シャトー・ブラネール・デュクリュ
Chateau Branaire-Ducru

AOCサンジュリアン グランクリュ特4級

 17世紀半ば、デベルノン公ベルナール・ドゥ・ヴァレットが没した際、負債返済のため国家の手に渡り、ベイシュベルの領土から分割譲渡された区画の土地が、シャトーブラネールです。1680年にシャトーを購入したジャン・バティスト・ブラネール以降、1824年に継承した子孫のルイ・デュリュックが現在のシャトーを建設、さらにその親戚のギュスターブ・デュクリュが1879年まで所有していました。この所有した家(ブラネール家、デュリュック家、デュクリュ家)の変遷をたどり、シャトー・ブラネール(デュリュック-デュクリュ)とラベルに以前は表記されていました。1987年までトウリー製糖会社とジスクールも所有していたタピ家とタリー家のものでしたが、1988年以降はパトリック・マロトー氏経営の同族グルーブの所有となりました。1991年には醸造所を近代的にするなど意欲的な改革をし、めざましく評価が上がっているシャトーです。樹齢の高さからくるものなのか、土地の個性か、チョコレートを思わせる独特の旨みと複雑味が魅力の、美味しいワインです。

葡萄品種 カベルネ・ソービニヨン70%、メルロ22%、カベルネフラン4%、プティヴェルド4%
畑の面積 50ha
土壌 第4紀の砂利混じりの土壌
平均樹齢 35年
アルコール発酵 発酵とマセレーションは、温度管理されたステンレスタンクで3週間おこなう。
仕上げ処理 卵白にて清澄し、軽い濾過も行う。
樽熟成期間 18〜22ヶ月
新樽使用率 50%
年間平均生産量 約15〜18万本
所有者 マロトー家(パトリック・マロトー氏経営)
セカンドワイン デュリュック(1988年より発売開始)
(2003年時のデータ)

説明 価格

ブラネールデュクリ2012年 750ml

パーカーポイント-点
6,782円

HOME  もどる

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン フランス・ボルドーワイン
神奈川県小田原市 小田原・箱根の酒屋 鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館