ストライプ・ドレスU 


■□商品発売前の製作風景□■




▽▲前身頃、後身頃+スカートの合体


二枚目のスカートを載せて後身頃とドッキングさせました。
ようやく後身頃が出来上がってきました。

そして、前・後の肩を縫い合わせます。

こういうボリュームのあるドレスを製作する際は、
ロックミシンで縫い合わせた縫い代の上から押さえステッチをかけます。

一々面倒ですが、押さえステッチがあるのと無いのとでは仕上がりが大違いです。パリッとします。
より丈夫な作りになりますし、お洗濯しても型崩れしにくい利点があります。

*
*
*



▽▲腕ぐりにフリルと袖を縫い付けた状態


ハァ〜。やっと全工程の半分近くまで到達しました。(疲)
どんなドレスになるか、だんだん明らかになってきましたね♪
でも、まだまだ先は長いです〜。頑張ります!


完成イメージとして、オフホワイトのワンピの上にエプロンドレスを重ね着したような感じにしたいのです。
ボリュームにポイントを置いたデザインで、
何処か幼さを残した可愛らしさを表現出来たら良いな、と考えています。

今のところ、私の予想通りのイメージで進行しています。
これが試作第一号なので、完成が楽しみでもあり、不安でもありますねw

*
*
*



▽▲立ち襟を作り、本体に縫い付けた状態


今回は、別に揃いのボンネットを作る関係で、立ち襟にしてみました。
外と内側の両方にレースを使います。

ボンネットは被らずに後方へ下げ、フードのようにドレスと一体化出来るようにします。
立ち襟のレースとの隙間にボタンを隠し付け、ボンネの裾にループを作り、それらを使って着用します。

*
*
*




▽▲袖下〜脇縫い後、袖口ゴム通し&上段スカート裾しつけ縫いの状態


え〜〜、かなり工程をワープしてしまいました。(汗)
ここまで進めるのに結構時間が経過しています。
最大の峠を越えた気分です♪

でも、まだまだ細かい作業がありますの〜。

*
*
*




▽▲今回使用のみる’コレのタグ


タグは全部で6種類ありまして、デイリー系ウエアーとドレス系とで使い分けています。
ぶっちゃけた話、高級服だとこのサテンタイプ系のタグ使用という訳です。

タグをご覧になればお分かりの通り、みる’Sコレクションの『みる』は私の愛犬『ミルキー』からの由来です。
まんま『ミルキー’sコレクション』じゃ長過ぎると『みる’sコレクション』にしたのですが、
これでも長いので名付け親自ら、通称『みる’コレ』で通しています。(笑)

では、何故↑のタグは『Milky’s Collection』なのかと言いますと
単純に、発注したタグ屋さんが《英字》でしかオーダーを受付けてくれなかったからなのです。
英国製刺繍とかだそうで、アチラで刺繍されるそうなんです。

そんな理由で『Milky’s Collection』のタグを使い始めましたが、
使ってみると英字の方が、いかにもブランドっぽくて思いの他気に入ってしまいました。
これはこれで良かったんでしょうね〜。

*
*
*



▽▲袖ゴム通し済み、上段スカート裾フリル完成


おぉっ!これで本体ドレス完成です。バンザイ!
いやはや、長かった〜〜〜!

後は、いよいよ楽しい♪楽しい♪飾り付けを残すのみとなりました。
さぁ〜て、この後どんな風に装飾するのでしょうか??
いや、だから大したことありませんって。(笑)

次回は、いよいよ完成です!

*
*
*