沢マタギ

                 宗像兵一

                                   Munakata  Hyouiti

 

                      

                       

プロフィール

  沢マタギ・宗像兵一(むなかた・ひょういち)

1947年東京都生まれ。逍遥溪稜会前代表。2000年4月溪友塾の塾長に就任。
著書に山と渓谷
「東京起点沢登りルート120」、共著に山と渓谷登山技術全書「沢登り」、「奥多摩・大菩薩・高尾の谷123ルート」、「奥秩父・両神の谷100ルート」、ROOK&SNOWBOOK「沢登り」、白山書房東京周辺の沢」など。また「日本の渓谷97」や山岳雑誌等に多数投稿。2006年朝日連峰の沢の集大成といえる朝日連峰水源の沢」を自費出版する。また1998年7月号「岳人」誌上にて街マタギとして紹介される。

             *               *                 *              *               *                 *              *               *                 *

私は、1966年、大学受験浪人の時代に親の目を盗んで登山を始め、以来、47年間、縦走、冬山、山スキーと、一応オールラウンドな山登りを行って来ていますが、学生時代、一時岩魚釣りに凝り、北海道から東北、北陸、関東、上信越、中部、紀伊半島、四国といった渓谷の魚止めを目指して釣り歩き、ほとんどの渓谷を探り終えた後は、沢登りにのめり込み、以来31年間、遠くは北海道から東北(白神、和賀山塊、飯豊など)、北陸、上信越、関東、中部、紀伊半島といった数多くの渓谷を、沢登りのできる3月から11月のほとんどをその遡行に費やし、登った数は優に1,000本を超えます。特に、東北の沢、その中でも朝日連峰の沢へは、学生時代数多く入溪していたこともあり、また、大学の後輩を朝日連峰の三面川で亡くしたことなどから、朝日の谷のすべてを遡行することを目標に掲げ、28年間で80本の沢を遡下降しています。

    *               *                 *              *               *                 *              *               *                 *

私は、単独で北海道、東北の山中を渡り歩いた1人マタギを祖父に持ち、隔世遺伝なのか、その強靭な祖父の血を受け継ぎ、人臭い沢を好まず、人のいない沢、ほとんど紹介されたことのない沢を地形図を頼りに登る沢登り、「沢から沢へ」、「沢から頂へ」といつた山谷を縦横に歩き回る沢登りを得意としております。

             *               *                 *              *               *                 *
             *               *                 *

溪友塾の沢登り教室では、沢登りの素晴らしさ、楽しさを味わってもらい、かつ安心して遡行できる技術を習得できるように、私の49年間の沢登りの遡行術のすべてを皆さんに感じ取ってもらえるよう、努力したいと思っております。