HOME

ジョージアワイン(グルジアワイン)

 ジョージア(グルジア)は黒海に面し、大陸性気候に恵まれ、「ぶどうの発祥の地」ともいわれるコーカサス地方にある国です。この地で生まれたワインの歴史は紀元前8000年までさかのぼり、世界最古のワイン産地のひとつとされています。また、グルジア原産の土着固有葡萄品種の種類は500を越え、その種類の多さは、世界各国で例がありません。そんな多種なヨーロッパ品種(ヴィティスヴィニフェラ)が自生可能な栽培適地で、いにしえより受け継がれてきたグルジアワインの醸造方法において最も特徴的なのが、「Qvevri(クヴェヴリ)」と呼ばれる大型の壺を用いるところです。 このクヴェヴリ製法とは、ブドウを壺の中で(この壺の内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされていてる)発酵させるのですが、さらに壺を地中に埋めることで一定の適温での発酵が実現されるといいます。この製法こそがワイン作りの起源に準ずるもので、今なお産地全体として行い続けているのは唯一グルジアだけです。日本の和食料理がそうであったように、その歴史と独自性が認められ、グルジアで太古より継承されてきたクヴェヴリ(土壺)を使用した伝統的なワイン造りの手法は2013年12月、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。恵まれた気候により化学的薬品をほぼ使用しない栽培に始まり、醸造においては添加物をほとんど加えず、できる限り自然に任せる壺(クヴェヴリ)での製法は、樽やステンレスタンクでの発酵では得られない豊かな果実感を持ったオーガニックな有機ワインを作り出します。大地の気をも取り入れると言われる、この壺(クヴェヴリ、アンフォラ)での製法は、最古にして最新の醸造方法として、世界各国の熱心な自然派醸造家が注目し取り入れ始めました。特に白ワインは他国のものとは大きく醸造過程が異なり、白なのに葡萄の皮も種も一緒に発酵させる「醸し(かもし)発酵」で造られています。この醸し発酵で作られた白ワインの色合いは、濃い黄色〜橙(オレンジ色)〜茶色(アンバー色)になり、日本では、「オレンジワイン(橙ワイン)」と呼ばれ、いちジャンルのワインとして認知されはじめています。

壺(クヴェヴリ) 地中に埋めて使用するクヴェヴリ
写真 説明 購入数

フェザンツ・ティアーズ キシ2015年
Pheasant’sTears Kisi

フェザンツテイアーズ・キシ2015年白(橙) 750ml 2916円
タイプ 白(濃い黄色〜オレンジ色)・辛口  にごり有り
造り手 ジョン・ワーデマン
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方シグナギ
葡萄品種 キシ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 アメリカから移住して本物のグルジアワインを世界に向けて伝えているジョンワーデマン氏のワイナリー。洗練された中にも、「醸し」がしっかり効いていて、旨味、渋み、酸のメリハリがあり、オレンジワインらしい味わいです。

フェザンツ・ティアーズ ムツバァネ2015年
Pheasant’sTears Mtsvane

フェザンツテイアーズ・ムツバネ2015年白(橙) 750ml 3218円
タイプ 白(濃い黄色〜オレンジ色)・辛口  にごり有り
造り手 ジョン・ワーデマン
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方シグナギ
葡萄品種 ムツバネ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 アメリカから移住して本物のグルジアワインを世界に向けて伝えているジョンワーデマン氏のワイナリー。この葡萄品種に適合した特別な畑から産出される素性の良いワインです。香り高く、良いものだけが「醸し」出されたような、複雑ながら洗練された味わいです。
完売

アレクス ルカツィテリ2015年
Alex’s Rkatsiteli

アレクス・ルカツィテリ2015年白(橙) 750ml 3002円
タイプ 白(濃い黄色〜オレンジ色)・辛口  にごり有り
造り手 アレックス・ロデズィアンコ
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方
葡萄品種 ルカツィテリ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 ニューヨーク生まれの若い造り手が、グルジアの伝統手法を用いて今の感覚で造る、クラシカルモダンな魅力に富んだ、にごりオレンジワイン。
完売

アレクス フィールド・ブレンド2015年
Alex’s Field Blend

アレクス・フィールドブレンド2015年白(橙) 750ml 2678円
タイプ 白(オレンジ色〜アンバー色)・辛口  にごり有り
造り手 アレックス・ロデズィアンコ
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方シグナギ
葡萄品種 ルカツィテリ、チヌリ、ムツバネ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 すべて手摘み収穫の葡萄を使用。クヴェヴリ(壺)の中で果皮、果梗、種子とともに6カ月の醸し。ニューヨーク生まれの若い造り手が、グルジアの伝統手法を用いて今の感覚で造る、しっかりと醸し出されたボディー感溢れるアンバーワイン。
完売

ニコロズ・アンターゼ ムツヴァネ2013年
Nikoloz Antadze Mtsvane

ニコロズ・アンターゼ・ムツバネ2013年白(橙) 750ml 4212円
タイプ 白(オレンジ色〜アンバー色)・辛口  にごり有り
造り手 ニコロズ・アンターゼ
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方マナヴィ
葡萄品種 ムツバネ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 しっかり「醸し」出されたフルボディの味わいです。渋みしっかりで、はっきりタニック。旨味の詰まった茶色いワインです。

 ニコロズ・アンターゼは、1974年、ワイン造りと嗜みの伝統の根づくジョージアはトビリシで芸術家と言語学者の一家に生まれた。17世紀から家族がカヘティ地方(マナヴィ村とツォリコウリ村)に畑を所有していたが、ジョージアがソヴィエトの政権下に落ちた時に国に没収された。2006年、ニコロズはマナヴィ村にブドウ畑を購入し、有機農法によりクヴェヴリでのワイン造りを始めた。
 栽培品種は、ジョージアの土着品種であるムツヴァネ・カフリとルカツィテリ。畑は海抜650mに位置し、土壌は黄みがかった明るい茶色で、岩の多い粘土石灰質。マナヴィ村の土壌は、ジョージアが君主制をひいていた19世紀までの間、この畑でできたブドウで王室に献上されるワインを作っていたことから、「ロイヤル・クリュ」と呼ばれていた。
 2013年に、ニコロズ・アンターゼは自身のマラニの建設を始めたが、それ以前は友人のセラーを醸造と保管場所に充てていた。品種とテロワールの可能性を引き出した味わい、その年の気候条件が反映するワイン造りを目指し、手入れをする前にブドウの樹を観察して極力介入せずに済むよう心がけている。醸造においては、常に新しい試みをもって行うため、ヴィンテージによって味わいが異なる。「輸入元ドメーヌ紹介より」

アレックス・ツィクヘリシュヴィリ ルカツィテリ2013年
Alex Tsikhelishvili Rkatsiteli

アレックス・ツィクヘリシュヴィリ・ルカツィテリ2013年白(橙) 750ml 3564円
タイプ 白(オレンジ色〜アンバー色)・辛口  にごり有り
造り手 アレックス・ツィクヘリシュヴィリ
産地 ジョージア(グルジア)・カヘティ地方ゼモ/アルヴァニ
葡萄品種 ルカツィテリ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 優しい渋みや酸を包み込む熟した果実の豊満さがいっぱいに広がります。杉、松、ハーブなどの風味をともなう複雑な果実香と、枯れたニュアンスも魅力的です。

 ツィヘリシュヴィリ家においてワイン造りは、古くから聖なる仕事として名誉をもって取り組まれていた。しかし、ソビエト崩壊後、祖国におきた内戦と経済危機のため、ワイン造りを一時的に中止せざるを得なかった。
 アレックスがクヴェヴリワイン造りを復活することを決めたのは、イタリアで開催された「Salon del Gusto(サロン・デル・グスト)」というフェスタに出品した自家消費用ワインが高い評価を得たことがきっかけだ。それから醸造に一層の注意を払い、ワインメイカーとして生計を立てる事を決め、現在、必要なクヴェヴリを得て、マラニを建設中である。ビオロジックでブドウを栽培し、クヴェヴリを使った伝統的な方法でヴァン・ナチュールを造り、ヴァン・ナチュールが好きな方にクヴェヴリで醸したワインを楽しんでもらえるようにという思いをもってワイン造りに取り組んでいる。「輸入元ドメーヌ紹介より」

ドレミ カフリ・ムツヴァネ・アンバー2015年
Doremi Kakhuri Mtsvane amber

ドレミ・カフリ・ムツバネ・アンバー2015年白(橙) 750ml 3456円
タイプ 白(オレンジ色〜アンバー色)・辛口  にごり有り
産地 ジョージア(グルジア)・中部地方
葡萄品種 カフリ・ムツバネ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 造り手の謙虚で誠実な人柄がにじみ出る、糖度のった葡萄を使用したフルボディなアンバーワインです。品質のブレが少ない意識の高い造り手との事。渋み、果実味、酸味、アルコール感等、しっかり「醸し」出された要素が、高い所で調和し力強く溢れ出します。

ガイオス・ソプロマゼ ツォリコウリ2013年
Gaioz Sopromadze Tsolikouri

ガイオス・ソプロマゼ・ツォリコウリ2013年白(橙) 750ml 3186円
タイプ 白(濃い黄色〜オレンジ色)・辛口  にごり有り
造り手 ガイオス・ソプロマゼ
産地 ジョージア(グルジア)・イメレティ地方バグダテイ
葡萄品種 ツォリコウリ
ビオロジック生産者 クヴェヴリ(土壺)仕込、自然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸無添加又は微量


 甘やかな熟した柑橘の香り。キンカン。純露飴。醸しによる果皮香も。複雑な中にも果実味が優勢のまるみ。そして余韻までしっかり果実感が持続します。

 ソプロマゼ家がマラニの運営を始めたのは、1915から1920年頃。ジョージアの最も美しい地方のひとつであるイメレティのバグダディ村(ハニスツカリ川のある丘の斜面)にガイオス・ソプロマゼが祖父から引き継いだブドウ畑がある。そこでは、チュハヴェリとツォリコウリという珍しい品種を栽培している。マラニは、アカシアの森にある川の近くに設けられ、容量100〜1500Lまで大小さまざまなクヴェヴリが埋められ、大きなクヴェヴリはワインの保管用に、中・小(100〜400L)のクヴェヴリは家族やゲストのための日常用として使用している。
 現在、残念ながら、マラニの多くは残っていない。ソヴィエト時代に一時的に禁酒令が施行され、マラニ運営もその影響を受け、クヴェヴリの一部は使えなくなった。クヴェヴリを使用する人も少なくなり、建造100年にもなる「オダ」と呼ばれる小屋だけが残っている。中には暖炉もあり、ここで昔からワインを飲んだり、ゲストへのおもてなしが行われていた。オダは現在でもよく利用され、ガイオス家でも今も使われている。
 ガイオス・ソプロマゼは、2008年から「クヴェヴリワイン協会」に加盟し、協会が定めた規定通りのジョージアの伝統的なワイン醸造方法、すなわちクヴェヴリ仕込みでワイン造りを行っている。クヴェヴリは、ルツヴェリ(ブドウの収穫)までに必ずきれいに洗浄し、果汁を入れる準備をする。紀元前に誕生したワイン文化とジョージアのワイン造りの理念に基づくワインは、クヴェヴリで醸したものだけを指す。クヴェヴリを土に埋め、蓋と粘土で密封し、ワインを使用・保管するのだ。環境に優しく安全性の高い薬剤を使用することで、栽培に関するルールを守りながら、ビオロジックワインを造ることが可能になった。「輸入元ドメーヌ紹介より」



HOME

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン  グルジアワイン・ジョージアワインの販売
神奈川県小田原市・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】