ファットリア ダ・サスィーノ   FATTORIA DA SASINO
青森県弘前市

〜すべてを自家製でもてなす!地産地消から更に進んだ“自産地消”。自家醸造所を持つ先駆的イタリア料理店〜

ファットリア ダ・サスィーノ  代表者 笹森通彰 氏
住所 青森県弘前市
創業年 2010年(醸造免許取得年)
年間生産量 約-本(国産比率100%) 青森県弘前市産
自社畑 約3.2ヘクタール  栽培品種ネッビオーロ、バルベーラ、サンジョヴェーゼ、メルロ、シラー、マルヴァジーア、シャルドネなど

イタリア料理店
入り口の看板
イタリア料理店
オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ
笹森シェフが住まわれる自宅隣の
元ご実家がワイナリー
まさに自家製の雰囲気
サンジョヴェーゼの試験醸造
醸造所近く
ネッビオーロ自社畑
自社畑ネッピオーロの房

 青森県の弘前市に2003年に開店して以来、全国から食通を集め続けている人気イタリア料理店「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」(2010年には、同じく弘前市内にカジュアルスタイルの姉妹店「ピッツェリア・ダ・サスィーノ」もオープン)。オーナーシェフ笹森通彰氏は、東京の一流店や、本場イタリアのミシュラン2つ星レストランで修行された料理の腕前もさることながら、自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出す先駆的な地産地消スタイルを極める姿勢が支持され、数々の雑誌やTV「情熱大陸」など、多数のメディアに取り上げられ注目を集めています。自家農園で各種野菜・ハーブ・フルーツを栽培する。ウコッケイを育て卵を得る。自家製の生ハムを仕込み熟成させる。チーズ工房「弘前チーズ工房カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ」を持ち、近隣の牧場から運ばれるミルクから自家製チーズを作る。そしてついには、自社葡萄畑を持ち、ワイン醸造所「ファトリア・ダ・サスィーノ」を構えるまでに至ります(現在、醸造所は笹森氏の育った生家を使用)。カンパニリズモという、イタリアでは教会の鐘の音が届く所までが自分の人生のテリトリーという考え方があり、サスィーノさんでは食のカンパニリズモを弘前で表現し、ここでしか出会えない出来るだけ近隣の地元食材や自家製食材をメインにした本格イタリア料理でお客様をおもてなししています。このたび、レストランで提供されている、貴重な自家畑産自家醸造ワインと地元弘前市内の林檎を使用した自家醸造シードルをわけていただけるようになりました!ぜひ、日本では前人未踏の挑戦を続けているサスィーノさんの創意に満ちたワインとシードルをお楽しみください。

写真 銘柄 購入数

ファットリア ダ・サスィーノ 弘前ネッビオーロ2016年
Fattoria da Sasino Hirosaki Nebbiolo

ファットリア・ダ・サスィーノ・弘前ネッビオーロ2016年赤 750ml 税込価格11100円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ネッビオーロ(青森県弘前市自社畑産)
生産本数 約-本

2016年物が、第21回ジャパンワインチャレンジ2018で銅賞受賞

 ネッビオーロ種葡萄といえば、「イタリアワインの王様」と讃えられる「バローロ」というワインを生み出す高貴な品種として有名です。晩成型の品種で、収穫時期が遅いなど等々も含め、気難しく、栽培しづらい品種とされていますが、そのネッビオーロ種葡萄に果敢に挑戦され、見事、国際基準のワインコンクール「ジャパンワインチャレンジ2018」で賞を受賞されました!ネッビオーロ品種の日本ワインとしては、知る限り初受賞の快挙で、この品種の国内における可能性を見い出した記念すべきワインが「ファットリア・ダ・サスィーノ弘前ネッビオーロ2016年」です。サスィーノさんの自社畑では、一番広く作付けされおり、日本でこれだけのまとまったネッビオーロの樹をみれるのは今のところここだけです。収穫は10月末頃になり、弘前では雪の中での葡萄摘みとなる年もあるといいます。順調に生育すると糖度23〜24にまで上がりながらも、渋みと酸を保持します。熟成中のオーク樽から試飲させていただきました弘前ネッビオーロは、この品種の特徴である、収斂味をともなうタンニンと酸を感じつつ、素性の良いピュアな果実味に包まれていました!地元の食材をふんだんに使ったサスィーノさんの弘前イタリア料理と相性が良いのはもとより、日本の本格イタリアンで飲みたい逸品です。
あと2本

ファットリア ダ・サスィーノ 弘前アポーワイン!ライト
Fattoria da Sasino Hirosaki AppleWine Light

ファットリア・ダ・サスィーノ・弘前アポーワイン!ライト 750ml 税込価格2480円
タイプ 白微発泡性・辛口  王冠の栓
林檎品種 紅玉主体に5種類(青森県弘前市産)
生産本数 約-本  無濾過にごり

第1回ジャパンシードルアワード2018のグットテイスティング賞ドライ部門で、二つ星を獲得

 弘前産りんご5種類(紅玉、ふじ、つがる、王林、ジョナゴールド)を使用し、豊な香りが特徴の弱発泡性アップルワイン。無濾過の為、おりが沈殿しておりますが、そのままお楽しみ下さい。「Fattoria da Sasino様のコメントより」

 シードルの壁をぶち破れ!をモットーに醸造されているサスィーノさんのアポーワインです。「ライト」は味が軽いのではなく、炭酸が少なめという事と、無濾過でありながらも丹念に数回オリ引きをする手間をかけ、旨みをそのまま残しつつも上品で完成度の高い味わいにされています。にごりを少し落としただけの濾過をしない純度の高い旨みとほどよい炭酸で、食事を活かしつつ、飲み心地の良い優れた食中酒に仕上がっています。初開催のシードルコンクール「第1回ジャパンシードルアワード2018」でも、日本シードルでは最も評価の高かったランク“二ツ星”(最高は三ツ星ですが、日本シードルは入っていませんでした)を獲得するなど、その実力はお墨付きです。

ファットリア ダ・サスィーノ 弘前アポーワイン!スタンダード
Fattoria da Sasino Hirosaki AppleWine Standard

ファットリア・ダ・サスィーノ・弘前アポーワイン!スタンダード 750ml 税込価格2480円
タイプ 白発泡性・辛口  王冠の栓
林檎品種 紅玉主体に5種類(青森県弘前市産)
生産本数 約-本  無濾過にごり

 弘前産の5種類のりんご(紅玉、ふじ、つがる、王林、ジョナゴールド)をブレンドしたしっかりとした泡が特徴のシードル。澱引きを極力おさえ、りんご本来の果実味をたっぷり味わえます。「Fattoria da Sasino様のコメントより」

 シードルの壁をぶち破れ!をモットーに醸造されているサスィーノさんのアポーワインです。「スタンダード」は炭酸がしっかり入った、味わい深い本格スパークリングタイプ。無濾過でにごりも強いですが、これぞ弘前シードルともいうべき、本場リンゴの味わいをすべて詰め込んだフルボディな仕上がりです。シードルに向く紅玉リンゴの芳醇な香りと酸のキレを基調に、弘前で穫れる主要リンゴ品種が絶妙にアッサンプラージュ(ブレンド)されている多層性が織りなす複雑な味わいが魅力です!


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ファットリアダサスィーノのワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8