吹田市、高野台デイサービス、デイサービスアップル、個別機能訓練、リラクゼーションマッサージ。

デイサービスアップル

 

吹田市高野台

リハビリ  デイサービス アップル

手技による筋力機能回復・パワーリハビリとは

   ◆     急増する要介護高齢者 

      介護保険制度が始まって以来、要支援・要介護者が急増し、介護保険料の大幅値上げ(16年度全国

    平均年額41,655円一対15年度比141%増)、特別養護老人ホーム入所希望者の急増などさまざまな

    影響が出ております。

   ◆     介護予防が緊急の課題 

      こうした現状への解決策は介護予防以外に方策はありません

    ◆     新しい介護予防としてのリハビリテーション 

     介護予防にはリハビリが必要といわれてきましたが、従来のリハビリは慢性期」には効果的では

    ないことから、日本でリハビリの専門職の手によって開発され、各地で目覚ましい成果を上げて

    いるのがパワーリハビリテーション(パワーリハと略す)です。

  

   ◆     認知省への効果 

      パワーリハは、身体的な虚弱・寝たきりだけでなく認知症(特に重度認知症)の改善に効果がある

    ことがわかってきました。これは筋肉の収縮に伴って大量のアセチルコリンという物質(この減少

    が呆けや認知症の原因)が分泌されること。また、認知症の類縁疾患といわれる「うつ」を改善

    する物質の分泌、さらにはパワーリハによる身体的活動性の向上が相乗的に作用しているためと

    考えられています。認知症は要支援の大きな原因の1つです。

    ◆     パーキンソン病・症候群の神経難病への効果 

 

      パーキンソン病やパーキンソン症候群の例では、2週間ほどの短期間のパワーリハで劇的に改善

    する例がみられます他の人々もパワーリハを続けているうちにゆっくりと、しかし確実に改善し

    ていく例が多くみられます。これは運動に伴って大量のドーパミンの分泌が起こるためと考えられ

    ています。また、脊髄小脳変性症で寝たきりとなった方がつかまり歩きが可能となる例も報告され

    るなと従来は病気の進行にまかせる以外に有効な治療がなかった神経難病にも効果があることが

    わかってきました。

     ◆     陳旧性脳卒中の麻痺への効果 

       何年も前に脳卒中にかかって、かたく動かなくなった手足がパワーリハで実用的なレベルまで改善

     する例が少なくありません。これはパワーリハによる反復する運動によって緊張がやわらぎ、動き

     が誘発されるためと考えられま・先ずっと昔の病気だからといってあきらめる必要はありません。

     ◆     腰痛や膝の痛みに対する効果 

        パワーリハを行うと姿勢が著しくよくなります。姿勢がよくなると脊椎や膝への体重のかかり方が

    均等になり、この結果腰痛も膝の痛みも自然にとれていきます。

      

      以上のように、単純な老化による件の帯まり、認知症やパーキンソン病(症候群)などの神経敷病、

      脳卒中、腰痛や膝の痛みなどは高齢者の要介護化をもたらす大きな原因でか人パワーリハはこれ

      らのいずれにも効果をもつことが証明されています。 

                                                           ページの上へ▲ 

  効果的なパワーリハビリテーションを実施するための基礎理論

    ◆     老化は何をもたらすか 

  パワーリハが最大のターゲットとしているのは「老化による体の弱まり(活動力)」でも要介護化

  にいたる根本原因が老化にあるからで九たとえば、脳卒中の方が病院でのリハビリでいっ

  たんは自立しても、退院後に寝たきりになるのは老化が原因となっていまも老化はなぜ

  寝たきりを生むかをみてみましょう

     動作性の低下とは 一歩くのが遅くなった”身動きがぎこちない゛゛転びやすくなった ゛など

              をいいま す。

     促進因子とは 上に述べた老化のプロセスに、「脳卒中」「パーキンソン病」「認

            知症」「腰痛」などが加わると動作性の低下や体力の低下が 、一層

            助長されるという意味で す。          ページの上へ▲

    ◆     パワーリハの目指すものー最終目標は行動変容 

        老化に対して  要介護化の本 態である動作性の低下、体力の低下を改善し、最終的には行動全体

             が活発になることを目指し、実際に自信を回復してはつらつとした行動に戻る人

             が多く生まれてきま す。

    各種の病気・障害に対して 老化による活動力の弱まりだけでなく、脳卒中等の病気・障害そのも

                  のも改善することで促進因子の影響も軽減しようというのがパワー

                  リハで す。

       ◆      動作性改善の基礎理論ー使わない筋の再活性化 

         高齢者が゛歩くのが遅くなった゛など動作性が低下する原因は、「体のいたるところで使

      わない筋肉が増えてくる」ことが原因です。この例を腰が曲がり、腰と膝を曲げて歩いて

      いる高齢者でみてみます。

            筋力低下と誤解していた これまで高齢者が身動きが不自由になったり、寝たきりになる

                   のは筋肉が弱くなったためと考えられていました。これは大変

                   な誤解で、本当の原因は筋力が低下したのではなく、使わない

                   筋肉が増えることにあります。実際に膝をまっすぐ伸ばして歩く

                   には筋力はほとんど必要としません。なぜなら、それほど筋力

                   が必要となったら数十メートルで疲れきってしまうからです。

     ◆      筋再活動化か筋力強化かはパワーリハのトレーニング効果を分ける重要な鍵

           普段使っていない筋肉を動かすというパワーリハでは、負荷は軽くてよく、このことがさまざまな

           効果をもたらせます。

     ◆      パワーリハはなぜ体力を改善するか

      “遠くまで歩ける=重い物を持ち運べる”などを生活体力と呼びます。(生活)体力を高めるには、

     ふつう心臓や肺の機能を高めるために自転車エルゴメーター、ジョギングやウオーキングがよく

     知られていますが、この他にエネルギー効率をよくする、つまり歩いたり作業をするときに余分

     なエネルギーを使わないことも大切です。パワーリハはエネルギー効率をよくする効果をもって

     います。                              ページの上へ▲

       ◆      パワーリハはなぜ行動変容をもたらすか

         これには次の2つの要素が関与していると考えられます。

         動作・体力の改善 

       これは先に述べたもので、体の動きがよくなり体力もついてくると、自己認識

       が変化し自信も付いてきます。

      心理的改善

       軽い負荷の有酸素運動では、運動を行わせる神経の末端から筋肉に向けてさまざまな

       物質が放出されます。これが心理的な効果を発揮します。

     ◆      運動中に神経から放出される物質とその効果

     私たちでも軽い運動をした後に、体に心地よさを感じ気分が晴れて日ごろの悩みも忘れてしまう。

    というのはこうした物質の作用といわれています。

これらはいずれもパワーリハによる行動変容のせいかといえます。

ページの上へ▲

高野台デイサービスアップルのご利用方法等

お問い合わせ、ご相談はお気軽に下記まで。

高野台デイサービス アップル

 

TOP 診療案内 診療所地図・スタッフ メール相談 健康一口メモ

求人

リンク集

美容鍼灸

耳つぼダイエット

デイサービス アップル