なかむら  なかむら穣原酒
鹿児島県国分市 中村酒造場

〜技術革新ではなく、厳選原料を使用しての伝承の職人技を極めた先にある美味しさ
究極の手造り麹(こうじ) 契約有機栽培芋使用 芋焼酎〜

一次発酵の甕仕込み 発酵中のモロミ 蒸留器
石造りの麹室 麹室内部 蔵人による積み替え作業

 大正時代初期に建てられたレンガ造り蔵、レンガ造りの角張った煙突が目を引く、風情のある小さな焼酎蔵が、明治21年創業の中村酒造場です。現在、芋焼酎ひとすじに、増産する事なく、蔵全量を手造り製造しています。昔ながらの手造りの良さを厳格に守りつつ、現代にマッチした味を生み出し、都市部でも人気の高いプレミアム芋焼酎となっています。
 曲げない伝統の造りとは「麹蓋での手造り麹、大かめ仕込み、常圧蒸留器、石の冷却槽」など、古き良きモノを大切に使い続けている事。特に、一升盛りの麹蓋による麹造りを全量している焼酎蔵は他に無いでしょう。麹造りは酒造りの要であり、より精密さを必要とする日本酒蔵でも、大吟醸酒造りだけは麹蓋を使用しても、蔵全量を一升盛りで麹造りしているところはほとんどありません。一升分の量に小分けして麹を管理するのは手間がかかるので、10倍の一斗盛りの箱麹やそれ以上の床麹のほうが一挙に出来て楽なのです。若い蔵人さんに、「なぜ、ここまで丁寧な造りをするんですか」と質問すると、「うちの杜氏は、この造り方しか知らんのです」と、あっさり・・・。効率化とか簡略化という手法には見向きもせず、こつこつと丹念に手を入れる究極の職人気質! 蒸留酒でありながら、肌のあたたかみ、ぬくもりを感じるような、やわらかさや深みが感じ取れるのはこのためでしょうか。

 しかしながら、それゆえに量が簡単には増やせず、2004年の加熱した本格焼酎ブームの時期には、半年間、全種類が品切れ状態になりました。蔵元いわく、「蔵には熟成した原酒がとってあるが、売ってしまうと新酒が出来た時にブレンド出来ず、荒れて味を落としてしまう。半年間品切れさせて申し訳ない」との事でした。その結果、通常品の芋焼酎「玉露」銘柄まで、プレミアがついてしまう事態になったのですが、品質を落とすことなく、評価は高まったのでした。
 地元の朝取り契約栽培芋を新鮮なその日の内に仕込み、上級酒「なかむら」からレギュラー酒「玉露」まで、同じ製法で手造りをする、全ての焼酎に目の行き届いた、素晴らしい地焼酎蔵です
「玉露・本甕仕込み」が、平成24年熊本国税局酒類鑑評会で、優等賞鹿児島県杜氏代表を受賞

写真 銘柄 購入数

芋焼酎 なかむら穣原酒

なかむら穣原酒 720ml 3360円
タイプ  芋焼酎(白麹・常圧蒸留・アルコール37度)
限定品 3月、7月、11月に出荷される数量限定品です(売り切れしだい販売終了)。


 自然農法にこだわった原料により、醸した特別限定焼酎です。「麹米」は、霧島連峰の麓でカルゲン農法により収穫された、良質の米を原料とし、「芋」は大隅半島で栽培された焼酎造りに最適の有機栽培さつまいも(黄金千貫)を厳選し、「霧島連山伏流水」を仕込水に、「河内製・白こうじ(菌)」による手造りカメ仕込みで醸し、静かな酒蔵で、じっくり熟成した最高の薩摩焼酎です。熟成芋焼酎の豊潤な香りと自然の風味が醸した深い味わいが遙かな酔心地を誘います。

 芋焼酎の原酒タイプの商品としては、世間で最も評価の高いもののひとつです。アルコール度数の高さをあまり感じさせず、凝縮した芋の甘み、旨み、が柔らかく広がります。芋本来の純な香り、洗練さ、気品、まろやかさ、一体感のある素晴らしい芋原酒です。

芋焼酎 なかむら

なかむら 1.8L 2983円
なかむら 720ml 1533円

タイプ 芋焼酎(白麹・常圧蒸留・アルコール25度)
限定品 年3回、数量限定品です(売り切れしだい販売終了)。
入荷日、入荷数量ともに未定なため、発売日のお知らせとご予約は受けておりません。
発売されましたら、ホームページ上でのみの、お知らせとなります。

 自然農法にこだわった原料により、麹米は霧島連峰の麓でカルゲン農法により収穫した、良質の国産米「ヒノヒカリ」を原料とし、芋は海抜500mの牧之原台地で育まれた焼酎造りに最適の有機栽培「黄金千貫」を厳選し、手造りカメ仕込みで醸しました。常圧蒸留であるのに、芋本来の香りが上品で、綺麗な味わいが口中に広がり、後口も流れるように心地よい、貴重な限定焼酎。
1.8L
720ml


HOME

本格焼酎 なかむら 取扱販売店
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館
】 通販
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8