奥出雲ワイン OKU‐IZUMO VINEYARD
島根県雲南市 奥出雲ワイナリー

〜森と共に、森と寄り添うコミュニティーの一翼。生態系を乱さない、自然と共生するワイナリー〜

有限会社 奥出雲葡萄園  代表者 佐藤貞之氏  管理責任者 安部紀夫氏
住所 島根県雲南市木次町寺領2273‐1
創業年 1990年
年間生産量 約5万本(国産比率100%)
自社畑約3ヘクタール  契約栽培畑約1ヘクタール
 

蔵のマスコット、ロバがお出迎え ワイナリーの建物 玄関からスリッパに履き替えます ショップのワイン売り場
ワイナリー内のレストラン入り口 地元産ナチュラルチーズ盛合せ 旬の地元食材使用プレートランチ 醸造場内の様子
地下の樽貯蔵室 ワイナリーに隣接する自社畑 葡萄園内自社畑のメルロー房 葡萄園内自社畑のシャルドネ房

 島根県木次町(きすきちょう)の山奥、大自然にめぐまれたのどかな山間にひらける、約7ヘクタールの農地「食の杜」の一角に、奥出雲葡萄園&ワイナリーはあります。自然と人の共生を理念に、生態系を乱さない農園をめざし、低農薬有機農業をまじめに実践されています。耐病性を考慮し、減農薬栽培にてきした山ブドウ交配品種(小公子、ホワイトベガール、ブラックベガール)に特化し、地域の気候にあった葡萄品種で、奥出雲の地の個性を体現したオリジナリティーあふれるワインを作りだしています。また一方では、世界標準のヨーロッパ系品種(シャルドネ、カベルネソービニヨン、メルロ)で、評価の高い一流品のワインも作り、その実力をしめしています。

食の杜(しょくのもり)・・・有機農業で理想の農場づくりをめざす農園等、数社の集まり(食の集落。食のコミュニティ)
 食べるとは、自然の恵みをいただき、健やかな生命を養うこと。そんな食の原点を見つめる中で、昔ながらの日本の暮らしにたどりつきました。「食の杜」は、ダムの水没予定農家を移築し、理想の農場作りの拠点にしようと集まった室山農園のメンバーと、それに賛同して集まった多彩な仲間達とによって構成されています。自然に逆らわず、安心して食べられるものを作りたい。作り手の思いと食を育てる奥出雲の風土が、人と自然や地域とのつながりをも生み出しています。「食の杜パンフレットより」
 ●「食の杜」には、【奥出雲葡萄園ワイナリー】のほかに以下の施設があります。
    【室山農園】有機自給農業を目指す農園。野菜、雑穀、どぶろく(日本酒)醸造
    【大石葡萄園】生食用ブドウの栽培農園。ぶどうジュース(ブラックオリンピア種)、ぶどう狩り
    【豆腐工房しろうさぎ】原材料にこだわる豆腐工房。国産丸大豆、天然塩にがりの豆腐、国産菜種の油使用
    【杜のパン屋】厳選素材で作るパン。国産小麦、地元産有精卵、木次牛乳、沖縄の塩を使用の無添加パン

写真 銘柄 購入数

奥出雲ワイン・シャルドネ2015年
Oku-IzumoWine CHARDONNAY

奥出雲ワイン・シャルドネ2015年白 750ml 3240円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ(島根県自社農園産)
生産本数 3674本  樽熟成有り


  
自社畑垣根仕立てシャルドネの様子  自社畑のシャルドネ房

 柑橘類やハーブの香りと、樽熟成からくる樽由来の香りが楽しめます。やさしい酸とほのかな渋みもバランスよく調和した辛口白ワイン。少し冷やしてお楽しみください。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

奥出雲ワイン・シャルドネアンウッディッド2016年
Oku-IzumoWine CHARDONNAY Unwooded

奥出雲ワイン・シャルドネ・アンウッディッド2016年白 750ml 2376円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ(島根県自社農園産)
生産本数 −本

2014年物が、第13回国産ワインコンクール2015で銀賞受賞

 大切に育てたシャルドネを樽を使わずにステンレスタンクで丹念に低温発酵させました。樽熟成のシャルドネとは異なる、クリアで若々しい印象の辛口白ワインです。青リンゴや洋梨の華やかな香りがあり、バランス良く溶け込んだ軽快な酸味が心地良い余韻をもたらします。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」


週刊モーニング誌2013年4月25日bP9号「神の雫384話」
「drink,drive all night」より

人気ワイン漫画「神の雫」に奥出雲ワインアンウッディッドシャルドネが載りました。
「すごくしっかりしたシャルドネですね。ボディもあって技巧的な要素を感じない生命力の溢れるワインかも」
「すごくしっかりと土に向き合って仕事をしている」
以上、漫画「神の雫」より
素晴らしい、ワインの感想、評価を受けています。

奥出雲ワイン・メルロ2015年
Oku-IzumoWine MERLOT

奥出雲ワイン・メルロ2015年赤 750ml 3024円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 メルロ(島根県自社農園産と契約栽培園産)
生産本数 -本  12ヶ月樽熟成

  
 自社畑垣根仕立てメルロの様子    自社畑のメルロ房

 自社園と契約栽培の園で収穫されたメルロを丹念に醸し、12ヶ月の樽熟成をおこないました。スミレの花やベリーの果実香が心地良く感じられ、穏やかなタンニンと柔らかくふくらみのある味わいがバランス良く調和したミディアムボディの赤ワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

奥出雲ワイン・カベルネソービニヨン2014年
Oku-IzumoWine CABERNET SAUVIGNON

奥出雲ワイン・カベルネソーヴィニヨン2014年赤 750ml 3024円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 カベルネソービニヨン(島根県産)
生産本数 -本

  
自社畑垣根仕立てカベルネの様子  自社畑のカベルネソービニヨン房

 ワイン専用品種カベルネ・ソーヴィニヨンをこの奥出雲の地で丹誠こめて大切に育て香りの豊かな赤ワインに仕上げました。複雑な香りとしっかりとした渋みにこの地に育つ葡萄の力強さを感じることができます。世界の共通語ともいえる葡萄からできた1本のワインからぎっしりと詰まった奥出雲の風土を感じて下さい。
 自社農園のカベルネソーヴィニヨンを香り豊かな赤ワインに仕上げました。風土を感じさせる複雑な味わいが印象的です。穏やかな酸味と優しい渋み、心地よい余韻が残るミディアムボディの赤ワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」
完売

奥出雲ワイン・ソーヴィニヨンブラン2015年
Oku-IzumoWine SauvignonBlanc

奥出雲ワイン・ソーヴィニヨンブラン2015年白 750ml 2376円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 ソーヴィニヨンブラン(島根県自社農園産)
生産本数 728本


 ソーヴィニヨンブランは畝数4列だけ栽培している品種で、毎年少量仕込みをしながら品種の可能性を探っています。柑橘類やハーブの香りが感じられ、清涼感のある爽やかな飲み口が楽しめます。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」
完売

奥出雲ワイン・ピノグリ2015年
Oku-IzumoWine PinotGris

奥出雲ワイン・ピノグリ2015年白 750ml 2376円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 ピノグリ(島根県自社農園産)
生産本数 792本


  
自社畑垣根仕立てピノグリの様子   自社畑のピノグリ房

 まだまだ生産本数は少ないですが、ピノグリ種の特徴が出ている仕上がりになっています。心地よい酸味と熟したフルーツの香りが楽しめる辛口白ワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」
完売

奥出雲ワイン白
Oku-IzumoWine White

奥出雲ワイン白 750ml 1890円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 甲州、ホワイトベガール、セイベル
生産本数 -本


 甲州と山葡萄交配品種のホワイトペガール、セイベル9110を使用。青リンゴの香り、いきいきとした酸を感じるフレッシュな味わいの辛口白ワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

 セイベルの青リンゴのような爽やかな香りがほどよく立ち、冷やしてとても美味しい、炭酸のような爽やかな酸があります。非常に考えぬかれた、親しみのわく味の構成(たぶん、試行錯誤のうえたどりついた高度なブレンド技術)。クセのありそうな葡萄品種をよく使いこなして、単体で飲んでも美味しく、食中酒としても楽しめる洗練した味わいに仕上げています。スゴイ。

奥出雲ワインロゼ
Oku-IzumoWine Rose

奥出雲ワインロゼ 750ml 1890円
タイプ ロゼ・やや甘口
葡萄品種 カベルネソービニヨン、メルロ(島根県自社畑)
生産本数 -本


 やさしい酸味とほのかな渋みが上手に調和します。イチゴやキャンディなどの香りがチャーミングな、やや甘口のロゼワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

 自園産のヨーロッパ貴品種で造る、国産ロゼワインとしては前々から評価の高い人気の名品。高級葡萄品種のコクと、バランス良く残した酸の爽やかさで、食中酒としても美味しい、甘さを抑えた中口といってもよい仕上がりの本格ロゼワインです。
完売

奥出雲ワイン赤
Oku-IzumoWine Red

奥出雲ワイン赤 750ml 1890円
タイプ 赤・ライト〜ミディアムボディ
葡萄品種 ブラックベガール、山葡萄系赤品種、メルロ
生産本数 -本


 山葡萄交配品種の赤葡萄と欧州系赤品種をブレンド。やわらかな渋みと特有の酸味、山葡萄らしい野趣に富んだ味わいのワインです。ライト〜ミディアムボディの辛口赤ワインです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

 紫色がエッジにほんの少し見える、透明感のある明るいルビー色。紫色があるのにグラスの底がよく見えるぐらいは色が薄い。ほどよいグレーブ香、クランベリー、プラムの香りも。開けたては、金属的な立ち香があり、開いてくるとジャムっぽい甘い香りにかわってきます。冷やした状態でも、嫌味のない、素直で爽やかな炭酸のような酸をくっきり感じ、渋味はほぼ感じず飲み口よい。温度が上ってくると、そこはかとない旨みがでてきて、酸も広がり、軽快ながらも味わいをしっかり感じます(いわゆる薄旨系)。果実のほんの短い余韻も気分良い満足度をアップさせます。洗練された味わいで、山葡萄系(アムレンシス系)の野趣にとんだニュアンスはほぼ感じないと思います(ラブラスカ系のようなブドウジュースの香りが野趣といわれれば有りますが)。ラブラスカ系のフォキシーフレーバー(ブドウジュース香)のような香りがおさえめに立っていて、素直にブドウジュースっぽくて好感がもてます(完全なラブラスカ種のコンコード葡萄のような、強烈なブドウジュース香ではないので、飲みすすめられます)。非常に考えぬかれた、親しみのわく味の構成(たぶん、試行錯誤のうえたどりついた高度なブレンド技術)。クセのありそうな葡萄品種をよく使いこなして、単体で飲んでも美味しく、食中酒としても楽しめる洗練した味わいに仕上げています。スゴイ。
 今晩のオカズ(25日)、焼きギョウザには、なかなかよく合いました。ギョーザの肉の旨み、甘みが引き立ちました。鳥、豚などの軽めの肉料理には、全般に合うのではないでしょうか。ちなみに、ソース焼きそばには、少しピリピリ感がでましたが、後口をさっぱりはさせてくれました。
 2日目(26日)、今晩は、9年目の結婚記念日。妻が腕によりをかけて造ってくれた料理です。私がリクエストしたハンバーグ。デミグラスソースにこのワインを入れてくれました。食べ合わせとしては、ワインがハンバーグの旨みをスッと流してくれますが、ほぼ料理が勝っています。ジャガイモとハムのホワイトグラタンもワインが旨みをスッと流してくれますが、ほぼ料理が勝っています。まぁ料理が濃厚ですから、しょうがないですね。スモークサーモンとホタテの貝柱と自家栽培フレッシュバジルのオリーブオイルマリネに、すだちをしぼったものには、抜群に合いました。料理をスッ流してくれつつ、ワインの果実味が鮮やかに広がり、お酒の味わいが引き立ちました。ちなみに、ハンバーグも醤油系和風ソースに大根おろし、青紫蘇などを添えたものなら、このワインはよく合ったかもしれません。冷性の料理に、少し冷やして飲むのもグットのよう。(飲んだ時点でのワインの状態から感じた、私個人の感想です)〔飲んだ日2008年9月25日と26日 奥出雲ワイン赤〕

奥出雲ワイン・杜2016年
Oku-IzumoWine Mori Shokoshi

奥出雲ワイン・杜・小公子2016年赤 720ml 2808円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 小公子
生産本数 938本


 小公子は、日本葡萄愛好会澤登晴雄氏によって交配作出された葡萄品種です。中央アジアやヒマラヤのフンザ王国などの、様々な山葡萄の交配を重ねた中から生み出された品種で、原生の山葡萄の特徴を色濃く残しています。
 奥出雲葡萄園では、この日本生まれの葡萄から特徴ある赤ワインを造り、従来の赤ワインはもとより、スパークリングワイン、デザートワインなどのオリジナリティのあるドメスティックワインのシリーズを造り出すことにチャレンジしています。
 従来の小公子のワインとは異なる醸造方法で樽を使用せずに仕上げました。葡萄に由来する香りを活かし、いきいきとした酸と軽快な飲み口を意識して醸造したもう一つの小公子ワインです.。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

奥出雲ワイン・梅垣2015年
Oku-IzumoWine Umegaki

奥出雲ワイン・梅垣2015年赤 720ml 2592円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 野の香主体
生産本数 -本


 京都の葡萄栽培家・梅垣誠氏が自ら品種交配してつくり出した葡萄を奥出雲葡萄園で醸造したものです。山葡萄交配品種「野の香」を主体としていくつかの葡萄を混醸し、味わい深い赤ワインに仕上がりました。濃い赤紫色で、山葡萄からイメージされる木の香りや土を感じさせる香り、ハーブのようなスパイシーな香りも持っています。なめらかな飲み口とともに奥深さを感じさせます.。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」
完売

奥出雲ワイン・SYMBIO小公子デザート
Oku-IzumoWine Symbio Shokoshi Dessert

奥出雲ワイン・シンビオ・小公子デザート赤 200ml 2571円
タイプ 赤・極甘口
葡萄品種 小公子
生産本数 -本


 自然と向き合って響きあい交流する。植物、虫、鳥、人....生命あるもの全てが共生していく。SYNBIOはそんな想いから生れた農産物としてのワイン。凍結させた果実を搾り、極めて糖度の高い果汁を得る「クリオエキストラクション」製法で、山葡萄の交配品種「小公子」を極甘口のデザートワインに仕上げました。食後酒としてお楽しみください。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」
完売

奥出雲ワイン・スパークリングワイン・シャルドネ
Oku-IzumoWine SparklingWine Chardonnay

奥出雲ワイン・スパークリングワイン・シャルドネ 750ml 3672円
タイプ 白・発泡性(スバークリングワイン)辛口
葡萄品種 シャルドネ(島根県産)
生産本数 -本


 奥出雲産のシャルドネを使い、伝統的な瓶内二次発酵で造ったスパークリングワイン。爽やかな果実味。溌剌とした飲み口を、良く冷やしてお楽しみ下さい。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

奥出雲ワイン・セイベル9110スパークリング
Oku-IzumoWine SeibelSparkling Brut

奥出雲ワイン・セイベル・スパークリング 750ml 2592円
タイプ 白・発泡性(スバークリングワイン)辛口
葡萄品種 セイベル(島根県雲南市木次町産)
生産本数 -本


 雲南市木次町産のセイベル9110種を使い、伝統的な瓶内二次発酵で造ったスパークリングワインです。爽やかな果実味、溌剌とした飲み口を、良く冷やしてお楽しみください。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」

奥出雲ワイン・シードル
Oku-IzumoWine Cidre

奥出雲ワイン・シードル 750ml 1944円
タイプ 白・発泡性(スバークリングワイン)辛口
林檎品種 数種類の林檎品種使用(広島県庄原市高野町産)
生産本数 -本


 広島県庄原市高野町産の美味しいリンゴを100%使い低温発酵にて仕上げました。ほのかなリンゴの風味爽やかな酸味、そして溌剌とした喉越しは、飲むシーンを選ばすどんな料理にも相性ピッタリです。「奥出雲ワイナリー様のコメントより」


HOME

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】販売
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館
】 奥出雲ワインの販売店
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8