ひるぜんワイン   Hiruzen Wine
岡山県真庭市蒜山

〜美しい蒜山高原に自生するヤマブドウを40年に渡り優良選抜し続ける、こだわりの結実〜

ひるぜんワイン有限会社  代表者 植木 啓司 氏
住所 岡山県真庭市蒜山上福田1205−32
創業年 1987年
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約-ヘクタール

 岡山県の最北端、鳥取県との県境に位置する蒜山高原(ひるぜんこうげん)は、雄大な蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山の3山)に抱かれ、牧草地が広がりジャージー牛の牧場や、別荘、宿泊施設などが数多く点在する、「西の軽井沢」とも呼ばれる緑豊かで美しい高原です。標高500〜700メートルの高地に位置し、冬は1メートル以上の積雪になる事もある豪雪地帯でスキー場もあり、水はけのいい土壌と昼夜の寒暖差を生かして蕎麦栽培も盛んな地域です。
 この高原にある「ひるぜんワイン」さんの歴史は、当時の岡山県知事と川上村(現・真庭市)村長の発案により出発。1978年(昭和53年)から自生するヤマブドウを使った本格ワインの研究を進め、1988年(昭和63年)には醸造に向け第三セクターの同社が設立され果実酒造免許を取得し、未踏の領域であったヤマブドウの栽培にも苦労をかさねながら11年の歳月をかけ成功。翌年の1989年(平成元年)、当時、西日本では唯一とされるヤマブドウ原料のワインが商品化されました。
 発足以来、現在に至るまで、この蒜山高原に古来よりに自生していた日本固有の野生種「山葡萄(ヤマブドウ)」の1000本もの穂木を山から採取し、香味良好で糖度が高く酸味の少ない等の特徴を持つ、優良な木の選抜を自社園で続けています。40年に及ぶ研究の結果、豊かな果汁成分を有する系統が発見され、さらなるワインの品質の向上が期待されています。蒜山産のヤマブドウはもともと、日照時間などの気候の違いから、本場とされる東北地方のものよりも甘みが強く、また皮の色が濃いのが特徴で、その素性を最大限に引き出すことを重視し、この地のテロワールをより豊かに表現すべく、今も研究・挑戦が続いています。

写真 銘柄 購入数

ひるぜんワイン三座(RED)
HiruzenWine Sanza Red

ひるぜんワイン三座(赤) 720ml 税込価格3080円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ヤマソービニヨン主体(岡山県蒜山自社畑産)、山葡萄(岡山県蒜山産)
生産本数 約-本  古樽で11ヶ月熟成

第7回サクラアワード2020でダブルゴールド受賞


 輝きのある明るい紫紅色と豊かな粘性。杉や樽などのウッディな香り。木苺や黒すぐりを思わせるフルーティーな香りから、花やスパイスの香りに変化していきます。良質な酸と甘みとによる均整の取れたボディ感。リッチで切れの良い余韻を残します。「ひるぜんワイン様のコメントより」


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ひるぜんワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8