シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン
Chateau Durfort-Vivens

AOCマルゴー(マルゴー村) グランクリュ特2級

 シャトー名は14世紀にマルゴーに移住したフランス南西地方出身のデュルフォール・ド・デュラ家に由来しています。1824年、当時の所有者ヴィヴァン子爵が自分の名をたしてデュルフォール・ヴィヴァンにしました。1944年当時は、2級の中で最も高い値段で取り引きされているほど、評価が高かまりました。1937年にはシャトーマルゴーに買い取られ、長年そこで醸造されていましたが、その筆頭株主だったフランソワ・リュルトンの息子リュシアン・リュルトンが1961年に所有者となりました。1992年にはその息子ゴンザーグ・リュルトン氏が後を継いでいます。1992年までは、マルゴーワインに多い金色のラベルでしたが、1993年から現在の白地ラベルになりました。

葡萄品種 カベルネ・ソービニヨン70%、メルロ24%、カベルネフラン6%
畑の面積 35ha
土壌 砂質、砂利が混じった土壌
平均樹齢 30年
アルコール発酵 
仕上げ処理 卵白にて清澄、軽い濾過後に瓶詰。
樽熟成期間 12〜20ヶ月
新樽使用率 30〜50%
年間平均生産量 約8万本
所有者 ゴンザーグ・リュルトン氏
セカンドワイン スゴン・ドゥ・デュルフォール(1993年発売開始)
(2003年時のデータ)

説明 価格

デュルフォールヴィヴァン2010年 750ml

完売
7,329円

HOME  もどる

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン フランス・ボルドーワイン
神奈川県小田原市 小田原・箱根の酒屋 鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館