表紙へもどる
 

掲載している小説の案内&解説です。


小説発表順リスト

1 二人の過去 
2 コモ君の厭味  
3 山賊物語   
4 マルクス君の夏休み 
5 春、爛漫    
6 雨の歌
7 日没まで    
8 美しい日々
9 冬空  
10 呪文  
11 夜の歌  
12 狼と将軍 
13 騒がしい朝食
  14 海の歌   
15 双子がいた!
16 沼の伝説
17 マキシマス日和
18 その一夜 
19 晩春  
20 大切な友だち  
21 アカデミアにて
22 街道風景 
23 鎖の解ける朝 ー砂嵐ー
24 鎖の解ける朝 ー残照ー
25 象が眠る村  



二人の過去 −マキシマスとルッシラー

 (「グラディエーター」の映画がまったくと言っていいほど教えてくれない、二人の昔の恋とはいったいどんなものだったのでしょうか?
 さまざまなお話が、各国の人の手によって作られていると思いますが、私の考えたのはこれ。映画の中の二人の表情や態度と重ねあわせて、どこも矛盾はないはず、というのが、工夫したところです。
 私の他のあらゆる小説は、皆、この筋書きをもとにしていて、これまた矛盾はどこにもないようにしているつもりなのですが…。)



コモ君の厭味 −コモドゥスとルッシラー

 (ルッシラとマキシマスの恋には、コモドゥスが彼自身も気づかずに深く関わってしまっている、というのが私の解釈。幼いコモドゥスは、姉もマキシマスも大好きで、二人のどちらも独占したくて困ってしまいます。ルッシラは弟を見くびっていて、あまり反応してくれないので、いきおい彼はマキシマスに厭味を言うことが多くなります。
 それは、ごらんの通り、彼の幼稚さと愚かさを暴露する以外の何物でもないけれど、同時に彼の淋しさや哀れさをまざまざと見せてしまうため、マキシマスは彼を憎むことができません。
 そんな日々を、ほとんど会話だけでつづったスケッチ集です。あとの方では、成長したルッシラや、彼女とマキシマスとの別れの場面も登場します。)



山賊物語 −マキシマスと妻ー

 スペインのある酒場で、一人の酔っぱらいが語り続ける、ある夫婦の話。名もない多くの人々が語りついだ、ローマと妻を愛した男と、夫と自由を愛した女の伝説とは?

(マキシマスの妻は実は…という、相当にとんでもない話です。こんなこと書いて、映画のイメージこわれるかな、とどきどきしながら、これを書いた後でまた見に行って、そんなヤワな映画じゃないことを実感しました。安心して、お読み下さい。)



マルクス君の夏休み日記 −皇帝マキシマスー

 戦争よりも平和の方が苦しい時もある。
 不幸よりも幸福の方が手ごわい敵になることがある。
 これは、そういう話です。

(もし、アウレリウスの望んだ通り、マキシマスが皇帝になったら、彼も他の人々も皆、幸せになったのでしょうか?
 いいえ、きっと、ちがった悲しみや淋しさやつらさが、彼らを襲ったにちがいありません。
 そして、映画の中で不幸と戦ったように、彼らは必死で幸福と戦ったはずです。決してあれほどカッコよくはなく、とてもこっけいに、でも同じように真剣に。
 博多弁をしゃべるハーケンをはじめとした、登場人物たちのずっこけぶりに笑いながら、平和な時代を生きる荷の重さを、彼らとも、読者とも、ねぎらいあって、なぐさめあおうと、私はこれを書きました。)



春、爛漫 −コモドゥスの思い出ー

 マキシマスが皇帝になった宮廷でぶらぶらしているコモドゥスが、マキシマスの息子マルクス君に語って聞かせる幼い頃の思い出。

(と言っても、それはほとんどマキシマスと初めて会った一日のこと。回りから大切にされてはいても、孤独で淋しかった自分を、一人前の男の子として扱ってくれ、のびのびと自信を持たせてくれた年上の少年兵。いっしょに馬に乗り、野原に寝ころんで過ごした日々。
 でも、その日々はもう帰りません。
 コモドゥスが失ったものとは何か、それを失ったのはなぜなのか。
 彼にはいつかそれがわかることがあるのだろうか、と私は時々、思います。
 なお、「呪文」を読めばおわかりですが、この二人の幼い日々は、マキシマスが皇帝にならない、映画のままの未来を描いた私の小説の世界にもつながっています。どちらの世界でも、二人のこの過去は同じです。)



雨の歌 −マキシマスと売春婦ー

 舞台は紀元170年頃のローマ軍駐屯地付近。登場人物は一人の少年兵と売春婦たち。時刻は日ぐれから夜までで、ずっと雨が降り続いています。

(のんびりおっとりして素直なこの少年兵は、女を買いに来た上官たちの馬の番をするために連れて来られて表で待っているのですが、まだ女の人と寝た経験はないようです。さて、彼はどうなるのでしょう?)



日没まで −マキシマスとアウレリウスー

 なぜ私は、他の誰でもなく、あの男に皇帝の位をゆずろうとするのか?老皇帝は、幼い子どもだった、その男との出会いと、その後を追想する。

(兄たち二人に連れられて軍に入った幼い少年は、利口ではしっこい一方で、ぬけめなく、ずるく、したたかで、嘘つきだった。その健康な生きる力と、かしこさと素直さを深く理解し、愛した若い皇帝は、その子どもに学問だけでなく、人としての生き方を与え、子どもは太陽に向かう草花のように、ひたむきに皇帝を愛し、慕った。今はあらゆる人に敬愛される偉大な将軍となった彼の、昔を知る老兵たちは「あれは、陛下の生んだ子ですな」と笑う…この幸福なラストから、映画につながるのがつらすぎるという方は、「マルクス君の夏休み日記」の世界につなげてしまって下さいね。)



美しい日々 −マキシマスとプロキシモー

 かつては自らも剣闘士だった老興行師は自問する。なぜあの男がこんなに気になる?自分の持つ剣闘士奴隷の一人にすぎない、無口で静かな、あの男が?

(まるでやる気がなさそうなのに、戦えば必ず勝ち、男はもとより女にも子どもにも、客には奇妙なほど好かれるその男。手なずけようとしてみても決して心を開かない彼は、かつて先代の皇帝に愛された偉大な軍人であったらしく、自分にかっさいを送る観客も、その前に自分を送り出す老興行師も深くさげすみ、嫌悪している。だがある夜、心に抱いて苦しみ続けていた先帝とローマへの失望と懐疑を彼が初めて語った時、それらへの愛と信頼をよみがえらせたのは、先帝と間近にただ一度しか対したことのない、老興行師のことばだった。そして、男と心が通い合った時、骨の髄まで剣闘士だった老興行師は、自らの最後の闘技場に赴くことを決意する。) 



冬空 −マキシマスとクイントゥスー

 彼は常に好運に恵まれていた。信じられない運の良さでみるみる私に水をあけて行った。どうしてあんなに、運命の女神はあいつにだけ微笑むのだろう。

(ともにローマの少年兵として戦場で会った時から、彼の副官となって活躍するまで、「私」はずっとそう思いつづけていた。彼が意外な事件をきっかけに没落して、自分は近衛隊長となり、立場は逆転したと思ったのもつかの間、この世の最底辺の剣闘士奴隷として、なおかつ彼は、人々の心をつかみ、喝采を浴びて、ローマ市民の寵児となる。なぜこうなってしまうのか。なぜいつも…。その謎が解けた時、彼との別れがせまっていた。)



呪文 −マキシマスとジュバたちー

 アフリカのある村を救う、忘れられた一つのことばとは?「存在するはずなのに、決して語られることのない」そのことばをさがして、二人の少女は、曽祖父の時代の物語の中に踏み込む。

(少女の一人の先祖ジュバは、かつて奴隷としてローマに連れて行かれ、剣闘士として戦わされた。仲間の一人イスパニアは、かつてローマ軍の将軍で、彼を指揮官にあおいでジュバたちはローマを震撼させる反乱計画を練るのだが…「冬空」で語られた場面のひとつひとつが、マキシマスと行動や生活をともにした仲間たちの目を通して語られて行く。)



夜の歌 ーマキシマスとキケロー

 あなたに、あまりに献身的につくしてくれる人がいて、何の見返りも要求しなかったら、それって、ちょっと恐くない?というお話。

(ある将軍の残した日記、というかたちで、お話は展開します。こんなにつくしてもらえるようなことを何か私は誰かにしたっけ?と考えあぐねて困っている将軍さまを、どうか優しく見守って、笑ってやって下さいませ。)



狼と将軍 −動物が見たマキシマスー

 その人の姿が消えてから、皆の心はばらばらになり、世界はこわれた。
 何が正しいのか、まちがっているのかも、わからなくなった。

(森で生まれ、ローマ軍の兵士に拾われて基地で育った狼は、かわいがってくれた将軍がいなくなった時以来、ずっとそう感じていた。
 新しい指揮官にごちそうをもらい、ぜいたくをさせてもらっても、彼の心は晴れなかった。
 将軍に仕えていた若者とともに、狼は将軍をさがして旅に出る。
 これは、混迷と不信の時代、爛熟し、崩壊を待つ世界の中、信じられるもの、そのために命をささげて戦えるものをさがして走りつづけた、一ぴきのけものの物語である。)



騒がしい朝食 −マキシマスの妻ー

 紀元190年頃のスペイン。街道沿いで小さい宿屋を営む平凡な中年女は、客の男の一人から聞いた話で、彼を殺そうと決意する。

(男はもとローマ軍の兵士。丘の上の家で昔、殺した女と子どものことを嬉々として語るのです。かつて、その家に乳母としてつかえ、奥さまと坊やとを深く愛していた、この中年女に、それと知らずに。
 奥さまが語ってくれた、すてきなだんなさまとの出会い。結婚した今、そのだんなさまにも語れない奥さまのひそかな、さまざまな悩み。それらの話を思い出しながら、乳母は、奥さまと坊やを苦しめて殺したこの男への復讐を誓ってナイフを固く握りしめます。
 このお話、できれば「山賊物語」を読んでからにされた方がよいですよ。)



沼の伝説

 すばらしい男二人に愛されて、どちらを選ぶこともできずに苦しんで、娘は沼に身を投げた。この伝説が伝えようとした真実とはいったい何か。本当の意味とは何なのか?

(若く有能なローマ軍の士官は、かつて山賊だった恋人の娘を連れて、休暇をとって故郷に帰って来ていた。親切な兄夫婦の家で、娘と愛し合うだけののどかな日々を楽しんでいた彼は、ふと聞いた、近くの沼にまつわる伝説がなぜか気になってしかたがない。…若い士官は必ずしもマキシマスでなくていいけれど、彼が故郷ですごす日々を、休養宣言して恋人と結婚の準備をしているマキシマスを演じた俳優ラッセル・クロウの現在とあえて重ねる必要はないけれど、そうした方が楽しめる方はどうぞそれでもかまいません。)



マキシマス日和 ーマキシマスのファンたちー

 コロセウムで無理やり戦わせられるのが悲劇なら、客席でそれを見守るしかないのも悲劇でなくて何だろう?昔も今も、どんな時代も、遠くから見つめることしかできない相手を必死に応援するファンたちがいた。

(マキシマスというたぐいまれな剣闘士にあこがれ、愛したローマの女性は多かった。彼女たちはどのように、彼を愛し、守り、対立し、和解したのか。その一人ユニアの思い出を通して描くそんな女性ファンたちの世界。ちなみにユニアは「狼と将軍」のオオカミ君の飼い主で、このお話は、オオカミ君も活躍する「狼と将軍」の後日談でもあります。)



その一夜  −マキシマスのとらえられた夜ー

 時代や歴史が大きく変わる時、そこにいあわせるのは、強い偉大な人たちばかりなのではない。何の力も持ち合わせない、弱い愚かな人たちも、時の歯車にまきこまれ、歴史のうずにのみこまれながら、どこかでそれを動かしもした。そんな人々の運命と思惑が入り乱れた、ある一夜の物語。一人の剣闘士が逮捕された夜の。

(マキシマスを逮捕せよという命令をうけた近衛隊は、隊長の不在にとまどいながら、任務遂行のため、全力をつくす。一方、皇女の侍女たちは、そのことをマキシマスに知らせ、待ち伏せの場所から遠ざけて脱走させようと、侍女頭のカルミオンの指揮のもと、命をかけてローマの町を走る。ガイウス議員の愛人マイアは、正妻の嫉妬におびえている。他にも、かわいがっている蛇とともに使命を果そうとする若い暗殺者、臆病な近衛兵、出世をもくろむ士官、剣闘士ファンの娘など、歴史にも文学にも名前はおろか、生きたしるしのひとかけらもとどめることなく消えていった、数知れない男や女の「その一夜」が今はじまる。)



大切な友だち ーマキシマスとザックー

 少年は戦線からめったに帰ってこない父親が大好きだった。同じ村の、おぼれそうになった友だちが父親に助けてもらった自慢話をするのが、うらやましくてたまらずに、彼はある日、ふらふらと一人で近くの池に出かけ、そこでふしぎな少年に出会う。

 (ローマ時代のある村の親子の話、と思って下さればそれでいいのですが、「グラディエーター」と「逃走遊戯」の映画が微妙に合体しています。もしかしたら「ハマー・アウト」も。でも、ただの空想好きな少年の幼年時代の話として楽しんで下さればそれでも充分です。とても短い、すぐに読めるお話です。)



アカデミアにて ー大学総長マキシマスー

 もしも老皇帝の亡骸を前に、コモドゥスのさし出した手をマキシマスがとって、忠誠の誓いをたてていたら?その時、彼が失わないですんだものは?失うことになったものは? 

(これは、私自身の職場のごたごたも盛り込んで、徹底的にパロディにしています。でも、このマキシマスもたしかにマキシマスだし、コモドゥスもルッシラも…。「生きのびて、家族を守る」道を選択した時、マキシマスにふりかかる試練の数々は、同じ道を選んで生きのびている私たちの悩みや苦しみとも重なると思います。そして、この話の結末は、十年間愚帝としてローマを混乱させ、反乱を起こした姉ルッシラを死刑にし、ついに自らも部下に暗殺されるコモドゥスという、現実の歴史とおそらくは一致するはず、なのですが…。) 



街道風景 
ー人は皆それぞれの歴史を作るー  ーマキシマスの息子ー

 父が馬を走らせたこの街道が私は嫌いだ。この道をたどっていると、父の悲しみが伝わってくる気がするから。そして「あの男」と、母へのさまざまな思いも。残酷に殺された愛する者の思い出をどのように人がうけとめるのか、私の今の段階でのせいいっぱいの気持ちの整理です。 

 (父は、私と母が残酷に殺されたものと信じ込んで死んで行った。ふとしたいくつかの行き違い、運命のいたずらから。それともそれは必然だったのか?痛恨の思いをかみしめながら、「私」は父の心を知ろうとする。自分たちの死を父はどのようにうけとめ、そして耐えたのか。殺した相手をどのように思い、どのような復讐を決意していたのか。それとも?これはまた、「山賊物語」で登場した、身代わりに焼かれた死体の一家にまつわるお話でもあります。)



鎖の解ける朝 ー砂嵐ー  

ーマキシマスと女戦士ー  

 砂漠の中のある町に、奇妙な女領主と女戦士がいた。女戦士と戦って倒せば自由にしてやると言われて、ある若い剣闘士が彼女に挑戦するが…

(二人の女の関係は?どこか謎めいた、この町の秘密とは?マキシマスにまつわる、これまでの話の中では一番、異色で、番外編としての性格が強いと思います。しかし、どこかでこの話もまた、マキシマスの世界、彼の心の軌跡につながっているのではないかとも、私には思えるのです。とても短い、あっという間に読める話。読む人によって、不思議だったり無気味だったり、悲しかったり恐かったり、腹立たしかったり淋しくなったり、ひょっとしたら力づけられたりするかもしれません。)



鎖の解ける朝 ー残照ー  

ーマキシマスとコートー  

 すぐれた才能を村の長に深く愛されながら、その青年は、自分の生まれ育った村の伝統や文化になじめなかった。ある時、森の中で会った老人に教えられたローマの文化に彼は魅入られ、そのために長の怒りをかって犬のように鎖につながれる。どんな幸福な共同体にも必ずいるはずの、「回りにとけこめない」「遠い世界にあこがれる」異分子の生き方、その悲しみと誇りとは?

(この青年はむろん、映画「クイック&デッド」に登場するコート牧師でもいいのです。しかし、「グラディエーター」や「ラスト・サムライ」、そして過去や現在のさまざまな歴史の中で私が抱く、自分の国と文化を愛し守ることとは何か、という思いとも重なります。更にもしかしてもしかしたら、この短編は「夜の歌」の裏話でもあるのかもしれません…)



象が眠る村     ーマキシマスとビービィー

 あなたは自分の生まれ育った村で一生すごしても悔いはありませんか?自分の可能性をためすために、遠い都に出ていってみたいと思ったことはないですか?これは、ローマ帝国の若い兵士の目を通して、アルプスの小さな村を舞台に、「村を出る」とはどういうことかを描くお話です。

(出世と栄達の道が約束されていながら、故郷の妻のもとへ帰ることを選んだマキシマスのまだ若い日には、こういう体験があったのではないかという物語です。登場するのは「ミステリー・アラスカ」のビービィはじめ、「クロッシング」の若者たち、「ヘヴンズ・バーニング」のコリンなどなど。故郷や家族、人生の目的などについて彼らが語り合う中に、マキシマス自身が自分の村を出た日や、「選ばないでもすんだ」彼の過去の話も登場しています。)