千 葉 県

           ≪鴨川市≫

住所 神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪鴨川市≫
  平成17年(2005)2/11、鴨川市+安房郡天津小湊町が合併。
 ◎旧鴨川市
 ■鴨川地区
   ⇒前原町、横渚、貝渚、磯村
前原121 日枝神社 9/2土日(元・14)
“鴨川地区合同祭礼”
山車1台 山王講
貝渚2202 大浦八雲神社 屋台1台 祇園講
小型担ぎ屋台 水交団
貝渚3102 白幡神社 屋台1台 白幡講
横渚554 熊野神社 屋台1台 熊野講
横渚812 諏訪神社 山車1台 諏訪講
横渚973 横渚八雲神社 山車1台 横渚講
貝渚801 八幡神社 屋台1台 貝渚区
 【かもがわまち(鴨川地区合同祭)】
 鴨川地区合同祭礼で、昭和48年頃に鴨川地区の7つの神社から合わせて山車3台、屋台4台、担ぎ屋台1台、7基の神輿が参加する。
この7社とは日枝神社(前原121)、大浦八雲神社(貝渚2202)、白幡神社(貝渚3102)、熊野神社(横渚字州崎)、諏訪神社(横渚字芝)、横渚八雲神社(横渚973)、八幡神社(貝渚字東台)である。
山王講【日枝神社】=人形山車。人形は恵比須。嘉永年間の作と云われている。明治42年(1909)に神田神社の町会より山車を購入。その後改造し外輪式の三つ車。人形は恵比須。長さ3.7m。幅2.2m。

諏訪講
【諏訪神社】=江戸型人形山車。外輪式の三つ車。 人形は神功皇后と源頼義。
明治43年(1910)に江戸の神田祭りに参加していた5番神功皇后山車一揃えを購入。
山車と人形は、霊岸島より東京湾汽船に船積みし,海路運ばれ、加茂川河岸に陸揚げし、個人の蔵で保管していた。祭礼の度に組み立てを行い、祭礼終了後は解体して収納していた。
大正時代中頃、さらに神田祭り36番山車。神田松田町の源頼義人形を購入した。
幅2.7m。長さ4.25m。高さ7.2m(人形伸ばした時)。車輪直径1.13m。

横渚講【八雲神社】=人形山車。4輪人形は神武天皇。
祇園講【八雲神社】=囃子屋台。大正9年以降制作。彫師は三代目後藤義光。

白幡講
【白幡神社】=囃子屋台。文化年間制作。彫師は後藤義信。明治30年、彫物修復。武志信明による。

熊野講
【熊野神社】=囃子屋台。彫師は三代目後藤義光 他。

貝渚区【八幡神社=囃子屋台。
大浦【大浦八雲神社】=担ぎ屋台。天保4年(1833)に初披露。大浦・川口地区に「明神講・山若講・宮本講・観音講」の屋台4基・4つの講が「水交団」として統合した。
 現在の担ぎ屋台は中開帳の昭和58年の作。
磯村139 厳島神社
 ■田原地区
   ⇒池田、押切、京田、太田学、竹平、坂東、川代、太尾、来秀、大里
池田 愛宕神社 9/4土日 囃子屋台1台
明治33年制作。彫師は武志信明。平成7年、川股三喜男により改修。
押切158 御嶽神社 9/4土日 例祭
竹平(たけひら) 愛宕神社 9/4土日 囃子屋台1台 明治22年以前の作。彫師は武志信明。
坂東633−4 愛宕神社 9/4土日 例祭
花万燈廃絶 太田学、金山
太田学(おだがく)=太田学の枝村。鎮守の子之神社を合祀。
屋台廃絶。昭和33年が最後の曳行。休止中は解体保管したが、彫刻が散逸したり、部材の老朽化のため。


日摺間(ひしま)⇒太田学の枝村。公民館は太田学11−1。
 昭和中頃、花万燈廃絶


金山=太田学の枝村。鎮守の諏訪神社を合祀。花万燈廃絶。休止中の保管悪く廃絶。
川代(かわしろ)1362 熊野神社 9/4土日 神輿と宮立
川代1556 須賀神社 9/4土日 神輿
囃子屋台1台
神楽(獅子舞) 須賀神社⇒熊野神社⇒-区長宅⇒須賀神社
 屋台=大正5年制作。彫師は5代伊八(高石信明)。 
太尾445 瀧口神社 9/4土日 例祭
来秀177 天満神社 9/4土日 例祭
大里506 八幡神社 9/4土日 例祭
 ■東条地区
   ⇒広場、東、西、和泉
広場819 須賀神社 7/7 囃子屋台1台 待崎(広場の一部)
子供神輿1基
広場=制作年・大工は不詳。彫師は武志信月。
広場1482 八坂神社 10/2土日 囃子屋台1台 八坂(広場細谷)
東町1048 八幡神社 囃子屋台1台 東町
西町701 痔(もうけ)神社 囃子屋台1台 西町
和泉1639 男金神社 囃子屋台1台 和泉
東条地区の祭り=4社合同のまつりで、東条小学校の校庭に集まり太鼓や笛の競演など、屋台4台、神輿2基、子供神輿4基が参加する。
八坂(広場細谷)=彫師は5代伊八、高石信月。

東町=彫師は5代伊八、高石信月。昭和55年頃、宮大工の川股三喜男により改修。欄間 等は川股三喜男の作。 


西町、和泉=詳細不詳。
 ■西条地区
   ⇒打墨、粟斗、花房、八色、滑谷
打墨1343 打墨神社 10/2土日 囃子屋台 打墨(うっつみ)
粟斗955 熊野神社 例祭 氏子2戸
花房874 滝口神社 恵比須山車 花房講
八色491 神明神社 例祭
滑谷551 天照皇大神社 トラックシャーシ屋台 滑谷(ぬかりや)
打墨(うっつみ)=平成13年9月制作。大工は鴨川市の川股宮匠(川股三喜男)。車大工は富津市の坂井武夫。飾り金物は館山の滝川板金。
人形は神功皇后。熊谷の樺キ野屋の作。
 ■江見地区
   
⇒西江見、東江見、青木、内遠野、真門、仁我浦村の一部(外堀)
東江見332 神明神社 10/2土日 屋台3台 宮本町、神明町、水神下町
江見青木347  諏訪神社 屋台1台 諏訪町
江見内遠野202 日枝神社 屋台1台 新栄会=内遠野区+西山
江見東真門276−1 天道神社 10/2土日 屋台1台 同志会=西真門+東真門+外堀
江見西真門57、他  日枝・外堀神社
江見の祭り=10/2土日開催。江見7地区の合同祭。午前中は子ども御輿が各家をまわり、午後からが本祭。合戸地区の神輿を先頭に6基の屋台が続く。
各地区は屋台を曳きまわし、所々にとまり、路上で踊る。民謡の和踊り、日本舞踊、子供の踊り、男踊り などの伝統的な踊りや創作ダンス的な踊りもある。
宮本町=昭和26年10月制作。彫師は後藤義孝。

神明町=昭和24年制作。大工は川名工務店。彫師は後藤義徳。


水神下町、諏訪町、新栄会、同志会
=詳細不詳。
 ■太海(ふとみ)地区
   ⇒岡波太、浜波太、天面、西山、吉浦、太夫崎
太海2370(旧称は波太) 香指(かざし)神社 7/4土日(元・28) 囃子屋台1台 太海岡
お船(津嶋丸) 太海浜
神輿1基、屋台2台、子供神輿2基が参加。漁村のため、船形の屋台がある。太海駅下の集結が見どころ。
太海岡=平成元年頃に神社改築時に、手作り人形付きの万燈を廃棄。

太海浜=お船(津嶋丸)
天面160 四社神社 屋台1台(休止中) 平成5年が最後の曳行
西山143 山祇神社 10/2土日 屋台1台 新栄会=西山+内遠野区
江見吉浦117 皇大神社 10/2土日 屋台1台 休止中。
屋台倉庫に組立保管。昭和35年頃が最後で休止中。
江見太夫崎192 皇大神社 10/2土日 屋台1台 解体のまま休止中
神社倉庫に解体保管。昭和54、5年が最後で休止中。
 ■曽呂地区
  ⇒宮、代、二子、仲町、上、東、西、畑
宮235 東宮神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台
代397 八雲神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台 代区(代野)
二子119 石尊神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台 二子(ふたご)
仲町711−1 奥野神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台 仲区(仲野)
上246 八雲神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台 上区
東522 東神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台
西744 西神社 10/連休日曜(元・9) 囃子屋台1台 西
曽呂地区では畑以外の地域(宮、代、ニ子、仲町、上、東、西)はJA曽呂支店広場に屋台7台、神輿8基、子供神輿数基が集合。
畑375 熊野神社 3/中旬 神輿1基、子供樽みこし1基
囃子屋台1台 畑区
 ■大山地区
  ⇒平塚、嶺岡西牧、金束、古畑、佐野、釜沼、奈良林
平塚1723 高蔵神社(大山不動尊) 8/初旬土曜(元・7) 神輿3基(大小とも)
人形屋台6台? 平塚、金束、古畑、奈良林、佐野、釜沼
神楽(獅子舞) 当番区奉納
平塚=神輿とお囃子隊。鎮守は八幡神社(平塚1539)。

金束(こづか)=神輿とお囃子隊。鎮守は八雲神社(金束320)。

奈良林=神輿とお囃子隊。鎮守は三島神社(奈良林336)。

古畑=子供神輿とお囃子隊。神輿は手放す。鎮守は諏訪神社(古畑533)。

佐野
=子供神輿とお囃子隊。神輿は手放す。鎮守は八幡神社(佐野174)。

釜沼
=子供神輿とお囃子隊。神輿は手放す。鎮守は日枝神社(釜沼1000)。
 ■吉尾地区
  ⇒仲、宮山、大幡、北風原、松尾寺、寺門、細野、横尾、大川面
仲253 吉保八幡神社 9/4日曜(元・28) 流鏑馬
神輿8基
人形屋台5台 仲区、宮山、松尾寺、大川面、北風原
宮立9基 宮立=宮屋根付きの太鼓
人形屋台廃絶 横尾、細野、大幡、八丁、寺門
祭礼当日、早朝には朝祭りが行われ、午後には祢宜迎えと称して笛太鼓に伴われた練り歩きがあり、やがて流鏑馬が行われる。お練りには、神輿8基、屋台5台、宮立ちと呼ばれる太鼓9基が登場する。
仲区=人形屋台&宮立。

宮山
=人形屋台&宮立。鎮守は宮山(子安)神社(宮山978)。

松尾寺=人形屋台&宮立。鎮守は八幡神社(松尾寺374)。

大川面=人形屋台&宮立。鎮守は神明神社(大川面1)。
 また旧暦6/15の牛頭天王まつりに、小型の曳き屋台が時折出る。彫師は初代後藤義光。この神社は八雲神社。 

北風原(ならいはら)=人形屋台&宮立。例祭日が9/28の頃は直前の日曜に所曳きだった。鎮守は春日神社(北風原307)。
大幡=宮立。鎮守は皇大神社(大幡412)。

寺門=宮立。鎮守は春日神社(寺門11)。

細野=宮立。鎮守は熊野神社(細野836)。

横尾宮立。鎮守は横山神社(横尾282−1)。
 ■主基(すき)地区
  ⇒北小町、南小町、成川、上小原、下小原
南小町2034 加茂神社 10/2日曜 神輿2基 子供みこし1基
山車1台 南小町
屋台2台 成川、広田
北小町2033 北辰神社 10/2日曜 例祭
成川2470 加茂神社 10/2日曜(元・1) 例祭
上小原886 日枝神社 10/2日曜 例祭
下小原241 諏訪神社 10/2日曜 例祭
主基地区合同祭加茂川にて神輿の川入りが行われる。

 ◎旧・天津小湊町
 ■天津地区
   ⇒天津、浜荻、清澄、四方木
天津1386 須賀神社 7/28頃の金土日 大神輿 旧・郷社
笹万灯6台 芝町、城浜、新町、仲橋、引土、谷町
芝町=笹万燈。以前は神功皇后山車だが解体し昭和32年の万燈制作が天津で最初となる。

城浜
[城戸町+浜町]=笹万燈。城戸町は以前は神武天皇山車。

新町=笹万燈。以前は屋台があり、この脇障子や懸魚などを万灯に飾り付ける。

仲橋
[仲宿+橋本町]=笹万燈。

引土
=笹万燈。

谷町
=船型万燈。
浜荻1185 貴船神社 8/上旬 宮神輿 旧・郷社
笹万灯3台 東町(恵車)、仲町(宮本)、西町
東町(恵車)=詳細不詳。
仲町=神社の宮本町。
西町
=仲町より独立して制作。
清澄323 天富神社 4/22 例祭
四方木89 熊野神社 10/上旬 例祭
 ■小湊地区
   ⇒小湊、内浦
小湊199 小湊神社 7/3日曜(元・24) 神輿   
囃子屋台2台 西田町、大萩 
内浦354−1 大萩神社 山車1台
内浦1806 吾妻神社 神輿
内浦2736 若宮八幡神社 神輿
内浦2912 八雲神社 神輿
内浦3222 大山祇神社 例祭
小湊地区合同祭=7/3日曜開催。2014年より変更。以前は毎年7月23・24日。
小湊地区6社(小湊神社、大萩神社、吾妻神社、若宮八幡神社、大山祇神社)の合同祭。神輿3基と山車2台で行われる。
山車は内浦と小湊地区にそれぞれ1台ずつあり、内浦地区は大萩神社の氏子、小湊地区は3つの地区が交替で担当。