雑賀梅酒(和歌山県和歌山市)
九重雑賀


2005年8月号・雑誌ダンチュウより
梅酒特集で雑賀の梅酒造りを4ページにわたり掲載

日本一の梅の産地で、全国の梅収穫量の半分以上を生産している紀州、和歌山県。その本場で、最も評判のよい梅酒を造っている雑賀酒造。蔵元梅酒ブーム前の2001年より、日本酒をベースにした独自の梅酒を開発し、爽涼な美味しさがクチコミで広まっていきました。
 雑賀酒造さんはもともとお酢の醸造元で、お酢の発祥の地でもあり、ひとり当りの酢使用量全国第1位の和歌山県において、明治41年の創業以来、信頼されるお酢を造り続け、現在県内トップシェアを誇っています。昭和9年からは日本酒の醸造を始め、近年全国的にも評価の高い銘酒“雑賀”は、全国約40軒の日本酒専門店にのみ出荷されている“質”を追究した希少な限定酒となっています。
 お酢の酢酸、日本酒の乳酸、梅酒のクエン酸と、酸味にこだわり「より良い“酸”を食卓に」をかかげ、蔵元梅酒ブーム以前から、地元の紀州梅と自家の日本酒を使っての梅酒造りに取り組んでいました。独自の製法で完成させた日本酒仕込みの梅酒は、その鮮烈で爽快なオリジナリティー溢れる味わいにより、クチコミで爆発的人気となり、蔵元のこだわり梅酒ブームの火付け役になりました。そして、雑誌「dancyu(ダンチュウ)」初の梅酒特集で、そのこだわりの梅酒造りが取材され、雑賀酒造のみ4ページにわたり取り上げられて以来、少量生産の蔵元梅酒の中でも、最も入手困難なモノのひとつとなりました。

写真 説明 購入数

雑賀梅酒

雑賀梅酒  1.8L 2625円
雑賀梅酒  720ml 1350円

日本酒ベース梅酒 (原材料 日本酒・梅・糖類) アルコール11〜12% エキス分30%

 日本酒で評価の高い酒蔵が、その技術を活かして梅酒専用に特別な仕込みをした自家醸造の日本酒で漬け込む梅酒です。梅酒のために専用に造られる日本酒は、普通より一段多い四段仕込みで米の自然な甘みを増したアルコール度数20%以上の原酒に仕上げ、その年の梅の作柄に合わせて、造りを毎年変えて醸造するこだわりよう。梅は、地元の本場紀州産(南高梅中心)のみを使用し、収穫直後の新鮮なうちにマイナス40℃で急速冷凍して細胞膜を壊し、鮮度あるエキス分を素早く抽出できるようにします。漬けたて約3ヶ月で、梅が新鮮風味のまま、たっぷりエキスが抽出でき、焼酎ベースの梅酒より熟成させなくてもまろやかで口当たり抜群の独自の仕上がりをみせます。甘みも、特製の日本酒からくる、米の旨み、甘み、が主体なので、自然でくどくありません。梅と日本酒ほぼ同重量で漬け、ふんだんに使用した梅果実本来の鮮度ある果汁感、香り、酸味がそのまま生きた、食前はもちろん食中も楽しめる、甘さを抑えた爽やかな味わいです。【おすすめは、オンザロック・水割り・ストレート】

1.8L
720ml

雑賀にごり梅酒

雑賀にごり梅酒  1.8L 3240円
雑賀にごり梅酒
  720ml 1620円

日本酒ベースにごり梅酒 (原材料 日本酒・梅・糖類) アルコール10〜11% エキス28%

 梅の実をたっぷり使用した特製日本酒ベースの梅酒に、裏ごしした梅果肉をも加え、にごりの旨みがプラスされました。やみつきになる、とろり感を持ちつつ、爽やかなぬけで、飲みあきしない旨すぎる逸品。もともと甘さ抑えめのタイプなのに、果肉の旨みが加わることで、よりマイルドな口当たりになりました。飲みすぎに注意。【おすすめは、オンザロック・水割り・ストレート】
1.8L
720ml

雑賀黒糖梅酒

雑賀黒糖梅酒  1.8L 3240円

日本酒ベース黒糖梅酒 (原材料 日本酒・梅・黒糖) アルコール11〜12% エキス分30%

 黒糖独自の甘みをいかした深茶色の梅酒。特徴ある黒糖の味わいを上手に残すため、100万円以上かけた特注の濾過機を一機目は納得がいかず廃棄し、設計しなおしたニ機目を使用しています。黒糖をふんだんに使用した濃厚さを生かす、個性ある梅酒をとことん追究し完成させました。香りは、黒糖の焦げ甘い風味が強く、あとから梅の香りが上がってきます。健康に良い黒糖の甘みとミネラル分をたっぷり含む深みのある味わいで、オンザロックにした時に非常にバランスがとれ、濃い甘みが梅の酸でスッとひいていきます。【おすすめは、オンザロック・水割り】
1.8L


HOME

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン・こだわりの蔵元梅酒&純国産天然リキュール
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館
】 雑賀梅酒の販売
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8