ストライプ・ボンネット 


■□商品発売前の製作風景□■




▽▲ボンネのつば(顔周り)部分をセッティング中の様子


ストライプ・ドレスと揃いのボンネットを製作します。
内側に白布を使用し、裏の付いたボンネに仕立てます。

まずは、外側のストライプ布の方を先にセッティングします。
つば部分は、レース+フリル+レースの順に置きます。

*
*
*



▽▲内側、外側ボンネそれぞれ底を縫い付けた状態


要は、内と外側を別々に作っておき、中表に合わせて
グルッと一周縫ったら引っくり返すのです。

布のオモテとウラの向きを間違えさえしなければ、超簡単です。
ドレス製作に比べたら、雑巾を縫うより楽な気分ですヨ。(笑)

*
*
*



▽▲中表に合わせて一周縫った状態


ギョ、ギョーザ?←違います。
底に数センチの取り出し口を残して縫うとこんな感じになります。
この膨らんだ中にボンネのつば部分やリボンが入っています。

これから中身を引っ張り出しま〜す!ワクワク♪

*
*
*




▽▲取り出し口から中身を引き出し、表に返す


見て、見て、見て〜〜〜!
あ〜ら不思議!「中からこんなものがぁ〜」と一人マジック状態です。(汗)
もちろん、頭の中のBGMはチャララララ〜♪(手品の曲)

ウラとオモテの布方向を間違ってしまうと、
「中からこんなものがぁ〜!?」
なんてこったい!オーマイガッ!!!って感じです。

こうなってしまうと
糸を解いて縫い直すより、最初から作り直したほうが早いのです。(泣)

*
*
*




▽▲表に返して外回りを一周ステッチ


ハイ!
ギョーザからボンネに華麗なる変身を遂げました。爆!

底にループを挟んで、外を一周ステッチがけします。(取り出し口を塞ぎます。)
ループはドレス襟のボタンに引っ掛けて使用します。

それから、内と外の底部分をズレ防止の為に
手縫いで、間単に縫い止めておきます。

*
*
*




▽▲刺繍モチーフとパールを縫い付け、完成


ドレスの上段スカート裾と同じ装飾をボンネにも施します。


人間の赤ちゃん用ボンネを参考にデザインしましたので
まさか犬用とは、直ぐには気付かないでしょうね〜。うふふ。

今回はループを付け、ボンネを被らなくても
フード付きドレスのような感覚で、お洒落を楽しめます♪

特に問題は見当たりませんので、こちらはこのまま発売します〜。(喜)

皆様、最後までお付き合い下さり、本当に有難うございました。

では撤収。

*
*
*


■□ END ■□■