くの船が巡っていく           ティエン・クン鍾乳洞。ライトアップされている
シャコなど ニワトリ岩
       小舟が持ってきた魚介類                  闘鶏岩(二匹の鶏が戦う)
昼食  夕食
   クルーズ船の昼食は10品もあり美味しい          カンボジア・ハンナンチキンライス

20(土) ホテル5:15<>アンコールワット朝日鑑賞<>ホテル8:30<>アンコールトム・タプローム寺院<>
     ホテル13:40〜15:20<>アンコールワット・プレループ<>アプサラダンスディナーショー19:00〜20:30
     ホテル20:40
     大きいホテルで、ビラ風の室は広いが、肝心の湯が水のようでシャワーも出来ない。
     翌朝はアンコールワットの朝日鑑賞で4時半に起床しホテルを出る。
     日の出は6時20分頃だが、大勢の人がその時を待っている。
     一旦ホテルへ戻り朝食。その後アンコール・トム観光に出掛ける。
     ここはアンコールワットより古く、規模が大きい。歩いて歩いての連続。
     次はタプローム寺院でここもひたすら歩く。暑くて汗が流れ出る。
     昼食後、ホテルで1時間半ほど休み(お風呂と洗濯で終わる)、またアンコールワットの見学。
     レリーフが美しい第一、第二回廊を巡る。説明もあまり頭に入らず陰を探して歩く。
     これからは夕日鑑賞もあり、プレループ寺院へまた階段を登る。
     夕日鑑賞のメッカらしく、大勢の人がカメラで狙っている。
     夕食しながらのアプサラダンスショーで衣装や舞踊の美しさを堪能し、長い1日が終わる。
アンコールトムー1  トムー2
        アンコールトム・南大門                     橋の欄干の神々
トムー3  トムー4
       王宮が見えてくる                         回廊の彫刻は緻密
トムー5  トムー6
     バイヨンのクメールの微笑み                中心寺院として建立したバプーオン
トムー7  トムー8
       まだ修復中の所もある               タ・プローム寺院。回廊を覆い隠すスポアンの木
アンコールワット  ワットー2
     池に映る朝のアンコールワット                    十字回廊と沐浴池 
ワットー3  アプサラダンス
        第三回廊と中央祠堂                       アプサラダンスショー

20(日) ホテル8:30<>ベンメリア遺跡観光<>ホテル13:00〜15:00<>トンレサップ湖クルーズ<>
     シェムリアップ空港19:00〜21:10<>ホーチミン空港22:10〜00:15<>関空6:50
     ベンメリアは天空の城ラピュタのモチーフになった場所だが、気温が35℃を超えているためか
     カメラがヒートアップして写真が撮れなかった。
     アンコールワットの練習台ともいわれているようで、ほとんどが崩壊している。
     三重の回廊に囲まれていて、木製の見学路から往時を偲ぶのみである。
     午後は東南アジア最大というトンレサップ湖のクルーズ。
     船は少々汚く、湖も濁っている。子供が手伝いながら、客の肩たたきをして1ドルのアルバイトもする。
     周りには2万戸以上の水上家屋があり、雨期には移動するらしい。
     水上レストランへ寄るが、ナマズやワニが養殖してあり調理もしてもらえる。
     帰りも赤土の道路を市内へ戻る。
     最後は最上級のホテルでの夕食だが、折角の美味しい食事も時間に急かされてゆっくり味わえないまま。
     また、自分たちで出国し、ホーチミンで乗り換えて関空へ。
     飛行時間が短いせいか疲れもなく、朝の日本の青空を改めて美しく感じた。
市場  小学校
          郊外の市場                      トンレサップ湖の小学校(乾期のみ)
売店  売り子
     船の売店・ワニやヘビの燻製                   ヘビを見世物にしている
スープ  マンゴーカレー
          マンゴーのスープ                          マンゴーカレー