ド・モンティーユ&北海道ヴィンヤード
de Montille&Hokkaido Vineyards
北海道函館市

〜ブルゴーニュの名門ドメーヌ当主が、日仏一丸となったプロジェクトで日本ワインの未来を造る〜

ド・モンティーユ&北海道  代表者  エティエンヌ・ド・モンティーユ氏
住所 北海道函館市
創業年 2017年
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約-ヘクタール

 エティエンヌ・ド・モンティーユ氏は、フランス・ブルゴーニュのヴォルネイ村にて1730年代に創業した約300年続く家族経営のワイナリー(ドメーヌ・ド・モンティーユ)の当主です。日本をこよなく愛し、1985年、2ヶ月に亘り日本に滞在の後、定期的に来日しています。2015年、氏は日本各所のワイン産地を訪れ、生産者とも交流。日本におけるワインのすべての可能性だけでなく、その課題も理解し、日本のブドウ栽培ワイン醸造の発展に貢献できる共同プロジェクトについて考えました。フランスの著名な専門家のアドバイスの下、研究を積み重ね、北海道で個性を持った高品質のワイン生産ができるという確信を得ました。2017年、北海道庁、函館市等公的機関の援助、及びワイン生産者である佐々木賢氏の協力を得て、函館(北海道)の冷涼な気候の地に於いて、最適のピノノワールとシャルドネのブドウ品種栽培を決定。大いなる希望を胸に抱く、新世代の日本の生産者たちと協働し、エレガントなワインを生産するというド・モンティーユ&北海道プロジェクトは始動しました。2019年、プロジェクトマネージャー兼技術責任者パティスト・パジェス氏が率いる日仏チームは、函館のなだらかな丘にブドウの木を植樹し、2023年には、そこから得たブドウによる最初のワインを生産することを目指しています。2018年〜2022年の5年間に、ブルース・ガットラヴ氏(10Rワイナリー)及び、ココファームワイナリーとの友好的コラボにより、エティエンヌ氏と彼のチームは、余市(北海道)の優良な生産者からブドウの提供を受け、日本のワイン醸造法を学ぶ機会を得ています。2023年、多くの経験者から謙虚に学び、徐々に理解を重ね、自社による函館産ワインを醸造する予定です。「ド・モンティーユ&北海道様・案内文より」


写真 銘柄 購入数

ド・モンティーユ北海道 ケルナー驚2019年
deMontille&Hokkaido Kerner

ドモンティーユ&北海道・ケルナー驚2019年白 750ml 税込価格5900円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 ケルナー(北海道産)
生産本数 約-本


 きらめきを持った澄んだ緑色。 アロマは、フレッシュで生き生きとして、白い花、ミモザ、菩提樹、ヘーゼルナッツのよく溶け込んだ樽の香りを含んでいます。 味わいは、明るい酸味を持ち、寛大でまろやか。 とてもバランスの良いワインです。「ド・モンティーユ&北海道様のコメントより」
完売

ド・モンティーユ北海道 ツバイゲルト驚2019年
deMontille&Hokkaido Zweigelt

ドモンティーユ&北海道・ツバイゲルト驚2019年赤 750ml 税込価格5900円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ツバイゲルトレーベ(北海道産)
生産本数 約-本


 深いルビー色のニュアンスを持った紫色。 スミレ、赤果実、ブラックチェリーと白胡椒、ナツメグの魅惑的なかおりを放ちます。 細粒なボディ、素晴らしいテクスチャー、ボリューム&長さを持ち、とてもバランスが取れています。 フレッシュで生き生きとした仕上がりとなりました。「ド・モンティーユ&北海道様のコメントより」
完売

ド・モンティーユ北海道 ピノノワール驚2019年
deMontille&Hokkaido PinotNoir

ドモンティーユ&北海道・ピノノワール驚2019年赤 750ml 税込価格7500円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(北海道産)
生産本数 約-本


 淡い輝きのある紫色。砕いた新鮮なイチゴと小さな赤果実に、バラの花びら、牡丹のフローラルなトーンと、生き生きした酸味を持つアセロラや白胡椒の香ばしさの複雑なアロマを放ちます。 味わいは、繊細さを持ち、活気に満ちた鮮やかなタンニンがうまく溶け込んでいて、最後には、ミネラルのニュアンスを持ったタンニンを感じさせてくれます。 涼しい気候で作られた、非常にエレガントなピノ・ノワールと言えるでしょう。「ド・モンティーユ&北海道様のコメントより」
完売


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ドモンティーユ北海道ワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8