シャトー・ボイド・カントナック
Chateau Boyd-Cantenac

AOCマルゴー(カントナック村) グランクリュ特3級

 1754年にアイルランド出身の羊毛商人であったジャック・ホイドによって創設されたシャトーです。1806年に結婚によってボイド家と血縁関係となったジョン・ルイス・ブラウンの所有となりました。一時、シャトーマルゴーの所有者でもあったジネステ社のものとなりましたが、1932年から現在のギルメ一族所有となりました。ボイド・カントナックに正規のシャトーがないので、ワインは、同オーナー家が所有するマルゴー村特4級のシャトープージェに隣接する倉庫で醸造・貯蔵されています。
 シャトーボイドカントナック2001年(パーカー90点)が漫画「神の雫」で紹介されてから人気が出ました。2000年〜2004年まで評価が高く、品質が安定してきた感があり、お買い得なシャトーでしたが、だいぶ値段が高くなりました。カントナックの名が付く、マルゴー村の他の特級シャトー(ブラーヌカントナック、カントナックブラウン)より、人気がなく評価が低くかったのですが、復活したようです。

葡萄品種 カベルネ・ソービニヨン60%、メルロ25%、カベルネフラン8%、プティヴェルド7%
畑の面積 17ha
土壌 砂利混じりの砂質
平均樹齢 35年
アルコール発酵 発酵とマセレーションはエキポシ張りのコンクリート槽でやや長めに行なう。
仕上げ処理 清澄はするが、1997年以降濾過はしていない。
樽熟成期間 18ヶ月
新樽使用率 58%
年間平均生産量 約7万本
所有者 GFAデュ・シャトー・ボイドカントナック(リュシアン・ギルメ氏)
セカンドワイン ジャック・ボイド(1997年発売開始)
(2004年のデータ)

説明 価格

ボイドカントナック2014年 750ml

パーカーポイント92点
6,998円

HOME  もどる

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン フランス・ボルドーワイン
神奈川県小田原市 小田原・箱根の酒屋 鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館