沢登りの用具

 


服装  沢登りは水濡れ対策が必要だが、怪我の防止や防虫対策にも気を配らなければならない。また季節によって保温性も重視しなければならない。

        水に濡れるので速乾性と水切れを重視したものを選ぶ。汚くなり、汗まみれになる沢屋にとっては登山用として売られているものは高額でなのでユニクロやワークマン、ホームセンターで探すと良い。ファイントラップのフラッドラッシュスキンロングは塾長の愛用品だが、破れやすいのが欠点だ。フラッドラッシュと呼ばれる保温ウェアは水に浸かったり、泳ぎの多い沢では保温性抜群だが、沢登りは高巻き、ヤブ漕ぎ、詰めがあるので普通の沢登りでは進められない。
 
                              
 フラッドラッシュスキンメッシュロングスリーブ       フラッドラッシュラピット


 ズボンは、丈夫で動きやすく、水切れの良いものなら何でも良い。塾長はシーズンを通してワークマンで購入したジャージを使用している。ただ足の靭帯を伸ばしてからは膝や腰の保護のためワコールのCW-Xを重ね着している。


                               ワコール
 ファイントラック          ファイントラック            CW-X
 ストームゴージュパンツ     フラッドラッシュタイツ

足ごしらえ   水に濡れること、足場が水流やコケで滑りやすいことから沢登り専用の足ごしらえが必要になる。
             沢登りの履物は以前は地下タビ+わらじだったが、現在は渓流シューズや溪流タビが主流だ。溪流タビは安価で、靴底が柔らかく足裏感覚に優れ、泥壁や草つき、滑床には威力を発揮するが、耐久性が低く、衝撃の吸収力や足の保護力が弱いうえ、水流で脱げやすい。渓流シューズは高価だが、登山靴感覚で履け、耐久性や足の保護力が強く、初心者や女性には最適だ。ただ最近良い渓流シューズがなく、それぞれ一長一短がある。また靴底がフェルトではなく、アクアアクティブシューズといわれるゴム底を使用したシューズが出てきているが、ミズゴケの着いた岩では非常に滑るのでお薦めできない。

渓流シューズ  
                                    
  秀山荘                 秀山荘                      モンベル            モンベル
ウェデングシューズデラックスV     ウェデングシューズスーパープロV      サワートレッカー        サワークルーザー



                キャラバン 黒部     キャラバン 大峰
キャラバン           キャラバン            
 飯豊               柳又                      

溪流タビ

                          
パイネ                  モンベル                  カモシカスポーツ溪流タビ
ホワイトウォーター溪流タビ       サワーシューズロング


専用ソックス    ネオプレーン素材の専用ソックスでネオプレーンの厚さには1mmタイプと2.5〜3mmタイプがあります。薄地の方が足裏感覚に優れているが穴が開きやすい。

                     
モンベル          キャラバン          キャラバン             秀山荘
ネオプレーンソックス       渓流ソックスプロ      渓流ソックスプロ1mm      ウォーターソックス


スパッツ     足元の保護のため必需品

              

秀山荘オリジナル     モンベル           キャラバン
                 ストリームスパッツ     渓流スパッツプロ

その他    渓流シューズ用スパイクは草つきや泥壁、高巻き、ドロドロの登山道下りに威力を発揮する中高年には必需品

        モンベルチェーンスパイク       チェーンアイゼン
昇栄 ピンソール