≪新潟市≫
      
      〔西蒲区〕

      旧・西蒲原郡巻町(四ツ郷屋以外)、西川町のほぼ全域、岩室村、潟東村、中之口村のほぼ全域よりなる。

住所  神社名 祭礼日 内容 備考

 ◎西蒲(にしかん)区
  平成19年(2007)4/1、巻地区・西川地区・潟東地区・岩室地区・中之口地区より成る西蒲区が誕生。
 ◎旧・巻町
 ■巻地区
   ⇒巻(まき)、堀山新田 (ほりやましんでん)
巻甲2224 巻神社 6/中旬 神輿
山車 花火大会
 【まき夏まつり】
巻神社大祭に合わせて行なわれ、新潟市で最も早く開催される。
「やかたおけさ」、「巻甚句」を踊る民謡流しから始まり、江戸時代から続く神輿渡御、山車、花火大会などが繰り広げられ、迫力ある「やかた竿燈」がまつりを締めくくる。

主催はまき夏まつり協賛会。
 ≪2017年の行事予定≫
 ■金曜
(18:45〜)鼓隊パレード、民謡流し
 ■土曜
(13:05〜)音楽パレード、山車、神輿渡御ほか
(20:00〜)花火大会
 ■日曜
(14:50〜)米百俵パレード
(18:40〜)やかた竿燈ほか
堀山新田13 神明社
 ■漆山地区
   ⇒漆山(うるしやま)、古志田(こしでん。現・巻東町)、寺潟(てらがた。現・巻東町)、下郷屋(したごうや。現・巻東町)、並木(なみき。現・並岡)、槇岡村外新田(まきおかむらほかしんでん。現・並岡)、赤鏥(あかさび)、潟頭(かたがしら)、河井(かわい)、柿島、山島、馬堀(まぼり)、上中野、桜林(さくらばやし)、栄町
 ※栄町は昭和33年(1958)、上中野+東津雲田+馬堀の一部である百穀が統合して誕生。
漆山2511 漆山神社 8/25、26
漆山祭りとして合同祭
奉納煙火 元・八幡神社
漆山2648 住吉神社
漆山 春日社
巻東町123 東町神社
並岡140 並木神明社 6/7 例祭
並岡509 横岡稲荷社 10/1 例祭
鏥538 五(赤鏥)神社 田植え後の日曜&8/3日曜 例祭
潟頭58 諏訪神社 5/27 潟頭神楽舞 休止中。潟頭神楽保存会
潟頭神楽舞=市指定文化財なれど休止中。明治の初め頃、潟頭の加藤梅太郎という人が伝えたものと云われている。岩戸神楽の流れをくむ2人舞。舞の順序としては、始めに「四方舞」、その後獅子が仮死状態となり、「東西、東西…」の口上で生き返る。「幣束舞」、「鈴の舞」と続き、最後に初めの「四方舞」の悪魔祓いで終わる。
演目は四方舞、幣束舞、鈴の舞。余興におけさ、新保舞がある。
河井2632 八幡宮 5/3日曜&8/20 例祭
柿島11 神明宮 4/16&8/最終日曜 例祭
山島56 諏訪神社 7/27 例祭
馬堀5569 八幡諏訪社
馬堀4143 十二社神社 馬堀の十二原地区の鎮守
馬堀6022 白山神社 5/25 例祭
馬堀 長恩院 8/24、25 灯籠押し休止 馬堀用水路開発に尽力した田辺小兵衛を祀る廟。
桜林2369−1 桜林神社 5/25 例祭
栄町148 栄神社 7/6 例祭
 ■峰岡地区
   ⇒竹野町(たけのまち)、前田(まえた)、仁箇(にか)、布目(ぬのめ)、福井(ふくい)、鷲ノ木(わしのき)、上木島(かみきじま)、下木島(しもきじま)、峰岡(みねおか)、舟戸(ふなと)、平沢(ひらさわ)、松郷屋(まつごうや)、稲島(とうじま)、伏部(ふすべ)
竹野町2678 日枝神社 4/28&8/27 竹野町神楽舞 竹野町神楽舞保存会
竹野町 八幡神社 8/21 竹野町神楽舞 竹野町神楽舞保存会
前田137 諏訪神社 4/15&8/21 例祭
仁箇2167 仁箇神社 5/25 例祭
布目413 布目諏訪神社 4/26 布目神楽 布目神楽保存会
布目神楽=市指定文化財。春の祭礼に諏訪神社の前に神楽舞を奉納し、その後で各家庭を回る。
雌神楽と言われており、獅子頭は小型で舞もおとなしく、「天の岩戸」を開ける前に舞う踊りであると伝えられる。2人の舞から始まり、幣束舞と錫杖を持った1人舞い、2人による悪魔祓いと続く。
福井 舟山神社 4/3&11/3 例祭 弥彦神社摂社
福井2453 諏訪神明社 4/16&8/27 例祭
鷺ノ木306 白山神社 4/17&8/24 例祭
鷺ノ木1350 神明社 例祭
上木島260 諏訪神社 4/3日曜&8/4日曜 例祭
下木島923−2 諏訪神社 4/3日曜&8/4日曜 例祭
峰岡125 三根山神社 5/5 太夫舞
9/敬老の日 例祭
峰岡77−2 峰岡大神宮 9/15 太夫舞 23地区の区長・氏子が参拝し、神事の後に舞殿で太夫舞が奉納される。
舟戸222 舟戸神社 4/1日曜&8/3日曜 例祭 諏訪神社・住吉神社
平沢432 諏訪神社 4/1日曜&8/20 例祭
松郷屋338 諏訪神社 4/1日曜&8/20 例祭
稲島2656 八幡神社 4/25&8/25 稲島神楽舞 稲島神楽保存会
伏部522 八幡神社 4/25 例祭
 ■松野尾地区
   ⇒松野尾(まつのお)、松山(まつやま。旧・松山新田)、巻大原(まきおおはら。旧・大原新田)、新保(しんぼ。旧・新保新田)
松野尾3270 若宮神社 5/3 松野尾神楽舞 松野尾神楽舞保存会
松野尾2245 月崎十二所社 5/3 松野尾神楽舞 松野尾神楽舞保存会
松野尾神楽舞(松野尾神楽保存会)=市指定文化財。獅子神楽。5月2日に神社、各戸で出演。
昭和31年(1956)年に復活。前半は四方舞・鈴の舞。後半は獅子が餌を拾ったり、眠ったり、ひょっとこと絡む。
松山1242 松山神社 5/3 例祭
巻大原946 神明宮 5/3 例祭
新保316 神明宮 5/3 例祭
 ■角田地区
   ⇒角田浜(かくだはま)、越前浜(えちぜんはま)
角田浜5591−1 熊野神社 10/1日曜 太々神楽
越前浜4725 神明社 4/2日曜 子供樽みこし 鳥の子神社と称する
 ■浦浜地区
   ⇒五ヶ浜(ごかはま)、角海浜(かくみはま)
五ヶ浜259 八幡宮 4/19&9/16 例祭 春は観音様、秋は八幡様の祭り
五ヶ浜五ヶ峠 八幡宮 例祭 廃村になったは角海浜より遷座
 【廃村】
角海浜(かくみはま)=遠方3年(1675)233戸を数えたが、海岸の浸蝕が続き、次第に陸地が失われ昭和45年、8戸、12人まで減少。やがて原子力発電所建設計画により昭和49年無住に。
しかし原子力発電所建設は撤回された。
鎮守の八幡宮は五ヶ浜五ヶ峠に移転。
  ■鎧郷地区
    ⇒中郷屋、葉萱場、割前、羽田(はねだ)、東汰上〈ひがしよりあげ)
中郷屋1121 諏訪神社 5/14&8/20 例祭
葉萱場86 諏訪神社 5/15&8/26 例祭
割前337−4 諏訪神社 5/20&8/下旬 例祭
羽田91 諏訪神社 4/27 例祭
東汰上337 諏訪神社 4/27&8/22 例祭
  ■和納地区
    ⇒安尻(あじり)、下和納(しもわのう)
安尻495 諏訪神社 4/27 例祭
下和納335 下和納神社 5/3日曜 例祭
四ツ郷屋2639 諏訪神社 4/29&9/7 例祭
 ◎旧・西川町
 ■曽根町地区
   ⇒曽根(そね)、善光寺(ぜんこうじ)、善光寺村受(ぜんこうじむらうけ)、桑山(くわやま)、旗屋(はたや)、松崎(まつさき)
曽根6−子(二番町) 曾根神社 8/27直近の金土日 神輿
屋台7台 一番町、二番町、四番町、六番町、七番町、八番町、九番町
例祭日は従来8/25、26、27だったが、平成13年(2001)に27日前の直近の金土日に変更した。
主催は西川まつり実行委員会。曽根神社の秋季大祭の神輿渡御(通称:傘鉾行列)に合わせて、福みこし、屋台、御稚児、鉄砲持ちなどが、商店街を練り歩く。民謡流し、小中学生パレード、大人神輿、子供みこし、サマーコンサート、花火大会なども行われる。
一番町=制作者、年代等は不明。
二番町
=制作者、年代等は不明。  
四番町=制作者、年代等は不明。
六番町
=制作者、年代等は不明。
七番町
=安政7年の墨書きあり。  
八番町
=制作者、年代等は不明だが西川まつりでは最古。彫師は中村義光(加茂町)。
九番町
=制作者、年代等は不明。 
 【2017年の行事予定】
 ■金曜
(9:30〜16:30)ふれ太鼓
(18:15〜)にしかわ福みこし
(18:30〜19:10)よさこい踊り
(19:30〜20:45)民謡流し
(21:00〜)福まき

 ■土曜
(10:00〜)小中学校パレード、
(16:00〜)神輿渡御(越後傘ぼこ行列)〔曽根神社⇒琴比羅社〕
(19:30〜)サマーコンサート
(20:00〜21:00)大筒花火打上げ

 ■日曜
(13:00〜)代官太鼓演奏
(15:30〜)神輿渡御(越後傘ぼこ行列)〔琴比羅社⇒曽根神社〕
善光寺40 諏訪社
桑山417 桑山諏訪神社
旗屋70 諏訪大明神
松崎233 神明宮
 ■升潟地区
  ⇒升潟(ますがた)、兵右衛門新田(ひょううえもんしんでん)、大潟(おおかた)、浦村(うらむら)、大関(おおせき)、升岡(ますおか)、與兵衛野新田(よへえのしんでん)、三角野新田(さんかくのしんでん)、貝柄(かいがら)、堀上新田(ほりあげしんでん)、熊潟新田(くまがたしんでん)
升潟2262 早鵜(はやう)神社
升潟2236 神明宮
兵右衛門新田96 神明宮
大潟17 神明宮
浦村17 神明宮
大関3 神明宮
升岡 神明宮
與兵衛野新田39 稲荷神社
貝柄746 漆宮社
堀上 漆宮神社 七面大明神と漆宮神社の合社
 ■鎧郷地区
   ⇒槇島(まきじま)、真田(さなだ)、矢島(やじま)、押付(おしつけ)、天竺堂(てんじくどう)、平野(ひらの)、中島(なかじま)、西汰上(にしよりあげ)、川崎(かわさき)、下山(しもやま)、B(すずき)
槇島613 諏訪宮
真田688 諏訪宮
矢島123 神明宮
押付2939 鎧八幡宮
天竺堂301 諏訪社
平野276 熊野神社
中島177 神明宮
西汰上267 住吉社
川崎921 川崎神社
西川下山454 下山神社
鱸583 神社
 ◎旧・潟東(かたひがし)村
   ⇒三方、大原(おおはら。1984年、上大原+下大原が合併)、番屋、茨島(いばらじま)、今井、大曾根(おおぞね)、国見(くにみ)、横戸(よこど)、遠藤(えんどう)、水沢新田、井隋(いずい)、山口新田、熊谷(くまがい)、五之上(ごのかみ)、卯八郎(うはちろう)
三方220 諏訪神社
大原501 諏訪神社 山車1台 大正9年建造。
番屋1395−1 神明宮
茨島1172 神明宮
今井300−2 今井神社
大曽根甲1303 白山神社
称名310 日吉神社 大曾根分郷称名
国見672 神明社 国見神楽
国見神楽=市指定無形民俗文化財。江戸時代初期から神楽舞が伝わっていたが、明治中頃に途絶え獅子頭だけが伝わっていた。その後、神楽舞は大正期初めに有志により復活。
177 諏訪神社
527 諏訪神社
横戸甲174 横戸神社
遠藤2472 神明宮諏訪宮
水沢新田856 諏訪神社
水沢新田2310 神明社
井隨1786−1 諏訪神社
山口新田465 島方神社
熊谷170 神明社
五之上497 諏訪社稲荷社
卯八郎受5 神明宮
 ◎旧・岩室村
  ⇒岩室(いわむろ)、樋曽(ひそ)、栄(さかえ。尻引+田子島)、橋本、石瀬(いしぜ)、金池(かないけ・旧称は金池原新田)、高畑、植野新田(うえのしんでん)、油島(あぶらじま)、新谷(あらや)、西船越、横曽根、潟上(かたがみ)、西長島(にしながしま)、久保田、北野、西中、猿ヶ瀬(さるがせ)、南谷内間瀬、夏井(なつい)、高橋(たかはし)、和納、富岡(とみおか)、津雲田、原
岩室温泉1532 岩室神社
樋曽1382 日吉神社
359 神明宮
橋本 神明社諏訪社合殿
石瀬4448 石瀬神社
金池77 諏訪宮
高畑303 諏訪神社
植野新田61 神明宮
油島255 神明宮
新谷1218−1 神明社
西船越2556 諏訪神社・天満宮
横曽根795 十二社
潟上670 神明宮
西長島581 神明社
久保田1159 諏訪神社
北野394 天満宮
西中468 日吉神社
猿ヶ瀬213 神明宮
南谷内755 神明社
間瀬4448 八幡社
間瀬6711−2 大己貴神社
夏井3272−1 諏訪宮
夏井3278−1 八幡宮
高橋1113 高橋神社
和納3−8−23 三社神社(八幡神社) 8/1土日 “和納十五夜まつり”
神輿渡御には市指定無形文化財にもされている「棒使い」を少年たちが披露。
またお囃子の流れる境内で、仕掛花火をバックに男衆が手作りの「草花火」を打上げる。
 【和納十五夜まつり】
 ≪2017年の行事予定≫
 ■土曜(住吉社にて)
(17:00〜18:30)神賑(=神楽舞、奉納太鼓、キッズダンス、歌謡オンステージ など)
(18:30〜)灯籠点灯
 ■日曜

(13:00〜16:30)神輿渡御(棒使い・拍子方):八幡(三社)神社⇒住吉社⇒八幡(三社)神社
(15:00〜16:30)和納小学校マーチングチーム・子供みこし:住吉社⇒八幡(三社)神社
(20:30〜21:00)仕掛花火、草花火大会(会場:八幡(三社)神社)
 【岩室温泉まつり】 
8月中旬開催。かつては毎年7/29、30開催。
伝統神輿渡御、打上煙火、仕掛花火、芸妓屋台おどり、子供みこし、各種パレード行進 など。
主催は岩室温泉観光協会。
 ≪2017年の行事予定≫
 ■土曜
(14:00〜16:00)岩室小学校金管バンドパレード(いわむろの里出発)
(19:30〜20:30)神輿渡御(温泉街)
(21:10〜21:30)スターマイン大会

 ■日曜
(9:00〜11:30)子供みこし、山車行列(市営岩室駐車場出発)
(18:30〜21:00)岩室芸妓屋台踊り流し(いわむろや出発)
(21:15〜21:45)フィナーレ仕掛花火(温泉街の丸小山公園)
富岡 神明社多賀社合殿
津雲田137 諏訪春日神社
原360 諏訪宮
 ◎旧・中之口村
   ⇒道上(どうじょう)、福島、河間、打越(うちこし)、牧ヶ島(まきがしま)、三ッ門、針ヶ曽根(はりがそね)、高野宮(こうのみや)、六分、長場、潟浦新(かたうらしん)、東中、東船越(ひがしふなこし)、門田(もんた)、羽黒(はぐろ)、姥島、真木
 【中之口まつり】 
7月初旬開催。主催は中之口まつり協賛会事務局(中之口出張所内)。場所:中之口体育館周辺 。
土曜:
子供みこし。ブラス演奏会、フォークジャンボリー。
日曜:わんぱく相撲、バラエティーショー、ニュースポーツ体験、ふれあいマーケットなど。
道上418−5 神明宮
福島2656 諏訪神社
河間366 河間八幡社 8/25 太夫舞、盆踊り、カラオケ大会 太夫舞=市指定無形民俗文化財。採物神楽。
打越278 宇智古志神社
牧ヶ島652 神明社
三ッ門1069 諏訪社
針ヶ曽根377 諏訪神社
高野宮842 諏訪神社
高野宮350 白山神社
長場175 神明社
潟浦新274 神明宮
東中692 若宮八幡宮
東船越620 稲荷社
門田54 神明社
門田1307 八幡神社
羽黒1423 羽黒神社
姥島944 草薙社
真木1587 神明社

 ★展示場
 【巻文化会館 鯛車展示室 鯛の蔵】
巻文化会館脇に2011年7月9日オープン。巻文化会館の住所は西蒲区巻甲635。開放は土・日曜日の10:00〜19:00予定。
昭和初期から旧巻町役場の文書庫として使われていた2階建ての蔵を西蒲区が改修したもの。改修後は1階が鯛車の紹介や制作指導などを行う交流スペース、2階は鯛車を展示するギャラリー。
 巻文化会館の付属施設として、巻文化会館と市民団体「鯛車復活プロジェクト」が施設の管理や運営を行う。