愛知県

  ≪東三河≫

豊橋市、田原市

住所 神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪豊橋市≫
石巻本町字瀬戸19 正八幡社 3/4土日 囃子屋台1台 高井地区。単層4輪。唐破風。
赤鬼、青鬼
石巻本町神ヶ谷 八幡社 10/3土日 山車3台 神ヶ谷、森岡町、東森岡町 
神ヶ谷、森岡町=詳細不詳。
東森岡町
=平成13年(2001)1014新調入魂式。二代目。町内の人が3ヶ月かけ手作りで作成。
中郷町 中郷素盛鳴神社 4/4土日 山車1台 北側町。二層4輪。切妻。
手筒花火
二川町字東町85−1 二川八幡神社 10/2土日 山車3台 中町、新橋町、東町
江戸期より続く祭りだが、戦時中と昭和37年頃〜54年は休止していた。
中町=名古屋型山車。からくりは「和藤内とぼたん」

新橋町=名古屋型山車。からくりは「小野道風と蛙」。

東町=名古屋型山車。からくりは「月でうさぎの餅つき」。
大脇町字大脇15 白山神社 10/連休 二輪山車1台 静岡県豊田町原新田より購入
手筒花火 三河式と新居式
忠興町 八幡社 10/2土日 囃子屋台1台
手筒花火 日曜夜
前芝町字西94 神明社 10/2土日 囃子屋台1台 単層4輪。唐破風。
牛川中町 熊野神社 10/2土日 囃子屋台3台
浪ノ上町 浪ノ上熊野神社 10/2土日 囃子屋台1台 単層4輪。唐破風。
湊町 神明社 10/3土日 芸屋台1台
芸屋台=昭和24年制作。土曜日しか出ない。単層4輪。唐破風。舞台上で少女の手踊り。
花田町字斉藤54 羽田八幡宮 10/1土日 神輿 大筒花火を載せた丸太組み
花車1台 北側町
手筒花火 2日で約700本
氏子は市中心部20町。豊橋市の三大まつりの一つ。明治末期から煙火を奉納。花で飾った台車「花車」も引き回され手踊りを披露。  
石巻町字東頭45 東頭神社 7/中旬土曜 手筒花火
関谷町2 吉田神社 7/3金土日 神輿 笹踊り
手筒花火
金曜:吉田神社境内で手筒花火約300本奉納。
土曜:15時から子供の笹踊りが萱町の会所を出発。19時前から豊川河畔で打ち上げ花火約12000発が奉納。
日曜:例祭式典は10時。18時の神輿渡御に大人の笹踊りがある。
小池町字山田川13 小池神社 10/1土曜 手筒花火
中岩田1−13−11 岩田琴平神社 10/1土曜 手筒花火
中岩田1−13−5 岩田八幡宮 10/1土曜 手筒花火
原町字狢山12 原町神明社 10/1土曜 手筒花火
橋良町字元野32 橋良神社 10/初旬 手筒花火
石巻本町字御所40 椙本八幡社 10/2土日 手筒花火 市指定無形民俗文化財。
浜道町字芝切43 逆鉾社 10/中旬 手筒花火
東小鷹野1−2−5 小鷹野神明社 10/中旬 手筒花火
天伯町字豊受1−1 天伯山神社 10/2土曜 手筒花火
寺沢町字下坪尻111 白山神社 10/2土曜 手筒花火
神野新田町セノ割93 五郷神社 10/2土曜 手筒花火
高師本郷町字本郷48 高蘆神明社 10/2土曜 手筒花火
弥生町字中原20−1 高師原神社 10/中旬 手筒花火
御園町6−16 東田神明宮 10/中旬 手筒花火
高洲町字烏塚57 烏塚神社 10/4土曜 手筒花火
横須賀町字宮元2 進雄神社
長瀬町字東浦4 素盞鳴神社 3月
船渡町字船渡111 若宮八幡社
畑ヶ田町字畑ヶ田2 天伯神社
前田南町2−20−3 神明社
嵩山町字浅間下87 富士社
八町通3−17 安久美神戸神明社 /11(毎年) 鬼祭り 国指定重要民俗無形文化財。
大国町59 大巳貴社
中柴町46 諏訪神社
飽海町80 素盞鳴神社
神野神田町字ソノ割20 牟呂神富神明社
高師本郷町字東上9−1・10−2 日吉神社
牛川町字宮脇3260 素盞雄社
牛川町田中19 神明社
牛川町字乗小路30 八幡社
清須町字宮西132 神明社
植田町字八尻36−2 車神社
嵩山町字宮前28 長孫天神社
嵩山町字山奈木9−1 若一王子社
高山町字浅間下91 原川社
高山町字宮下109 白土社
岩崎町字森下77 鞍掛神社
老津町字宮脇14 老津神社 10/1金土 笹踊り
石巻本町字東屋敷31 箆矢神社 10/2土日 山車3台
西赤沢町字郷の内169 貴船神社
豊清町字茶屋ノ下92−54 豊清神社
瓦町字通裏17 神明社 10/2土日 手筒花火
東七根字北浦10 御厨神社
東赤沢町字東横根68 赤沢神社 7/2土日
伊古部町字長左ヶ谷157 伊古部神社
若松町字若松2−1 若松神社 神事
大岩町字北元屋敷57 伊宝石神社 5/5
高塚町字西方2 菟頭神社
西七根町字赤坂26 御厨神社
石巻本町字宮前3 素盞鳴神社
石巻本町字太田32−1 太田神社
石巻平野町字炭焼5 神明社
石巻町字金割1 石巻神社
石巻小野田町字向山42 黒谷神社
石巻小野田町字瀧澤39 素盞鳴神社
石巻中山町字大山1 大蔵神社
石巻萩平町字大門27 日吉神社
下条東町字木戸口1 比売天神社
下条東町字宮脇31 素盞鳴神社
下条東町字北ヶ谷10 八幡社
下条東町字白石54 八幡社
下条西町字池端2782−1 市杵島姫社
下条西町字杉本1442 素盞鳴神社 3月
下条西町字西郷廻り2427 素盞雄神社
新本町57 素盞鳴神社
大崎町字平地94 八幡社
下五井字宮後10 日吉神社
城下町字細田163 八柱神社
小浜町78 神明社
多米東町1−20−3 春日神社
東田町字西脇16 秋葉社
野依町字西屋敷114 素盞鳴社
野依町字八幡1 八幡社
小松町字南郷21 神明社
植田町字西の山3 素盞鳴神社
北山町字西の原10−3 北山神明社
西高師町字船渡 高師神社
牟呂町字大西15 素盞鳴社
船渡町字荒田99 社宮神社
三輪町2−30 白山神社
向山町字池下28−2 石巻神社
吉川町243 神明社
山田町字郷95 諏訪神社
西幸町字古並240 御幸神社 1/4 花祭り
御幸神社は,戦後の開拓で北設楽郡豊根村からこの地に入植した岩西開拓団の人たちが,昭和24年に建立。ふるさと豊根村をなつかしみ,郷土の祭り「花祭り」を行うようになった。
鬼の面など花祭りの祭具は,佐久間ダムの建設でなくなった部落から譲り受けた。
東高田町276−1 伊豆栄神社
南栄町字空池21−3 進雄神社
川崎町279 神明社
野田町字野田103 素盞鳴神社 4/2土日 渡御 町内の小学生の男子達が踊り子・笛・小太鼓・大太鼓で列を作り町内を練り歩き、神社に神楽を奉納。
手筒花火 平成に入ってから土曜実施。
駒形町字丸山50 本宮神社
向草間町字向西122 素盞鳴社
一色町字一色郷30 八幡社
王ヶ崎町字宮脇3 素盞鳴社
東田町字北蓮田26 豊城神社
下地町字宮前53 豊麻神社 4/2土日 手筒花火 土曜実施。伝統の「竹もらい」神事は前週日曜に行う。
草間町字寺東53 春日神社
大山町字東大山18 塩釜神社
牟呂町字郷社1 牟呂八幡社
牟呂町字市場45 市杵島社
牟呂町字林60 高良社
牟呂町字松島15 松島社
牟呂町字若宮78 若宮社
牟呂町字八王子69 八所社
牟呂町字作神134 作神社
平川本町2−14−1 平川神明社
飯村町北3−20−1 熊野神社
魚町115 安海熊野社 5/4、5 神輿 浦安の舞
乙女の舞・獅子舞・神輿渡御などがある。かつては能楽奉納が行われていた。
西松山町43 松山神社
北島町字高田177 青木神社 10/4土日 子供神輿 餅撒き、富くじ
大手町125 神明社
馬見塚町72 神明社
花田二番町32 羽田上神社
花田町字中郷93 素盞鳴神社
賀茂町字神山2 賀茂神社 4/3日曜 獅子舞 賀茂神社六地区の氏子が参加
徳川家康が遠州出陣時に奉納した大幡を鳥居前に飾り幕開け。鬼が菓子をまく「藤四郎鬼」や獅子舞が神前を暴れ回る「獅子冠行事」が行われる。午後から「競べ馬」では、騎手6人が童児で、烏帽子・直垂を着装し、馳走中は五色の布引紙を流す。
大岩町字東郷内14 神明社
三弥町字三ツ家95 八幡社
新栄町字大溝8 神明社
菰口町字菰口202 神明社
藤並町字藤並88 進雄神社
浜道町字芝切43 逆才神社
岩屋町字岩屋下80 大山津美神社
中原町字中の谷41 神明社
細谷町字上大附99 八柱神社
細谷町字山ノ田21 八幡社
東細谷町字宮下16 八柱神社
談合町75 談合神社
佐藤町5−22−8 八幡社
小松原町字今西26 進雄社
雲谷町字上の山19 鹿嶋神社
大村町字高之城52 素盞鳴神社
大岩町字北元屋敷57 伊宝石神社
松井町字松井129 神明社
前芝町字西94 神明社
梅薮町字上屋敷36 素盞鳴神社
日色野町字菱形97 熊野大神社
日色野町字菱形93 菱木野天神社
瓜郷町字一新替52 若宮八幡社
大村町字横走155 八所神社
原町字狢山12 神明社
杉山町字御園8 八幡社
大村町字地ノ神19 柴屋神社
神野新田町字会所前141−1 二開神社
神野新田町セノ割93 五郷神社 10/2土曜 手筒花火
豊栄町字東2−1 葦ケ原神明宮
南大清水町字元町66−3 大清水神社

 ≪田原市≫ (田原まつりHPへ)
  平成15年(2003)8/20、渥美郡田原町、赤羽根町が合併し田原市が誕生。
  平成17年(2005)10/1、田原市+渥美郡渥美町が合併。
 ◎旧・田原町
田原町字南馬場58  八幡社 9/敬老の日の前の土曜 山車3台(名古屋型) 総代車(萱町)、神功皇后車(本町)、応神天皇(新町)
田原町字北馬場1 神明社 9/敬老の日の前の日曜
田原町字巴江10 巴江神社
総代車(萱町)=明治10年(1877)制作。名古屋型。この時に2体の人形がそれぞれ上段と前棚に据えられ、さらに明治13年(1880)巫女人形と「おべろべい」と呼ばれる総代が追加。
もう1説はからくり人形2体は慶応2年(1886)、美濃屋三左衛門の作で山車購入以前よりあり。「日本武尊、幣振り人形」。
もう1体は明治23年制作で「巫女人形」と云われる。
昭和63年山車と人形を修復。
水引幕は「波に千鳥」。
大幕の正面には組紋である「分銅」、側面に「松葉」、後面に萱町の文字が刺繍。

 明治以前は「舁ぎ物」として日本武尊と黒衣水干を着衣したお供の人形が据えられていた。
神功皇后車(本町)=二層唐破風屋形四輪。明治29年(1896)9月制作。名古屋型。総額で1019円38銭9厘。大工は森棟九郎。
平成5年修復。
からくり人形3体は山車と共に制作。6代目玉屋庄兵衛作。「神功皇后、武内宿禰、采振り童子」。
水引幕・大幕は平成5年新調。龍村美術織物製で600万円。
応神天皇車(新町)二層唐破風屋形四輪名古屋型。昭和3年(1928)に名古屋で購入。平成2年修復。
当時は「仁徳天皇車」と呼ばれていたが、その後の調べで2003年9月より、「應神天皇車」と名称変更。
からくり人形は3体。6代目玉屋庄兵衛作。「応神天皇、女官、娘唐子」。
水引幕は「白地に龍」。

 往古に山車は2台あり、1台は挙母(豊田市)の竹生神社に売却。もう一台は明治初期まで使用されていたが、火事で焼失。
田原町字西藤七原69 松尾社
豊島町字奥谷28 八柱神社
加治町字石井戸38−1 加治神明社 9/2土日 花火
神戸町字西ノ門3 久丸神社 10/1日曜 花火
谷熊町字岩前11 岩崎神社
吉胡町字郷中1 神明宮
片濱町字中瀬古81 神明社
六連町字札木13−1 三島神社
六連町字東高尾57 浜田神社
六連町字六郎次89 百々神社
六連町字狐川24 八柱神社
浦町字北条1 八幡社
波瀬町字西郷1 雷電神社
白谷町字谷津179 八柱神社
大久保町字森下9 大久保神社
野田町字北野9 天神社
野田町字籠田66 進雄社
野田町字井戸藪20 三所社
野田町字柏坪94 進雄社
芦村町字柿木12 阿志神社
仁崎町字山ノ田16 神明社
大草町字茶園60−1 本郷神社
神戸町字川坂47 若宮神社
神戸町字極楽地21 八所神社
東神戸町字寺裏4 熊野神社
西神戸町字岡53 八幡社
西神戸町字大辻139 白山
西神戸町字契50 神明社
南神戸町字高尾4 神明社
南神戸町字宮腰5 神明社
越戸町字大山955 白山盗_社
 ◎旧・赤羽根町
赤羽根町字天神30 八柱神社
赤羽根町字諏訪67−1 諏訪神社
赤羽根町字大西57 若宮八幡社
高松町字東原54−2 若宮八幡社
高松町字広子村76 八柱神社
高松町字尾村崎44−85 一色神社
高松町字西山33 西脇神社
若見町字社宮司45 八幡社
 ◎旧・渥美郡渥美町
福江字宮ノ脇13 畠神社 10/2日曜 神輿 厄年の人が担ぐ
山車5台 下地、原ノ島、紺屋、新宅、沢
秋葉神社(畠字鴻ノ巣1)から畠神社へ渡御。浦安の舞、獅子舞、餅撒きもある。
下地組知多型。2層4輪。唐破風6本柱。

原ノ島(原組)
知多型。2層4輪。露天。前山唐破風。

紺屋(紺組)、新宅(新組)、沢(澤組)
=準名古屋型。2層4輪。露天。前棚。
古田字宮の前33 須賀神社 7/3土日 山車1台 休止中 
古田=準名古屋型。平成10年頃より休止中。2層4輪。露天。前棚。
堀切字和名山3 寅之神社
堀切字宮浦34−1 神明社
日出字骨山1407 伊良湖神社 4/3日曜(元・旧4/14) 神輿(おんぞまつり) 三河地方で取れた蚕糸を織って、伊勢神宮のおんぞ料に献じたのが始まりとされている。
日出字山ノ岸1066 八柱神社
和地字上大道10 三島神社
和地字瀬戸畑20 進雄神社
和地字荒子12 山之神社
小塩津字宮構1 日吉神社
中山字西山1−3 田戸神社
中山字神明前82 神明社
中山字北郷80 六所神社
中山字宮脇本畑57 八柱神社
保美字下地2 宝海天神社
亀山字十七畑2 豊島神社
山田字八幡前82 八幡社
高木字宮下1 神明社
向山字郷1 熊野神社
石神字宮ノ前57 神明社
石神字東瀬古54 天神社
村松字北郷中82 女體神社
宇津江字居山29 八幡社
江比間字郷中1 住吉神社
馬伏字中瀬古549 春日神社
八王子字宮下33 八幡社
伊川津字郷中85 神明社

 ★展示場
 【田原まつり会館】 
田原市田原町稗田17。 0531−22−7337。9:00〜17:00。無料。休館日は月曜日(祝日の場合はその翌日)。
山車2台、田原凧など展示。まつりに関する歴史、事物、仕掛けなどを知ることができる。