カモシカシードル   Kamoshika Cidre
長野県伊那市横山  カモシカシードル醸造所

〜長野県初!シードル向き林檎品種栽培も含めた自社林檎畑作りから始めた、シードル専門醸造所〜

カモシカシードル醸造所  所長 入倉浩平 氏
住所 長野県伊那市横山10955‐14
創業年 2016年(醸造開始年)
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約1ヘクタール(増える予定)  契約畑 林檎農家約8軒

カモシカシードル醸造の建物 ショップ内の様子 醸造場内の様子 卵型の発酵タンク
圧搾機 集荷された仕込前の紅玉 酒に適した品種を植えた自社畑 自社畑グラニースミス(青りんご)

 長野初のシードル専門醸造所が2016年に誕生しました。場所は南信州の伊那市、標高が高く600〜1,000mに位置し、冷涼で澄みきった空気や晴天率の高さ、朝晩の寒暖の差があることから、甘味と酸味の効いた特に良質なリンゴを産する果樹栽培に向いた地域です。所長で栽培・醸造もされる入倉浩平氏は東京からの移住。祖母が伊那市出身で、幼少期によく訪れていたそうで、伊那産林檎の味も気に入っていたことから、醸造所をこの場所に選んだとのことです。所長も含め約2〜3名で作業する小さなシードル醸造所ですが、母体の運営会社「有限会社グルップボエンデ」は、東京都で2つの高齢者グループホームなど福祉施設を経営する父親の入倉哲郎氏が社長を務める企業で、会社の新事業として2011年より計画が始まりました。新規参入事業を任された入倉浩平氏はその翌年から3年間、発酵系専門学校である東京バイオテクノロジー専門学校でシードルやワイン、日本酒などの製造を一から学ばれます。専門学校での一年目は共通授業、二年目はジャンルごとに分かれ(発酵・醸造分野へ)、三年目は自身のめざす専門の内容を研究されました(世界のシードル30種類ほどと、醸造所で使用予定の長野県伊那産リンゴ20種類ほどを成分分析等研究した)。それと並行して醸造所建設予定地の近隣耕作放棄畑に、紅玉、グラニースミス(青リンゴ)を主に、酸味や香りが豊富な品種、タンニンが豊富な品種などシードルつくりに適した30品種ほどの林檎樹を植え、醸造所より先に自社畑造りに着手しました。このようにシードル専門の醸造所を立ち上げるにあたり、技術、原料等々、用意周到かつ地道に準備された結果、初年度醸造のカモシカシードルが、世界的権威のある審査会の日本版「ジャパン・ワイン・チャレンジ」の一環で開催された「フジ・シードル・チャレンジ2017」で、世界のシードルにまじり唯一日本シードルで金賞を受賞し、その実力を初動から見事発揮されたのです!
 カモシカシードル醸造所ではリンゴの収穫時期(saison [セゾン])によって3回に分けてシードルを仕込んでいます。初秋期のラプリミエールセゾン(第1シーズン早生品種林檎使用「つがる、グリーンスリーブス、祝など」)、中秋期のラドゥジェームセゾン(第2シーズン中生品種林檎使用「紅玉、シナノスイートなど」)、晩秋期のラトロワジェームセゾン(第3シーズン晩生品種林檎使用「ふじ、グラニースミスなど」)と移っていきます。各セゾンともリンゴの配合バランスにこだわりがあり、一つのシードルに十数種類を使う醸造所もありますが、カモシカシードル醸造所では2、3種類にとどめていて、酸味や香り、味わいなどそれぞれの林檎品種の特徴を活かすことに努めています。その他にめずらしいピンク色のロゼシードルも造られていて、信州大学農学部の伴野教授が開発された赤果肉リンゴの新品種「ハニールージュ」を使用した、2016年の一年目は60本、2017年の二年目は400本製造と、まだ栽培がはじまったばかりということでたいへん希少な銘柄となっいます。
 シードル向きの品種が植わる標高850メートル〜900メートルの高地にある自社畑をはじめ、同一域で醸造所近隣の長野県伊那市横手から買い入れる完全地産の使用林檎は、標高が高いため気温が低いにもかかわらず太平洋側なので雨・雪が少なく晴れの日も多いことから日照が確保でき、太陽が落ちると夜冷え込むという絶好の寒暖さに恵まれ、甘みと酸味がくっきり出る素晴らしい特徴を持っています。また、醸造所のすぐ近所には林檎栽培を研究する信州大学があり、多岐にわたり協力を受けています。こだわりのシードル作りに打ち込むには最高の環境が揃っているといえます。

写真 銘柄 購入数

カモシカシードル ラ・プリミエール・セゾン・ブリュット2016年 辛口
CamoshikaCidre La 1ere Saison Brut

カモシカシードル・ラプリミエールセゾン・ブリュット2016年(辛口) 750ml 価格1620円
タイプ 発泡性白・辛口   コルク栓
林檎品種 つがる主体、グリーンスリーブス、祝(長野県伊那市横山産)
生産本数 約-本  瓶内二次発酵


 一番早い時季の早生(わせ)のシードルです。「つがる」をベースに、「グリーンスリーブス」と「祝」をブレンドして作りました。キリっとした酸味と、瓶内2次発酵の自然で細かな泡が持ち味です。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」
完売

カモシカシードル ラ・ドゥジェーム・セゾン・ブリュット2016年 辛口
CamoshikaCidre La 2e Saison Brut

カモシカシードル・ラドゥジェームセゾン・ブリュット2016年(辛口) 750ml 価格1620円
タイプ 発泡性白・辛口   コルク栓
林檎品種 シナノスイート、紅玉(長野県伊那市横山産)
生産本数 約-本  瓶内二次発酵


 二番目の秋が深まる頃のシードルです。原料のリンゴには、中生種の「シナノスイート」と「紅玉」を使用しました。紅玉の酸味と香り、瓶内2次発酵の自然で細かな泡が感じられるシードルです。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」
完売

カモシカシードル ラ・トロワジェーム・セゾン・ブリュット2016年 辛口
CamoshikaCidre La 3e Saison Brut

カモシカシードル・ラトロワジェームセゾン・ブリュット2016年(辛口) 750ml 価格1620円
タイプ 発泡性白・辛口   コルク栓
林檎品種 ふじ主体、グラニースミス(長野県伊那市横山産)
生産本数 約-本  瓶内二次発酵

2016年物が、第1回富士サイダーチャレンジ2017で銀賞受賞



青りんご品種、自社畑のグラニースミス。最晩生種で11月中下旬に収穫となります。
 青リンゴであるグラニースミスは、醸造所近隣にある自社畑に、紅玉と共に、より多く植えられており、シードル向けに期待されている品種です。晩生種で伊那では収穫が11月20日前後になるそうです。また、もう一種の有名な青リンゴ品種「ブラムリー(こちらは早生)」よりグラニースミスのほうが酸が優しいとのことです。グラニースミスならではの青りんごの爽やかな酸が、一緒に併せて仕込む、同じく晩生である「ふじ」林檎の蜜入り芳醇な果実感をよりいっそう引き立てています。じっくり生成されてきた、性格の違う二種類の晩生種の個性があわさり、ラトロワジゥームセゾン(第3シーズン)シードルを奥行きのある味わいにしています。

 三番目の晩秋のシードルです。「ふじ」をベースに、「グラニースミス」を加えました。「ふじ」の蜜から黄金色に輝くシードルです。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」

林檎品種「グラニースミス(GrannySmith)」とは・・・・オーストラリアで1868年にマリア・アン・スミスによって発見された偶発実生とされています。発見した女性の名前から”グラニー・スミス=スミスおばあちゃん”となりました。1935年頃にイギリス、1972年にアメリカ合衆国に渡り、フランスでも栽培が盛んな欧米ではポピュラーな青リンゴです。収穫の遅い晩生種。形はやや縦長の形で、表皮の色は黄緑色から黄緑色の地色に部分的に少し赤みがつきます。グラニースミスは、ビートルズのアップル・レコードのシンボルマークになったことでも有名な林檎です。
完売

カモシカシードル ラ・ドゥジェーム・セゾン・ドゥー2016年 甘口
CamoshikaCidre La 2e Saison Doux

カモシカシードル・ラドゥジェームセゾン・ドゥー2016年(甘口) 750ml 価格1620円
タイプ 発泡性白・甘口   王冠の栓
林檎品種 シナノスイート、紅玉(長野県伊那市横山産)
生産本数 約-本  瓶内二次発酵

2016年物が、第1回富士サイダーチャレンジ2017で金賞受賞〔日本シードルでは唯一!〕


 二番目の秋が深まる頃のシードルです。中生種の「シナノスイート」「紅玉」を使用しました。紅玉の酸味と、香りが感じられるシードルです。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」


■■日本で初開催された本格的なシードルコンクール「第一回 フジ・シードル・チャレンジ 2017」で、世界のシードルと同一基準で審査されたなか、唯一、日本シードルで「カモシカシードル・ラドゥジェームセゾン・ドゥー2016」が金賞を受賞!■■

第一回フジ・シードル・チャレンジ 2017で、カモシカシードル・ラドゥジェームセゾン・ドゥー2016年が金賞受賞したときの賞状です。
 「フジ・シードル・チャレンジ」とは、日本で最も歴史があり、世界基準で審査されるワインコンクール「ジャパン・ワイン・チャレンジ」の派生として、海外審査員とジャパン・ワイン・チャレンジ認定日本人審査員でテイスティング審査されるシードルコンクールです。出品されるのは、海外産も含めて日本市場で流通するシードルが対象となります。2017年8月14日に行われた、記念すべき第一回めの「フジ・シードル・チャレンジ 2017」で、唯一、日本シードルで金賞を受賞したのが「カモシカシードル・ラドゥジェームセゾン・ドゥー2016」です(金賞受賞は8銘柄。他の7銘柄は海外シードル)。
あと1本

カモシカシードル ラ・トロワジェーム・セゾン・ドゥー2016年 甘口
CamoshikaCidre La 3e Saison Doux

カモシカシードル・ラトロワジェームセゾン・ドゥー2016年(甘口) 750ml 価格1620円
タイプ 発泡性白・甘口   コルク栓
林檎品種 ふじ(長野県伊那市横山産)
生産本数 約-本  瓶内二次発酵



醸造所近隣、伊那市横山の「ふじ」林檎

 三番目の晩秋のシードルです。 伊那市横山産の「ふじ」を100%使用しました。 「ふじ」の蜜から黄金色に輝くシードルです。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」

カモシカシードル ロゼ2017年 甘口
CamoshikaCidre Rose Doux

カモシカシードル・ロゼ2017年(甘口) 750ml 価格3240円
タイプ 発泡性ロゼ・甘口   王冠の栓
林檎品種 ハニールージュ(長野県産)契約畑、信州大学の畑、自社畑産
生産本数 約400本  瓶内一次発酵


 早生(わせ)のリンゴを中心としたピンク色のシードルです。信州大学の伴野教授が開発した赤果肉リンゴの新品種「ハニールージュ」100%使用しました。瓶内1次発酵による、自然で細かな泡が特徴です。「カモシカシードル醸造所様のコメントより」

林檎品種「ハニールージュ」とは・・・・信州大学農学部で平成11年に「つがる」×「メイポール」を交配。育成・選抜され平成28年に種苗登録されました。果皮・果肉ともに濃赤色で、9月上中旬収穫の早生品種。葉も、赤紫蘇のような赤黒みを帯びています。標高が高いなど、寒冷な気候でないと、果肉の赤い色づきが少なくなる。
完売


HOME

未成年者へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 カモシカシードル取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8