大瀬橋


大瀬橋上流
橋上流

大瀬橋上流

橋の上流は流れが昨年と変わらない。この瀬は水深もあり石も大きく流れが強い、特に左岸は石が大きい。左岸側に渡渉し手前の流れから流芯へと攻めれば数釣りができる。又、簗ができる7月からは水深が一段と深くなり鮎がこの辺りに溜まるようなのでナイロンの細糸/金属糸での泳がせ釣り/引き釣りなどの多彩な釣りをして欲しい。 


大瀬橋下流
橋下流

大瀬橋下流

橋の直下で流れが2本になる。右岸の流れは釣れるが数は出ない。本命は左岸の流れで中洲から若しくは左岸より流芯へのカケアガリを攻める。ピーヤから右岸に見える大石の前辺りまで攻めれば数が伸びるでしょう。写真の最下流部は鎌倉の瀬となっている。