キザンワイン 機山洋酒工業 山梨県甲州市塩山三日市場
KIZAN WINE 機山ワイナリー

機山洋酒工業株式会社  キザンワイナリー代表者 土屋幸三氏
住所 山梨県甲州市塩山三日市場3313
創業年1930年
年間生産量 約3万本(国産比率100%)
自社畑1.1ヘクタール(その他は、契約栽培ではないが塩山市周辺の毎年同じ畑のものを使用)

現在、大変な人気なため、入荷量が限られており、品切れの際は、ご容赦ください。


〔左〕テイスティングルーム入口  〔右〕醸造所外観


〔左〕温度管理された樽・瓶貯蔵庫   〔中〕とても清潔で磨き込まれた醸造場   〔右〕マール・ブランデーの蒸留

 1000円クラスのワインで勝負している家族経営のワイナリーがある。ほぼ1000円台の商品しかラインナップにないため、ご夫婦が手塩にかけた自家栽培葡萄が、おしみなく、このクラスのワインに使われている。美味しくないわけがない。価格的にも、世界のワインと肩を並べ高く評価されるべき水準に達している珠玉のワイナリー。
 日本のワイナリーの中にあって、価格構成も特異ですが、商品構成にも驚かされます。アイテム数も少なく、定番6種類、そのすべてが辛口。そして、栽培から醸造、販売までほとんどお二人でやっています。今のところ従業員ゼロ。無駄の無いスリムなワイナリー経営です。
 外国産ワインにくらべ、割高感が強かった国産ワイン…。日本の物価、人件費、地価などから考えて、埋めようのないひらきがあるとあきらめていました。特に層の厚いデイリークラスのワインでは…。でも、その価格差は"実際"埋められるのです。外国ワインを飲み続け、10年以上も売り続けてきた私が、キザンワインを一口飲んだ瞬間から"山梨に行こう"と決意したのですから。
 ギサンワインを飲んだ一週間後に、私は、機山洋酒工業の土屋さんご夫婦を訪ねていました。耳にしていた通り、お二人だけで切り盛りされており、ご主人の土屋幸三さんはワイナリーの仕事(発酵の終わったタンクの洗浄)をしていて、奥様の由香里さんがテイスティングルームの店番をされていました。お二人とも、それぞれに一流酒造会社の研究員をされていたほどの経歴をもつ醸造家なので、専門用語が飛び出すぐらいの熱い話が展開するのかと思いきや、わかりやすい簡潔な説明を、こちらの質問にも適確に答えつつ、してくださいました。まったくもって、自然体で気負いがなく、ユーモアもまじえて話題も豊富。奥様が案内してくださった醸造所、貯蔵庫などは、清潔で整然と配置されており、すべてに目が行き届いている感じがうかがえました。ご主人の土屋さんに案内していただいた近くの自社畑は、垣根仕立でレインカット方式が採用されていました。2004年の収穫はすべて終わっている筈なのに、よく見ると、黄色みがかった葉の間に、まだ葡萄の房がまばらに付いていました。そして地面の上にも、ちらほら房が落ちています。落ちているものは自然に房ごと落ちるわけがなく、切り落とされたものです。木に付いている房は、収穫時、未成熟だったモノで、地面に捨てられた房は、果皮が傷んでいたものらしい。丹精込めた葡萄もすべて使えるわけではなく、そうとうの選果が必要なのを目の当たりにしました。ひと房ずつ吟味しながら手摘みで収穫している証拠です。土屋さんが「食べてもいいですよ」といってくださったので、2、3粒いただくことにしました。カベルネソービニヨンは木についているほうから、メルロは、落ちているものしかみつからなかったので、勇気を出して拾って食べました(笑)。どの粒も適正な収穫期をすぎ超完熟しているので酸が弱く、ものすごく甘く感じましたが、この豊かで深い果実味がキザンワインに通ずると思い、感激したのでした。

写真 銘柄 購入数

キザンワイン白・甲州2016年
KIZAN WINE White

キザンワイン白2016年 750ml 1440円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 甲州100%
生産本数 -本
ニッケイ・プラス1、何でもランキング国産ワイン<白ワインの部門第3位>(日本経済新聞2004年12月11日掲載)
2001年物が、ワイナート誌23号で90点、甲州ワインの中で最高点(2004年7月1日発行)

 雑誌dancyu「ダンチュウ」で、「日本代表にしたい甲州ワイン」と専門家に高く評価されたワインです。自家畑のモノと、近隣の農家さんの毎年同じ畑のモノを使用している。甲州のワインは、この1種類しかだしていないため、ポテンシャルの高い甲州が使われている。香り高さ、果実味の膨らみ、酸の鮮やかさ。ワイン用に栽培され、ワイン用のタイミングで収穫されたであろう甲州葡萄の素晴らしさが、しっかりと、はっきりと、感じ取れます。

キザンワイン赤・ブラッククイーン2014年
KIZAN WINE Red

キザンワイン赤2014年 750ml 1440円
タイプ 赤・ミディアムボディ辛口
葡萄品種 ブラック・クイーン100%
生産量本数 -本

樽熟成一部有り

 色が黒く、酸味が強い、醸造専用葡萄品種「ブラック・クイーン」。マスカットベリーA種とは違い、生食では、出荷されることが無く、契約栽培にてワイン醸造に専用栽培された高品質なブラッククイーンを使用。アメリカ系品種との交配種なためフォキシーフレーバー(グレーブジュースの香り)が少しあるワインになります。渋味は少ない品種とされますが、色素の多さと豊かな酸で、飲みごたえがあり濃く感じます。日本の赤葡萄品種で、ここまで強いワインが造れるのに驚かされます。熟成させても面白いポテンシャルを持っています。
 塩山市周辺の農家さんから、ワイン用に栽培し収穫してもらったモノと、自家畑のモノを入れて造っています。

 ギサンワイン赤2002年[試飲日2005.2.24]ほんの少し紫がかった深赤色。最初還元的な香りがするので、グラスを回して空気にふれさせ、その香りを飛ばします。そうするとブルーベリーのような果実香やシナモンの香が立ってきます。深みのある果実感とキメのある酸の収斂味が、心地よい飲み応えを出しています。ブラッククイーン独特の酸が、濃密な果実味に包み込まれ、芯のあるキレに変わる、高めの温度帯で飲むのがベストです。抜栓して2日目、3日目でも美味しく味わいが膨らむ力強さがある。デキャンティングしても楽しい。

キザンワインロゼ2001年
KIZAN WINE Rose 2001

キザンワインロゼ2001年 720ml 1440円
タイプ ロゼ・辛口
葡萄品種 甲州、ブラック・クイーン少々(甲州ワインとブラッククイーンワインをブレンドして造られています)
生産本数
 約1500本

 最初の訪問では、試飲できなかったキザンのロゼワイン。あるのは知っていましたが、商品としてロゼの需要は少ないので興味も薄く、他の素晴らしいワインに夢中で、すっかり忘れていました。帰ってから、妻に「キザンのロゼも美味しいのかしら?」と聞かれて、ものすごく気になりだしました。2回目の訪問で妻が、ロゼを買って帰ると土屋さんに申し出ると、「あ、いいですよ開けます」と、その場で抜栓してくださいました。グラスに注がれ、飲んだ瞬間、妻と顔を見合わせ「美味しい」と一言。それは、いままで体験したことのないロゼワインでした。プロヴァンスロゼより薄酸っぱくなく、タヴェルロゼほどゴツくない。均整のとれた綺麗な旨みを感じる辛口でした。
 ロゼの辛口で感動することは、少ない。その後、これを仕入れて店頭に出す。辛口白ワインを買いに来られた女性に妻が、飲んだ時の感動をまじえつつ1本お売りすると、翌日気に入られて、また2本買いにきてくださいました。これって、辛口ロゼワインでは、初めての経験です。

 ギサンワインロゼ2001年[試飲日2005.1.6]照りのある非常に美しい濃い目のピンク。ストロベリー香主体で果実の素直な香り。苦味、えぐみはまったく感じられず、渋味、酸味、果実味が見事に調和し、かどがとれた綺麗な旨みがある辛口。冷しすぎは禁物だ。愛らしい果実香と旨みが沈み込んでしまうからだ。12度前後の温度で、魚料理と楽しみたい。しかし、夏場などにはキリリと冷して飲むのも良い。低温でも酸味が上がってこず、綺麗にすっきり飲む事が出来るからだ。
とても残念ですが、終売になりました。白ワインと赤ワインの人気がすごく、ロゼにまわすブレンド分の余裕が無くなったとの事。
完売

キザンファミリーリザーブ2014年
KIZAN FAMILY RESERVE 

キザン・ファミリー・リザーブ2014年赤 720ml 1851円
タイプ 赤・フルボディ辛口
葡萄品種 メルロ50%、ブラッククイーン30%、カベルネソービニヨン15%、プティヴェルド5%
生産本数 約-本


 「家族で楽しむとっておきワイン」として位置づけられた贅沢なワインです。私にとっては“キザンワイン行き”を決定付けた記念碑的ワインです。2001年のキザンファミリーリザーブを飲んだ瞬間の衝撃は忘れられません。日本ワインに対する見方が変わったターニングポイントになったワインでもあります。日本ワインは海外ワインより質的に価格で割高という、今までの固定観念を見事に打ち砕いてくれました。この価格帯の、ボルドーの大多数のプチシャトーより、確実に高級感があり、厚みが感じられました。ほどよい新樽熟成によるバニラ香、モカフレーバー。カベルネの渋味、複雑性。メルロの果実味、しなやかさ。ブラッククイーンの黒い色素と酸味、キレ、日本固有品種の隠し味。見事な構成、ブレンドセンスによる名作です。元は、ワイナリーに来てくれたお客様をもてなすためのワインで、非売品であったものを、あまりにも評判がよく要望があったため、商品化したそうです。和と洋が上手く調和したスペシャルワイン。

 ギサンファミリーリザーブ2002年[試飲日2005.2.24]中心部が少し黒い深赤色。バニラ、モカの樽香、すみれ香があり、全体に華やかで高級感が漂う。少々、根采の香りも。熟したタンニンのキメのある収斂味が力強い。果実味も豊富で旨みもあり、酸のキレもダイナミック。そして心地よい余韻がでてきている。見事なフルボディワインです。私は抜栓したてでも力強くて良いと思うがデキャンティングしてもよいと思います。2日目、3日目と味が膨らみ美味しいのは言わずもがな。日本ワインでこれが出来るのは驚きです。各要素のポテンシャルが非常に高いんですね。

キザンセレクションシャルドネ2006年
KIZAN SELECTION Chardonnay 

キザン・セレクション・シャルドネ2006年白 750ml 1851円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ100%
生産本数 約1500本


 レモンイエロー。白桃やフレッシュなパイナップル、フルーツカクテルのようなアロマとマカデミアナッツのような香ばしいブーケ。ミディアムボディーの辛口白ワイン。バターキャラメルのようなフレーバーがクリーミーにまとわりつくような口当たりを生み出し、舌の上ではグレープフルーツのような柑橘味がさわやかさを感じさせます。上品で豊かな味わいにこくのある酸味がバランスよく、複雑で長い余韻を楽しめます。クリームやバターを使った魚料理や軽めの肉料理によく合います。【機山洋酒工業様のコメントより】

 ギサンシャルドネ2002年[試飲日2004.12.16]輝きテリのある黄色が美しい。新鮮なパイナップルの香りが主体、少し桃の香り、ほのかにビスケット香。飲むとふくよかで綺麗な果実味が広がる。8度ぐらいに冷えていても丸く感じる。温度が14度ぐらいだと甘く感じるぐらい果実味が豊かだ。それでも後口がもたつかないのは、良い酸味が溶け込んでいるのだろう。抜栓した直後から美味しくいただける素晴らしい状態です。芳醇な果実味を堪能しよう。

現在品切れ
完売

キザンセレクションメルロカベルネ2006年
KIZAN SELECTION Merlot/CabernetSauvignon 

キザン・セレクション・メルロカベルネソービニヨン2006年赤 750ml 2262円
タイプ 赤・ミディアムボディ辛口
葡萄品種 メルロ65%、カベルネソービニヨン35%
生産本数 約1500本


 やや明るめのガーネット色。豊かなブラックベリーやラズベリーのアロマとシナモンやリコリスを思わせるスパイシーさが感じられます。上品なヴァニラのオークフレーバーも後に続きます。辛口フルボディーの赤ワイン。熟した果実味とはっきりとしたタンニンが、パワフルな口当たりを構成しています。後味にはやわらかさも感じられ、今後の熟成により味わいに豊かさを増していきます。軽やかな果実味と涼やかなスパイシーさが調和し、複雑なフレーバーとともに長い余韻が楽しめます。【機山洋酒工業様のコメントより】
現在品切れ
完売

キザンスパークリングトラディショナルブリュット
KIZAN SPARKLING Traditional BRUT

キザン・スパークリング・トラディショナル・ブリュット 750ml 3132円
タイプ 白・スパークリングワイン辛口(発泡性)  シャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)
葡萄品種 東山梨地区産の甲州100%
生産本数 -本
読売新聞2008年3月3日ほろ酔ひ流掲載(文・鹿取みゆき)「はじける青リンゴ風味」

〔左〕デゴルジュマン・澱のある瓶の先を凍らせる機械  〔右〕定温貯蔵されるスパークリングワインのストック

 甲州種ぶどうから伝統的なシャンパン製法(ビン内2次発酵炭酸ガス圧を高める方法)で造り上げた辛口スパークリングワインです。甲州種葡萄の上品な果実味や軽い渋みとビン内発酵の特徴であるクリーミーで香ばしいフレーバーがバランスよく、重量感のある味わいをお楽しみいただけます。
 レモンや青リンゴといった香りに加えて酵母由来の香ばしさも感じられます。僅かにアルデヒディックな香りが全体に複雑味と重厚さを与えています。クリーンでバランスの良い柑橘系とクリーミーで香ばしい焼きたてのパンのようなフレーバー、青々しいハーブのような味わいも感じられます。ミドルも上品な渋味で非常に重厚感のある味わい。穏やかな酸味のフィニッシュは非常にドライでバランスが良く爽やか。心地よい飲みごたえが長く余韻として残ります。【機山洋酒工業様のコメントより】

※スパークリングワインのビンの底に白い酒石酸の結晶があります。酒石酸はぶどうに豊富に含まれる有機酸の一種で、このような酒石酸の結晶が出ていましてもワインの品質には全く問題はございません。またぶどう由来の成分ですので、お飲みいただいても安全上の問題はございません。

キザンワイン白マグナムサイズ 1500ml
KIZAN WINE White 1500ml

キザンワイン白NVマグナムサイズ 1.5L 1851円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 甲州
生産本数 -本


 通常サイズのキザンワイン白とは違い、ノンヴィンテージで複数年のワインが入って、飲み口良く仕上げられています。もともとレベルの高い葡萄を使用している機山ワインさんならではの果実の厚みに加え、いろいろな要素が絡み合う深い味わいで、とてもリーズナブルに感じていただける、日常ワインです。
1.5L

キザンワイン赤マグナムサイズ 1500ml
KIZAN WINE Red 1500ml

キザンワイン赤NVマグナムサイズ 1.5L 1851円
タイプ 赤・ミディアムボディ辛口
葡萄品種 ブラック・クイーン
生産量本数 -本


 通常サイズのキザンワイン赤とは違い、ノンヴィンテージで複数年のワインが入って、飲み口良く仕上げられています。もともとレベルの高い葡萄を使用している機山ワインさんならではの果実の厚みに加え、いろいろな要素が絡み合う深い味わいで、とてもリーズナブルに感じていただける、日常ワインです。樽熟成のニュアンスも入って、余韻まで楽しめる、贅沢で満足感のある完成度。
1.5L

マール・ド・キザン
Marc de KIZAN

マール・ド・ギサン(粕取りホワイトブランデー) 360ml 1419円
アルコール分 40%
葡萄品種 ブラッククイーン100%
生産本数 約600本

2008年北海道洞爺湖サミットの食事会において、ディジェスティフ(食後酒)として採用

 ブラッククイーン種葡萄の赤ワインの搾りカスをもう一度発酵させて造った原酒を蒸留して、マール(カス取りブランデー)に仕上げています。樽熟成をしていないので、蒸留直後と同じ無色透明。芋焼酎に相通じる、蒸留酒にも関わらず厚みのあるしっかりした味わいと葡萄から来るフルーティーで爽やかな香りが特徴です。ストレートはもちろん、オンザロックでも、水割りにされても、深い味わいが楽しめます。気軽な気分で、自由なスタイルでお楽しみいただける食前&食後酒です。【機山洋酒工業様のコメントより】

 海外のマールやグラッパといわれるブランデーとくらべても安い。ホワイトブランデーといわれる分野は、なかなか接する機会がないですが、原料葡萄の個性がストレートに出て楽しいモノです。
 マールの製造も大変で、本来のワイン醸造と並行しつつ、搾られた葡萄粕が出た新鮮な内に蒸留にかけなければならないらしい。よく海外のマールで、みょうな臭み(磯臭かったり、海苔っぽかったり)を感じることがあり、蒸留所の個性と思っていたのですが、そいつはどうやら葡萄粕の処理が遅れて鮮度を失ったせいであるとの事。オーク樽貯蔵がないので、葡萄本来の香りがストレートにでるマールは、葡萄粕の鮮度で蒸留後の香りが決定してしまうのですね。土屋さんいわく、酸化等進んでしまって、クサくなってしまった葡萄粕を蒸留すれば、そのクサイ香りが濃縮されていくだけで、良い葡萄香のマールが出来るわけがないとの事。ブラッククイーンワインの醸造・搾りが始まると蒸留も含めタイトなスケジュールで作業しなければならず、時間との勝負で、想定外の仕事が入ったり事件がおきると洒落にならないらしい。大量の葡萄粕を処理して、精製できる量はほんの少し、時間におわれ体力を使うわりには、実りが少ない。美味なるモノの造るのは、粕取りブランデーであっても、大変なのですね。その労の割りには、他の国産や海外ものとくらべても価格がもの凄く安い。こんなに安くていいのですかとお聞きすると、いいの粕取り酒だし焼酎感覚で気軽に飲んでもらいたいと、さらりと答える・・・・。鴨宮かのや酒店の私がはっきり声を大にして言っちゃいましょう、とってもお徳なマールですよ!
[試飲日2004.10.28]ストレートで。レーズンのような香りがする。葡萄の風味が直接香り、心地よい。アルコールのボリュームが甘く深い、後から熱さを感じ、程よい飲みごたえがある。刺すような刺激は、アルコール度数が高い割に少ないので喉の通りがよい。後日、冷凍庫に入れてみる。ホワイトスピリッツなので試してみた。手で暖めながら飲むブランデーでは掟破りだ。案の定、立ち香は沈み込んだ。しかし、口中のファーストアタックは、ねっとりとして丸くボリューム満点。口中で温まると閉じ込められていたフレーバーがパッと鮮烈に開く。面白い飲み口!

キザン・ブランデー・ラフリューティスト
KIZAN Brandy La Fluteiste

キザン・ブランデー・ラフリューティスト 720ml 8742円
アルコール分 40%
葡萄品種 甲州100%

2008年北海道洞爺湖サミットの食事会において、ディジェスティフ(食後酒)として採用

 フランス・リムーザン産のオーク樽で10年間熟成させています。ぶどう園のすぐ西側を流れる笛吹川にちなみ、フランス語で“笛吹き”を意味する「ラ・フリューティスト」と名づけられています。キャラメル等で色付け、甘み付けする事もなく、何もたさない自然の熟成にまかせたラフリューティストはまっすぐで癖がなく、ナチュラルなブランデーです。【機山洋酒工業様のコメントより】

 キザンワイナリーと同じ敷地内にあるご自宅(母屋)の隣にある純和製造りの土蔵には、お宝ではなく、ブランデーの樽が貯蔵されている(ある意味お宝ではあるが)。10年以上分の樽が、その年ごとに毎年分貯蔵されていく。かなりの量を貯蔵しなければならず、今の販売ペースでは、土屋さんの代では売り切れない量らしい。しかも、樽貯蔵の蒸留酒には、俗に言う“天使のとりぶん”とか“天使のわけまえ”という蒸発による目減りがある・・・・。土屋さんいわく、売っている量より土蔵が飲んでいる量が多いかも、と冗談まじりに笑う。海外からブランデーを樽買いして、ビン詰めして売ったほうが、自身で貯蔵熟成しなくて資金的にも楽だし、もの凄く割り安で儲かるらしい。ではなぜ、造り続けるのか。食後酒を楽しむ、くつろぎの時間や雰囲気がお好きで、そうゆう時間に必要な日本人のためのブランデーを日本の葡萄「甲州」で造っていたい的な、お話でした。食後酒の習慣というものが日本に根付くよう、誰かがまっとうな“本物”を造っていなくてはならない。ロマンと使命感をもちつつ、儲からなくても造り続けられるかぎりヤルとの事。キャラメル等で、甘み付けや色付けをして、寝かさず出荷されるまがい物と違い、じっくり寝かしたナチュラルなキザンブランデーは、とてもココロザシ高いものでした。



1月上旬、剪定前の垣根仕立てメルロ種葡萄自家畑

 1月 剪定の作業がある。かかりきりになれば、ご夫婦ふたりで10日で終わる作業を他の仕事をしながら、20日ほどかけてやるそうです。枝を切るだけでなく、その処理もしなくてはならない。チップにしたり、燃やしたり、大変である。


2月下旬、剪定後の垣根仕立てメルロ種葡萄自家畑

 2月 剪定の作業が終わっていました。右の写真は、短小剪定された先端部分で、芽がふたつある状態で残されています。今の仕事は、畑の整備。これをしっかりやっておくことが重要とおっしゃっていました。下草や落ち葉、小枝等の排除。ツルをくくりつけるワイヤーの張りなおし調整など。もう少し暖かくなると枝をワイヤーに固定する作業に入るそうです。寒すぎると、枝を矯正するとき折れやすいとのこと。


5月下旬、あと1週間から2週間後に開花を控えた葡萄のツボミと垣根仕立てメルロ種葡萄自家畑

 5月 日に日に暖かくなり、樹の活性が高まります。多すぎる芽を間引く作業“芽掻き(めかき)”や、伸びる勢いを増したツルをワイヤーにつなぎとめ形成を整える“誘引(ゆういん)”という作業におわれます。伸び盛りである樹勢をコントロールするこの時期が、収穫期よりも重要で忙しく、目が離せないそうです。


6月下旬、緑色の小さい粒がつく房、垣根仕立てメルロ種葡萄自社畑

6月 開いた葉も大きくなり、結実した緑の房も小粒ながらだいぶ大きくなっています。梅雨に入る前の時期からレインカットのビニールがかかり、葡萄を雨から守っています。水、湿気をカットし、カビや害虫などの被害から葡萄の果皮を守ります。


9月初旬、紫色に色付いた収穫直前の房、垣根仕立てメルロ種葡萄自社畑

9月 いよいよ収穫の時期。キザンさんでは、完熟までまっての収穫。美味しい完熟葡萄は鳥さんなどにねらわれやすいので、ついばまれないようネットがはられています。食い散らかされると、もれた果汁から病気が発生しやすくなる。

HOME  メール

未成年者へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館
】 キザンワインの取扱店・販売店 通販
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8