ドメーヌ・タカヒコ
北海道余市町 ナナツモリ Domaine Takahiko

〜日本最上のピノ・ノワール栽培適地“余市”の可能性を、自分流に体現〜

ドメーヌ タカヒコ  代表者 曽我貴彦氏
住所 北海道余市郡余市町登町
創業年 2010年
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑  約4.5ヘクタール

ワイナリー前の看板 ワイナリーの建物 自社畑ピノノワールの芽吹き(5月)
ドメーヌタカヒコワイナリー、醸造所内部
フランス産古樽をわざわざ輸入した
奥・小さい四角い発酵槽  手前・瓶詰め場
四角いポリ容器の発酵槽。日本製。
本来ワイン液輸送用に開発されたタンク
縦に積めるので収納性が良い。しかも安価
瓶詰め場
小さい瓶詰め機
カーテンで仕切られた小区画
4.5haの一枚畑・自社畑「ナナツモリ」 醸造所(奥の白い建物)に隣接する斜面畑 自社ナナツモリ畑のピノノワール房
     
2010年から醸造を開始した
小さな醸造所(2010年9月13日撮影)
まだ、看板がついていなかったころ
ピノノワール自社畑(2010年9月撮影)
2010年5月16日に植えた。
ピノノワールのみが植わる。苗約5400本
ピノノワール自社畑(2010年9月撮影)
醸造所に隣接した畑。植えて約4ヶ月
良い具合の斜面に植わっています。

 2010年春 北海道余市町登町地区4.5ヘクタールの畑でドメーヌ・タカヒコが始まりました。この畑はビオロジックで管理され、ピノノワールのみが植えられています。この畑から自園シリーズ「ナナツモリ」が生まれます。

【ドメーヌ・タカヒコ ナナツモリ・シリーズ】 自社畑産葡萄を使用(ドメーヌ物)。
 世界的にもピノノワールをビオで栽培することは簡単なことではありませんが、この畑のブドウ全ては「ビオ」で栽培され、ハウスや傘のない自然の中で栽培されております。この畑で栽培されたピノノワールを醸すことが、自分の描くものをワインで表現するための大切な一歩であり、心の底から本当に行いたかったワイン造りです。また、今でもワインは自我の塊だと思っております。ワインの味や香りは、テロワール(風土)にも大きく影響されますが、それよりも「人」に大きく影響されます。なぜなら「自然と人」とのあり方に対する造り手の哲学がワインの味に非常に影響するからです。年に1回しか醸せませんが、この畑のワインは必ずこれから毎年進化を続けます。これからどのように変わっていくか暖かく見守って頂き、毎年リリースされるナナツモリの変化を楽しんで頂ければ嬉しい限りです。
 ナナツモリとは、ドメーヌタカヒコが所有する畑の名前です。この畑を譲り受けた時、ピノノワールは植えられておらず、リンゴや洋ナシなど7種類の果物が実る畑(森)でした。2010年春、それを私が根抜しピノノワールへと改植を行い、現在の畑の姿となりました。この畑の歴史を後世にも伝えていきたいとの考えから畑の名前を「七つの果樹の森」から「ナナツモリ」と命名しました。一方で「ナナツモリ」には別の想いもあります。私が小学校3年生の時、担任の先生に暗記させられた宮澤賢二の「雨ニモマケズ」。子供の頃はこの詩が持つ意味をまったく理解できていなかったのですが、農民としては今では自分の生き方に大きな影響を与え続けております。そんな宮澤賢二の作品の中に度々登場する「七つ森」。賢二の愛した森であり、宮沢賢二に憧れを持つ僕が好きな森の名前でもあったのです。「ドメーヌタカヒコ様の案内文より」

【タカヒコ・ソガ ヨイチノボリ・シリーズ】 余市町登町地区産葡萄を使用(優良栽培家からの購入葡萄、ネゴシアン物)。
 余市町登地区の他のヴィニュロン(葡萄栽培家)が栽培するワイン葡萄の品質の高さを、少しでも早く多くの方に知っていただきたいとのおもいから、この地区の葡萄のみを使用し、曽我貴彦氏が独自の思想をもって醸造したワインが「ヨイチノボリ」シリーズです。
 現在、ヨイチノボリシリーズのワインには、自社畑の葡萄ではないためドメーヌ(Domaine)表記されていません。造り手である「タカヒコ ソガ(Takahiko-Soga)」の名前だけが表記されています。




 造り手の情熱を感じる紹介文がとどきました。なぜ“余市”で“ピノノワール”なのか、人生をかけた思いが伝わってくる文章でしたので、みなさまにも知っていただきたく、そのまま紹介させていただきました。(下記の文章)

『テロワールと栽培』

ピノノワールにとって最上のテロワールが余市に眠っている
「どうして北海道で始めるのか」そこの答えは簡単だ。北海道には人々の五感を魅了するピノノワールに適したテロワールが存在している。長野にも素晴らしいテロワールは存在するが、私が知る限り余市のピノノワールほど素晴らしい果実が実る場所は日本の地で他にない。私たちワイン造りをするヴィニュロンにとって、この大地でドメーヌを始めるのにどうして迷う必要があるのか?それは必然である。
◆産地として継続することがその地にテロワールを形成させる
小樽市から車で30分ほど南に走ると、ブルゴーニュの丘を彷彿させる素晴らしい景色が広がる余市町登地区に入る。この地区は温暖な日本海の影響を受けつつ、いくつものなだらかな丘によって形成されているため、北海道のなかでも温暖な果樹栽培が可能な地域として栄えてきた。余市といえばニッカウイスキーの発祥の地として有名だが、ニッカの前進は大日本果汁株式会社(1934年創業)であり、それは日本初のリンゴ加工会社発祥の地であったほどこの地域は果樹が盛んな地域であった。そんな余市町にワイン用としてヴィニフェラ(ヨーロッパ系葡萄品種)の葡萄苗が初めて植えられたのは1984年のことである。それから25年の月日が流れ、現在、この地域は日本でも有数の高品質なワイン葡萄を産出する一大産地としての名声を不動のものとしている。
◆この大地にはワインに旨味を引き出す土がある
登地区。標高20m〜100m、地質学的特徴は安山岩または火砕岩の母岩の上に風化した礫、砂、粘土が混ざりあった水はけのよい丘である。多くの畑は森であった木を伐採しただけなので、表土30cmに森の土が混ざっており、肥料などを用いなくても土壌微生物たちによって理想的な環境が作り上げられている。そんな土質がこの地区のワインに複雑さと旨味を与えている。
 日本人の文化でもある旨味が鍵となるピノノワールには、粘土土壌は絶対に必要な条件である。特に雨の影響を受けやすい日本の気候条件では、10月に入ってから理想の酸と糖度を維持した状態で収穫できることが、ピノノワールにとって非常に大切である。どんなに良い気候、土質条件を持っていても9月に熟すピノノワールのエリアからは、ピノの個性は生まれない。10月10日を過ぎてから、理想の酸と糖度を維持したまま熟すことが出来る余市のピノノワールは、粒が小さく色が濃く、口に含むと果実の香りが広がる。

『醸造の思想』
◆樹齢27年のピノノワールが植わる区画「キュムラ」
余市のピノノワールの歴史はこの畑より始まった。ピノノワールに全てをかけるきっかけとなった素晴らしいピノノワールの樹がここにある。1985年、木村農園のオーナーである木村忠氏が、0.4ヘクタールの区画「キュムラ」にピノノワールを植えたことがこの畑の歴史の始まりである。同じころ登地区の周りの農家もピノノワールを植え始めていたが、他品種と比較し、収量が少ないとの理由で全て伐採し、植えかえてしまった。それでも、品種が良いからと言って切らずに残してきたのが木村忠氏だ。樹齢の若いピノノワールでは表現できない味わいがキュムラのワインには表現されている。彼がいなければ、私は余市でピノノワールを栽培しようとも思わなかっただろう。
◆新樽は使わない
◆薄いからこそ複雑さを表現できる。薄いからこそ誤魔化しがきかない。
◆熟した葡萄ならピノノワールに除梗は必要ない。
タカヒコの醸造はタンクに房ごと葡萄を入れ、酵母を添加することなく自然な発酵がおこるのを待つ。瓶詰まで亜硫酸も使わない。言葉で言うのは簡単だが、これが難しく恐ろしいことである。私の醸造の基本的な考えは、できるだけ何もしない。自然にまかせた発酵を行うだけだ。

さらに詳しいワイナリー情報は、ドメーヌタカヒコ公式ホームページをご覧下さい。

写真 銘柄 購入数

ドメーヌタカヒコ ナナツモリ ピノノワール2014年
Nanatsumori PinotNoir

ドメーヌタカヒコ ナナツモリ・ピノノワール2014年赤 750ml 3996円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール100%(北海道余市町・自社畑産)
生産本数 7000本  小樽熟成12ヵ月(94%古樽、6%新樽) 全房・野生酵母自然発酵



自社畑「ナナツモリ」のピノノワール房。この葡萄から高貴なワインが誕生する。

 ドメーヌタカヒコだけが所有する4.5ヘクタールの区画「ナナツモリ」。ビオによりピノノワールのみが栽培されている区画。2014年ヴィンテージは前半にやや雨が多かったもののベレゾン以降、非常に天候に恵まれ、質の高いブドウの収穫ができた。年々クオリティーの高いブドウの収穫が出来ていることもあり2014年から醸造面でのアプローチも少し変えて来ている。異なる点は2013年までキュベゾンが30日前後だったことに対し、2014年から40日前後まで伸ばしており、新樽も6%使用した。それにより、繊細にも関わらず味の骨格ができ、これまでにない幅と奥行きを感じる立体感が生まれた。香りは、ピノノワールの特徴香の中に、ビーツ、シナモン、ミント、腐葉土、マツタケ、チェリー、黒スグリ、スミレ、クローブなど。まるで木々が生い茂るお寺の裏山を迷う気分にしてくれる。強い旨味を伴い、繊細にもかかわらず長く続く心地よい余韻があるのも特徴だ。やや梗由来の苦味も感じるが、それもまた心地よい。これまでになく色と果実味はしっかりしているが、香りは非常に閉じているので、是非、抜栓は2017年の春以降まで待って頂きたい。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。
完売

ドメーヌタカヒコ ナナツモリ ブラン・ド・ノワール2013年
Nanatsumori Blanc de Noir

ドメーヌタカヒコ ナナツモリ・ブランドノワール2013年赤 750ml 3780円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 ピノノワール(北海道余市町・自社畑産)
生産本数 2600本  樽熟成12ヵ月 小樽熟成(古樽)



自社畑「ナナツモリ」のピノノワール房。この葡萄から高貴なワインが誕生する。

 理想的な貴腐(ボトリチス)に感染したナナツモリのピノノワールだけで造られたナチゥラルな辛口スティルワイン。そのため、年により生産量が大きく変わり、醸造されない年もある。ちなみに2014年は、2013年の3分の1だけの生産量だ。世界のワインジャンルに当てはまらない、新しい味がそこには広がっている。香りは貴腐香のなかに、ハチミツ、紅茶、腐葉土、オレンジピール、キノコ、ベッコウ飴。残糖はないが、甘く感じられ、少し感じる苦味が心地よい。ハチミツ香をともなう余韻は非常に長く、いつまでも、いつまでも口の中に漂う。ドメーヌタカヒコのワインの中で最も濃いワインだが、ゆっくり、いつまでも向き合っていたいと思えるワインである。2013年の生産本数は9月の霧雨により、栽培していたピノノワールの半分が貴腐(ボトリチス)に感染したため、比較的多い。このワインの凄いことは、日本の食材と驚くほど、違和感なくマリアージュする。難しいとされる地元のタラコや生ニシン、そして道産のチーズ、ラムやシカ肉にも。どんなものにもマリアージュする不思議なワインだ。今飲んでも楽しめるが、あと2〜3年、熟成させてから飲んで頂きたいワイン。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。
完売

ヨイチノボリ銘柄シリーズ 余市町登地区の優良栽培家からの購入葡萄を使用

タカヒコ・ソガ ヨイチノボリ キュムラ・ピノノワール2010年
Yoichi Nobori KYUMURA PinotNoir

タカヒコソガ ヨイチノボリ キュムラ・ピノノワール2010年赤 750ml 3996円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール樹齢約24年の古木(北海道余市町・木村農園のキュムラ区画0.4ヘクタール)
生産本数 2900本  樽熟成12ヵ月 小樽熟成(古樽)


 樹齢27年のピノ・ノワールの樹が残る区画 「キュムラ」。北海道のピノ・ノワールの歴史はこの畑から始まりました。キュムラ区画の葡萄のみを使用し、ブルゴーニュ地方で古くから行われている全房のまま自然に発酵を促す方法で醸しました。日本の旨味文化と世界のワイン文化が融合した複雑な香味を持つワインを醸したいとの想いで醸造した優しい口あたりのナチュラルなワイン。2010年は気候条件が厳しかった年であったため、酸とアルコールが低いヴインテージとなりましたが、その分、タカヒコらしい優しい口あたりと旨味を感じる余韻が表現されたワインに仕上げられました。亜硫酸は瓶詰直前に初めておまじない程度しかいれていないので色合にやや熟成を感じさせる濁りがありますが、熟成に十分に耐えうるワインとなっています。独自のスパイシーの香りやクローブの香りが心地よい。無濾過での瓶詰のため僅かに濁りや澱があります。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。

 
週刊モーニング誌2012年6月21日bQ8号「神の雫346話」
「春告げる草花よ、大地を桃色に染めよ」より

人気ワイン漫画「神の雫」にヨイチノボリ・キュムラ・ピノノワール2010年が載りました。
「日本の風土や料理に合った旨味と、フランスワインなどと共通するエレガンスが確かにある」
「これは、うら若いヤマトナデシコのようなワインだ」
「北海道のワインにもピノ・ノワールでこれだけのものがあるなんて」
以上、漫画「神の雫」より
素晴らしい、ワインの感想、評価を受けています。
完売

タカヒコ・ソガ ヨイチノボリ アイハラ・パストゥグラン2014年
Yoichi Nobori Passetoutgrain

タカヒコソガ ヨイチノボリ アイハラ・パストゥグラン2014年赤 750ml 3780円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール50%、ツヴァイゲルトレーベ50%(北海道余市町)
生産本数 約2300本  樽熟成12ヵ月 小樽熟成(古樽)


   
余市町「三氣の辺」粟飯原(あいはら)さんのピノノワールの房と垣根仕立畑   余市町「三氣の辺」粟飯原(あいはら)さんのツバイゲルトレーベの房と垣根仕立畑   
質の高い減農薬栽培で多くのワイナリーから信頼される葡萄農家さんです。


 余市を代表する赤系葡萄品種「ツヴァイ」は、力強い骨格とガメイ種の様な華やかな果実味を備え持つ品種。このワインはそんなガメイ種を主体とするブルゴーニュのパストゥーグランをイメージし醸造した。ツヴァイがもつブラックチェリーとピノ・ノワールが持つイチゴやクローブの香りの絶妙なバランスを感じて頂きたい。2014年からピノノワールが50%以上ブレンドされることにより、これまでにない旨味と長い余韻が付加された。2014年よりパストゥグランに使用されるブドウは登地区の粟飯原(アイハラ)ヴィンヤードだけとなり、ラベルには「Aihara」の文字が入る。2014年の粟飯原ヴィンヤードのピノノワールの品質は、非常に良く、香り高く余韻も長く色付きも良かった。今でもグラスにワインを注ぐとグラスから様々な香りが溢れ出て来ており、魅力的なワインとなっているが、最低でも2017年の春頃までは熟成させて頂きたい。熟成すれば驚きのワインに化けるヴィンテージと期待している。今直ぐに飲みたいのを堪えて頂き、瓶詰時に入れた亜硫酸の効果が薄れる2016年秋までは、抜栓を待ってほしい。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。
完売

タカヒコ・ソガ ヨイチノボリ ナカイブラン・ケルナー2011年
Yoichi Nobori Nakai Blanc Kerner

タカヒコソガ ヨイチノボリ ナカイブラン・ケルナー2011年白 750ml 2700円
タイプ 白・辛口   王冠の栓
葡萄品種 ケルナー(北海道余市町・中井葡萄園産)
生産本数 2200本  タンク熟成4ヶ月 無濾過


 
 余市町中井農園のケルナー房    質の高い栽培で多ワイナリーから信頼される葡萄農家さんです。

 海が見える丘斜面の樹齢28年の古樹が植えられた区画にナカイブランの畑があります。この畑を所有する中井農園は、余市でトップクラスのワイン葡萄を栽培するヴィニュロン一家でもあります。この古樹区画から収穫されたケルナーのワインは、ライチや桃を思わせる白い果実の香りと灯油香が感じられます。やさしい口当たりでありながら、非常に長い余韻を持つこのワインに、毎年、驚かされます。抜栓直後は、優しい味わいなのですが、時間の経過とともに深みと幅が増してきます。2011年は、2010年と異なり、リリース当初から安定した深い黄金色のワインに仕上がっています。心地よい酸が良いバランスを形づけているのも2011年の特徴。無濾過で重力を利用した瓶詰めであるため、僅かに濁りや澱、炭酸ガスが含まれます。亜硫酸は、瓶詰2か月前と、瓶詰直前におまじない程度添加しただけです。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。
完売

タカヒコ・ソガ ヨイチノボリ ナカイブラン・ミュラー2010年
Yoichi Nobori Nakai Blanc Muller

タカヒコソガ ヨイチノボリ ナカイブラン・ミュラー2010年白 750ml 2700円
タイプ 白・辛口   王冠の栓
葡萄品種 ミュラートゥルガウ(北海道余市町・中井葡萄園産)
生産本数 1300本  タンク熟成4ヶ月 無濾過


 
余市町中井農園のミュラートゥルガウ房  質の高い栽培で多ワイナリーから信頼される葡萄農家さんです。

 北海道余市町登地区の海が見える丘の斜面に樹齢26年の古樹が植えられた区画があります。ナカイブランの畑です。この畑を所有する中井農園は、余市でトップクラスのワイン葡萄を栽培するヴィニュロンでもあります。この古樹区画から収穫されたミュラーのワインには、旨味とミネラルを感じる酸があり、果実味の中に磯を思わせる香りがあります。力強さを求めるのでなく、優しい口当たりと酸を基調とした味わいの中に、繊細さと複雑さを表現することが出来たワインとなっております。抜栓直後は、酸が突出しておりますが、時間とともに丸みを帯びた酸へと変化します。無濾過で重力を利用した瓶詰めであるため、僅かに濁りや澱、炭酸ガスが含まれます。抜栓直後でも、美味しくいただけるのですが、数日に分けて飲んで頂くか、デキャンタージュ、または数日前抜栓をして飲んで頂くことをお勧めします。それにより、味わいに幅と丸みが加わります。亜硫酸は、醸造、熟成中に使用せず、瓶詰直前におまじない程度(10ppm)添加しただけです。「ドメーヌタカヒコ様のコメントより」

●亜硫酸無添加に近いワインですので、ご購入後はセラーでの保管をお願いいたします。
完売


トップページへ

未成年者へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 取扱店・販売店
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館
】通販
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8