新 潟 県

  ≪上越地方≫
 
     上越市、妙高市、糸魚川市

住所  神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪上越市≫
  平成17年(2005)1/1、上越市+東頸城郡安塚町、浦川原村、大島村、牧村+中頸城郡柿崎町、大潟町、頸城村、吉川町、板倉町、中郷村、清里村、三和村+西頸城郡名立町が合併。
西本町4−2−25直江津) 八坂神社 7/27〜29 神輿 あり
屋台19台  本町・横町、浜町、福永町、東雲町、八幡町、沖見町、港町、住吉町、塩浜町、善光寺浜、栄町、天王町[八坂丸]、旭区、四ツ屋、御幸町、 安国寺 、あけぼの、石橋1・2丁目
松平忠輝が高田に城を築いてから、町や寺社も移ったが、八坂神社だけはとどまって、高田城下へ出向いて祇園祭を行うようになった。
3日間の高田での祇園祭の後、直江津での祇園が始まる。19町の屋台が町内を巡行し、最終日の夜、屋台に積まれたお饌米を若者が担ぎ、勇しく八坂神社の参道を駆け抜けて奉納する
本町・横町=大正15年(1926)制作。長さ3、94m。幅2、59m。高さ?。 
人形は猿田彦命。昭和45年から人口減により合同で参加。

浜町=長さ4、6m。幅2、59m。高さ?。

福永町=大正12年(1977)制作。長さ4、64m。幅1、82m。高さ?。

東雲町=平成19年(2007)制作。
 先代は昭和52年屋台購入。長さ3、85m。幅2、31m。高さ?。

八幡町
=長さ4、21m。幅2、3m。

沖見町
=昭和13年(1938)制作。長さ3、68m。幅2、35m。高さ?。

港町=長さ3、84m。幅2、35m。高さ?。

住吉町
=昭和34年(1959)制作。長さ3、9m。幅2、6m。高さ4、15m。

塩浜町
=大正12年?制作。長さ4、21m。幅2、43m。高さ4、41m。

善光寺浜=長さ3、85m。幅2、31m。高さ?。

=平成11年(1999)新調。2代目。長さ3、82m。幅2、5m。高さ4、27m。

天王町[八坂丸]=大正10年(1921)制作。長さ3、85m。幅2、31m。高さ?。

旭区=昭和11年(1936)制作。長さ3、58m。幅1、96m。高さ3、63m。

四ツ屋=平成10年(1998)制作。三代目。長さ3、98m。幅2、45m。高さ4、09m。

 先代は昭和47年購入。

御幸町=平成14年(2002)制作。長さ4、36m。幅2、41m。高さ3、78m。

安国寺=長さ3、95m。幅2、58m。高さ4、21m。

あけぼの
=長さ4、31m。幅2、79m。高さ4、68m。


石橋1・2丁目=昭和62年購入し19番目の参加となる。長さ4、27m。幅2、47m。高さ4、37m。
春日新田3−7−1 春日神社 8/20、21 神輿 夜神楽
屋台5台 佐内、安江、春日新田A[1丁目・2丁目;3丁目・川原町]
川原町は1〜3班で3台あったが、河川改修で町域が少なくなった。また春日新田も各丁目ごとに屋台があった。
夷浜 佐々野宮神社 8/20、21 船形屋台  
五智6−1−11 居多神社 5/3 神輿
大豆1、743 春日山神社 5/5 神輿
北城町1−18−7 北城神明宮 5/19、20&9/3土日 神輿、舞楽
寺町3−1−19 日枝神社 5/15、16 神輿
中央2−3−47 直江津大神宮 5/16、17&8/6、7 神楽
 旧・東頸城郡安塚町
安塚 安塚神社 4/27 神輿 大小
山車2台   
坊金 坊金神社 4/14 俵みこし  
山車1台 手作りでリヤカーに乗せて作ったような物である。
 ◎旧・東頚城郡浦川原村
有島 八幡神社 9/15 神輿、樽みこし
顕聖寺 八坂神社 7/3日曜 神輿
横川 剣神社 4/16・8/21 神輿
虫川 白山神社 4/29 神輿2基
飯室 石動神社 4/14・11/3 神楽
 ◎旧・中頚城郡柿崎町
三ツ屋浜606 神明社 9/14 神輿、盆踊り
 ◎旧・中頚城郡大潟町
雁子浜499(字崩山) 諏訪神社 8/18 神輿 盆踊り。小中学生による奉納相撲。戦前は湯の花行事。
子供山車  
潟町399(字宮ノ脇 神明宮 9/15 神輿、神楽、米大舟の道中流し踊り
九戸浜130 諏訪神社 4/14 神輿
9/7 神輿、盆踊り
四ツ屋浜677(字芝原 諏訪神社 4/20 子供と青年会による神輿
8/25 子供と青年会による神輿、盆踊り
土底浜2、541 諏訪神社 4/24&8/23  
 ◎旧・中頚城郡頚城村
大谷内新田350−1 神明宮 8/10 神輿
手島490 白山神社 4/9 神楽
両毛 白山神社 神楽
榎井 地性神社 神楽
 ◎旧・中頸城郡板倉町   
塚の宮八幡宮 8/20、21 神輿2基  
山車1台   
 ◎旧・中頸城郡清里村
菅原108 菅原神社 8/18、19 稚児舞、神楽舞、ちびっこ相撲大会、郷土芸能「八社五社」など
 ◎旧・中頸城郡三和村
岡田  風巻神社 7/20 神輿、春駒
川浦 上江北辰神社 7/20     
所山田 五十君神社 8/8    
 ◎旧・西頸城郡名立町 
名立区名立大町字明神山1、335 江野神社 7/7〜14 神輿  
7/7 山車6台 仲町、新町、新井町、横町、川端
 神輿は神社より出発し、町内毎に担ぎ手を変えながら町内巡幸。夕方に大町の仮宮に安置され、14日の午前2時に神社に還幸される。

 ≪妙高市≫
  平成17年(2005)4/1、新井市+中頸城郡妙高村+妙高高原町の合併で誕生。
 ◎旧・新井市
白山町  白山神社 5/1、2 子供神輿民謡流し
宮内239 斐太神社 5/3、4 3日は浦安の舞、里神楽。4日は神輿。
 ◎旧・中頸城郡妙高村
関山4、804  関山神社 7/17、18 松引き神輿、山伏の棒術、舞、相撲
 ◎旧・妙高高原町      
田口104 神明社 9/11 屋台 軽トラックを飾り付けて屋台とする 
田切382 諏訪神社 9/7 屋台 軽トラックを飾り付けて屋台とする 

 ≪糸魚川市≫
  平成17年(2005)3/17、糸魚川市+西頸城郡能生町+青海町が合併。
 ◎旧・糸魚川市
一の宮   天津神社 4/10、11 神輿2基
山寺 山寺日吉神社 8/31・9/1 神幸式(神輿2基、神楽)
根小屋 十二社 9/12 奉納相撲(糸魚川唯一)
上刈658 水前神社 10/15〜17 神輿
 ◎旧・能生町
能生7238 能生白山神社公式HPへ 4/24 神輿
獅子舞
鬼伏1631 八幡神社
 ◎旧・青海町
田海 山添社 4/21 田海神楽
 安政年間、江戸太神楽の一部が柏崎の人により地元の若者に伝授したのが始まりと言う「田海神楽」の行列が田海、八久保、高畑の三地区を練り歩き、路上で神楽や踊りを演じる
歌261 羽黒神社 9/13 獅子乗り

 ★展示場
直江津屋台会館 上越市西本町4−18−12 0255-45-5155 9:00〜17:00 “上越祭りで使われる屋台19台全てを見ることができる”