秩父ワイン 源作印ワイン
埼玉県秩父郡小鹿野町 (有)秩父ワイン

〜戦前から秩父の地で脈々と、代々研鑽されてきた純国産ワインの名作〜

有限会社秩父ワイン  代表者 島田安久氏
住所 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄41
創業年 1940年
年間生産量 約10万本(国産比率100%)
自社畑 約5ヘクタール(地元産葡萄は、すべて自社畑)  甲州は山梨県産使用。ベリーAは山梨県産と、地元自社畑産使用。
自社栽培葡萄品種 カベルネソービニヨン、カベルネフラン、メルロ、シラー、マスカットベリーA、ブラッククイーン、アリカント、シャルドネ、セミヨン、リースリング、山ぶどう、巨峰、甲州

秩父ワイン醸造所・建物 ワイン売り場
ワイナリーの看板 駐車場にある大型ワイン樽 秩父ワインのラインナップ プロモーションビデオを鑑賞
醸造所内・発酵タンク タンクの奥に2台圧搾機 瓶詰ライン レインカット垣根仕立の自社畑
カベルネソービニヨン自社畑 カベルネソービニヨンの房 メルロー自社畑 メルローの房

秩父ワイン創始者 浅見源作
「源作ワインは、自然のままのワインが命だ。お天道さまがつくったぶどうを発酵させて、よく寝かせて、健康なワインをつくる、これが大切だ。」「ワインづくりは商売を大きくしたら駄目だ。大きくするといいものはつくれない。」

 1889年、秩父・両神村に生まれた浅見源作。浅見家は「あたらし屋」という屋号のとおり、新しいもの好き・アイデアマンの家系でした。源作自身、英語や自転車などに興味を持つ、チャレンジ精神に富んだ少年だったとか。1933年、息子・慶一の愛読書「ロビンソン・クルーソー漂流記」の、山羊の乳と葡萄で命をつないだという話からヒントを得て、ブドウ作りを開始し、1936年にワイン造りに成功。1940年に「秩父生葡萄酒」として売り出すものの、売れゆきはよくありませんでした。日の目を見たのは、1959年にフランス人神父、ピエール・ローランドとラバウル・ローランドの兄弟により「ボルドーの味!!フランスの本場のワインの味です」と賞賛されてから。以来、知る人ぞ知る秩父の銘醸ワインと、評価も高まっていきました。1985年、源作は95年の生涯を終えますが、その情熱は今もなお、名前とともに「源作印ワイン」に伝えられています。


 日本百名山のひとつである雄大な両神山の麓、美しい自然に恵まれた地が源作印ワインのふるさと。寒暖の差が激しい、アルカリ性土壌のブドウ栽培に最適な環境です。この地で研究に研究を重ね、土作りからこだわった自分の畑で元気な葡萄を育て、自然そのものの味が息づくワインを送り出しています。
 秩父で初めてワインを造った源作の信念は、「お天道さまが作ったぶどうを発酵させて、よく寝かせた、健康なワインを造る」ことでした。このワイン造りのひたむきな姿勢は、今の四代目・島田安久氏、五代目・島田昇氏にもしっかりと受け継がれています。

写真 銘柄 購入数

秩父ワイン 源作印GKT白
Chichibuwine Gensakujirushi GKT Blanc

秩父ワイン GKT白 720ml 1760円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 甲州(山梨県穂坂地区契約畑産)
生産本数 -本

第12回国産ワインコンクール2014で銅賞受賞
第11回国産ワインコンクール2013で銀賞受賞

 秩父ワインの初代・浅見源作、二代目・浅見慶一、三代目・浅見辰四郎の名前の頭文字をとって命名されている「GKT」。厳選された契約畑の甲州葡萄からできる秩父ワインのミドルレンジクラス。良質な果実の厚みに、キリリと芯の通った後口が素晴らしい1本です。


 
週刊モーニング誌2013年5月16日bQ1・22合併号「神の雫386話」
「白き土は、透き通る銘酒を育み」より

人気ワイン漫画「神の雫」に秩父ワイン源作印GKT白が載りました。
「ブルゴーニュやボルドーを思わす、柔らかくそれでいてグリップする力強さが備わっている」
「優雅にそして力強く飛び立つ白い大きな鳥。丹頂鶴だ、このワインは」
以上、漫画「神の雫」より
素晴らしい、ワインの感想、評価を受けています。
あと4本

秩父ワイン 源作印GKT赤
Chichibuwine Gensakujirushi GKT Rouge

秩父ワイン GKT赤 720ml 1760円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 カベルネソービニヨン(秩父自社畑産)、マスカットベリーA(秩父自社畑産、山梨県産)等
生産本数 -本


 秩父ワインの初代・浅見源作、二代目・浅見慶一、三代目・浅見辰四郎の名前の頭文字をとって命名されている「GKT」。自社畑産の葡萄を中心に使用して造られる秩父ワインのミドルレンジクラス。色合いこそ、スタンダードの源作印より淡いものの、自社畑カベルネソービニヨンの果実の厚み、渋みは、より本格的赤ワインとしての品格を与えています。熟成した旨みを感じます。

秩父ワイン 源作印・白
Chichibuwine Gensakujirushi Blanc

秩父ワイン 源作印白 720ml 1220円
秩父ワイン 源作印白  1.8L 2440円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 甲州(山梨県産)
生産本数 -本

第12回国産ワインコンクール2014で銅賞受賞
第10回国産ワインコンクール2012で銅賞受賞
第8回国産ワインコンクール2010で銀賞受賞


 秩父ワインの初代、源作の名を冠したスタンダードワイン。このワイナリーを代表する歴史ある銘柄です。すっきりとした、辛口の味わい。フレッシュな果実香もほどよく、デイリーにいただくには、素晴らしい出来栄え。糖度を指示し、見ためもチェックして、山梨県の毎年同じ地域から買い付ける甲州葡萄を使用しています。
720ml
1.8L

秩父ワイン 源作印・赤
Chichibuwine Gensakujirushi Rouge

秩父ワイン 源作印赤 720ml 1220円
秩父ワイン 源作印赤  1.8L 2440円

タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 マスカットベリーA(山梨県産、秩父自社畑産)、ブラッククイーン(秩父自社畑)、山ぶどう(秩父自社畑)
生産本数 -本

第4回国産ワインコンクール2006で銅賞受賞

 秩父ワインの初代、源作の名を冠したスタンダードワイン。このワイナリーを代表する歴史ある銘柄で、最も人気があり、生産量が一番多いベストセラー。濃い色もあり、おちついた深み、味の幅、しっかりした酸を感じる本格的な赤ワインに仕上がっています。手頃な価格の国産赤ワインとしては、素晴らしい出来栄え。
720ml
1.8L


HOME

未成年者へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 秩父ワイン源作印の取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8