表丹沢  入渓者の多い流域だが、ほとんどが南面に位置するので一年中登れる。
流域名 沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
大山川 追分駅下から入ると適度に滝が続き二重ノ滝から入るよりも楽しめる。二重ノ滝上部も滝が懸り楽しめるが、水量が少ないのが残念だ。 初級 初級 ★★
金目川 春岳沢 水量が多く、小滝が連続し、結構楽しめる沢だが、上部のヤブが濃かった記憶がある。 初級 初級
葛葉川 葛葉川本谷 適度に滝が続き、なかなか楽しめる沢だ。ただ板立の滝はホールドが細かいので初級者は不用意に取り付かないほうが良い。三俣以降は水量も少なくなり、詰め上げる沢を間違えなければヤブ漕ぎなしに登山道に上がれる。 初級 初級 ★★
大音沢 入渓点が分かりにくい沢だが、下流部のゴルジュのみで、中流部を横切る3つの林道の間は堰堤だらけ、いい加減うんざりする。最後の林道を越えると4から7mの滝が続き、ようやく沢登りらしくなるが水量がほとんどない。 初級 初級 -
水無川 水無川本谷 セドの沢との出合から滝場が続き、その全ての滝にF?の看板がついている。遡行者が多く、人に会わない時はない。また、大滝の高巻きも巻き道が崩れやすくなっているようだ。 中級 中級 ★★★
セドの沢右俣 水無川水系最大の滝を懸けるが、この大滝だけでなく、5から10mクラスの滝がいくつも懸り、滝の登攀目的に遡行するには楽しい沢だが、事故の多い沢でもあるので注意したい。遡行者が多いので滝の順番待ちということもある。 中級 中級 ★★★
セドの沢左俣 水無川水系の中では適度に困難な滝を懸け、楽しい沢登りのできる沢だ。 中級 中級 ★★★
源次郎沢 水量は少ないが、堰堤を越えると適度に滝が続きなかなか楽しめる沢だ。二俣上にあるF5は残置が古く、事故も多いので注意。F6、7はガレたゴーロの中に懸り、滝といえるものではない。ヤブ漕ぎなしに大倉尾根の枝尾根に上がる。 初級 初級 ★★
ナガレの沢 全くのガレ沢で遡行しても面白みのない沢だが、源次郎沢やモミソ沢の下降に使える沢だ。 初級 初級 -
新茅ノ沢 少し暗い沢だが、滝が多く楽しめる沢だが、滝のいたるところにハーケン、ボルトが不用意に打ち込まれているので興ざめする。上部はぐずぐずガレ場となり、落石に注意しながらの詰めあげに苦労する。最近ここも蛭が出てくるようになったそうだ。 初級 初級 ★★
モミソ沢 非常に暗い沢で、水量も少なく、沢登りとしてはいまいちの沢だが、入口から狭いゴルジュの中に滝が連続して懸り、その全てが上れる。滝場最後の大滝の登攀は、残置が古く、ホールドも細かいので注意しなければならない。 初級 初級 ★★
四十八瀬川 小草平ノ沢 暗い沢だが、適度に小滝が続き楽しめる沢だ。ただ非常に短い沢なので、物足りなさが残る。溪友塾では勘七沢とのセットで下降の講習で使う沢だ。 初級 初級
勘七沢 表丹沢では水無川本流についで人気のある沢なので、滝の順番待ちになることが多い沢だが、人気があるだけに滝のほとんどが登れる楽しい沢だ。ただ、F2の登攀は、非常に脆く危険だ。F2から中間部は堰堤が続き興ざめするが、途中にある滝の登攀がそれを補っている。詰めは、花立山荘付近を水源とする枝沢を上がる。 初級 初級 ★★
中津川 虫沢川ダルマ沢 林道の橋から入渓して二俣まではすぐだが、わりと水量があり、特に左俣は適度に滝が懸り、難しい滝もあって気が抜けない。右俣は滝も少なく、下降に使える沢だが右岸側に沢から遠いが林道があり、林道工事の影響がある。 初級 初級
寄沢滝郷沢左俣 水量は少ないが、難しい滝が多く、また岩が非常に脆いので不用意に滝に取り付くと危険な所が多い。中流部は10mを越える滝が連続して懸り、緊張した滝の登攀が続く。巻く場合も脆い岩肌なので気が抜けない。上部は涸滝の連続となり、ヤブこぎなしに登山道に上がれる。滝郷沢は非常に事故の多い沢なので、初心者は入渓しないようにしたい。 中級 中級 ★★
寄沢滝郷沢右俣 左俣程滝はないが、岩肌の脆さは右俣の方がより脆いと感じる。 中級 中級 ★★
寄沢本流 F1とF4のイイハシの大滝の登攀がポイント。特にイイハシの大滝は表丹沢の中で一番大きな滝で、水量も多く、難しい登攀となる。濡れていて岩が脆いので無理せずに巻き道を使ったほうが懸命だ。大滝上部は小屋ノ沢出合まで小滝が適度に懸るが、小屋ノ沢を過ぎると平凡な流れとなる。寄沢流域の沢は非常に岩が脆く、滝の登攀は要注意だ。 中級 中級 ★★

東丹沢   山ビルが多く、遡行時期の限られる流域だ。
流域名 沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
谷太郎川 大小屋ノ沢 下流部は堰堤が多いが、上流部は滝が連続し、なかなか楽しめる沢だ。ただ、詰めを誤ると動けなくなるので注意が必要だ。上流部にある10mクラスの滝はほとんどが登れる。 初級 初級 ★★
鳥屋待沢 水量の多い沢で、大きな釜と滝が連続し、小規模ながら小滝を連続して懸けるゴルジュもあって、非常に楽しめる沢だ。特に、左俣は右俣を分けると水量が極端に減るが、滝が次々と懸り飽きることがない。最後はグズグズの急斜面を登って山道に上がる。右俣は出合に大きな滝が懸り、水量も多いが、すぐに水がなくなり、上部はボロボロの岩肌となり、詰め上げるルートに苦労する。右俣の方が滝は少ないが、難しい。2005年に左俣の詰めあげ斜面で死亡事故が起きている。初級者だけの遡行は不可。右俣は中級。 初級 初級 ★★★
不動沢 下流にある不動滝までは山道を使い、不動滝から遡行すると良い。水量が少なく、ゴーロと石積み堰堤の続く単調な沢だが、上流部にスラブ状のナメ滝が続き、源頭まで滝が適度に懸り楽しめる。ただ如何せん水が少ない。 初級 初級
中津川) 金山沢(桶小屋沢 中流部にわずかに小滝の連続する小ゴルジュがあるのみであとはひたすらゴーロの続く沢。 初級 初級 -
二十女沢 宮が瀬湖に流入沢だが、林道があるにもかかわらずダム湖と土山峠の入口にゲートがあり車で入れないのでほとんど入渓する人はいない。ただ沢自体はきれいなナメ滝が多く、登れない滝もあって沢登りでもっと入渓されても良い沢だ。ただこの付近は非常にヤマビルが多く、入渓時期が限られる。 初級 初級 ★★
本谷川 キューハ沢 下流の堰堤を越えると滝の連続する沢で、特に四町四反ノ沢出合上にある大滝は難しい。大滝上にも10m前後の滝がいくつも懸り、滝の登攀は脆い岩肌なので注意。上部は崩壊が激しく、沢もこの崩壊によってガレ沢となる。この沢は山ビルの多いところなので山ビルのいない時期に遡行すると楽しめる。。 中級 中級 ★★★
四町四反ノ沢 この沢も滝の多い沢で、キューハ沢同様非常に楽しめる沢だが、岩肌が脆く、キューハ沢以上に神経を使う沢だ。最初に遡行したときに下流部にある10m程の滝の登攀で掴んだ大岩が剥がれて危うく落ちそうになった苦い経験がある。また、右俣の連瀑帯も登れない滝があり、巻きも難しい。 中級 中級 ★★★
早戸川 原小屋沢 水量が多く、適度に大きな滝が懸り、飽きの来ない沢だが、ガータゴヤの滝を越えると小川のような流れとなり、源頭部は丹沢とは思えない景観が広がる。 初級 初級 ★★
原小屋沢カサギ沢 原小屋沢との出合上に懸かる滝を越えると河原が広がり、非常に開放的な沢だが、1090m付近で右から枝沢を入れるところに懸かる大滝からカヤノ沢との出合い下まで続くゴルジュ内に懸る連瀑帯の遡行は楽しい。ゴルジュを抜けるとカサギ沢もカヤノ沢も小川のような流れとなり、姫次に上がる。 初級 初級 ★★
間子小屋沢 適度に滝が懸るが、全体的に荒れた感じの沢だ。 初級 初級
円山木沢 25mの大滝が2つあり、残置も古く、見た目以上に難しい滝が多いので登攀には十分注意したい沢だ。大滝以外にも滝が多く、短い流程のわりには楽しめる。 中級 中級 ★★
本間沢 小滝が連続し、なかなか楽しめる沢だ。ほとんどの滝が直登可能だが、初級者には難しいので、必ず経験者同行の上で遡行したい沢だ。ここも山ビルが多い。 初級 初級 ★★
鳥屋鐘沢 早戸川国際マス釣り場の上で早戸川に流入する沢。水量も程ほどにあり、入渓してすぐに滝場やゴルジュが続き、なかなか楽しい沢だが、この楽しい部分が短く、後はガレた河原と堰堤が延々と源頭部まで続き、下流部の楽しさが半減する。これさえなければ非常に楽しい沢なのだがまたここは非常に蛭が多く、特に雨天時は要注意だ。 初級 初級

西丹沢  
流域名 沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
河内川 ボウズクリ沢 棚沢キャンプ場の脇にある小さな沢だが、ボウズクリの滝という落差43mの大滝をはじめ、次から次と5〜15m位の滝を連続して懸け、そのほとんどがスラブ状の傾斜のある滝で、登れない滝が多く、谷も深いので高巻きも難しい。隣のヒイチ沢に匹敵する沢だ。 中級 中級 ★★★
ヒイチ沢 入口は水量もほとんどなく、堰堤が連続して貧相に見える沢だが、二俣までのゴルジュは見事で、次々と難しい滝を懸ける非常に登攀的な沢だ。流程は短いが、登攀困難な滝が源流部まで続くので飽きることはない。高巻きも難しいので中級者向きの沢だ 中級 中級 ★★★
コノマ(モロト)沢 道の駅「中川」の対岸に河内川に流入する沢。入口にあるふれあいビレッジには立ち入り禁止の立て札があり、入渓しづらい沢だが、入渓すると二俣までは深く切れ込んだ谷間に登れない滝が連続して懸り、ルートファインデングを間違えると戻れなくなる。本谷の左俣は出合に懸る滝を超えると開けた小川のような渓相となり、時々滝が懸かるもののいずれも登れる滝なので困難はない。奥の二俣を過ぎるとガレた沢床となり、すぐに植林地からの踏み跡が降りてくる。 中級 中級 ★★
世附川 寺ノ沢左俣 流程の短い沢だが、滝が多く、なかなか楽しめる沢だ。二俣までは堰堤が多いが、左俣にはいると大きな滝が次々と懸り、登れない滝もあるが、登れる滝も多いのでなかなか楽しめる沢だ。特に南面に位置する沢なので、1日中日の当たり、冬場でも暖かく遡行できる沢だ。 中級 中級 ★★
水ノ木沢 林道歩きが長く、下山も不便な沢。ガイドブックではナメとナメ滝が続くぴか一の沢と推奨されているが、沢筋が荒れていて、それほどきれいな沢との印象はない 初級 初級
沖ビリ沢 林道歩きが長いので道志川から入るほうが良いが、ここは水の木沢へのアプローチに使われる沢で、ここを遡行する人は稀なようだ。ただナメとナメ滝が多く、なかなかきれいな沢だ。 初級 初級
中川川 押出沢 入渓したのは春先だったにもかかわらず水量も程ほどにあり、小さなゴルジュの中に小滝をいくつも懸けるなかなか楽しい沢。入渓したのは左俣だが、上部の連瀑帯はなかなか難しい。連瀑帯最後のCS滝シャワーとなる。高巻きも難しいので、要注意。 中級 中級 ★★
悪沢 滝が多く、この流域の沢でも非常に楽しめる沢だが、岩肌が非常に脆く、特にF2、F4大滝の登攀は要注意。F2は巻いたほうが無難。巻き道も脆い山肌なので気が抜けない。大滝上部も滝が連続するが、それほど難しい滝はない。 上級 上級 ★★★
箱根屋沢 非常に登攀的な沢で、水量も少なく、沢登りとしての楽しさはない。 上級 上級 ★★★
大滝沢藤嵐沢 最初はほとんど堰堤だらけなのでうんざりするが、最終堰堤を越えると滝の連続する沢。滝自体難しいものはないが、岩が非常に脆く、浮石も多いので、滝の登攀は十分注意が必要だ。上部は非常に荒れたガレガレの急斜面だ。 初級 初級
大滝沢マスキ嵐沢 小滝の連続する明るく、非常にきれいな沢。ただ如何せん流程が短く、少し物足りなさが残るが、沢登りの楽しさ、面白さが凝縮された初級者向きの沢だ。 初級 初級 ★★
大滝沢本谷 一軒屋避難小屋から入渓するとナメや小滝の続くなかなかきれいな沢だが、残念なことに中流部から水量はほとんどなく、上部は全くの枯れ沢となる。 初級 初級
西沢下棚沢 F1の大滝とF2を除けばほとんどの滝が登るれ、滝の登攀中心の沢。ただ難しい滝が多く、滑っているところが多い。岩も非常に脆いので緊張の連続だ。特に、中ほどにある15mほどの滝は岩がボロボロなので良く確認が必要だ。下棚の大滝の高巻きは、落ち葉が被さり、滑りやすい。下降点も急斜面。 中級 中級 ★★★
西沢本棚沢 大滝上部も滝が連続するが、下棚沢に比べれば易しい滝が多い。大滝の高巻きは高度感があり、滑りやすいので注意が必要だ。中川流域の沢は非常に岩が脆い。 初級 初級 ★★
モロクボ沢 水量の多い沢だ。下流部の連瀑帯にわくわくするが、連瀑帯を越えると平凡な渓相となり、がっかりする。 初級 初級
手沢 流程があり、最初は適度に滝が懸るが、中流部からガレた沢筋となり、水量もほとんどなく、期待はずれの沢だ。 初級 初級 -
玄倉川 小川谷廊下 丹沢で一番人気のある沢。夏場水にドップリと浸かって、水と戯れながら遡行できる非常に楽しい沢だが、一昨年から土石流で淵がほとんど埋まり、以前の楽しさはない。ただ水が非常にきれいな沢で、登れる滝やゴルジュが続き、初めて入る人には忘れなれない沢となるようだ。入渓者が多いので、平日に遡行したい沢だ。 初級 中級 ★★★★
小川谷弥七沢 水量は少ないが滝が多く、スラブ状の難しい滝が多く、特に枝沢は難しい滝が続く。下山の尾根は笹薮なので、遡行したときは穴ノ平沢の枝沢を下降する。 中級 中級 ★★★
女郎小屋沢 下流部は小滝が続く快適な沢だが、中流部から適度に懸る滝も階段状で快適に登れる。ただ上流部にある野猿棚といわれる4段の大滝は、高度感があり、滑っているので慎重に登る。ここを越えると水も消え、薄暗いゴルジュの中に涸棚が懸る。 初級 初級 ★★
モチコシ沢 入口に玄倉川最大の大滝を懸け、奥の二俣の先には沖の悪場といわれる滝を懸ける非常に登攀的な沢だ。特に入口の大滝60mは高度感抜群でホールドが細かく、滑っているので不用意に取り付かないようにしたい。ここは非常に事故が多い。沖の悪場に懸る2つの滝も難しい。 上級 上級 ★★★
ザンザ洞 流程の短い中に数多くの滝を懸け、玄倉川流域を代表する沢だ。特にF1と最後の大滝は直登の悪さに定評のある滝で、その間にある数多くの滝は適度に遡行の緊張感を持続させてくれる。 中級 中級 ★★★
ザンザ洞二ノ沢 水量は少ないが、直登可能な多くの滝を懸け、また適度に難しい滝も現れ、飽きることのない楽しい沢だ。ただ檜洞の枝沢は、林道が小川谷林道入口上から一般者通行止めになっているので、林道を歩かなければならず日帰りは厳しい。ユーシンロッジの宿泊者は林道を通行できるようだ。 中級 中級 ★★

裏丹沢
流域名 沢 名 特    徴 難易度 個人的
満足度
平水 増水
神ノ川 エビラ沢 適度に滝が懸り、難しい滝もあってなかなか登攀的な沢だ。入口に懸るF1から続くゴルジュ帯はゴルジュ出口の堰堤の上まで山道を使う。入渓はここからだが、しばらく平凡な河原が続くが、河原が終わったところにかかる連瀑帯から適度に滝が懸り、登れない大滝もあってなかなか楽しい沢登りができる。この沢の核心部は上流部にある10mから続く連瀑帯の登攀だ。特に入口の直滝は滑っており、最後が岩が脆いので注意。残置も古いので良く確認する必要がある。巻く場合は右側からだが、大高巻きとなる。あとはガレた沢となり、石積み堰堤が出てくる。上部は崩壊が激しく、ガレガレの急斜面になるので落石に注意しながら登る。 中級 中級 ★★★
大岩沢 適度に滝が懸るが、難しい滝はなく楽しめる沢だ。ただ岩肌が非常にもろく、岩壁を掴むとボロボロ崩れるので滝を登る時は一つ一つ確認しなければならない。上流部はほとんどガレた沢となり、詰めあげのルートファインデングに注意。 初級 初級 ★★
矢駄沢 しばらく堰堤が続くが、堰堤を越えるときれいな滝が続き期待を持たせるが、すぐに林道工事の土砂が堆積したガレが続くようになり、林道付近は興ざめするほど荒れている。林道の上からまた先が適度に懸るようになるが、水量が少なくなり、水も枯れてガレ沢となる。 初級 初級
小洞沢 非常に短い沢だが、傾斜がきつく、全てが滝と思えるほど息つく暇もないほど滝が次々と懸る。岩がもろく、難しい滝も多く、巻くのも難しい。水流が乏しく、沢登りとしての面白さはない。 上級 上級
伊勢沢 神ノ川流域の沢の中では水量も多く、適度に滝が続き、特に伊勢の大滝は丹沢の中でも1,2と思われるほど素晴らしい。大滝以外も登り応えのある滝があり、沢登りとしては非常に楽しめる沢だ。大滝の登攀は左側だが、高度感があり、昔登った時はビレイ点もなく、ひやひやものの登攀をした記憶の残る滝だ。大滝の巻きは右の急なルンゼからだが、岩がもろく、落石に要注意。上流部でいったん枯れ沢となるが、水が復活したところから水流のある右俣にはいると滝が続く。この沢の水源は湧き水だ。 中級 中級 ★★★

溪友塾TOPへ
                                丹沢の沢           丹沢全図

 丹沢 丹沢山塊は東西南北に分けられる。それぞれ東丹沢、西丹沢、表丹沢、裏丹沢と呼ばれ、同じ山塊でも沢の様子は異なる。
 表丹沢の沢は水無川の本支流、四十八瀬川勘七沢、小草平ノ沢、葛葉川本谷などゲレンデ化した沢が多いが、小田急線の駅から最も入りやすいため人気が高く、多くの遡行者を迎え入れている。
 西丹沢の沢は、丹沢の中では最も美しく、登攀的な沢が多い。特に、玄倉川支流の小川谷廊下は名の如く廊下状のところが多く、水量もあるため、休日は遡行者が後を絶たない。ただ、最近の大雨で淵のほとんどが埋まり、以前のように水にドップリ浸かった水線遡行の楽しみはなくなってしまった。小川谷出合以遠の玄倉川には魅力的な沢が多いが、林道を長時間歩かなければならない。中川川流域には上級者向きの沢から初心者向きの沢までバラエティに富んだ沢が多く、バスの便があり、奥まで車が入れるので入渓しやすい流域だ。
 東丹沢の本谷川流域や早戸川流域は、初級者向きの沢が多いが、最近早戸川林道にゲートができたことで、益々アプローチが長くなり、梅雨時から秋口にかけて山蛭が多く発生するため遡行者は少ない。
 裏丹沢の神ノ川流域は、交通の便が悪く、車を利用しなければならないため、さらに遡行者は少ない。

 ※ここに取り上げた沢は、私が遡行した沢をその当時の記憶を元に記したものですので、当時と今では状況が異なっているところがあります。
 ※難易度は溪友塾の沢登り教室で使っているもので。ガイドブックのものとは異なります。
 ※個人的満足度  - ・・・・・・なし         ・・・・・・・・・・物足りない        ★★ ・・・・・まあまあ満足
           ★★★ ・・・満足       ★★★★ ・・・・おおいに満足