岡山ワインバレー 販売店・鴨宮かのや酒店
  荒戸山ワイナリー AratoyamaWinery
岡山県新見市哲多町

〜イタリアで出会ったワインの衝撃が、理想の日本ワインを造るべく石灰質土壌の小さな葡萄畑に導く〜

岡山ワインヴァレー  代表者 野波 晶也 氏
住所 岡山県新見市哲多町田淵72
創業年 2018年(醸造免許取得年)
年間生産量 約-本(国産比率100%) 岡山県新見市自社畑産葡萄100%
自社畑 約0.6ヘクタール

 神奈川県川崎市ご出身で、誰もが知る超メジャーな東京の大手インターネット通販会社でWebサイトの企画・制作管理等の仕事をされていた野波昌也(のなみあきや)氏は、イタリア、フィレンツェの町はずれにあった居酒屋で何気なく飲んだ、これまでに味わったことの無い奥行きと風味のある一杯の赤ワイン(イタリア・トスカーナ州のサンジョヴェーゼ品種の葡萄を使ったワイン)に衝撃を受け、感動を生んだ理想とするワインが日本で出来ないか模索し始めました。2014年2月、ついに最適地としてたどり着いた岡山県新見市に移住し、ワイン農家としての人生をスタートさせます。畑は、標高の高い台地の上にあり、国内でも珍しいミネラル豊富で水はけのよいカルスト石灰質土壌。産地としても、マスカットやピオーネなど優秀な生食用葡萄栽培の実績があり、この土地に適合した先人達の高度な葡萄栽培技術「岡山方式」と呼ばれる棚栽培が確立されている地域でした。小さな自園畑で栽培する品種は、イタリアで経験した理想の味を追い求め、日本では珍しいサンジョヴェーゼとネッピオーロの赤品種。ミネラル豊富な石灰質土壌を活かせるシャルドネの白品種等。初期は委託醸造でご自身の葡萄をワインにしていましたが、『阿哲富士』の愛称で親しまれている荒戸山の麓にある新見市哲多町の保育所跡地を改装し、2018年8月に小さな醸造所「荒戸山ワイナリー」を開設され、自家醸造となりました。出来上がる少量数の自園畑赤・白ワインは、どちらも日本離れした骨格と奥行き、優雅なたしなみを身に着けた、後ろ髪惹かれる余韻たなびく味わいとなっています(ミネラル感等、素地のしっかりしたポテンシャルを有するワインですので、熟成度合いにより、デキャンティング又は抜栓後1日〜2日あいだを置くなど、空気に触れさせ開かせたほうが、より本領を表す場合有り)。
 ワイン農家として移住された当初から、新見市地域おこし協力隊の活動に参加しつつ、前職のスキルを活かしWebサイト(ホームページ)の開発、運用、マーケティングなどの包括的サポートを請け負う支援事業を地元事業者向けにも行うなど、地域との関わりを大切にされてきました。また、産地だからこそいらっしゃる農業の経験が豊かな先達地元農家の方々と葡萄栽培を行えることも含め、地域にいる様々な方達と協力してものづくりを行い全体の振興を計っています。そのような氏だからこそ、この地域が、新しいワイン産地として大きく広まっていくことを願い、小さな個人ワイナリーでありながらも志し高く「岡山ワインバレー」と、壮大なイメージを想起させるワイナリー名とされました。


写真 銘柄 購入数

QAUGURA(クァウグラ)2020年
OkayamaWineValley QAUGURA

岡山ワインバレー・クァウグラ2020年赤 750ml 税込価格5500円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 サンジョベーゼ72%、ネッピオーロ28%(岡山県新見市自社畑産)
生産本数 約-本


 イタリアのワイン用ぶどう品種サンジョヴェーゼ(Sangiovese)を主体とし、同じくイタリア品種のネッピオーロ(Nebbiolo)を合わせた赤ワインです。石灰岩だらけの荒地を開墾した宮ノ峠(miyanotawa)の畑、南向きの斜面を開墾した老栄(oizako)の畑、二つの畑とも岡山が誇る高品質な生食用ぶどうを生産する栽培技術・管理方法いわゆる「岡山方式」の棚栽培で丁寧に育てたふどう達です。フレンチオーク樽との相性も良く、明るめのルビー色でありながらタンニンの力強さを感じられ、時間と共に開く香りの余韻を楽しんで頂けます。
 『QAUGURA(クァウグラ)』という名称は、この地に根付く伝統文化である備中神楽とイタリア語でaugura(希望)を組み合わせた造語です。備中神楽の舞の力強さをワインのテイストに込めてラベルで表現しています。「荒戸山ワイナリー様のコメントより」

葡萄品種「サンジョヴェーゼ」とは・・・・サンジョヴェーゼは、イタリアを代表するワインであるキャンティ・クラシコやブルネッロ・ディ・モンタルチーノに用いられるイタリアで最も多く栽培されているブドウ品種です。酸を多く保持し、タンニンも豊富なのが特徴で、果実味と酸味が楽しめるワインとなります。

葡萄品種「ネッピオーロ」とは・・・・イタリアの「ワインの王」と称されるバローロ。そのバローロに使用されているイタリアのぶどう品種がネッビオーロです。イタリア語で「Nebbia=霧」が名前の由来とされ、晩熟型で収穫時期が遅く、10月から11月の霧の多い時期に収穫されます。しっかりとした酸と豊富なタンニンを有し、長期熟成に耐え得るネッビオーロのワインはエレガントな風味を楽しめます。

HAHUBI(ハクビ)樽熟成2019年
OkayamaWineValley HAKUBI

岡山ワインバレー・ハクビ樽熟成2019年白 750ml 税込価格6050円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ(岡山県新見市自社畑産)
生産本数 約-本


 岡山県北西部、新見市哲多町のシャルドネを栽培している草月の畑は、石灰岩が地表に現れるカルスト台地の上にあります。生食用のぶどう栽培が盛んな岡山では丁寧に丁寧にふどうを育てる伝統が育まれてきました。私たちのぶどう栽培もこれらの基本に準じて生産しています。このワインはシャルドネをトロンセ産フレンチオークの新樽で樽醗酵させた後、14ヶ月間樽熟成させました。「HAKUBI」の骨格となる力強い酸とシャープな切れに加え、華やかで奥行きのあるエレガントなワインに仕上がりました。2019ヴィンテージは苦難の年でしたが、栽培から醸造まで多くの方に支えられてリリースすることができました。変化していく香りの合間に、協力頂いた方々の真心が加わっている感じがしています。ゆっくりとお楽しみください。「荒戸山ワイナリー様のコメントより」

HAHUBI(ハクビ)2019年
OkayamaWineValley HAKUBI

岡山ワインバレー・ハクビ2019年白 750ml 税込価格4730円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ(岡山県新見市自社畑産)
生産本数 約-本


 自社醸造所『荒戸山ワイナリー』にてステンレスタンクにて発酵・熟成したシャルドネです。私共の白ワインHAKUBIは果実の成熟度合を見極めつつ、酸を残すタイミングで収穫しています。その良質なぶどう達のフリーランの果汁で作った贅沢なワインです。力強い酸とシャープでキレのある洗練された果実の旨味を味わって頂けると思います。2019ヴィンテージは醸造過程で、HAKUBIの基本的なテイストに広がりのある香りと柔らかさが加わるように若干工夫しています。日本酒のように色々な食材との組み合わせが楽しめるワインになっています。少し低めの温度から飲み始めて頂いた方が良いかと思います。
 ラベルにも描かれているシャルドネの畑を見下ろす巨大なカレンフェルト(石灰岩柱)は圃場である草月の畑の目印。この岩を中心に風が回り、鳥達が飛び交うそんな場所がこのワインのふるさとです。是非グラスに充満する果実の香りを楽しみながら、草月の畑を感じて頂ければ嬉しいです。「荒戸山ワイナリー様のコメントより」


HOME

20歳未満の方へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 岡山ワインバレーのワイン取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8