掲載している論文の案内&解説です。



グラディエーター論

 (2000年6月に日本で公開された当時、「グラディエーター」は、単純な復讐劇、スケールの小さい家族愛の話、というのがおおかたの批評でした。
 この映画の持つ奥深さ、しゃれた構成の数々を一目見た瞬間から愛した私は、このような批評に少なからず気を悪くし、それに対する反論を、時には他の方との対話の中で、時には独白として、書きつらねました。
 今、これらの見方のいくらかは世間にうけいれられているような気がします。当時、いっしょに語り合った方々や、そのような場を与えて下さった方々に、深く感謝しています。)



毛並みのいいトラ


 (「グラディエーター」は、残酷だと言って拒絶する人がいる一方、甘い、ものたりないと不満を持つ人もいる、ふしぎな映画です。そういうことはなぜ起こるのか。そして、それは監督や俳優たちを初めとしたスタッフの綿密な計算によるのではないか、ということを述べたものです。かなり腹を立てて書いた分、逆に文章はいやに冷静で論文っぽくなっていますが、そこは笑ってお見逃し下さい。)



コモドゥス論

 (私がなぜ、「グラディエーター」の映画にこんなにはまったか、また、なぜマキシマスとコモドゥスが許しあい、愛しあうお話ばかりを書きつづけたのか、を書いたものです。
 小説を書くことや、映画にはまることについての、かなり私的な裏話なのと、小説とはうってかわった徹底的なコモドゥス批判が出るので、相当に重っ苦しい内容です。パワーが落ちておられる時は、お読みにならない方がいいかも。いや、かえって元気が出るかなあ?)