岡 山 県     

 ≪東備地方≫

   備前市、瀬戸内市、赤磐市、和気郡〔和気町〕

住所  神社名 祭礼日 内容 備考
 ≪備前市≫
  
平成17年(2005)3/22、備前市+和気郡日生町、吉永町が合併。
 ◎旧・備前市
西片上 宇佐八幡宮 5/2土日 神輿2基  
だんじり1台 塩谷町
ちょいやさ 担ぎ山車である
ちょいやさ=平成21年(2009)新調復活。地元町内会やNPO法人「片上まちづくり」が中心となり新調に踏み切る。大工は吉永町吉永中の大工石井光昭。
以前のは昭和36年(1961)の水害で消滅。
三石3216 八幡宮 10/2土日 神輿
三石2211 福石荒神社 10/2土日 獅子舞
福田982 天神宮 10/3土日 例祭
畠田936 畠田天神宮 10/連休土日 例祭
香登本1249 大内神社 氏地は香登本、香登西、坂根、新庄、大内
大内949 大瀧神社
香登西276 石長姫神社
伊部629 天津神社 10/4土日 例祭
久々井538 八幡宮 10/3土日 例祭
浦伊部15 八幡宮 10/4土日 例祭
伊部450 木々須神社 10/5 例祭
伊部1559 履掛天神宮 10/4土日 例祭
穂浪3043 住吉神社
閑谷209 福神社
木谷8 天神社
麻宇那1260 石立神社 10/26 例祭
友延2 天神社
八木山757 鏡石神社 10/中旬 例祭
穂浪839 井田神社
鶴海3712 八幡宮
佐山219 殿上西神社 10/1土日
 ◎旧・日生町
日生町日生804 高良八幡宮 5/27頃の日曜 神輿2基(大小)
日生町日生1180 春日神社 10/15頃の土日 神輿2基(大小) 獅子舞
日生町寒河1022 寒河八幡宮 10/3日曜 浦安の舞
 【鹿久居島(かくいじま)】
面積は10.17km2。人口は10人(平成27年)。野生鹿が生息する。
 【頭島(かしらじま)】
面積は0.6km2人口は404人(平成27年)。2006年は450人を数えた。神社は頭島神社。
 【鴻島(こうじま)】
面積は2.09km2。人口は56人(平成27年)。太古に人が住んでいた跡があるが、昭和の始めに頭島より入植、開拓が始まる。
 【大多府島(おおたぶじま)】
面積は0.4km2周囲は5.0km。人口は102人。(平成27年)。
日生町大多府3 春日神社
 【曽島(そしま)】
面積は0.83km2。戦後に入植者があったが、昭和28年に無人島化して以後、人は住んでいない。
 ◎旧・吉永町
吉永町吉永中47 春日神社 10/3土日 例祭
吉永町金谷370 金彦神社
吉永町神根本1147 神根神社 10/3土日 獅子舞 氏地は神根本、今崎、高田
吉永町加賀美1209 日吉神社
吉永町多麻1343 滝谷神社
吉永町南方527 天神社
吉永町岩崎184 天神社
吉永町三股199 天神社 子供神輿、太鼓、獅子舞 宝くじ助成金による

 ≪瀬戸内市≫
  
平成16年(2004)101、邑久郡邑久町、長船町、牛窓町が合併して誕生。  
 ◎旧・邑久町
邑久町豊原2686 大賀島寺 4/29(元・24) 六角御輿 江戸期の作
だんじり4台 豊安、円張、仁生田、邑久郷
豊安=御座船式だんじり。明治初年頃制作。大工は中村嘉太郎と伝えられる。長さ6.5m。幅1.6m。
屋根は幕屋根造り。船尾の波除板に「竹虎」の絵様彫。

円張
(えんばり)=箱型だんじり。元冶2年(1865)頃制作。大工は井上青龍亭。高さ3、65m。幅1、7m。長さ3、6m。
屋根は桧皮葺。彫物図柄は玄武、飛天、親子獅子、怪魚、竜など。

仁生田
(にぶた)=箱型だんじり。文化2年(1805)制作説もあり。大工は井上青龍亭と伝えられる。高さ3、3m。幅1、5m。長さ3、94m。
屋根は幕屋根造り。彫物図柄は破風下兎毛通しに龍と松。背面は鬼。

邑久郷
=箱型だんじり。
邑久町尻海3038 若宮八幡宮 5/4(隔年。西暦奇数年) だんじり3台 西町、市場町、東町 
西町=御座船式だんじり。明治初期制作。彫師は井上錦海、鶴峯。高さ3、3m。長さ4、5m。幅1、9m。三軸六輪。高く反りあがった舳先の側面に龍頭を彫刻。

市場町=箱型だんじり。明治22年(1889)以前の制作とされる。彫師は井上錦海、鶴峯。高さ3、6m。長さ4、04m。幅1、72m。三軸六輪。

東町(中東・大東)御座船式だんじり。明治27〜29年頃制作。大工は舟大工。彫師は井上鶴峯。高さ3、36m。長さ5、58m。幅1、58m。
 先代を日生に売却。 
邑久町尻海980 正八幡宮 10/2日曜 太刀踊り
邑久町下山田2056 下山田八幡神社 10/連休(元・7) 神輿 餅まき
だんじり4台 舟原、北浦、内沼、後坂
舟原家形造り箱型だんじり。明治初期頃制作。大工は利安三良四良藤原家久。高さ2、65m。長さ3、2m。幅1、56m。
屋根は幕屋根。彫物図柄は龍、鳳凰、牡丹唐獅子、老梅など。

北浦
家形造り箱型だんじり。明治初期頃制作。大工は利安三良四良藤原家久。高さ2、8m。長さ3、77m。幅1、6m。
屋根は幕屋根。彫物図柄は老梅、霊亀、虎など

内沼
家形造り箱型だんじり。明治初期頃制作。
大工は利安三良四良藤原家久。高さ2.7m。長さ3.65m。幅1.75m。
三軸六輪。彫物図柄は二見浦の夫婦岩、雲龍、鷲など。

後坂(うしろざか)家形造り箱型だんじり。明治初期頃制作。
大工は不詳。高さ2.26m。長さ2.55m。幅1.36m。屋根は幕屋根。
邑久町大窪212 天神社 10/17、18 例祭 氏地は大窪内の順徳
邑久町大窪418 八幡宮 10/16 例祭 氏地は大窪内の小山
邑久町福山202 ひ爪神社 10/1日曜 例祭
邑久町山手1679 八幡宮 10/15 例祭
邑久町山田庄1366 貴船神社 10/3日曜 例祭
邑久町山手1026 八幡宮 10/5、6 例祭
邑久町宗三176 天津神社 10/24 例祭
邑久町上笠加2 八幡宮 10/3日曜 例祭 氏地は邑久町上笠加、下笠加、片山、北池、箕輪、八丁
邑久町大富826−1 大富八幡宮 10/3日曜 例祭
邑久町福中960 八幡宮 10/24 例祭
邑久町福元257 八幡宮 10/体育の日 例祭
邑久町北島1186 豊原北島神社 10/3日曜 例祭
邑久町豆田755 八幡宮 10/3日曜 子供相撲
邑久町尾張398 百枝八幡神社 10/体育の日 例祭
邑久町虫明1 八幡宮 10/10 例祭
 ◎旧・長船町
福岡 10/2土日 だんじり 上下各2台計4台巡行していた。
福岡だんじり=長さ4、2m。幅2m。高さ3、65m。旧家の蔵から発見されただんじりの端木(つまぎ)の裏に文政4年(1821)の年号や大工佐助 上組が書かれている。また下組だんじりには文政2年(1819)と書かれている。
 元々上組・下組で2台ずつ4台曳行していたが、明治末期に各1台となる。昭和62年に昭和20年代以降休止していただんじり2台を合わせて修理し1台にして復活。
長船町飯井2703 八幡宮 10/2土日 例祭
長船町東須恵1064 美和神社 10/10 神輿3基休止 旧・郷社
美和神社は山頂に鎮座。かつて神輿が3基村中を練り、神社まで担ぎ上げ境内を練り、御神体を神輿から本殿へ遷す行事があったが、昭和30年代担ぎ手の若者が少なくなり中止になった。
長船町牛文466 八幡宮 10/13 例祭
長船町牛文1023 諏訪神社 10/12 例祭
長船町牛文1549 稲荷神社 10/11 例祭
長船町土師219 木鍋八幡宮 10/10 例祭
長船町福里341 美和神社 10/23、24 例祭
長船町磯上2889 多賀神社 10/19 手作り子供みこし 拝殿に安置
長船町磯上3277 湯次神社 10/18 例祭 氏地は長船町磯上西岡、山田、堀、油杉、柏山、大塚
長船町土師799 片山日子神社 10/10 宮だんじり1台 旧・郷社
片山日子神社だんじり=市指定重要文化財。明治15年(1882)5月15日、備前国児島郡北浦の大工 片山吉兵衛忠久の作。総欅造り、長さ3.4m。幅2m。高さ3.4m。
 明治15年、春祭りの5/19に巡行したが、翌年から秋祭りに巡行となる。現在は、秋祭りの夜に境内を巡行している。
長船町長船1151 靭負(ゆきえ)神社 10/3土日 子供相撲
長船町服部129 宇佐八幡宮 10/4土日 例祭
長船町八日市252 八幡宮 10/2土曜 例祭
 ◎旧・牛窓町
(牛窓町牛窓2147) 牛窓神社 10/4土日 神輿  
だんじり5台 紺浦、綾浦、中浦、関町、東町
太鼓台(どんでんどん)2台 西町、本町
紺浦(牛窓町牛窓4928) 疫神社 唐子踊り
綾浦(牛窓町牛窓4345) 御霊社 太刀踊り
牛窓神社氏地は牛窓町(牛窓、紺浦、栄町、綾浦、中浦、関町、本町、西町、前島、東町、大浦、幡、師楽)
神輿=文政8年(1825)再興。六角神輿。
だんじり飛龍丸(紺浦)=龍頭船形。明治8年(1875)制作。大工は金岡新田の岡崎弥兵衛正貫。長さ5、8m。幅1、7m。高さ3、3m。

獅子だんじり(綾浦)
=獅子頭船形。天保4年(1833)制作。大工は宿毛の田渕某?か。飾金具は大坂細工人○八。長さ5、4m。幅1、6m。高さ3m。

中浦だんじり(中浦)=麒麟頭船形。慶応2年(1866)制作
大工は不詳。制作費は寄付札によると、58人より23貫85匁5分。長さ5、7m。幅1,6m。高さ3、2m。

関町だんじり(関町)
=龍頭船形。弘化2年(1845)4月制作。大工は宿毛の田渕嘉市兵衛藤原勝繁 ほか。彫師は田渕栄造藤原勝家、子父雁、田渕一峰 ほか。制作費は約12貫。長さ6m。幅1、9m。高さ3、1m。

御船だんじり(東町)
=御召船形。文政元年(1818)5月制作。大工は浅沼徳左衛門澄友、馬場孫兵衛長久。天瀬屋徳佐衛門。浜屋孫兵衛。長さ7.18m。幅1.7m。高さ2.46m。
西町=詳細不詳。

本町太鼓台(どんでんどん)=
天井部分には天保9年(1838)に造り直したことを記す墨書きあり。高さ2.95m。屋根一辺1.76m。赤・黄・紫の三段布団。
唐子踊り=県指定重要無形文化財。牛窓紺浦地区に伝わる伝統芸能。
14時より李朝風の衣装を着た男児2人が、諫鼓(小太鼓)、横笛、今となっては意味のわからない囃子に合わせて対舞する。発祥は不詳だが江戸時代末には踊られていた。牛窓秋祭りに紺浦の氏神である疫神社など、地区内4箇所で奉納される。

太刀踊り=県指定重要無形文化財。御霊神社で9時から奉納される。踊りは大太鼓役1人、男役2人、女役2人の男児と囃子方からなり、大太鼓役は座して諫鼓(小太鼓)を打ち、男役は太刀、女役は薙刀を持って諫鼓と囃子に合わせて「へいへいへーい」と掛声と共に踊る。
東(牛窓町鹿忍484) 鹿忍神社 10/2土日 だんじり3台 沖、東、大向 
沖だんじり(沖)=龍頭船形。明治8年(1875)8月制作。
船大工は則光才吉他。表大工は井上直吉他。家方は田渕嘉市兵衛他。制作費は782円40銭。長さ5.4m。幅1.6m。高さ3m。

東だんじり(東)=龍頭船形。明治6年(1873)8月制作。
大工は宿毛村の田淵嘉一平と伝えられる。制作費は約1,080円。寄附者は98人。長さ5.8m。幅1.7m。高さ3.1m。

唐獅子だんじり(大向)=獅子頭船形。江戸時代末期制作

大工は宿毛村の田渕嘉市兵衛と伝えられる。長さ7.6m。幅1.9m。高さ2.96m。  
牛窓町千手245 千次神社 10/2日曜 例祭
牛窓町長浜914 春日神社 10/3日曜 例祭 氏地は長浜奥浦
牛窓町長浜1149 小野島神社 5月・7月・10/3日曜 小学生男子の相撲大会 境外末社小野島神社
 【前島(まえじま)】
面積は2.42km2最高標高は136.5km。人口は167人。(平成27年)。

 ≪赤磐市≫
  平成17年(2005)3/7、赤磐郡山陽町+熊山町+赤坂町+吉井町が合併して誕生。 
 ◎旧・山陽町
和田250 八幡宮 氏地は和田、岩田
和田453 和田神社
穂崎789 伊勢神社 かつて両宮神社と称した
穂崎1730 松尾神社
穂崎2069 天満宮
穂崎2099 八幡宮 10/21 例祭
穂崎2152 熊野神社
馬屋812 春日神社
馬屋990 八幡宮 通称は国分寺の八幡宮
馬屋1227 熊野神社
正崎1321 熊野神社 10/17 例祭
高屋1546 素盞嗚神社
尾谷1071 中八幡宮
熊崎333 賀茂祇前神社 氏地は熊崎、下市、鴨前
上市296 恵美須神社
神田126 大国主神社
長尾971 鴨長尾神社
河本716 疫隅神社
日古木767 八幡宮
津崎594 天大徳宇津神社
沼田1 沼田神社 10/18 例祭 氏地は斎富、沼田、南方、立川(一部)
西中1582 正八幡宮 10/24 例祭
西中1749 西中八幡宮 10/18 例祭
斗有840 熊野神社 10/18 例祭
上仁保699 鴨布勢神社 10/3日曜 例祭
下仁保823 下仁保八幡宮 10/3日曜 例祭
 ◎旧・熊山町
吉原891 大仙宮
奥吉原1526 熊山神社 4/10 神輿
奥吉原479 正八幡宮
円光寺437 春日神社
徳富10 熊野神社
小瀬木347 春日神社 10/15頃の日曜 例祭 氏地は小瀬木、徳富、釣井、河田原、松木の半分
沢原1712 雨引神社
岡608 八幡和気降居神社 10/3日曜 例祭
佐古685 八幡和気神社 10/2土曜 例祭 氏地は岡、殿谷、佐古、沢原、松木
酌田651 水分神社 10/13 例祭
稗田471 武津神社 10/17 例祭
野間101 熊野神社 10/12 例祭
可真上784 驗田神社 10/15 例祭
可真下523 於奠神社 10/21 例祭
石蓮寺729 日吉神社 10/17 例祭
弥上450 見上神社 10/6 例祭
千躰510 武内神社 氏地は吉原
勢力678 八幡宮 氏地は勢力、千本
 ◎旧・赤坂町
山手600 湯山神社 10/2土日 獅子舞 市指定無形民俗文化財
坂辺557 松尾神社 10/2土日(元・15) 子供神輿
かつて惣分の八幡宮、下分の天満宮、小原の天神宮、山之上の八幡宮、出屋の御崎宮、持行の八幡宮の6社が、松尾神社の神輿と共に浜の河原に集まる「神輿行幸」の神事が行われていた。
大苅田1069 神根歳彦神社 10/15 例祭 氏地は大苅田、東窪田
町苅田416 八幡宮 10/2日曜 例祭
町苅田1184 熊野神社 10/3日曜 例祭
西窪田60 天満宮 10/2日曜 例祭
多賀1610 鴨布勢神社 12/2日曜 例祭 氏地は多賀(出屋を除く)
東軽部1726 天地神社 10/2日曜 例祭 氏地は東軽部、西軽部、今井、南佐古田、北佐古田。福井神社ともいう。
北佐古田1140 八幡宮 10/2日曜 例祭 北佐古田のうち8戸
多賀874 御崎神社 9/4日曜 例祭
小原141 天神宮 10/2日曜 例祭
小原1199 天神社 10/2土日 神輿
大屋428 八幡宮 10/3日曜 例祭
坂辺557 松尾神社 10/2土日 例祭
惣分904 天神社 10/2土日 例祭
惣分2869 八幡宮 10/2土日 神輿
惣分2342 八幡宮 10/13 例祭 氏地は惣分の持行8戸
山口2079 熊野神社 10/2土日 例祭
由津里2288 片山神社 旧・郷社
 ◎旧・吉井町
石上1448 石上布都魂神社 10/20頃の日曜 神幸祭 江戸時代から本殿、神輿の改修は、(平岡)八幡神社、(寺部)熊野神社と共同負担とする制度がある。
例祭の御神幸は、八幡神社と合同で、熊野神社へ、熊野神社で獅子舞、棒術等がある。
氏地は吉井町(石上、平岡西、寺部)、御津町(石上、中畑、西勢実、合田)。
周匝1034 八幡宮 10/2土日 どんくそ
是里 宗形神社 10/16頃の土日 神輿
獅子舞
仁堀西678 鴨神社 /3 獅子舞
仁堀西1027 布勢神社 10/4日曜 例祭 氏地は仁堀西。旧・郷社。
仁堀中50 八幡宮
福田973 八幡宮
草生383 八幡宮
河原屋287 熊野神社
周匝1622 八幡宮
是里3235 宗形神社 10/3日曜 例祭
黒沢125 天津神社
黒沢1950 五坐神社 10/2日曜 例祭 氏地は黒沢
黒本1691 天満宮 10/2日曜 例祭 氏地は黒本の内の大林
中山259 鴨上松原神社 11/23 例祭
塩木299 鴨新田神社 氏地は塩木
戸津野996 素盞嗚神社 10/体育の日 例祭 氏地は塩木上、釜底、戸津野西
戸津野1542 鴨高岡神社 10/体育の日 例祭 氏地は塩木上、戸津野東
中勢実65 布勢巨神社 10/10 例祭
合田404 山上高おかみ神社 10/3日曜 例祭 氏地は吉井町合田、赤坂町坂辺(13戸) 
小鎌(おがも)1104 鴨常普神社
稲蒔480 高星神社

 ≪和気郡≫     
 和気町
 平成18年(2006)3/1、和気郡和気町+佐伯町が合併。 
 ◎旧・和気町
太田原438 由加神社 10/3土日 ショイヤサ(宮附け) ショイヤサ(太鼓台)はもともと尺所[しゃくそ]の所有であったが、神社に寄贈された。時々しか出されない。
獅子舞
藤野1385 和気神社公式HPへ 10/3土日 だんじり1台  
大中山1994 水行谷[みずゆき]神社 10/10 だんじり1台    
田原下1363 松村神社 氏地は田原上、田原下
吉田2501 吉田八幡宮
日笠下27 長田神社 氏地は日笠上、日笠下、木倉
保曽1024 八幡宮
保曽1660 伊勢神社
益原1190 益原八幡宮
 ◎旧・佐伯町
米沢366 宇佐八幡宮 10/1日曜(元・6) 神幸祭 神輿
氏地は赤磐市(暮田)、和気郡佐伯町(宇生、加三方、佐伯、小坂、津瀬、田賀、父井原、米沢、矢田部)
塩田259 八幡宮 10/1日曜 カラオケ大会
岩戸655 天石門別神社 10/連休 子供神輿 子供相撲、獅子舞、カラオケ大会
矢田1180 八幡宮
北山方1876 素盞鳴神社 10/14頃の土日 獅子舞
南山方582 八幡宮
苦木311 御崎神社
原761 石根依立神社 氏地は赤磐市光木・畑、和気町原・本

 ★展示場      
 【海遊文化館】
瀬戸内市牛窓町牛窓3056。рO869−34−5505。9:00〜17:00。休館日は水曜日。入場料は300円。
明治20年(1887)建築。昭和52年まで牛窓警察署だった建物を利用。朝鮮通信使資料室とだんじり展示室(1年交代で2台ずつ)からなる。