ラン・セッカ   LanSeqqua
北海道余市郡余市町登町

〜農家となって北海道の自然と共生し、飲む人を魅了するワインを育む〜

ランセッカ  代表者 山川 惇太郎 氏
住所 北海道余市郡余市町登町
創業年 2018年(ワイナリー稼働年は2020年)
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約2ヘクタール

大変な人気なため、入荷量が限られております。ワイナリー発売してすぐに完売の場合も多く、品切れの際はご容赦ください。

 北海道余市町の隣り町、仁木町の果樹農家に生まれ、北海道大学卒業まで道内で生活された後、本州に渡りオフロード自転車競技のアスリートとして活躍。2015年には子供の頃から持っていた農家になるという思いと共に北海道に戻られたという、文武両道に長けた経歴を有する笠惇太郎(旧姓:山川惇太郎)氏は、2016年から2年間ドメーヌタカヒコの曽我さんの所で研修後、2018年5月余市町登地区に農地を取得してピノノワールとツバイゲルトレーベの赤ワイン用葡萄2種を中心に植栽。約2ヘクタールある自園畑と醸造所の場所は、ドメーヌモンの山中さんの所から道路ひとつ隔てて斜め向かいやや遠方に見える、勾配がある西南西斜面と南斜面にあります。私がお伺いした時は、まだ醸造所は基礎の部分しか出来ていませんでしたが、木工部分はご自身で建てるとの事。個人の醸造所とはいえ、素人が作れるレベルの大きさではなく、完成した姿がちょっと想像つきませんでしたが、その後立派なワイナリーが完成し、2020年9月に酒造免許を取得されました。落ち着いた物腰のなかにも、もの凄いバイタリティーを秘め、ものづくりがお好きで学ぶ力のある方だとお見受けしました。ワインを醸造するにあたっては、果物が本来持っているエネルギーをねじ曲げることなく、良さを引き出す手伝いに注力し、だからといって自然のままに任せて全く放置するわけではなく、必要なときには必要な分だけ最小限の手を加えられるよう知識と経験を積み、葡萄と対話しつつ「うまい」の最適解を導き出してくれる造り手様です。いつもの日常にちょっとしたアクセントを加えたり、ちょっとしたハッピーを運んでくれるような、素直に美味しいと感じさせてくれる素晴らしいハレ(非日常)のワインを私達に届けてくださいます。
 Lan Seqqua(ラン・セッカ)さんのワイナリー名は、 Lan は音としてランランラン♪のラン、Seqqua は日本語の“雪華”をもじった造語で、つなげて意訳すると「楽しい雪」となります。厳しく雪に閉ざされる冬ですが、北海道育ちということもあり静寂の冬時間もお好きということと、“楽しくあれ”といった意味もこめて、「ラン・セッカ(楽しい雪)」というワイナリー名にされました。


写真 銘柄 購入数

ラン・セッカ ノボリコ・ノボリ2020年
LanSeqqua NoboricoNobori

ランセッカ・ノボリコノボリ2020年白泡 750ml 税込価格1980円
タイプ 白(発泡性)・辛口
葡萄品種 ナイアガラ(北海道余市町登町契約畑産)
生産本数 約2600本  無濾過、亜硫酸微少


 原料は余市町登町の小登(コノボリ)地区にあるSunnySideFarmの大倉さんが栽培したナイアガラ。畑は小登川という川の脇にある1ヘクタールほどの河原土質の平地で、棚仕立てでの栽培です。栽培は有機同等で、硫黄と一部の区画のみボルドー液のみを使用。うちの家内の笠小春も手伝いとして栽培に携わりました。
 2020年はヴェレゾンまでは大きな天候不順や病虫害の大発生もなく、おおむね順調に推移しました。秋から収穫までの期間は太陽の出ないくずついた天気が続き、果実の成熟という意味では難しい状態が続きましたが、酸もしっかりありつつ糖度も高くなりすぎず、最終的にはバランスの良いところにまとまってくれた、という印象です。
 ワインのコンセプトは「お手軽お気軽」。ビールの代わりとまでは言わずとも、気軽に楽しんでほしいスパークリングワインです。醸造面としてはナイアガラ特有の派手な香りが出過ぎないようにしつつ、酸と少しの苦さで引き立つすっきりとした果実感に仕上がりました。全体としてはライトな味わいですが、食卓の序盤にとっつきやすい性格の味わいかと思います。
 1次発酵は15℃程度、樹脂製タンクで野生酵母にて。プレス前にタンク内にてスキンコンタクトを数日行いました。個人的にナイアガラのモヤモヤしたオリが好きではないため、オリ下げ剤としてプレス前に酵素のペクチナーゼを添加しています。また、リリースまでの短い期間で瓶内二次発酵を確実に行うため、瓶詰め前の糖分添加時に乾燥酵母を加えています。ノンフィルター。瓶詰め前に亜硫酸を添加(試験的なロットの分が極微量混ざっている程度です)。
 オリ抜きはしていないため、濁り・オリがあります。冷やしてからの抜栓をお願いします。「ラン・セッカ様のコメントより」
完売

ラン・セッカ 早花咲月(さはなさづき)2020年
LanSeqqua Sahanasazuki

ランセッカ・早花咲月2020年白泡 750ml 税込価格1980円
タイプ 白(発泡性)・辛口
葡萄品種 ナイアガラ主体、ポートランド1〜2%(北海道余市町登町契約畑産)
生産本数 約2500本  無濾過、亜硫酸無添加


 暑い季節にも飲めるぐらいのライトな白のスパークリングワイン。どっしりとした重厚感はなくてヒラヒラっとした薄さの、いわば花びらが飛んでいくような、サッパリしたスタイルの飲み物です。 「早花咲月」とは太陰暦の3月を表す言葉だそうです。早キ花ノ咲ク月。現在の太陽暦のもとでは3月下旬〜5月上旬に当たります。気温が上がっていく時期にスカッと飲んで美味しい飲み物、ということでこのような名前をつけました。「ラン・セッカ様のコメントより」
完売


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 ランセッカワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8