秋 田 県

≪雄勝地方≫

     湯沢市、雄勝郡[羽後町、東成瀬村]

住所  神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪湯沢市≫
  
平成17年(2005)3/22、湯沢市+雄勝郡雄勝町+稲川町+皆瀬村が合併。
 ◎旧・湯沢市
 ■岩崎地区
愛宕山13 愛宕神社 8/4日曜 神輿
花車13台 大名行列
 ≪大名行列≫
行列は総勢600人余りで秋田藩佐竹南家10万石の格式を持つ。馬上豊かな殿様を中心に先乗り押し乗りが護衛し、槍、鉄砲持ち、弓、鋏箱、合羽、籠、鷹匠、餌差、御殿医、薬箱、徒士をはじめ、飾り山、練子、囃子、小若などの行列は愛宕神社前から2km練り歩く。
【花車】田町、吹張町、前森町、柳町、南新町、平清水町、平清水新町、愛宕町第三、愛宕新町、平和町、中の沢友和会、清水町、曙町  等
岩崎字千年283 八幡神社 9/10 例祭
岩崎 水神社 旧・11/初丑 初丑まつり 主催は初丑まつり実行委員会
初丑まつり=裸参りとも称する。昼頃から男衆が氏子の家を一軒一軒巡り、神社のお札を配ったり、奉納歌を歌う。
18:30頃より、各町内が重さ約20〜30Kgのえびす俵を担い、19:30頃に神社にそれぞれの町内から男衆が続々と集まり、えびす俵を奉納し、神社境内でもみ合う。掛声は「ジョイヤサー」。境内では甘酒のサービスのほか、地元の創作太鼓「能恵姫龍神太鼓」が祭りを盛り上げる。    
岩崎城主岩崎道高の娘・能恵(のえ)姫が1573年、川連城へ嫁ぐため、皆瀬川を渡る際、竜神にさらわれた悲話「能恵姫伝説」に由来し、姫の霊を慰めるために始まった伝統行事。
出稼ぎが盛んだった昭和30年代に一度、途絶えたが、平成元年(1989)に、1989年に地元の有志が街おこしにつなげようと復活させた。
稲荷山10 稲荷神社 5/5 例祭
岩崎字小森山27 森嶽神社 5/5 例祭
深堀字宮伝117 貴船神社 9/10 例祭
倉内字熊野堂1 熊野神社 8/19 例祭
酒蒔字堂ヶ沢14 酒蒔神社 4/18 例祭
伊勢堂山3 神明社 7/16 例祭 旧・郷社
松岡字細越82 神明社 3/21 例祭
松岡字切畑106 菅原神社 4/25 例祭
二井田掵ノ上15 住吉神社 5/9 例祭
成沢字堤端90−4 成沢神社 9/15 例祭
松岡字聖ヶ沢42 白山神社 8/19 例祭
杉沢新処字八幡山15 八幡神社 9/2日曜 例祭
関口字古城廻11 八幡神社 9/15 例祭
柳田字堀廻55 八幡神社 8/15 例祭
八幡字古館90 八幡神社 9/15 例祭
角間字馬場192 日吉神社 8/15 例祭
深堀字深堀75 深堀神社 7/8 例祭
 ■山田地区
山田字下館12 愛宕神社 7/24 例祭
山田字下六日町56 八幡神社 8/15 例祭
 ■三関地区
上関字堂ノ前35 熊野神社 5/1&9/1 例祭
下関字榎木152 神明社 5/1 例祭
12/7 裸参感謝祭
 ■弁天地区
森字大嶋10 稲荷神社 9/6 例祭
 ■幡野地区
金谷字長畑169 八幡神社 8/15 例祭
 ■須川地区
相川字外の目山3 東鳥海神社 5/10 例祭
7月(半夏生) 恵比寿俵
相川字外の目23 御嶽神社 3/19&7/19 例祭
 ◎旧・雄勝町
 ■院内地区
上院内字町後95 愛宕神社 8/24 例祭
院内銀山町字上本町40 金山神社 9/21 神賑多数あった。
 ≪院内銀山まつり≫
従来6月12日に行われていた(現在は明治天皇御臨幸を記念して9月21日)大祭では、飾り山、芝居、銀山踊り、相撲等の余興を立てる等賑わった。
その後、明治の藩籍奉還によって明治政府の管轄となった鉱山では、 その後ドイツの鉱山技師を招いて増産を図り、明治14年には明治天皇が院内銀山においでになった。それを記念して制定された鉱山記念日の9月21日に行われる。
 共葬墓地で行われた供養祭に続いて、金山神社で例大祭が行われ、続いて院内銀山跡で院内小学校の3・4年生らにより神輿が担がれ、恵比寿俵も出る。その後、神輿の回りで院内銀山踊りが踊られる。
下院内字館山4 神明社 8/16 例祭
 ■横堀地区
寺沢字館堀96 赤塚神社 /15 例祭
寺沢字田中163 深山神社 8/17 例祭
寺沢字田中175 稲荷神社 旧・3/13 例祭
寺沢字御嶽林11 御嶽神社 8/19 例祭
横堀字板橋40 熊野神社 8/15 例祭
横堀字大田中20−1 愛宕神社 7/24 例祭
横堀字押宮53 押宮神社 9/1 例祭
横堀字旭町2 神明社 8/21 例祭
泉沢字泉ノ里1 泉神社 旧・3/17 例祭
桑ヶ崎堂ノ前9 磯前神社 7/8 例祭
桑ヶ崎字平城225 神明社 7/21 例祭
桑ヶ崎字子比内沢34 八幡神社 8/19 例祭
小野字小野115 熊野神社 8/15 例祭
 ■秋ノ宮地区
秋の宮字妻の沢11 神明社 8/21 例祭
秋の宮字清水沢1 八幡神社 9/15 例祭
 ◎旧・稲川町
駒形町字大倉26 大倉神社 9/17頃 恵比須俵 演芸奉納
駒形町字東福寺新山森3 真山神社 9/8 例祭
駒形町字三又森244 三又神社 旧・5/28 恵比須俵
駒形町字八面宮ノ前22 八面神社 8/19 恵比須俵
駒形町字大門掵51 八幡神社 9/2日曜 例祭
川連町字大館53 三社(八幡・神明・日吉) 8/18頃 神輿 花火、演芸奉納
川連町字八甲山9 八幡神社 9/3日曜 例祭
川連町字大館下山王126 日吉神社 8/20 例祭
川連町字東天王10 八坂神社 7/15 例祭
三梨町字落ヶ沢3−1(大沢) 三梨神社 8/18 演芸奉納
稲庭本町稲庭町字三島33) 三嶋神社 8/17 神輿
恵比須俵 花火、演芸奉納、
稲庭新町100 金華神社 8/18 恵比須俵 花火、カラオケ大会、
稲庭町字小沢1 熊野神社 9/15 例祭
上野 八幡神社 9/15 恵比須俵 獅子舞
久保 神明社 8/18 演芸奉納
 ◎旧・皆瀬村
皆瀬畑等字痩長根102−1 秋葉神社 6/24 例祭
皆瀬畑等字館平5−1 稲荷神社 9/13 例祭
皆瀬川向字朴板16 奥宮神社 8/19 番楽
皆瀬畑等字上中ノ台71 虚空蔵神社 9/13 例祭
皆瀬畑等字羽場61 山神社 9/12 例祭
皆瀬川向字仏師ヶ沢3 八幡神社 9/15 例祭

 ≪雄勝郡≫ 
  羽後町
 ■西馬音内地区
西馬音内字宮廻62 御嶽神社 9/3土日 神輿(えびす俵)
山車
土曜は花火が打ち上げられる。
日曜は神輿行列の後には「サイサイ」 と呼ばれる太鼓と笛の楽隊、その後には、各町内で工夫を凝らした山車(だし) が続く。境内では、小学生による相撲大会が行われる。
西馬音内堀回字関ノ口1 神明社 6/15 例祭
西馬音内堀回字滝ノ沢2 御嶽神社 旧・5/19 例祭
田沢字僧ヶ沢113 八幡神社 8/17 例祭
大戸字水里174 菅原神社 3/25 例祭
床舞字門前222 御嶽神社 8/19 例祭
 ■三輪地区
杉宮字宮林1 三輪神社 5/3 例祭 旧・郷社
杉宮字元稲田201 元稲田神社 春・秋 例祭
杉宮字田畑26 神明社 8/16 例祭
貝沢字礼仏39 神明社 7/16 例祭
貝沢字野々宮159 八幡神社 8/15 例祭
赤袴字中嶋6 白山神社 8/19 例祭
大久保字柏原68 龍燈神社 8/17 例祭
野中字内沢田148−3 野中神社 8/16 例祭
 ■新成地区
足田字野際2 稲荷神社 7/19 例祭
郡山字上郡1 郡山神社 8/18 例祭
嶋田新田字嶋田25 八幡神社 9/15 例祭
糠塚字家岸26 三輪神社 5/7 例祭
 ■明治地区
新町字町尻6 磯前神社 9/8 例祭
新町字岩見沢21 七高山神社 5/17 例祭
林崎上ノ森1−25 白山神社 5/1 例祭
水沢字後沢13 高城神社 5/8 例祭
 ■元西馬音内地区
飯沢字院ヶ台6 熊野神社 8/18 例祭
 ■田代地区
田代字天王山13 御嶽神社 9/5 例祭
上到米字上ノ山7−4 唐松神社 7/21 例祭
軽井沢字下除野山6−1 八幡神社 9/15 例祭
 ■仙道地区
上仙道字仙道沢311 白山神社 8/17 仙道番楽 県指定無形民俗文化財
仙道番楽(仙道番楽保存会)=県指定無形民俗文化財。かつては番楽団が3組あったが、現在は1組にまとめられている。
獅子舞を中心に番楽舞がおこなわれる。古くは晩学と表記されていたとされ、神社の祭礼で披露されてきた。番楽宿から道中囃子でくねり、神社つくと神前にまず獅子を安置して、その前で招きの舞をおこなった後、獅子舞を演じる。その後、境内にかけられた掛け舞台で、御上旨の舞・三番叟・典掌御神楽・武士舞・鳥舞を表六番として舞い、次に位頭御神楽・幟織姫の舞・五条ヶ橋・花車の舞・武士舞・蕨折姫の舞、を裏六番として演じられる。
中仙道字水尻56 八幡神社 8/19 例祭
下仙道字下草井沢134 八幡神社 8/21 例祭
  東成瀬村
岩井川字荒沢5 岩井川神社 5/12 恵比寿俵
椿川字下段26 椿川神社 5/7 例祭
椿川字五里台道上21 山神社 5/7 例祭
田子内字天神林46 天神社 4/25 例祭
椿川字桜山16−2 天郷神社 5/6 湯立神事
 【東成瀬の郷土芸能】
田子内音頭=田子内。田子内音頭保存会。披露は随時。先祖の霊を慰めることや豊年万作、悪疫退散等のための踊り。
 【成瀬ダム】
建設中。檜山台はダムより約1km離れていて水没はしないが、移転対象となり平成20年頃に移転した。同地は寛永14年(1637)に開かれた。
 【恵比寿俵】
雄勝郡に伝わる伝統行事の1つで、その年の秋の豊作を祈願して旧暦の8月15日に行なわれることが多い。
「えびすだわら」と称するが、地元では「えびしだら」、えびすだら」とも称する。
米俵に松を立てて、七夕とクリスマスツリーが混ざったような飾りをし、それを神輿風にして担いだり、台車に乗せたりして集落の家々を練りく。

 ★展示場     
 【西馬音内盆踊り会館】
羽後町西馬音内字本町108−1。п彦AXは0183(78)4187。入場料無料。9:00〜17:00。休館日:毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

平成17年8月に完成。盆踊りの様子を人形で表現したものや古い踊り衣装、キルト・藍染めの大形壁掛け・押絵など120人を超す地元の女性たちによる手作り作品が展示されている。