ファットリア アル フィオーレ   Fattoria AL FIORE
宮城県川崎町

〜料理店の枠を超えて注目シェフが農園&醸造所を開始。農と食を軸に人々が集うコミュニティを創生〜

ファットリア・アルフィオーレ 目黒 浩敬(めぐろひろたか)氏   株式会社Meglot 坂口 礼奈氏
住所 宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9
創業年 2017年(ワイナリー稼働年2018年、ブドウ栽培開始年2014年)
年間生産量 約3万本(国産比率100%)
自社畑 約2ヘクタール

醸造所の建物(元体育館利用) 入口側 醸造場の様子 甕(アンフォラ)での醸造も
ショップ&テイスティングルーム ワインのラインナップ テイスティングカウンター ワインセラー内

 仙台市郊外で、全国各地からやってくる美食家たちを魅了していた人気イタリア料理店「アルフィオーレ(花の意)」をされていた目黒浩敬氏が始めたワイナリーです。目黒氏は、TV「情熱大陸」や雑誌「料理通信」など、多数のメディアに取り上げられた気鋭の有名シェフ。2004年渡伊。2005年26歳のとき、仙台市青葉区にイタリア料理店「アルフィオーレ」をオープン、2年後の2007年に仙台市郊外へ場所を移し、メニューの無い予約客個々の好みに合わせた、自然志向の芸術的な即興料理を生み出す創作イタリアンとして評価を得ました。料理に使用する素材を自ら生育(仙台の伝統野菜200種類以上栽培等)、加工(生ハム、アンチョビ、チーズ等)されていましたが、いよいよ2014年から宮城県川崎町の耕作放棄地にワイン葡萄の植樹を開始。2015年、料理店を閉め、農園造りに本格的に取り組み始めます。委託醸造期間を経て2018年に同町内、旧支倉小学校の体育館に、その趣をあえて残しつつ改装した自社ワイナリーを開設されました。いちイタリア料理店から始まった活動はワイナリー起業にとどまらず、農や食を通じて様々な分野の人々が集うコミュニティーを創生し、真に地域社会に根付き活性化する魅力的な取り組みへと発展しています。
 自然な栽培の農園造りから始まったアルフィオーレさんが醸造されるワインは、人工添加物をいっさい加えない“葡萄のみ”のナチュラルなスタイルで、アンフォラ(陶製の壺)仕込みを含め通常の発酵タンクも小さい容量のものを使用。栽培に注力し、その土地、その年の、葡萄の個性をストレートに表現することを大切にされています。


写真 銘柄 購入数

ファットリア・アルフィオーレ ロッソ2017年
FattoriaAlFiore Rosso

ファットリア・アルフィオーレ・ロッソ2017年赤 750ml 税込価格4536円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 メルロ(山形県高畠町大野農園産)
生産本数 約1028本  壺仕込み(アンフォラ)、天然酵母発酵、無濾過、亜硫酸無添加


 2015年より大野農園と一緒に栽培から取り組んできたメルローです。2017年は天候に恵まれないこともあり、収穫時期も最大限に引っ張って11月上旬の収穫となりました。しかし、葡萄自体の量は減りましたが、品質はとても良いものでしたので、なるべく手を加えることなくアンフォラに入れた後には、優しく液をまわしかける程度で、それ以降葡萄に身を任せて作りました。どこかおおらかな佇まいで、この園地の風土が最大限に引き出されたと思います。この2017年の特徴で色素は淡い色合いですが、しっかりとした骨格、品のある酸と余韻が長く続きます。ここ数年間のファットリア・アルフィオーレロッソの中でも、最も良い出来だと自負しております。「ファットリア・アル・フィオーレ様のコメントより」

ファットリア・アルフィオーレ オオノ・フィールドブレンド2017年
FattoriaAlFiore Ohno FieldBlend

ファットリア・アルフィオーレ・オオノ・フィールド・ブレンド2017年 750ml 税込価格4104円
タイプ ロゼ〜赤・辛口
葡萄品種 メルロ、シャルドネ、高尾、スチューベン(山形県高畠町大野農園産)
生産本数 約1272本  天然酵母発酵、無濾過、亜硫酸無添加


 山形県高畠町の生産者でRossoメルローでお馴染みの大野農園の様々な葡萄を使用して仕込んだフィールドブレンドです。バリックで仕立てた早摘みのメルローとシャルドネ、大きな開放槽で醸した高尾と、アンフォラのスチューベンをブレンド。山形のさくらんぼや、オレンジの爽やかな酸、柑橘の皮のような心地よいビターな感じが、よりこのワインに広がりを持たせています。15度前後でお召し上がり頂くのをおすすめします。「ファットリア・アル・フィオーレ様のコメントより」

ファットリア・アルフィオーレ カモミッラ2018年
FattoriaAlFiore Camomilla

ファットリア・アルフィオーレ・カモミッラ2017年橙 750ml 税込価格3024円
タイプ 橙・辛口
葡萄品種 デラウェア(山形県上山市アルコアーナ農園産)
生産本数 約847本  天然酵母発酵、無濾過、亜硫酸無添加


 2018年についに私どものワイナリーが完成しました。その2018年、記念すべき第一弾は、その皆様へのご挨拶とお披露目を兼ねて、坂口、中野、目黒の3名でコラボレーションワインをリリースすることとなりました。Camomilla(イタリア語でカモミール)という名前の由来は、久能ワインズとアルフィオーレの共通項は、お花という事。そして花言葉は、「親交」、「これからもよろしく」という意味があり、今回みなさまへご挨拶をする上でふさわしい名前と考え、Camomillaと名付けました。
 飲み心地の良さを追求したスーパーフレッシュな果実味、香り、味わいで、デラの香りや金木犀の香り、飲むとアカシアのハチミツのようなフレーバーと、心地よい酸がわずかに残ります。「ファットリア・アル・フィオーレ様のコメントより」

久能ワインズ サクラ2017年
KunohWines Sakura

久能ワインズ・サクラ2017年赤 750ml 税込価格4860円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 メルロ(山形県高畠町大野農園産)
生産本数 約450本  天然酵母発酵、無濾過、亜硫酸無添加
醸造者(久能ワインズ中野雄揮氏)、販売元(ファットリアアルフィオーレ)、醸造場所(グレープリパブリック)のコラボワイン。


 発酵槽は、スペインのアンフォラ(壺の様なもの)に15%の全房を底に投入し、残りの75%を除梗し、野生酵母で発酵しています。発酵終了後、約5カ月間そのままの状態をキープしバスケットプレスにて圧搾。約1カ月間でオリを落ち着かせた後ボトリングをしました。
 海外で触れているブドウとは全く違う日本のブドウ。日本らしさとは何か探りながら醸造をしているため、大変アブノーマルな醸造方法となっております。ご了承いただけましたら幸いでございます。「久能ワインズ・中野雄揮様のコメントより」

久能ワインズ(Kunoh Wines)の中野雄揮氏・・・・・ニュージーランド、オーストラリア、日本の3カ国で自身のワインを醸造している日本人フライングワインメーカー。


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ファットリアアルフィオーレワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8