山辺ワイン 山辺ワイナリー
長野県松本市  ぶどうの郷山辺

〜長野県葡萄栽培発祥の郷“山辺”、歴史ある名産地の地力をいま、本格ワインへ〜

株式会社ぶどうの郷山辺  代表者 増澤範一氏
住所 長野県松本市大字入山辺1315-2
創業年 2001年
年間生産量 約8万本(国産比率100%)
自社畑 1ヘクタール
  契約畑 4.5ヘクタール

「山辺葡萄の歴史」・・・長野県における葡萄栽培については江戸時代中期元禄・宝永の頃(1688 〜1710年)、筑摩郡山辺村(現在松本市山辺地区)に山梨から甲州葡萄が導入され、明治六年(1873年)から本格的に栽培された。明治末期には三ヘクタール(三十戸)の葡萄が栽培され、大正の初期頃からは病気に強い米国系品種が導入され、昭和初期には十ヘクタール前後の葡萄が栽培されていた。その後デラウェアが導入され、昭和三十年頃より飛躍的に増加して今日の七十三ヘクタールにおよぶブランド葡萄産地を形成するに至っている。
(美ヶ原高原のふもとに広がる山辺地域は、松本平を見晴らす標高600〜700mの地にあります。薄川上流をはさんで緩やかな南西斜面を持ち、昼夜の大きな寒暖差、長い日照時間など環境に恵まれ、江戸時代には 信州で最も早く 甲州ぶどうが導入されました。以来300年の歴史があり、長野県におけるぶどう栽培の発祥の地とされています。)

山辺ワイナリー醸造所の建物 入口の看板 ワイン売り場 山辺葡萄発祥の郷・石碑
醸造所併設レストラン入口 レストランマリアージュ店内 地元野菜サラダ付きのランチ 敷地内に地元農産物直売所
醸造場のタンク 樽熟成庫 隣接するシャルドネの自社畑 自社シャルドネの房(6月)

 

写真 銘柄 購入数

山辺ワイナリー メルロ2015年
YamabeWinery Merlot

山辺ワイン・メルロ2015年赤 720ml 価格1850円
タイプ 赤・ライトボディ
葡萄品種 メルロー100%(長野県松本市山辺地区産)
生産本数 -本


 ブルーベリーなどの小さな果実やミント、ドライトマトや乾いた植物を思わせる香りが感じられます。口に含むと爽やかな口中香が広がり、軽快な酸味 とタンニンがほどよく残り、まとまりのある味わいに仕上がりました。気軽にお楽しみいただける赤ワインです。「山辺ワイナリー様のコメントより」
あと2本

山辺ワイナリー シャルドネ・シュールリー2015年
YamabeWinery Chardonnay Sur Lie

山辺ワイン・シャルドネ・シュール・リー2015年白 720ml 価格2100円
タイプ 白・辛口
葡萄品種 シャルドネ100%(長野県松本市山辺地区産)
生産本数 -本
   
2015年物が、第14回国産ワインコンクール2016で銅賞受賞

 洋ナシ、メロン、リンゴや花を思わせる香りが、ふわっと心地良く感じられます。奥ゆかしい香りに、丸みのある優しい味わいとほんのり感じる甘い余韻に包み込まれます。飲めば飲むほど、惹きこまれるワインです。
 契約栽培によるシャルドネをデブルバージュ(※果汁の清澄化)し、温度管理されたステンレスタンクにて低温発酵、その後シュール・リー(※)を行い、瓶詰をしました。フレッシュで切れのある洗練された味わいと、軽やかな酸味が心地よい清涼感を醸し出します。「山辺ワイナリー様のコメントより」

(※)デブルバージュ(果汁の清澄化)…冷却タンクにて、果汁を冷やしながら12〜24時間かけてペクチン質などの混濁物質を自然沈降させ、おり引きを行ってきれいにした果汁を発酵させることで雑味のない、酸味の冴えたワインを造ることができます。

(※)シュールリー…発酵終了後に通常はすぐに行うおり引きをあえて行わず、瓶詰め直前までおりとワインを接触させておく醸造法です。おりから味わいが溶け出し、ワインにより豊かな香味が付与されます。また、発酵中に発生した炭酸ガスがワインに溶け込み、心地よいかすかな炭酸が感じられます。ステンレスタンクとフレンチオークによる熟成を経て醸し出された、果実香とバニラ香の複雑で芳醇な香り、そして、ほどよく円熟したメルロのタンニンと酸味の調和をお楽しみください。


HOME

未成年者へのお酒の販売はしておりません。

良撰酒蔵地酒&味撰銘醸ワイン【日本ワイン・純国産ワイン】 山辺ワイナリー・山辺ワインの取扱店、販売店 通販
神奈川県小田原・箱根の酒屋・鴨宮かのや酒店のHP【かのや酒遊館】
神奈川県小田原市南鴨宮2−44−8