○豆辞典シリーズ 

「伊能忠敬豆辞典」
「間宮林蔵豆辞典」
「シーボルト豆辞典」

○豆辞典シリーズ 

「測量のふしぎ」
「地図のふしぎ 上巻」
「地図のふしぎ 下巻」

「地名からたどる創作民話 上巻」
「地名からたどる創作民話 中巻」
「地名からたどる創作民話 下巻」

○その他 


○地図測量史跡と地図測量人 

日本各地に散在する地図測量史跡
「地図測量史跡を巡る」
表紙・目次
北海道編
東北編
関東編
東京編
中部編
近畿編
中国・四国編
九州・沖縄編
海外・全国編
史跡所在リスト
主な参考資料など 

○地図測量史跡と地図測量人 

地図測量に関わった人々について
「地図測量の300人」日本人(前)編
「地図測量の300人」外国人(後)編
「地図測量の300人」出典概要
地図測量人国記
地図・測量技術者の仕業

○地図・測量雑学の集大成
「地図の雑学辞典」前編001-099
「地図の雑学辞典」中編100-170
「地図の雑学辞典」後編171-220
「地図の雑学辞典」続編221-

○測量おとなの話(「測量人の風景」から)
「測量人の風景」もくじ 
凡夫伊能忠敬のこと
シーボルトの遺髪
久米通賢は、忠敬を凌ぐ?
こうもり傘を手にした測量師
几号高低測量の水準点
内務省三角点標石

○測量地図150/2年のものがたり

 この測量史は、種々理由があって150/2年で一応の終了としています。 
 また、未だ訂正すべきことが多く、かつ時系列で整理したことで重複が多いため、
 現在、大幅な再編集を試みています。そのことをご理解の上お読みください(18/4/30)

表紙・目次
 第1章 お雇い外国人による近代測量の開始
 第2章 明治初期における主要官庁での測量と地図事業
 第3章 内務省地理寮の測量・地図事業(明治7年〜同9年)
 第4章 内務省地理局の測量・地図事業(明治10年〜同17年)
 第5章 陸軍省参謀局から参謀本部へ(明治5年〜同10年)
 第6章 参謀本部の成立(明治11年〜同16年)
 第7章 ドイツ方式大地測量の導入(明治17年〜同20年)
 第8章 参謀本部、陸地測量部となる(明治21年〜同26年)
 第9章 日清戦争と陸地測量部(明治27年〜36年)
 第10章 日露戦争開戦と初の海外測量(明治37年〜同45年)
 第11章 つかの間の平穏から第1次世界大戦への参戦(大正元年〜同6年)
 第12章 関東大震災への対応と五万分の一地形図の完成(大正7年〜同15年)
 第13章 山東出兵から空中写真測量の進展(昭和元年〜同7年)
 第14章 満州事変、そして関東軍測量隊の編成(昭和8年〜16年)
 第15章 太平洋戦争開戦、そして陸地測量部の終焉(昭和16年〜20年)
 第16章 占領下の地理調査所(昭和20年〜同27年)
 第17章 進む測量機器開発と航測業の発展(昭和27年〜35年)
 参照文献リスト


○「地図記号の変遷など」 

陸地測量部から国土地理院
までの地図記号の変遷
地図記号の変遷1
地図記号の変遷2
地図記号の変遷3
地図記号の変遷4
地図記号の変遷5
地図記号の変遷6
地図記号の変遷7
地図記号の変遷8
地図記号の変遷9
 (1/20万地勢図)
地図記号の変遷10
 (1/5千地形図)
地図記号の変遷11
 (1/5万外国地形図)

○地図おとなの話(「測量人の風景」から)
「喰土の谷」
路面電車の風景 「函館と札幌を走る」
渡良瀬遊水池と田中正造を地形図で見る
長蔵小屋の人々と尾瀬沼
宮沢賢治の『なめとこ山』
私の大切にしてきた一枚の地図
フランスからやってきた地図の美しさ
『銀河鉄道の夜』に思いをよせて
君は曲線が織りなす風景を見る旅に出るだろう

 

○地図からこらむなど

等高線についての知識を高める
「等高線の話」

地図にかかる歴史年表  

○地図からこらむなど

どこまでも地図にこだわった雑学の数々
地図からこらむ 1
地図からこらむ 2
地図からこらむ 3
地図からこらむ 4

地図の散歩道総目次 
地図の散歩道06-1
地図の散歩道06-2
地図の散歩道07-1
地図の散歩道07-2
地図の散歩道08-1
地図の散歩道08-2
地図の散歩道09-1
地図の散歩道09-2
地図の散歩道10-1
地図の散歩道10-2
地図の散歩道11-1
地図の散歩道11-2

地図の歳時記

地図の風呂敷包み

 

「おもしろ地図と測量」表紙へ


  
お手紙は、