静 岡 県

    【磐田市】

住所  神社名 祭礼日 内容 備考
 ◎旧・磐田郡豊岡村
 ◎北(野部)地区
神田 諏訪神社 10/3土日 屋台1台  諏訪連
諏訪連=屋台小屋は神社境内。
栗下 八幡神社 10/3土日 屋台1台  八幡連
八幡連=屋台小屋は公会堂横。
本村 野部神社 10/3土日  屋台2台  本村(若龍連)、太郎馬(た組)
本村(若龍連)=屋台小屋は神社境内。

太郎馬(た組)
=平成15年(2003)10/18新調入魂式。大工は同村出身で浜松の早川真匠。長さ3、6m。幅2、8m。高さ4、5m。
 先代もあり。
田川 日吉山王神社 10/3土日 屋台1台 田川連
田川連=屋台小屋は神社境内。
 平成21年(2009)10/4、新調入魂式。飛鳥工務店の作。
川原 熊野神社 10/3土日 屋台2台  大楽地(4輪)、川原(2輪)
川原連(川原)⇒屋台小屋は豊岡支所東。
=2輪。平成9年(1997)10/12新調入魂式。3代目。長さ5、485m。幅2、882m。高さ3、805m。
大工は
(有)宮津工務店。彫師は森の原木猛。浜松の早瀬宏。車大工は角千代車店(村松勝利)。建具は天野久。
御簾文字は中国・上海出身で静岡市在住の書家 黄 教奇。提灯・人形工房は森の亀八人形店。

 【彫物】
欄間:正面は「飛翔天狗」、右は「達磨大師と群鶴」、左は「武者乗り鳳凰に高砂」、背面は「龍」。
御簾脇は「獅子の子落とし」。
御簾脇障子:右は「弘法大師」、左は「野辺御前」。
支輪:正面は「天狗・鐘掛け岩」、左右は「百花梅」。
腰組:右は「夫婦鯉」、左は「波に老亀」。


 大正初期に医師の藤見某が移住してきた。医師は私財を出して森町の奥の三倉村より森町系の屋台を川原区に寄贈した。
当時、旧野部村唯1台の屋台であった。
亀井戸(亀井戸連) 無格社 10/3土日 屋台1台 平成2年購入。春野町若身⇒森町乙丸⇒当地区へ。
合代島161−2 若宮神社 10/3土日 屋台1台 屋台小屋は下公会堂横。 
新開43 秋葉神社 10/3土日 屋台1台 屋台小屋は神社境内。


 ◎東(敷地)地区
   ⇒大当所、敷地、家田、岩室、大平、虫生、万瀬
大当所296 諏訪神社 10/2土日 2輪屋台 屋台小屋は集会所横。
敷地940 野辺神社 10/2土日 屋台4台   
西之谷=屋台小屋は南公会堂北。

仲明(山王社)
=2輪。


敷地中[敷中]=屋台小屋は公会堂併設。2輪。

敷地=詳細不詳。
家田312 若宮神社 10/2土日 2輪屋台 若宮社
家田=屋台置場は公会堂南。平成5年に森町下飯田より購入。明治44年制作。大工は村松源平(森町市場)。彫師は名古屋の人。
岩室229 熊野神社
大平350 六所神社 7月 屋台2台? 南、北
虫生543 熊野神社 9月 屋台1台  
昭和50年(1975)森町円田(瑞雲社)新調。52年に購入。
万瀬6−2 三森神社 9月 屋台1台?  
 ◎南(広瀬)地区
上神増96 諏訪神社 10/1土日 4輪屋台2台 屋台小屋は神社横。 
社山472 八幡神社 10/1土日 手作り4輪屋台 屋台小屋は公会堂北。
壱貫地436−3 諏訪神社 10/1土日 4輪屋台 屋台小屋は神社境内。 
神増416−1−2−1 天神社 10/1土日 4輪屋台 屋台小屋は公会堂横。 
惣兵衛44−56 八幡神社 10/1土日 4輪屋台 惣兵衛下新田
惣兵衛下新田=屋台小屋は神社境内。
平松594 諏訪神社 10/1土日 2輪屋台 屋台小屋は公会堂横。
昭和3年(1928)、袋井市川井東(慶雲車)新調。本町の指物師、渡辺松次「建松」に依頼し製作。彫師は東京の松原重正。製作費は1、536円20銭。
平成7年、袋井市川井東(慶雲車)新調につき購入。

 ≪彫物≫
欄間:正面は「鳳凰」、側面は「龍」、後面は「松に鷹」。
支輪は「十二支と四神」。
御簾脇:右は「鵯越えの合戦」、左は「那須与一」。
脇障子:右は「桜に鳩」、左は「松に鶴」。
腰彫は「波に千鳥・水波に鴛」。
木鼻は「獅子・獏」。
障子腰は「水波に鯉」。
掛下字前一ノ割513 八幡神社 10/1土日 4輪屋台 屋台小屋は公会堂横。 
松之木島536−2 八幡神社 10/1土日 4輪屋台2台 下、上
岩室229 熊野神社 10/1土日 屋台1台 熊野社
三家330−3 諏訪神社 10/1土日 4輪屋台 屋台小屋は神社境内。
下神増1055 諏訪神社 10/1土日 4輪屋台 屋台小屋は神社境内。