キャネーワイン 金井醸造場 山梨県山梨市万力
CANEY WINE

金井醸造場  キャネーワイナリー代表者 金井一郎氏
住所 山梨県山梨市万力806
創業年1962年
年間生産量 約1万5000本(国産比率100%)
自社畑0.6ヘクタール(その他は、ほぼワイナリーのある山梨市内の契約畑のものを使用)

現在、大変な人気なため、入荷量が限られております。ワイナリー発売してすぐに完売の場合も多く、品切れの際はご容赦ください。

 フランス・ロワール地方の銘酒クロドラクレールドセランの畑を単独所有する、ビオディナミ農法(化学合成剤を使わず、天体の動きも考慮しながら、土壌、植物の働きを活性化しようとする農法)のカリスマ、ニコラジョリイ氏に好かれた、日本のヴィニュロン(葡萄栽培家)がいます。誠実な人柄で、真摯に葡萄畑と向き合っている素晴らしい人です。金井醸造場の醸造、栽培責任者、金井一郎氏が、製造から販売まで、現在ほぼひとりで運営するワイナリー。彼個人の思想がそのまま反映される国内トップクラスの素晴らしい自然派ワインは、限りなく無農薬栽培、天然酵母発酵、ほぼ亜硫酸添加無し、無濾過仕上げの、いままで日本では考えられないくらい高レベルのナチュラルさです。ロワールのビオディナミワインに近いスタイルの彼のワインは、新酒の若い内は、ビオ臭があったり(半年ぐらい瓶熟すると消えるのですが)、落ち着いてくるとタンパク混濁(にごり)が出たりと、潔癖な日本の醸造家や評論家からは、さんざんな評価を受けた(特に白ワイン)のですが、自然派やビオディナミワインを愛し理解するファン、又は、先入観なしに飲んだ一般の方には、その鮮烈で生命力あふれる豊かな味わいが素直に美味しく、一機に絶大な支持を得たのでした(ビックリするほど急速に)。ビオディナミ的な栽培、醸造とも日本では、前例が無く、手探りでやっていますが、氏のひたむきな努力と決断力に、葡萄も天然酵母さんも万力の畑もよく答えてくれ、失敗することなく女神は微笑み、ビオファンを唸らす白ワインと、セニエ(果汁濃縮)等していないのに日本ワインばなれした濃厚さになる赤ワインを生み出しています。
 彼の信念は、安全で身体に優しい、活き活きとした健全な葡萄を育てること。その葡萄をいかして、自社のある地元「万力」の地でしかできない土地の個性をワインに表現することです。その信念を支える資質として、当然のように農薬を振る栽培家や農家さんと違い、薬を使う事に傷みを感じられる素晴らしい感性を持っています。一郎さんの話しの中に、葡萄の身になって物事を考える優しい言葉が折々に聞かれる瞬間、ハッとさせられます。自然と発せられるその言葉に何か純粋なものを感じ、利益優先の商業的でない小規模ではあるが愛情いきわたる葡萄栽培とはこういう感覚なんだなと、心の芯に響いてきます。現在、ビオディナミの手法を取り入れて栽培から醸造、瓶詰めのタイミングまで、ビオカレンダーに照らし合わせておこなっていますが、ビオディナミを盲信しているわけではなく、あくまで葡萄が居心地の良い環境を造ってあげる事に神経を使っています。ある年の事、「今年は、日照が充分だから、光を集める水晶(ビオディナミのアイテム)を畑にまくのをやめました。」といっていました。病害虫に強い、自然の抵抗力、治癒力をもった活力ある葡萄の樹を育てるため、農薬をふらなくてもすむ樹に育てるため、ビオディナミの手法が有効であれば試してみたい、という葡萄の立場にたって考える強い愛情を感じます。ビオディナミありきでは無いところが素晴らしいですね。ですが、一郎さんからのお話しでは、ビオディナミの不思議な力、有効性もお聞きしています。ミクロの世界での事、人間のスケールではとらえられない、細微な影響が有益に効力を発揮していてもおかしくはありませんね。そんな彼の畑は、実りの季節になると健康な葡萄が成熟するのですが、パっと見、みすぼらしい状景となります。丹念に病果を取り除くため、粒選りで摘果しているので、完全な房が無く端欠け状態です。しかし、残った健康な果粒から生命力あふれる素晴らしいワインが生れるのです。畑に毎日のように入り、その都度、病気になった部分を取り除く手作業を丹念にこなす・・・、とほうもない時間は、最低限の農薬でも振ればある程度軽減できるのに、暑いさなか黙々とその作業をするのです。
 日本の多くの製品にあてはまる、機械的に完全管理され純粋培養される理路整然とした製造手法とは異なる、自然に忠実で、ある意味自然まかせの部分が多い手法は、計算できないところでギリギリの選択を迫られ、かえって目が離せず手がかかり、その都度神経をすり減らすうえに、最終的な成果も安定しません(特に量的には)。ですが、その中から生み出される生命力あるひと雫の貴重なワインは、日本のワイン界に一石を投じ、新たな潮流を生み出すパワーを持つほど魅力的です。ぜひ、キャネーワイン、一郎さんの日本的自然派ワインを味わって、身体に優しく染み込む心地良さを感じてみてください。
 【金井一郎氏と金井醸造場の変遷】 イタリア・トスカーナのサンマルコ86年を飲んで感銘、ワイン造りを志す。97年11月に勤めていた建設会社を退社、ご実家の金井醸造場にもどる。98年4月からマンズワインに1年間研修に通う。99年3月から自社畑をシャルドネ、カベルネソービニヨン、メルロ品種の垣根仕立てに植え替え始める。この時に自社畑の半分強を前出のヨーロッパ品種3種類に、残りは、棚仕立ての甲州、デラウェア品種のまま継続。これを期に、有機栽培、ほぼ農薬を使わない農法を全自社畑で実践していく。02年から輸入バルク原料をやめ、全量純国産葡萄100%にする(利益率が悪化し大変だったらしい)。04年秋、来日したニコラジョリイが金井醸造場、自社畑を訪問、ビオディナミ農法のアドバイスを受け、以降親交をもつ。04年自社畑産ワインは天然酵母での醸造にチャレンジ、ヴィノダ万力シリーズとして新発売、大成功。05年11月、ニコラジョリイの呼びかけによる世界の自然派ワイン試飲大会(日本開催)に参加、世界の名醸造家とならび、広くその実力が日本国内で知られるようになる。

キャネー・ワインショップ外観
裏が醸造所
ワインショップ店内
説明を聞きながら試飲できます
発酵タンク・自然の温度で発酵
水冷ジャケットは今あまり活躍してない
貯蔵場・フランス産の樽
自社上級酒にはあえて古樽を使う
カベルネ&メルロ自社畑・案内看板
南斜面の中腹にあり最高条件の立地
ニコラジョリイも食べた金井カベルネ
日本最高レベルの赤ワインに成る
先に病害虫を知らせる役のバラと
樹の根元には可憐な黄色い野花が
カベルネ&メルロ自社畑からの景色
甲府盆地が見渡せる感激の景観
垣根仕立ての自社カベルネの畑
房周辺の葉をまめにとり風通し良好
自社カベルネソービニヨンの房
皮が厚く、粒が密集せず最高の状態
棚仕立ての自社甲州の畑
赤品種畑より醸造所の近くにある
自社甲州の房・万力甲州ワインになる
左の房は所々粒が間引かれている
写真 銘柄 購入数

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 カベルネソービニヨン赤2004年
CANEY Vino da Manriki Cabernet Sauvignon

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ カベルネソービニヨン2004年赤 720ml 4500円
タイプ フルボディ赤
葡萄品種 カベルネソービニヨン100%(自社畑産のみ使用)樹齢5年 
野生酵母発酵
        9月7日、8日収穫、糖度21度とりっぱな熟度
生産本数300本
完売

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 メルロ/カベルネソービニヨン赤2011年
CANEY Vino da Manriki Merlot/Cabernet Sauvignon

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ メルロ/カベルネソービニヨン2011年赤 720ml 4000円
タイプ フルボディ赤
葡萄品種 メルロ、カベルネソービニヨン(自社畑産使用) 野生酵母発酵

生産本数-本
完売

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 メルロ赤2004年
CANEY Vino da Manriki Merlot

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ メルロ2004年赤 720ml 3500円
タイプ フルボディ赤
葡萄品種 メルロ100%(自社畑産のみ使用)樹齢5年 野生酵母発酵

        8月31日収穫、糖度22度とりっぱな熟度
生産本数300本
完売

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 シャルドネ白2008年
CANEY Vino da Manriki Chardonnay

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ シャルドネ2008年白 720ml 3800円
タイプ 辛口白
葡萄品種 シャルドネ100%(自社畑産のみ使用)樹齢11年 野生酵母発酵

生産本数 798本
2008年物が、「男の隠れ家」誌2009年1月号・「がんばっている日本の小さなワイナリー」の11本に選出

 栽培11年目にして、栽培していた中で、一番良い葡萄が収穫することが出来たのが、私にとってとても嬉しい事でした。醸造所にもちこみ、圧搾したら、間もなく発酵を開始しました。葡萄に付着していた酵母はとても元気で、順調に発酵を行いました。そして、11月、発酵を終え、ボトリングを行い、この度、発売する事になりました。ヴィノダマンリキという銘柄では、4年ぶりのリリースとなります。毎年、栽培が上手くいかず、何度も葡萄の木を切ってしまおうかと思っていました。11年目、まだまだ理想のシャルドネにはおよびません。ただただ、このシャルドネが、万力の土や風、雨、そして日光によって育てられたという現実感、その感触は少し再現できたかと思います。低農薬栽培(結果として有機栽培となりますが、認証は受けていません)、亜硫酸添加(少量の添加)、自然発酵(自生酵母による発酵)「金井醸造場様のコメントより」
完売

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 甲州2008年
CANEY Vino da Manriki Koshu

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ 甲州2008年白 720ml 2520円
タイプ 辛口・白
葡萄品種 甲州100% 野生酵母発酵

生産本数-本

 原料の甲州種は、自家農園、及び、契約農家さんの好意で、今年のみ貸して頂ける事になった有機栽培4年目の畑で育ちました。自家農園では、度重なる降雨により、何度もベト病に襲われましたが、コマメな手入れを繰り返す事で、病気に打ち勝つ事が出来、無事に収穫することが出来ました。そして、醸造場に持ち込まれたこの葡萄は、驚くほど順調に発酵を始めました。発酵は約2ヵ月行い、終了しました。今回、その一部をボトリングし、発売することとなりました。無濾過のボトリングです。甲州種を新酒の状態で無濾過でボトリングするか、もしくは濾過するかで長い時間迷いました。どうしても、何も隠したくなかったです。甲州種は、持っている品種個性由来で、エグミや苦みが目立ち易い品種です。そういう品種なのに、敢てむき出したのは、この酒質に表れているミネラル感がとても際立っているからです。このような酒質の表れは、過去にはなく、シャルドネも同様にミネラル分を豊富に吸い上げたと思われます。収穫したときの葡萄の味わいを、忠実に楽しめる味わいとなっております。宜しくお願い申し上げます。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネー・ヴィノ・ダ・万力 デラウェア2011年
CANEY Vino da Manriki Delaware

キャネー・ヴィノ・ダ・マンリキ デラウェア2011年白 720ml
タイプ 辛口・白
葡萄品種 デラウェア100%(自社畑産) 野生酵母発酵

生産本数-本
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネー万力甲州朝焼け2005年
CANEY Manriki-Koshu/Asayake

キャネー・万力甲州アサヤケ2005年 720ml 2100円
タイプ 辛口ロゼ(グリ・ド・グリ)
葡萄品種 甲州100%(自社畑産のみ使用)樹齢8年〜12年、野生酵母発酵 99年より低農薬栽培 

生産本数 樽熟成バージョン300本入荷当日に完売しました。
「料理通信」2006年7月号・これが日本ワイン現在形に掲載。
自家農園で低農薬栽培をした甲州種を醸し発酵させたオレンジピンク色の甲州。渋みやタンニンを含んだボリューム感とジューシーな果実感が楽しめます。「金井醸造場様のコメントより」
 今回は、2004年の万力甲州とちがい、“かもし発酵”をしました。搾らず、果皮といっしょに5日間発酵させたため、甲州種の皮の薄赤色がワインに出ています。いわゆる“グリ・ド・グリ”で、濃い色のロゼワインのような色感です。葡萄を皮ごと、まるかじりしたような、色も含めて甲州葡萄のすべてをあますことなく体現したワインに仕上がっています。果皮からの渋み、苦味が収斂味とキレになっています。赤ワインを飲んでいるような感覚もあり、豊かなエキスのボディを感じます。肉料理などをひき立てる力があります。リリースしたては、飲み頃の初期でありますから、抜栓しても10日ぐらいは、味がふくらんで行くと思われます。出来れば、半年以上は熟成させて飲んでみたいです。
〔右写真 テイスティンググラスにつがれた2005年の万力甲州の色〕
完売

キャネー甲州万力山2007年
CANEY Koshu Mt-Manriki

キャネー甲州・万力山2007年 720ml 1600円
タイプ 辛口ロゼ(グリ・ド・グリ)
葡萄品種 甲州100%
(山梨市万力山路・小字相千場産)  低農薬栽培
生産本数 
 若手栽培者、齋間信吾さんが栽培する葡萄で醸し(皮仕込)発酵させた甲州種の辛口ワイン。味わいは、キリッとした酸味に、ほのかな渋みをともないます。次第に果実感が舌に広がり、余韻は「獅子岩」にくらべて長めとなっております。相性が難しいとされる甲殻系のお料理や、豚肉や鳥肉のお料理に合わせやすいと思います。「金井醸造場様のコメントより」
完売

キャネー万力デラウェア2005年
CANEY Manriki Delaware

キャネー・万力デラウェア2005年白 720ml 1600円
タイプ 辛口白
葡萄品種 デラウェア100%(自社畑産のみ使用)樹齢20年、野生酵母発酵 99年より低農薬栽培 

生産本数 約600本
 自家農園低農薬で手塩に育てたデラウェアの風味を最大限に表現しようと試みました。本来の香りを活かす為に畑と葡萄に付着する天然酵母による発酵を行いました。蜂蜜やリンゴの香りを呈し、程よい酸味とさらりとしながら、味わいの広がりがあります。「金井醸造場様のコメントより」
 初めて自社畑デラウェアで天然酵母発酵を試みたワインです。通常のデラウェアワインにはない、複雑で豊かなエキスのふくらみが素晴らしく、しっかり辛口の切れもあるナチュラルな仕上がり。香りはデラ独特の良いアロマがあり親しみやすく、いわゆるピオ臭が出にくく天然酵母発酵に向いているように感じます。酒石酸の結晶とタンパク混濁と思われるにごり、オリがあります。
完売

キャネーデラウェア万力・プラス2008年
CANEY DelawareManriki plus

キャネー・デラウェア万力+2008年白 720ml 2268円
タイプ 辛口・白
葡萄品種 デラウェア100%(金井一郎氏栽培の自社畑山梨市万力産と小林剛士氏栽培の甲府市善光寺産を使用)

生産本数 600本
 自家農園、万力と甲府善光寺にて、有機栽培で育ったデラウェアで仕込みました。収穫した果実を搾り、そのままの果汁(無補糖)で自然発酵した辛口白ワインです。味わいは、葡萄の皮や果肉のニュアンスを崩す事なく、素直な風味となっています。爽やかな酸味は、今年のヴィンテージを忠実に再現できていると思います。日本食と相性が良く、季節野菜の天麩羅、漬け物などの発酵食品、これからの季節、豆乳鍋やおでんなどにも良く合うと思います。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

シャトーキャネー カベルネソービニヨン赤2003年
Chateau Caney CABERNET SAUVIGNON

シャトーキャネー カベルネソービニヨン 2003年赤 720ml 4410円
タイプ フルボディ赤
葡萄品種 カベルネソービニヨン100%(自社畑産のみ使用)樹齢4年

生産本数300本
甲斐ヴァンセレクション(山梨産ワインのコンクール)において、赤ワイン部門優勝第1位チャンピオン。
 熟成を古樽で行う事で、本来の果実の味わいを生かす事に気を配りました。長雨と冷夏で、天候が悪かった2003年、それでも、9月12日の収穫日まで、かたくなに農薬に頼らず、手作業で葡萄の房や葉に付いた病気を取り除きました。そして、小粒でしまった真っ黒な葡萄を収穫することができました。食べると、ほどよい酸味にしっかりとした果皮の食感があり、どんなワインができるかワクワクして収穫した事を思い出します。「金井醸造場様のコメントより」
完売

シャトーキャネー メルロ赤2003年
Chateau Caney MERLOT

シャトーキャネー メルロ 2003年赤 720ml 3123円
タイプ ミディアムボディ赤
葡萄品種 メルロ100%(自社畑産のみ使用)樹齢4年

生産本数600本
 自家農園で低農薬で栽培し、元気に実ったメルロで仕込みました。そして、発酵後はゆっくり樽で熟成しました。渋みやタンニンは優しく、果実味がとてもふくよかな赤ワインです。「金井醸造場様のコメントより」
完売

シャトーキャネー シャルドネ白2003年
Chateau Caney CHARDONNAY

シャトーキャネー シャルドネ 2003年白 720ml 2100円
タイプ 辛口白
葡萄品種 シャルドネ100%(自社畑産のみ使用)樹齢5年

生産本数 
ふくよかで柔らかい果実味と新樽による甘い旨みが口にふわっと広がります。美味しさを支える穏やかな酸により優しい味わいを楽しめます。バランス良く、女性にも人気のワイン。「金井醸造場様のコメントより」
完売

キャネーロゼ2007年
Caney ROSE

キャネーロゼ 2007年ロゼ 720ml 1600円
タイプ 辛口ロゼ
葡萄品種 ピオーネ、巨峰 (地元山梨市産100%使用)

生産本数 930本
地元山梨地区から5人の農家さんからのピオーネ、山梨市牧丘地区からの巨峰から醸造したロゼワインです。より品種特性を引き出す為、醸し期間は7日行い、渋みもしっかりあるロゼワインに仕上げました。
 ピオーネ種本来のほろ苦く甘いフルーティーな果実味の中に、フレッシュな酸がのびのびと漂う。ほのかな苦みと渋みが、程よく味わいをサポートし、余韻にキレがある。ほんのり甘い香りが印象的な、飲みやすい辛口ロゼに仕上がっています。和食、中華など家庭料理に合わせやすいです。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネー・マスカットベリーA樽熟成赤2007年
Caney MuscatBailey-A

キャネー・マスカットベリーA樽熟成2007年赤 720ml 2268円
タイプ ミディアムボディ赤
葡萄品種 マスカットベリーA100%(山梨市万力石原産)

生産本数 -本
 七月の日照不足もありましたが、マスカットベリーAは健全に育ち、適度な酸味を保ちつつ良く熟しました。古樽にて、品種んぽ素性を活かす熟成を行っています。この品種は、ゆっくりと熟成させる事で、しなやかで上品な果実香に変化します。12ヶ月熟成は、理想的な熟成期間と考えています。普段のお食事から、脂身の少ない鳥、豚肉のお料理に合わせやすい味わいです。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネー・マスカットベリーA赤2008年
Caney MuscatBailey-A

キャネー・マスカットベリーA2008年赤 720ml 2040円
タイプ ミディアムボディ赤
葡萄品種 マスカットベリーA100%(山梨市万力石原産、山梨市落合市道産)

生産本数 -本
 9月の雨は秋雨というより、豪雨の連続でした。晴れの合間を見計らい、収穫日は転々としました。豪雨により、それまて健全に熟していた葡萄は、玉割れをおこしました。その葡萄を、高橋さん、丸山さんは丁寧に手入れをしてくれました。酸化防止剤の使用量を極限まで下げられるのは、お二人の農家さんのお陰です。順調に発酵を終え、静かに清澄していきました。この度、一部をボトリングいたしました。ピチピチとした果実感を楽しんで頂ければと思っております。宜しくお願いいたします。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネー甲州・獅子岩万力白2007年
Caney Koshu Shishiiwa-manriki

キャネー・甲州・獅子岩万力(シシイワマンリキ)2007年白 720ml 1600円
タイプ 辛口白
葡萄品種 甲州100%(山梨市万力獅子岩産)

生産本数 本
 万力山の東斜面、字万力獅子岩で栽培する農家さん『山下正二』氏が育てた甲州種で醸造しました。実った葡萄の素材をそこなわず、シンプルに醸造したのがこの獅子岩です。優しく素直な果実感と爽やかな酸味が楽しめる辛口甲州ワインです。「金井醸造場様のコメントより」
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
 大人気だった自社畑産の万力甲州2004年を意識して、それに添った作りをした甲州辛口ワインです。ほぼ亜硫酸添加なしです。栽培も低農薬に、協力していただいています。
完売

キャネー甲州・万力村白2005年
Caney Koshu Manriki-villages

キャネー・甲州万力村(マンリキヴィラージュ)2005年白 720ml 1500円
タイプ やや辛口白
葡萄品種 甲州100%

生産本数 約1200本
 地元万力山の斜面と裾野で甲州を育てる『斎間 進吾』氏と『代永 静雄』氏と密に話合い、そして収穫時には、すばらしい甲州葡萄が実りました。今年は、収穫時のフレッシュで酸味が利いた生きた果実感を醸造にも活かそうと考え、またよりその味わいがバランス良く、自然な味わいになるように心がけました。ワインは、青リンゴの香り 優しい口当たりですが、凛とした酸が中心にあります。その周りをまろやかな果実感と爽快な旨味が包み込むような味わい。余韻には、甲州の個性である苦味も穏やかに感じます。発酵中にできたキメが細かい炭酸ガスがあり、よりフレッシュな喉越しも楽しめます。ほのかに甘みを感じるやや辛口「金井醸造場様のコメントより」
完売

キャネーシャルドネ白2003年
Caney CHARDONNAY

キャネー シャルドネ 2003年白 720ml 1260円
タイプ 辛口白
葡萄品種 シャルドネ100%
(山梨県産)
生産本数
 自社畑産ではないですが、それに負けないぐらい金井さんらしく仕上げた、とてもお買い得なシャルドネワイン。素の味わいを大切にし、エレガントにバランスよく仕上げた、和食にあう飲み心地よい味わい。
完売

キャネーデラウェア・プラス白2010年
Caney Delaware plus

キャネー・デラウェアプラス2010年白 720ml
タイプ やや辛口白
葡萄品種 デラウェア100%

生産本数 -本
●購入後は、15度ほどのセラーか、それ以下の冷蔵庫で保管してください。
完売

キャネーデラウェア観音山白2008年
Caney Delaware kannonyama

キャネー・デラウェア観音山2008年白 720ml 2047円
タイプ 辛口白
葡萄品種 デラウェア100%

生産本数 -本
 国道140号線からフルーツ公園に向かう藤塚道、国道から進入し直ぐに、急な坂道になる、その右手にある斜面を小字で『観音山』と言います。このデラウェアは、その南向き斜面の段々畑で育ちました。「金井醸造場様のコメントより」
完売

キャネーデラウェア白2005年
Caney Delaware

キャネー・デラウェア2005年白 720ml 1260円
タイプ やや甘口白
葡萄品種 デラウェア100%

生産本数
 農家さんが育ててくれた葡萄をゆっくり低温で発酵させたやや甘口のワインです。さわやかな酸味とじわっと染みる果実感が特徴です。「金井醸造場様のコメントより」
 金井さんらしく、おおらかで爽やかな酸をよく残し、飲み心地よいデラウェア。デラ特有の香りに、パイナップルのシロップ漬けのようなフレーバーと余韻が楽しめます。
完売

ぼくのワイン〔書籍〕 著 金井一郎 金井裕子

ぼくのワイン〔本〕 1944円
著者 金井醸造場 金井一郎氏&金井裕子氏
発売日 2012年6月13日 初版発行
出版社 屋上


 ワインをつくることは、ぶどうを育てること。ぶどうを育てることは、ぶどうと会話すること。山梨県山梨市万力で三代続く金井醸造場は、この土地でしかつくれないワインにこだわり続けます。

なんでそんな畑をやっているの、と聞かれたら、植物の成長や、植物の訴えを受け取って、それに呼応して管理していくことが、ぼくは楽しくてしょうがないから。これをどういう風に、人に伝えていけばいいのかなあ、なんて考えています。ぼくばかり先走って考えちゃうようなところもあるけど、妻はなんとなく受け取ってくれてるんじゃないかな。(金井一郎)

おいしいワインは、ぶどうが育った土地の味がする。ぶどう農家の一年のはじまりはぶどうの枝の剪定から、春の芽吹き、夏の実り、秋の収穫と発酵、そして出荷。大雨もあれば虫も出る。うまくいく時ばかりじゃない。それでもその全てをぶどうが受け止め、ワインが表現してくれる。山梨市万力、金井醸造場。ワインに魅せられた夫婦の、仕事と生活の一年。
                            「ぼくのワイン」表紙・裏表紙より


 金井醸造場の金井一郎&金井裕子夫妻が執筆した本が発売されました。2011年のワインづくりの一年を追いながら、これまで培ってきた想いを描いています。金井さんの、栽培・醸造にかける独自の思想がつぶさにわかる、キャネーワインファン必読の一冊です。飲んだことがない方も、金井さんのワインづくりにたいする、ストイックな姿勢に心打たれ、惹きつけられることまちがいなしです!


HOME  メール

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館

神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8