シャトーカントメルル
Chateau Cantemerle

AOCオーメドック(マコー村) グランクリュ特5級

 このシャトーは、古い要塞の跡に建てられました。14〜16世紀にはブランクフォール家の所有、1579年にはヨハン・ヴィルヌーヴが取得し、その後3世紀にわたってヴィルヌーヴ・ド・デュルフォール家の所有となりました。1892年にはデュボ家の所有になり、1981年からは現在のオーナーSAMBTP社の所有となりました。1970年代に低迷していたシャトーは、1981年からのSAMBTP社の大々的な投資により、新しいセラー、醸造設備が導入され、品質が著しく向上しました。価格も特級格付けシャトーにしては、安く抑えられていて人気があります。

葡萄品種 カベルネ・ソービニヨン50%、メルロ40%、カベルネフラン5%、プティヴェルド5%
畑の面積 87ha
土壌 砂利まじりの土壌。
平均樹齢 25年
アルコール発酵 発酵は、最良のものは木とコンクリートの槽で、残りはステンレス槽でおこなう。
仕上げ処理 清澄するが、濾過はしない。
樽熟成期間 12〜14ヶ月
新樽使用率 40%
年間平均生産量 約35万本
所有者 SAMBTP社(相互保険会社)
セカンドワイン レ・ザレ・ド・カントメルル(1985年ものより発売開始)
(2005年時のデータ)

説明 価格

カントメルル2012年 750ml

パーカーポイント88点
4,190円

HOME  もどる

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン フランス・ボルドーワイン
神奈川県小田原市 小田原・箱根の酒屋 鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館