千 葉 県

    ≪葛南地方≫

     市川市、船橋市、習志野市、八千代市、浦安市

住所 神社名 祭礼日 内容 備考

 ≪市川市≫ 
 ■市川地区
市川1−19−1 八幡神社 10/15 例祭
市川2−21−1 胡録神社 10/18 例祭
市川3−20−8 春日神社 10/19 例祭
市川4−4−18 国府神社 10/18 例祭
市川南 宝神社 10/連休 神輿
曳太鼓
新田1−3−1 胡禄神社 10/18〜20 神輿(大小)
新田5丁目1−7 春日神社 曳太鼓2台
神輿渡御は春日神社を出発、胡録神社より町内を一巡して、無事春日神社に還御。子供神輿、トラック囃子車も同行。
上平田2−23−12 諏訪神社 10/17 例祭
国府台3−11−11 天満神社 10/25 例祭
 【手児奈まつり】
手児奈霊神堂(てこなれいじんどう):市川市真間4−5−21の祭事。
手児奈霊神堂とは悲劇の美少女「手児奈」の墓のあたりに弘法寺の7世日与上人が霊神のお告げによって建立したもの。安産、良縁、お宮参りなど様々なご祈願スポットでもある。
毎年10月初旬に行う市川市真間山界隈の商店会・市川商工会議所・市川青年会議所・地元自治会・近隣の方々等、協力の下に行われる年に一度のお祭り。主催は手児奈まつり実行委員会。
大門通りや市川手児奈通りなど手児奈霊堂周辺で女性のみの担ぎ手による手児奈女神輿、お菓子みこし、稚児行列、ハイハイレース、手児奈太鼓の演奏 等がある。
 ■八幡地区
八幡4−2−1 葛飾八幡宮 9/15(3年毎の大祭) 神輿
菅野1−395 白幡天神社(公式HPへ 10/18、19(毎年) 子供神輿
宮久保4−2−4 白幡神社 10/20 例祭
 ■中山地区
中山四丁目3−25 安房神社 10/14 例祭
鬼越一丁目26−18 神明社 10/19 例祭
北方3−17−23 北方子之神社 10/8 例祭
若宮二丁目25−3 八幡神社 8/下旬(4年に1度) 例祭
高石神1−10 高石神社 10/17 例祭
 ■国分地区
稲越町377 厳島神社 10/日祝 榊みこし
曳太鼓
国分5−13−5 国分日枝神社 1/15 例祭
須和田2−22−7 六所神社 10/20 例祭
下貝塚2−32−21 春日神社 10/17 例祭
曽谷2−7−5 春日神社 10/29 例祭
 ■大柏地区
大野町3−1625 春日神社 10/19 例祭
大野町4−2757 駒形大神社 10/20 例祭
柏井町3−654 子安神社 10/17 例祭
柏井町4−441 御井神社 10/17 例祭
奉免町41 神明社 10/15 例祭
大町274 日枝神社 10/15 例祭
 ■行徳地区
伊勢宿6−11 伊勢宿豊受神社 10/中旬 神輿(大人、子供)
トラック山車
曳太鼓
大和田二丁目5−4 甲大神社 10/連休(元・15) 子供神輿2基 昭和51年購入。
曳太鼓2台 昭和51年購入。
上妙典(妙典1−11−6) 八幡神社 10/15頃 例祭
下妙典(妙典3丁目6) 春日神社 10/15頃(3年毎の大祭) 獅子2体 雌雄
囃子屋台 妙典囃子保存会
獅子=安政年間、行徳・後藤直光の作。
河原6−20 胡録神社 10/20 例祭
高谷2−12−10 大鷲神社 11/2酉の日 例祭
高谷2−12−11 羽黒神社 11/2酉の日 例祭
関ヶ島5−13 胡録神社 10/15頃
(3年毎の大祭)
神輿 他に子供神輿2台
トラック仮装囃子屋台
田尻4−12−25 日枝神社 10/14 例祭
原木1−22−23 日枝神社 10/9 例祭
本行徳1丁目 豊受神社 10/連休(3年毎の大祭) 神輿 氏子は本行徳1〜4丁目、本塩
町神輿5基 本行徳1〜4丁目、本塩
宮神輿=文政9年9月制作。浅子周慶の作。台座寸法5尺4寸。
 【妙見まつり】
11月初旬、10:30〜16:00。妙典駅前広場で開催。主催は妙典まつり実行委員会(地元企業と市川市子ども会育成会連合会と自治会からなる)。2014年で9回を数える。
子供神輿、子供山車の巡行もあり。
 ■南行徳地区
押切30 押切稲荷神社 10/18頃(4年毎の大祭) 神輿(大人、子供)  
湊新田1−10−10 胡録神社 7/14 例祭
香取1−9−23 香取神社 10/9 宮神輿、町神輿 香取、欠真間、湊、湊新田
相之川1−2−19 日枝神社 10/15頃 神輿2基 平成17年(2005)神輿庫創建お披露目。 
町神輿=台座寸法4尺。
神輿保存同好会相祭会(相之川青年有志会)=台座寸法4尺3寸。会員手作り。
新井1−9−3 熊野神社 10/15頃(4年毎の大祭) 神輿(男、女、子供)
曳太鼓
 【納涼夏まつり】
7月中旬、湊新田公園で開催。福栄2丁目のイベントで、模擬店、子ども会イベント、子供スイカ割り大会、盆踊り、太鼓 などがあるが、その中で土曜16時〜、手作り子供みこし2基が町内巡回がある。
 【行徳まつり】
11月中旬9:30〜16:00、第七中学校と行徳文化ホールI&Iで開催。2014年で10回を数える。主催は行徳まつり実行委員会。
メインテーマは『日本一の神輿のまち 行徳』なので、ふれあい会場には神輿展示。
ふれあい会場から行徳駅周辺(12:00〜14:30)ではパレード、神輿渡御などがある。
市川市に問い合わせると、「祭礼 等は未調査のため回答出来ないことを残念に思います」と御返事を頂いた。

 ≪船橋市≫
 ■本町地区(旧・東葛飾郡)
 
  ⇒宮本、市場、東船橋、東町、駿河台、本町(3丁目を除く)、南本町、海神、海神東、海神西、南海神
宮本5−2−1 船橋大神宮(公式HPへ 10/20 例祭、神楽、奉納相撲 正式名は意富比神社。旧・郷社・式内社
境内社の八剣神社(7月下旬)例祭に神輿を出す。
海神3−7−8 日枝神社 9/2日曜(3年毎) 例祭
 ■湊町地区(旧・東葛飾郡) 
  ⇒本町3丁目、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町、高瀬町
※船橋大神宮境内社の八坂神社(7/13頃)例祭にに神輿、囃子屋台を出す。
 
 ■葛飾地区(旧・東葛飾郡) 
   ⇒山野、印内、葛飾、本郷、古作、西船、東中山、二子、本中山
印内2−7−8 印内八坂神社 7/22、23(毎年) 神輿(大小)
神賑 カラオケ、演芸大会
10/23 例祭
印内町494 春日神社 10/15 例祭
本郷(西船5−3−8) 葛飾神社 10/14、15 例祭
古作3−7−1 熊野神社 10/29 例祭
西船1−5−7 浅間神社
西船7−3−30 妙見神社
東中山1−6−6 羽黒神社
二子 羽黒神社 10/9、10 例祭
本中山(兵庫新田) 高石神社 10/19 例祭
 ■八栄地区(旧・東葛飾郡) 
   ⇒東夏見、西夏見、高根、金杉、七熊、米ヶ崎、二和、三咲
西夏見(夏見2−29−22) 日枝神社 10/8〜10 例祭
東夏見(夏見6−22−16) 稲荷神社 10/18 例祭
高根町600 神明神社 10/15 曳太鼓1台
獅子
高根町1521 秋葉神社 10/24 獅子
金杉町2−4−1 金杉神明社 10/15 おびしゃ
10/18〜20 例祭
七熊(東町802) 意富比神社 10/18、19 例祭
米ヶ崎町332 意富比神社 10/29 例祭
二和西3−6−43 星影神社 10/18〜20 例祭
三咲9−2−23  稲荷神社 4/15 例祭
 ■法典地区(旧・東葛飾郡) 
   ⇒藤原、上山、丸山、馬込
藤原3−34−16 神明社 10/17、18 例祭
上山町2−431 神明社 10/17、18 例祭
馬込西2−18−9 天満宮 10/25 例祭
 ■塚田地区(旧・千葉郡) 
   ⇒前貝塚、後貝塚、行田
前貝塚町534 八幡神社 10/9 例祭
前貝塚町793 神明神社 10/9 例祭
旭町2−11−1(後貝塚) 熱田神社 10/9 例祭
山手3−14−23(行田) 諏訪稲荷合殿神社 10/23 例祭
 ■二宮地区(旧・千葉郡) 
   ⇒滝台新田、薬園台新田、三山、多喜野井、前原新田、上飯山満、下飯山満
滝台町98 八幡神社 10/15 例祭
薬円台1−12−8 神明社 10/14、15 神賑(太鼓、カラオケ) 餅投げ
三山5−20−1 二宮神社公式HPへ 9/13 小祭(湯立祭)
10/16 神輿
山車多数 ※「三山の7年祭り」に船橋市、磯出式を行う千葉市、隣の習志野市などから8社の神輿や山車が出る。
 【二宮神社式年祭】
 県指定無形民俗文化財。
 七年祭とも言われ、丑・未年の6年毎に行われる。船橋・千葉・習志野・八千代の各市の9神社の神輿が参加する祭礼である。
これは文永2年(1445)、馬加(千葉市幕張)城主の陸奥守康胤(千葉康胤)の奥方が妊娠11ヶ月を過ぎても出産の兆しが無いので心配し、三山村の二宮神社、畑村の子安神社、馬加村の子安神社、武石の三代王神社の各神社の神主に命じ、馬加村の磯辺の地に産屋を設け、安産を祈らせた(磯部祭)。
そして、安産の願いが成就した時には、盛大な祭礼を執行することを約束した。
 やがて男児の出産があったので、康胤と家臣、領民は喜び、二宮神社で大祭を挙げて祝ったのが始まりと云われている。
そこで享保12年(1727)に大祭を丑年・未年の6年ごとに挙行することになり、畑の子安神社、馬加の子安神社、武石の三代王神社、久々田の菊田神社、藤崎の子安神社、実籾の大原大宮神社、古和釜の八王子神社の神輿が二宮神社に集まり行列をし、稚児の参列もあり、安産御礼大祭として盛大に行われる。
 なおこれらの神社は役割が決まっている。
 二宮神社(船橋市三山)       主人・父君
 子安神社(千葉市花見川区畑町) 妻・母
 子守神社(千葉市花見川区幕張) 子守
 三代王神社(千葉市花見川区武石)  産婆
 菊田神社(習志野市津田沼)    叔父
 大原大宮神社(習志野市実籾)   叔母
 高津比燈F神社(八千代市高津)  娘
 時平神社(八千代市萱田)     長男
 八王子神社(船橋市古和釜)    末息子

 さらに市原市の姉ヶ崎神社は、二宮神社の姉に当たるといわれており、古くは大姉神としてこの祭りに参加していたらしく、今でも大祭の時、磯出式が終了すると姉ヶ崎神社に向かって二宮神社の神輿は一礼する。
磯出祭:昼間の安産御礼大祭終了と同時に、以下の4社のみ同夜幕張の海岸で執り行われます。
 二宮神社(船橋市三山)       主人・父君
 子安神社(千葉市花見川区畑町) 妻・母
 子守神社(千葉市花見川区幕張) 子守
 三代王神社(千葉市花見川区武石)  産婆
小祭(湯立祭):大祭の期日を占う祭りで、9月13日に二宮神社のみで行われる。この日は三山・藤崎・田喜野井の氏子住民によって三山町内の全戸に神輿の渡御を行う。
田喜野井3−16−3 子神社 10/19 例祭
前原東5−43−1 御嶽神社 10/19 例祭
下飯山満(飯山満町1−639) 神明神社 10/18 獅子
上飯山満(飯山満町2−843) 大宮神社 10/23 獅子
飯山満町3−1465 王子神社 10/9 例祭
 ■豊富地区(旧・千葉郡) 
   ⇒小室、小野田、神保、大神保、車方、鈴身、豊富、金堀、楠ヶ山、古和釜、大穴、坪井、八木ヶ谷
小室町148 八幡神社 9/15 例祭
9/1 獅子舞休止
小室の獅子舞=市指定無形民俗文化財。三匹獅子舞。8月21日(施餓鬼会)に本覚寺の境内で、9月1日(八朔)には本覚寺と八幡神社、山王社の境内で舞われていたが、都合により平成20年から行事を休止している。
小野田町610 安房神社 10/17 例祭
小野田町790 足尾諏訪神社
神保町102 八坂神社 7/24 神輿
山車1台
大神保町636 白幡神社 10/19 例祭
車方354 車方神明神社 10/20 例祭
鈴身町297 鈴身神社 10/29 例祭
豊富町1 稲荷神社 10/19 例祭
金堀町471 日枝神社 10/19 例祭
古和釜町161 八王子神社 10/7 神輿 二宮神社式年祭にも参加
大穴北5−4−1 神明神社 10/7 例祭
楠ヶ山(大穴北5−30−12) 湯殿神社 10/7 例祭
坪井町879 子安神社 10/6、7 例祭
八木が谷5−391−2 王子神社
 【高根台地区】
7月に「たかね夏祭り」が開催。
高根台団地=平成19年(2006年)創建。地元の大工、蒲生良和の作。人形は無いが背の高い山車と言えよう。

宝くじ助成金を元とは言うが、新興地区で建造とは大したものである。
 【大穴連合会夏祭り】
8月中旬土日夕方に大穴中学校庭で神輿、山車が出ると云われる。
 【松ヶ丘夏祭り】
8月盆過ぎの土日に行われる。
納涼大会は土日に古和釜中学校庭で18:00〜21:00。

バス通りパレードは日曜の13:00〜15:00。
古和釜中学校の生徒の手作りみこし、松ヶ丘5丁目の睦町会の神輿が出る。

 ≪習志野市≫
津田沼1−4−13 八坂神社 7/中旬 例祭
津田沼3−2−5 菊田神社 10/19 神輿 平成7年11月新調
囃子屋台 三山の7年祭りに参加
谷津1−23−3 丹生神社 10/19、20 例祭
東習志野2−8 八幡稲荷神社 11/3 例祭
大久保4−4−27 誉田八幡神社 9/連休 神輿
トラックに組み立てて乗せる屋台
囃子同好会 
曳太鼓2台
藤崎1−4−9 子安神社 10/19 例祭
鷺沼1−698 根神社 10/17 例祭  
鷺沼3−16 八劔神社 3/1 “剣” 天狗の面を被り、榊を持った人を先頭に白装束の8人の若者が長さ2mほどの剣を持って練り歩く。
屋敷3−12 天津神社 9/22(3年毎の大祭) 神輿
実籾1−30−1 大原大宮神社 10/19 神輿  三山の7年祭りに参加
 【習志野きらっと】
平成6年(1994)、市制施行40周年を記念し”習志野市らしさを生み出し、ふるさと意識を育み、まつりを次世代へ継承する”ことを目的に始まり、2015年で22回を数える。
7月中旬(選挙 等でずれる年もあり)、習志野市役所前グランド、市役所通りで開催。主催は習志野市民まつり実行委員会。

14時頃から始まる「オープニングパレード」を先頭に、「山車・神輿パレード」、「子どもサンバパレード」、「きらおどりパレード」、「音頭パレード」、「きらっとサンバパレード」 などがある。
 ※2010年は
 ≪山車≫
袖ヶ浦町会・自治会連絡協議会
=手作り屋台。
鷺沼台連合町会
=手作り屋台。  
新習囃=手作り屋台。  
実籾連合町会
=トラックに仮設屋台載せる。  
秋津地区連絡協議会
=トラックに仮設屋台載せる。
谷津連合町会
=唯一の人形山車。  
谷津西部連合町会
=手作り屋台。
香澄連合町会=手作り屋台。
 ≪御輿≫
花咲連合町会、東習志野連合町会、津田沼連合町会

 ≪八千代市≫
萱田476 飯綱神社 11/2、3
(33年毎)
トラック飾り山車  33年に1度の祭りで前回は2012年。山車は廃絶。
※ 二宮神社式年大祭に大和田の時平神社、萱田の時平神社、高津の高津比盗_社より山車が出る 
萱田町947 時平神社 10/9 例祭
勝田572 駒形神社 9/1日曜 勝田の獅子舞
勝田の獅子舞=市指定無形民俗文化財。以前は二百十日に近い9/1に行われていたが、現在は9/1日曜に行われる。「犢橋の寺が焼けたその夜三匹の竜が勝田の寺に飛んできて舞が始まった」という言伝えがある。
腰に付けた太鼓を叩きながらオヤジ・セナ・カカの3匹の獅子が勝田の円福寺と駒形神社の境内を舞う。
 11時頃、寺で初心者が半分だけ舞った後, 隊列を組んで法螺貝や神主・太鼓などと共に笛を吹きながら移動する。神社でも同様に半分舞って休憩。その後初心者・修練者・先輩格の人がそれぞれ舞う。時には先輩格を卒業した人達が余興で舞うこともある。その後神主の口上や「手踊り」・「ミノコ踊り」などが舞われ、 来たときと同様に隊列を組んで寺に戻る。寺で初心者の人が舞って終了するが、現在では寺でも「手踊り」・「ミノコ踊り」を舞ってから終わることもある。
高津294 高津比め神社 10/9 例祭
大和田793 時平神社 10/9 例祭
大和田新田392 八幡社 10/初旬 神輿 八幡神社から神明社まで神輿行列
大和田新田963 神明社
八千代台西9−3−15 諏訪神社 10/9 例祭
平戸288 熱田神社 9/1 例祭
佐山1921 熱田神社 9/23、24 佐山の獅子舞
佐山の獅子舞=市指定無形民俗文化財。起源は不詳。舞は親獅子・中獅子・女獅子の3匹が腰の太鼓を手でたたきながら争ったり、仲直りしたような仕種を繰り返しながら絡んで舞う。
9/23、24に佐山の熱田神社と妙福寺で行われる。この日は彼岸の中日に当たるためこの獅子舞を「ヒガンジシ」とも言う。23日は神社で10時ごろから14時ごろまで舞い、その後隊列を組んで笛を吹きながら移動する。以前は途中で個人の庭で舞っていたが最近は省略。寺に移動し休憩後同様に舞われ19時頃終了する。
神久保109 神久保神明神社 10/19 例祭
島田1140 島田大宮神社 9/1 例祭
島田台1052 島田台神明神社 10/19 例祭
真木野234 真木野神明神社 10/19 例祭
桑納99 妙見社 10/19 例祭
麦丸1336 日枝神社 10/19 例祭
桑橋910−2 熊野神社 10/19 例祭
小池463 小池安房神社 10/13 例祭
吉橋1195 八幡神社 10/16 例祭
吉橋3071 八幡社 10/16 例祭
村上433 七百餘所神社 1/15&10/9 十二座神楽
村上の神楽=市指定無形民俗文化財。1/15&10/9の年2回、村上の七百餘所神社の神楽殿で行われる。両日共に14時ぐらいから演じられ夕方までかかる。
 十二座神楽と呼ばれてるが、現在伝承されているのは以下の9座。神楽殿や奉仕者を祓い清める「修抜」、火吹男が神様を迎えるため掃除し、猿田彦が神様の道案内をして邪神を退散させる「座清め」、姫が宝物の玉を持って山神と舞い、そこに鬼が出てきて玉を取り、山神がそれを奪い返すという「玉取り様の舞」その他「翁の舞」、「種おろし」、「うずめの舞」、「湯巫女の舞」、「恵美須の舞」、「みかぼし」である。
 また1月の祈年祭の時は、神楽が終わると神主が煮えたぎる湯を笹でかぶり、吉凶を占う「湯立て神事」が行われる。
村上1522 厳島神社 10/9 例祭
村上1648 神明神社 10/9 例祭
村上南1−15−1 根上神社 10/9 例祭
村上南2−25−1 浅間神社 10/9 例祭
村上南3−4−2 厳島神社 10/9 例祭
下市場2−7−15 白籏神社 10/9 例祭
勝田台北1−23−21 稲荷神社 10/9 例祭
米本1278 日宮神社
米本1641 米本神社 10/1土日(4年ごと) 神輿 次回は2015年
米本2424 稲荷神社 10/9 例祭
下市場1−1−24 八坂神社 7/15 例祭
神野750 熊野神社 10/9 例祭
保品812 香取神社 10/9 例祭
上高野283 駒形神社 10/9 例祭
上高野677 白幡神社 10/9 例祭
下高野115 菅原神社 10/9 例祭
※獅子舞は、かつては桑橋や村上など多くの地区で行われていたが、現在は勝田と佐山のみ。

 ≪浦安市≫
浦安大祭(浦安三社祭り)=平成12年改称。6月中旬に行われる4年毎の大祭で三社合わせて大小約100基の神輿、曳太鼓が出る。
これは宮神輿のほか、子供神輿、個人で出す神輿、レンタル神輿、女神輿など、神酒所単位で神輿を出すのでその数は大小100基近くに及ぶという。
 祭日はもとは10月14日・15日、あるいは10月15日・16日に行われ、清瀧神社、豊受神社では神楽を奉納し、稲荷神社では豊年祭りを行っていた。
やがて大正時代から神輿が登場し、大正末には4年に一度、6月14・15・16日に三社が合同で大祭を行うようになった。
戦時中など中断があったが、戦後から再開し昭和36年から一時休止した後、昭和49年に13年ぶりに復活し今日に至っている。
堀江4−1−5 清瀧神社 6/中旬 宮神輿2基
猫実3−13−1 豊受神社(神明宮) 6/中旬 宮神輿2基
当代島3−9−10 稲荷神社 6/中旬 宮神輿1基