ドメーヌ長谷   Domaine HASE
長野県上高井郡高山村  ヒカルファーム Hikaru Farm

〜村内最標高の好地に、個人としては異例規模の広大な一枚畑を取得。果敢に働く情熱の自然派人〜

Hikaru Farm  代表者 長谷 光浩 氏
住所 長野県上高井郡高山村
創業年 2014年(ワイナリー醸造所稼働年2017年)
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約6ヘクタール

大変な人気なため、入荷量が限られており、店舗のみで販売しています。ネットでは、ワイナリー紹介だけをしています。
※「店舗販売中」表示の銘柄は、店舗のみで販売しています。「完売」表示の銘柄は、売り切れております。

畑に隣接、ワイナリーの建物 醸造所内の様子 発酵タンク 圧搾機
山に囲まれつつも明るく開けた畑 広大な一枚畑。左奥遠方に醸造所 緑が美しい自社ソービニヨンブラン 高地冷涼、リースリングも栽培
綺麗な色づき自園ピノグリ房 自園シャルドネ房 自園ゲブュルツトラミネール房 鳥から守るネット内(ピノブラン樹)
自園ピノノワール房 自園シラー房 垣根仕立ベリーAにも注力 垣根仕立自園マスカットベリーA房

 ドメーヌ長谷(合同会社Hikaru Farm)さんは、2017年の9月に醸造免許を取得した家族経営のワイナリーです。北信と呼ばれワイン用葡萄栽培で実績のある高山村村内でも最も標高の高い福井原地区、標高800メートルの場所に、個人経営の小規模ワイナリーとしては異例ともいえる約6ヘクタールもの広大な葡萄畑を持ち、隣接して醸造所を建てました。「ドメーヌ」という名のとおり、自家栽培自家醸造を中心としたワインづくりを目指しています。
 ドメーヌ長谷さんの目指すワインは、「心に響くワイン」で、メインスタイルは長野県ではめずらしい混植混醸のフィールドブレンドワインです。自社畑葡萄の栽培・醸造においては、混植をし(品種違いまたは異なるクローンを多数同じ畑に植栽する)、除草剤、化学農薬、化学肥料を使用せず、その区画で収穫された多品種の葡萄を一緒に野生酵母で発酵させる、土地の味をしっかり表現する自然派な混植混醸ワイン造りを実践されています。

写真 銘柄 購入数

ヒカルファーム プレミアム・和シードル
HikaruFarm Premium WaCidre

ヒカルファーム・プレミアム・和シードル 750ml
タイプ 白発泡性・辛口
林檎品種 紅玉主体、シナノゴールド、ふじ(長野県高山村の信州松本園産)
生産本数 約700本  減農薬栽培、天然酵母発酵、無濾過、亜硫酸無添加

第1回ジャパンシードルアワード2018のグットテイスティング賞DRY部門で、一つ星を獲得

 信州高山村でもトップ生産者のひとつである「信州松本園」の林檎だけでつくったシードルです。信州松本園の林檎は、高級スーパーや高級果物店でも扱われるほど大変クオリティの高い林檎です。貴重な紅玉をベースに、シナノゴールドとフジ(酸や渋みの強い「青み果」)の和の3品種をブレンドしています。
 林檎を丁寧に撰果し洗浄、クラッシュしたあとにメンブランプレスでゆっくりとジュースを絞りました。林檎の自然酵母により低温で長期間発酵、その後、瓶内二次発酵および瓶内熟成を行いました。2017年は秋の長雨の影響で酸やタンニンが豊富で、瓶内熟成により、それらの香りが含まれています。素直な林檎の香りと塩味、そして紅玉の酸が主体のシードルですが、和のテイストを持ち合わせています。林檎の手絞り感、凝縮感を出すため、無濾過無清澄で瓶詰時に亜硫酸を使用しておりませんので、オリが多く含まれております。召し上がっていただく、少なくとも前日からしっかりと冷やし、十分注意していから抜栓していください(ナプキンなどを使用することをお勧めします)。「ヒカルファーム様のコメントより」

●高山村の林檎について
「信州高山さわやかりんご」のブランド名で知られ、秋になれば村内にある共選所は付近に渋滞ができるほど、県外から多くのお客様が買い付けにやってきます。寒暖差を活かした、甘みが強く凝縮度の高い林檎はたくさんのリピーターを生んでいます。また、栽培には村独自の減農薬対策(人工フェロモン剤の使用で農薬散布を減らす環境保全型農法)も実施し、環境に配慮した林檎栽培が行われています。
店舗
販売中


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ヒカルファーム・ドメーヌ長谷ワイン取扱店、販売店
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8