登醸造セツナウタ・ロゼ   NoboriJozo
北海道余市町 登醸造

〜ご夫婦ふたりの自家畑、ご自宅醸造ナチュラルワイン。深みを刻む癒しの本腰ツヴァイロゼ〜

登醸造  代表者 小西 史明 氏
住所  北海道余市郡余市町登町
創業年 2014年(醸造免許取得年)
年間生産量 約1000〜2000本(国産比率100%)
自社畑 約1.9ヘクタール

畑に隣接するご自宅の一階が醸造所 醸造場内の様子 小さいタンクで自然発酵 丘斜面、自園の様子
自園ツバイゲルトレーベ 自園ツバイゲルトレーベの房 自園ケルナー 自園ケルナーの房


 登醸造の小西史明(こにし ふみあき)氏は、秋田県出身で、北海道大学教育学部を卒業後、東京の全国農業会議所に入社。約9年間勤務されるなかで、全国新規就農相談センターに配属され就農相談を受けるうち等などに出会った、農業者さんの生き生きと仕事をする姿に触発され、ご自身も農業をやりたい、好きなワインを造りたいと思うようになり、2009年余市町に奥様の淳子氏とともにご夫婦で移住されました。余市での農業研修と、10Rワイナリーのブルースガットラブ氏のもとでの醸造研修を経て、2011年より自社農園にて栽培を開始。2014年自園畑に隣接したご自宅一階の一部を改造して醸造場とし、醸造免許を取得。現在のところ、自然酵母で発酵させたナチュラルな造りの、とても味わいに深みのある自園ツヴァイゲルトレーベ葡萄ロゼワイン「セツナウタロゼ」いち銘柄のみを醸造し、その可能性を追求されています。
 先代の農家さんから受け継いだ1.9ヘクタールの一枚畑は、余市の町と日本海を見渡せる丘上部の西向き斜面にあり日当たり良好。北海道ワインさんから発売されている「ぶどうの匠シリーズ」の筆頭、「北島秀樹ケルナー」や「北島秀樹ツヴァイゲルトレーベ」で有名なブドウ栽培の名人北島秀樹氏の北島農園と地続きの隣りに位置する好立地です。自家畑全1.9ヘクタールのうち大半を占める1.6ヘクタールにツヴァイゲルトレーベが植わっており、次いでケルナー0.3ヘクタール、その他数種の葡萄品種が試験的に少量栽培されています。自家醸造の「セツナウタロゼ」にする一部のツバイゲルトレーベ以外の大多数は、10Rワイナリー又は、ココファームワイナリーに原料葡萄として出荷されています。小西さんのツバイゲルトレーベは、「こことあるツヴァイゲルトレーベ」の原料(ヴィンテージにより小西さんの葡萄以外が混ざる可能性も有り)となり、10Rワイナリーさんで醸造されココファームさんから発売されており、赤ワインとして楽しむこともできます。



写真 銘柄 購入数

登醸造セツナウタロゼ 2017年
NoboriWinery SetsunautaRose

登醸造・セツナウタ・ロゼ2017年 750ml 税込価格2750円
タイプ ロゼ・辛口
葡萄品種 ツバイゲルトレーベ(自社畑産)
生産本数 約-本  天然酵母発酵、無濾過、無清澄、亜硫酸添加微少、無補糖、無補酸


 ワインの名前は「セツナウタ」です。毎日の暮らしの中で、なんだかセツナイなあ、と思うときに飲んでほしいと思って名付けました。旅立つ友の宴に、やり切れない仕事の日の後に、そばに置いて飲んでやってください。色もセツナイロゼ色です。後味のほろ苦さは人生そのもの、ほのかなイチゴの香りは未来への淡い期待です。桜の下で飲むのが一番です。「登醸造様のコメントより」
完売


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 登醸造ワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8